FC2ブログ
  1. Top » 

■「Transference」(1000/1000G)/アドベンチャー

20190920trans

科学者、その妻と息子、3人の視点で過去を追体験して何が起こったのかを探るアドベンチャーゲーム。

約30分の動画でダイジェストなしプレイでコンプしている。ブーストゲー。

音声も字幕も日本語ローカライズされているのでまともにプレイすればもっと没頭できたんだろうが、動画トレスでコンプして終了です。ビデオログとかちゃんと見たら色々楽しそうでも見ずに終わり。それが実績厨。

■「The Journey Down: Chapter Three」(1000/1000G)/アドベンチャー

20190919tjd

ポイントクリック式のアドベンチャーゲーム、三部作完結編。

例によって動画を参考にすれば問題なくコンプ可能。

ただ、自分は一つ取りこぼしがあって途中セーブからそれ目指して再プレイしたので1.5周ぐらいやった。「Bwana The Menace」という、エアホーンを特定キャラに特定タイミングで鳴らす実績。10キャラ相手にするんだが、凹ませたタクシードライバーに吹き鳴らし忘れていたよ。

1.5周はかったるいなーと思いながらやったけど、まあ1作目をスピードランの為に二周やったコトを思えばそれでもラクだったかなー。ブーストゲー。

■週刊少年チャンピオン感想 42号/2019年

■板垣巴留☓板垣恵介特別対談
父娘と公式に明らかになった。娘、コネと思われたくないという一心で明かしてなかったのか。板垣恵介が子煩悩過ぎてそら範馬勇次郎も丸くなるわなーと感じたよ。親馬鹿が過ぎて板垣巴留が可哀想にもなってくる対談だった。

■逃亡者エリオ
なし崩し的に仲間化したようだけど、そうコロッと変わるワケではなく、まだ葛藤しつつ仕方なく同行する流れ。ネコと和解せよ。

■BEASTARS
ハルの通う大学の臨時講師がメロンの表の顔。分かりやすいヒロインのピンチを舞台建てるのは良い。メロン、ハルとレゴシのコト知ってるんだろうか。

メロンは何でも後出しで上回ってくるかつての範馬勇次郎みたいな要素があるから油断できない相手。行動の残虐さもかつての勇次郎っぽくて今の少年誌に貴重な存在だよ。

■バキ道
巨鯨の瓦割りの回。相手の猪田火飲が最初から最後までメンタルでも圧倒されている。奇襲を試みたら逆に奇襲されるわ一撃で倒されるわいいとこなしで終了。巨鯨の一突き、蹴りより後に出してそうな描写。

デカい以外特徴がなく戦いも一瞬だったので、今回は前回の反省会と次回の前フリが入ってる。「博士」て。これが別の漫画だったら戦闘中バックに数式とか出そうなんだけど、板垣漫画だからな。何の博士感もない張り手とかしそう。蔵書量凄くて知に長けている筈のオリバがいるからな。

■SHY
共感し過ぎるという少年漫画の主人公らしい要素を弱点として語るスターダスト。スターダスト良いな。味方として心強い。なのであっさり死にそうでもある。こんな強キャラ、レギュラー化させたらシャイが霞んじゃうでしょ。

■魔入りました!入間くん
割と主人公の性格が掴めない漫画。ストーリーの展開上無理やりシリアスになったりしてて何かブレを感じる。

■六道の悪女たち
六道と野玄、結構な対比構造になっていた。陰陽パワーを知らない人にとっては本当に謎だろうな。現時点では作者も謎に思ってそうだし。

■もういっぽん!
メガネも負ける。敗北後のリアクションが未知とは正反対で、やっぱこう感じる人もいないとな。先輩登場で連勝を阻止できるのか。何となく駄目そうな予感。四人目だけ2勝するとかそんな感じかのう。

■ハリガネサービスACE
狙って足を踏んだのかと思ったら意図せず着地してグネってしまったのか。邪悪な下平には是非その弱点を衝きまくる攻撃をしていただきたい。下平ならやってくれる。

■謀略のパンツァー
ノーパンに興味はないからのパンツ着用が明かされ動きがつい止まってしまう、この一連の流れがワケわからなすぎて最高だな。設定が特殊過ぎるので設定知らずに初見でこれ読んだら相当シュールさを感じると思う。

■「Creature in the Well」(1000/1000G)/アクション

20190919ciw01

ダンジョン探索アクション。ピンボールのようなビリヤードのような感覚。ボールをXで止めて左スティックで向きを決めてYで射出、それで障害物を破壊する等して進めていく。独特のプレイ感覚であるが、あまりシビアな設定にはなってないので結構気楽に楽しめた。

8つあるダンジョンの各部屋を虱潰しにクリアしていった。マップに載っている部屋が全てなので、未訪問の部屋があれば近くの部屋から隠し通路的なものが開くんだろうと分かりやすい。まあ、その隠し部屋への通路開けがたまに厄介なものもあったが、概ねラク。

ダンジョン内で死んだ場合、ライフがほぼゼロになっているが、上の画像の場所で回復可能。また、クリア済の部屋は再訪した際ギミックが復活しててもスルー出来るので(最終ダンジョン除く)、わざわざ改めて部屋内を片付ける必要は無い。クリア済かどうかは地図から確認可能。

ダンジョンのラストはボス戦で、それを終えると装置起動エリア。装置起動エリアでは起動以外に四箇所記録を読める場所があり、すべて読む実績がある。また、ボス戦前にはボスまでのショートカットを作れて、再戦での移動を短縮できる。

20190919ciw02

結構早い段階で入手できるチャージツールのファンブレイドが強い。砲台が出すような赤いボールをキャッチすると体力が回復する。ツールはどのタイミングでも変更できるので、回復できそうな場所はこれに切り替えるのがいい。

ボス戦では「同期フィールド」に手こずった。同期フィールドは後回し(7つ目)にしたほうが良さげ。同期フィールドのボスは4段階あり、2つ目4つ目がツラかった。基本、雷の杖&デュアルブレード、比較的安全な場所もあるが(2つ目だと上のほう)、安全な場所で時間をかけるよりボール等まとめ打ちして早くクリアするほうが最終的に良かった感じ。3つ目は砲台があるので回復タイムでもある。

ストーリークリア後に残ってそうな実績は以下。

・Hand Crafted
・Stock Tools

クリア後、村の右下部分の家に入れるようになる。そのラストのトコロにあった。

・Old Memories
全記録を読む実績。各ダンジョンのボス後以外に村の右下にもある。

・Looking Fancy
全ケープ取得実績。見逃しやすい奴は村の外にある。村を出て砂漠を左に向かうと岩がある。そこから左上、左、左下と岩を目当てに進むと崖っぷち、そこに一つある。

・Moonlighting
掃除しているカエルのモップの上に乗る。モップの軌道にいれば勝手に乗る。

・Open Sesame
チュートリアルでやったステージを再訪。そこにある。

・Fully Charged
コアをレベル10までアップグレード。カエルが一つ持っている。

・Too Much Power
7つのボールをXで溜め込むと解除。ボールは上限3つでそれ以上キャッチしようとしても消えちゃうんだけど、チャージツールの「小枝」だと7つ持てる。

■9月16日(月)/雑文

■ピリオド11/GTASC2019
DONATA今週も生き残る。

今週は「AngerForce: Reloaded」と「婆娑羅コレクション」をコンプ。

前者は解除不可実績ありのゲームになっていたのでポコらないものが出るまで続けるかーとプレイ、「ノーマル5面撃破率100%」でポコンが来なかったので「ああこれか」とその時になって調べてみると、それは解除可能実績で、「ノーマル4面撃破率100%」が解除不可扱いになっていた。それ解除できたよ。というワケで、これはパッチでもあたったのかなーとそのままコンプまでプレイした。「ノーマル5面100%」もその後もう一回やったらポコったヨ。が、未だ素点のままレシオがかかってない実績があって謎。

「婆娑羅コレクション」は全解除実績が普通に解除されないので面倒。完全なパッチ待ちでも良かったけど生存を不安に感じたのとHDDから削除したいのがあって無理やりコンプ。生存不安というのは、ピリオド10余裕で突破していたかと思ってたのによくよく確認したら「241 TA Difference above drop」となっておりあんま余裕なかったんじゃない?というコトからの不安。今週は余裕であったよ。

個人ボーナスの「レベル実績15個以上」は「街ingメーカー4」で行けたハズ。レベルアップ直前にセーブして、レベルアップでランダムで選べる店舗15種ポコンで行けてるハズ。

■「婆裟羅コレクション」(1000/1000G)/シューティング

vasara

2000年&2001年に出た戦国舞台のシューティング2作品詰め合わせ。敵に接触してもミスではなく、カコンと弾かれるだけ。が、その弾かれで弾に突っ込んだりして死ぬ。何だか納得感の無い死に方をするゲーム。

何故か20年近く経ってブラジルのメーカーから移植&アレンジモード収録で発売。インタビューとか読んでると熱量とか愛は感じるんだが、いざプレイしてみたらアレンジモードとか微妙過ぎる出来に感じたよ。愛はあるけど技量が追いつかないグレフ系のトコロなのか、インタビューがリップサービスしまくっているのかどっちなんだろコレ。

■クラシックモード
1&2共に最終面でゲームオーバーになると最終面頭からの再開になるが、2コンをねじ込んでプレイすれば同時に死なない限り道中続行となるのでそれを駆使。

・The End of a Dynasty?
1での真ボス撃破クリア実績。本来真ボスを出す条件は厳しいが、コンティニューしまくってスコアの末尾がXになると強制的に出現するのでその救済措置で解除した。尚2コン側は末尾Xじゃなくても大丈夫だった。

・The Long Road
2で12面クリアで解除。天の巻を選択してクリアすればいい。当然2コンねじ込み法で。

・The "Easy" way
2で地の巻(全6面)クリアで解除。天の巻一周目クリアでは解除できない。

・CONNOISSEUR
1(3キャラ)&2(5キャラ)全員でクリアすれば解除。これは真エンドなどではなくただクリアすればいいので、1なら影武者退治のみでいいし2なら地の巻選択でいい。

■タイムレスモード
徳川家康や織田信長退治実績があるが、だいたい7面8面ぐらいまで進めれば出る。強キャラは明智光秀なので、各キャラ1面クリア実績を解除したら残りは光秀での作業になる。XorYのオリャリャ攻撃が強く、ゲージも回復させやすい。

累積では「Dragon Slayer(Killed 100 Big Turrets in Timeless Mode)」が最後まで残った。Big Turretというのが何なのかわかりにくいが、実績ピクチャーの通りのあいつ。上の画像の自機の前方にいる地上砲台のコト。特にビッグじゃない。

■全解除実績
現時点ではバグっているのか最後の実績を解除したらなし崩し的にポコンするワケではない。TAのこのページを見て何とか解除した。ざっくり説明すると以下。

・39/40と、これ以外の実績を解除しているタグ(メインタグ)で起動してタイトル画面に行ってメニューボタンを押す。
・セーブデータを読み込んだのを確認したらオプションに行ってどこか設定を弄る(自分は音量とかちょっと上げた)。
・Bで戻ってオートセーブ、その後ゲームを終了。
・ホームからサブタグに切り替えてゲームを起動、コントローラ1でタイムレスモードを始める(2コンもスタンバイ)。
・2コンで本タグ乱入、1コン(サブタグ)で何か簡単な実績を解除する(中ボス撃破が無難)。
・サブタグでポコンが来たら2コンで敵を倒し出す。アイテム回収したり普通にプレイしつつ、まあ1面クリアせず死んでいい。
・ゲームオーバーになったらサブタグでタイムレスをまたスタート&2コンで乱入しては2コンで普通にプレイして1面クリア前に死ぬ。
・それを数回繰り返していれば「VASARA Unleashed(全実績解除)」がポコる。

と、何だか面倒な上に分かりにくい。書いててこれで合ってるのかどうかすら分からんよ。

■週刊少年チャンピオン感想 41号/2019年

■もういっぽん!
負けたか。でもまあ相手にちょっとでも驚異を感じさせたのでオールオッケー。

■逃亡者エリオ
暗殺おかっぱと融通聞かなそうな軍人、一気に仲間化なのかねコレ。軍人だけはもうちょい頑張ってほしいけど、王ではなく神に従うとかシャウトしているしなし崩し的にパーティに加わりそう。

ていうか早いな展開。掲載位置の割には巻に入ってる感感じちゃうぞ。

■バキ道
小結の炎がぽっと出の瓦・貝沼文也を割る回。炎と退治した相手は炎がデカいイメージを叩き込まれる。地面から引っこ抜かれる絵とか巨人の腕一本になっているしな。背後に一瞬にして回ったり掴んでジャンプしてからの叩きつけなど、アクロバティックな戦い方をしている。

炎は地下闘技場戦士の誰と戦うのが面白くなるだろうかね。似た部分が多い刃牙が一番相応しい気がするんだが、小結だしなあ。今回の情報だけだと達人かね。イメージ巨人をどうねじ伏せるか、みたいな。

混沌くん、そして貝沼と知らない連中が連投されているが、この調子で6人分全部やるんだろう。新キャラ同士の戦いなのに何かワクワクしないよ。オリバと頭凹んだ警官の時ぐらいのワクワク感は欲しい。噛ませが雑魚過ぎるのが問題。

■BEASTARS
死ぬのを自分でも察するなどのネコ科の特徴を霊感に落とし込む設定は良いナ。レゴシとルイが揃っていると何だか安心する。ルイの振る舞い含めて今回は終始ほのぼの回。

■魔入りました!入間くん
急速にシリアスになって弓のお披露目に突入。両親、嫌われすぎでしょ。

幻覚と分かっててもここまで効く展開っていつも不思議に思う。厳格なので弟だろうと殺します的フェニックス一輝派だよ。

■SHY
ここはアップで「無いです!」と言い放って欲しい。サイコパスを喜ばせるには意表を衝くのが良いでしょう。

■六道の悪女たち
乱奈、満面の笑みを浮かべる。ちゃんと戦いを楽しんでいる模様。この勢いで椰子谷のコト気に入ってくれないかな。椰子谷は乱奈のコト嫌いなままでいいから。そうしたらいいデコボココンビになりそうだよ。

■娑婆王
舞台装置も狭くてガチガチだしキャラも絞って描いているのにずっとふんわりした設定に思えてしまうのは何だろうな。

■ハリガネサービスACE
家守はまだこれからだと信じている。醜悪さを武器にしたえげつない見開きを待っている。

■やっこちゃんのお悩み
ギャグ漫画なのでこれぐらい普通だと思うんだが、今日日の状況だとこういうの載せれるのチャンピオンだけなんじゃないかとも思う。デブを笑い者にするな的正義が駆け巡りそう。

■謀略のパンツァー
黒子、別に女とかそんなオチはないのか。単なるホモだったの? いや自分はまだ女説を支持する。今後エピローグ的な話で再登場する時、髪下ろしてまるで別人になっていろはの前に登場すると信じている。

生徒以外のパンツァーもいるのか。古参じゃないか。パンツァーという名称が無かった頃からそういう行為をしていたのかも知れない。

■キューティーハニー
掲載期間を見るに、これは第二話なのかね。最初の全裸を載せるためだけに1話ではなく2話にしたんだろうなー。プラレス3四郎の露骨さがあったし、驚かぬ。上手くない絵だけどアニメ化とかで映えるものはあるよなあ。アニメ化で逆に良い絵にしやすそうだし。

■谷川ニコ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」15巻/ガンガンコミックスONLINE



高校二年間の生活と比べて一気に周囲が賑やかになった環境の変化を改めてもこっちが認識するようなエピソード多め。まーホント修学旅行がターニングポイントだったなあ。人間関係が広がると嫌な側面も見えてくるんだけど(キバ子とか)、プラスマイナスでプラスな変化だよな、今のもこっちの置かれている状況って。

初期だとモブで終わっていたかも知れないネモもだいぶ彫り込まれた。後付だろうとも納得感ギリギリのキャラ作りだし、実はこういう人となりだったというのはアリ。前述の酸いも甘いも的な嫌な側面含めて許容な存在。

後輩へのもこっちの対応が何か良い。後輩からは過剰評価されている節があってかつてのきーちゃんを思わせるけど、今のもこっちは成長してて変に自分を高く見せようとしないので痛々しいオチにはならなそう。パーフェクト超人だったあの先輩ももしかしたら、と思わせる余剰を読者に抱かせるのはとても良いですな。

今巻ではもこっちを膝枕させる加藤さんが今後どういうキャラに転がるのか謎でよろしい。シュレディンガーの加藤、まんま母性のみなのかとんでもない独占欲に塗れたサイコパスなのか、どっちになっても面白いし、作者は第三のアンサーを用意してそうでもある。

■9月10日(火)/雑文

・アダルトビデオって物によっては4時間ぐらいあるのか。いや4時間て。ロード・オブ・ザ・リングじゃないんだし。4時間かけてストーリー仕立てになってるんだろうかネ。一本ぐらい最初から最後まで等速で通しで観てレビューとかしてみたいな。

・台風で電車が運休というのを初めて食らった。仕方なくタクシーで帰ってきたよ。タクシーで帰るという選択をした自分に驚く。以前の自分ならタクシーの乗り方分からないので職場に戻って朝まで時間潰していたと思う。

・「桜花忍法帖」の主題歌が気に入った流れでその小説とか派生でバジリスクとかY十Mとか十とかまとめ買いした。原作の「甲賀忍法帖」「柳生忍法帖」「魔界転生」もそろそろ再読したいんだよなあ。漫画より先に読みたい。

  • Genre:

■「AngerForce:Reloaded」(1000/1000G)/シューティング

20190909afr

縦シュー。彩京シューティングを温めにした感じで楽しい一作であった。何をそんなに読み込んでるんだと思うぐらいロードが長かった。

溜め込んだポイントを使って自機を強化出来るので、最初は無理に思えた実績もどうにか解除できた。

使ったのはアシモなるロボ。女を使いたい気持ちを抑えてロボを使う。ロボは通常ショットが扇状弾なので広範囲をカバー出来る為、撃破率100%実績に有効。

■撃破率100%
ルーキーの全3面、ノーマルの全5面が対象。ステージセレクトなどが無いのでノーマル5面の該当実績を狙う時も頭からやる必要がある。まーそれでもポイント貯め(=強化)があるのであまり苦を感じずに繰り返しプレイ出来た。

ノーマル4面の終盤、列車のラストは雑魚をモリモリ出すのでボムを使って早期撃破がオススメ。列車はそれ以前のトコロも、左右から中型機が出たりするが、LBの置きレーザーを惜しみなく使用、固めのロボが列車から浮上して左右に移動するトコロも置きレーザーにした(そこは雑魚も出るので撃ち漏らしやすい)。

ノーマル5面は円筒みたいな地上雑魚が左右から出てきてはすぐ逃げるので、その位置をだいたい覚える。置きレーザーや場合によってはボムも。終盤の気球みたいな固めの敵は雑魚を出すのでボム+置きレーザーで速攻倒すのが良さげ。

グレードアップは攻撃力25%を優先して、その後は所持ボム、体力などに振っていった。アップグレードは全部やる実績などはない。

■ベテランクリア
全7面。ラスボスが思ってる以上に長かった。ポイントを使ってコンティニュー出来て、自分は二回コンティニューしたかな。無限コンティニューというワケではない。

実績解除のタイミングがおかしかったり、条件を満たしたのに解除せずにもう一回満たしたら解除というのもあった(ノーマル5面撃破率100%)。また、ゲームが落ちて(3回ぐらい落ちた)再開したらセーブが巻き戻ってアップグレードが弱体化してたりもした。まーコンプ出来たのでオールオッケー。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
TA
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR