1. Top » 
  2. The Bourne Conspiracy

■「THE BOURNE CONSPIRACY」総括/XBOX360/アクション/Sierra

総じて、オーソドックスな今日日の3Dアクションという印象。TPS・ボタンアクション・近接格闘・ムービーも絡めた直線型でシームレスなストーリー進行、という具合に何から何まで標準的平均的。全体的に難度がヌルめだったのがイイ。

第一印象が最後まで変わらなかった感じで、上記のように色々な要素が詰め込まれているけどそれぞれが中途半端止まりなゲーム。特に近接格闘。格闘ゲームのようにやれるコトが沢山あるワケでもなく、強敵とのタイマンバトルの攻略も相手の攻撃をガードしたら反撃の繰り返しという辺りに落ち着く。まあ、僕としてはこの中途半端さ/ヌルさも歓迎なんだけど。ボス毎にそのボス専用の攻略を見出すガチガチさが無い、こういう気楽なゲームもイイ。

映画三部作の外伝的な内容だったのかな。ストーリーはあって無いようなものなので内容は把握してないんだけど。それでも映画のほうも観たくなってしまった。

何でスパイクは出すの止めたんだろうか。単純に売れなそうだからかなあ。それとも、原作付きだし権利関係だろうか。ゲーム内容にしても確かにこれはスパイクがローカライズしそうな作品なのにな。まあ、誰も楽しみにしてなかっただろうけど。そんなゲームを僕はどうして買ったかって? 知らねーよ。確か海外版「アローンインザダーク」と一緒に買ったんだった。こっちのほうがストレス無く楽しめた。

■「THE BOURNE CONSPIRACY」(03)/XBOX360/アクション/Sierra

クリア。全11ミッションであった。

後半は短めのミッションも多く、自分としては丁度良かった。ミッション2や3はそこそこ長くてこんな感じで最後まで続くのかなーと思っていたので。積みゲー多いし集中力も足りない自分にはこれぐらいで丁度いいんだよ。ミッション7に至ってはボス戦のみの短さ。ミッション開始時にポーズをかけて、収拾パスポート数を確認すれば長さを把握出来る。0/5となってると短いんだなと分かり、嬉しくなる。0/10となってるとげんなりする。

カーチェイスのみのミッションがあった。レースゲームは不得手な自分だけど、そんな危機感を抱くコトなく挑み、実際別に苦戦しないでクリアできた。

一番苦労したのは美術館ステージのラスト。そこを難易度アサシンでクリアするってトコロ。死にまくって「ああ、これぞTPSだ」という、TPSへの苦手意識が蘇ったよ。いやまあそれでも1時間ぐらいのリトライで突破出来たので、ユルい。ギアーズオブウォーは、1チェックポイントに付きそれぐらいかかってたような。

一通りクリアして残っていた実績は5つ。

■Hard Slog(Finish a mission without using any hand-to-handtakedowns)
hand-to-hand takedownsを用いずにミッションをクリアするというもの。これは1面をリトライして解除した。バーに入ったトコロでチュートリアル的にtakedownを行なわされるけど、そこはやっちゃってもいい。ボス戦でボスの攻撃を凌ぐボタンアクション(主にYボタン)もやっちゃってもいい。

■Wrecking Machine(Take out multiple opponents with onetakedown 30 times)
脱出ミッションの冒頭を繰り返す。

■Deadeye(Finished 3 missions with an accuracy of at least 90%)
命中率90%以上でミッションを三回クリアすれば解除。雪山コテージの面がお勧め。タンクを撃ったりする前半はキッチリ当たる距離まで近寄って当てて、小屋内で下にいる狙撃手を撃つシーンもYで照準を逐一当てて外さないようにすれば100%も達成可能。同じ面の繰り返しでもカウントされるので、このステージを三回やるのがラク。

■Bullet Master(Finish off 200 opponents using shootingtakedowns)
■Heavyweight(Defeat 200 opponents in hand-to-hand withoutperforming a takedown)
バレットマスターは200回shooting takedowns、ヘビーウエイトはtakedown無使用でタイマンバトルで200人倒すというもの。ヘビーウエイトは序盤ミッションの非軍人が体力も少なくてお勧め。累積系だけど他のゲームほど苦行累積では無かった。

  • Genre:

■「THE BOURNE CONSPIRACY」(02)/XBOX360/アクション/Sierra

キャンペーンにてミッション3~5をクリア。ステージセレクトではミッション6もクリア。

ミッション4辺りからTPSの要素も結構強まってきた。地味に面倒なんだけど、ガチガチのTPSというワケではなく、例によってヌルい感じなので絶望的に詰まるというコトもない。その気になればとことんジックリ時間かけて敵減らして行けばいいんだし。敵を無視して次のチェックポイントに飛び込もうという癖が発動し出してるけど、殲滅しないと次に進めない局面が多いので、まあ結局倒しながら進めるのが無難。

パスポート集めがやっぱ面倒かなー。位置載せてるサイトないかな。海外辺りのサイトならありそうなので後で調べるか。真剣に捜索したのに取りこぼしが出るのは中々に切ないものがある。

ミッション4以降はアサシン難易度でボス戦を凌がなくてもいい様子。ボス後のチェックポイントで一旦終了して、コンティニューで難易度上げて最後だけプレイすればいい。だいぶ気がラクになった。
アサシン難易度はボタンアクションも無駄にシビア。通しでアサシンプレイする必要があったなら異様に苦戦してたんだろうな。ボス戦でボタンアクションが出る時もあったけど、そこは基本ミスしていいぐらいで、他でカバーの方向。

■「THE BOURNE CONSPIRACY」(01)/XBOX360/アクション/Sierra

元々スパイクからローカライズが予定されていたけど何故か無いコトになったボーンコンスピラシー。海外版を開始。ステージ2までクリア。これは確かにスパイクが目を付けそうなゲームだ。

Xbox360では毎度お馴染みなタイプの3Dアクション。全体的にヌルい難易度で、結構まったりプレイできる。TPS的も要素はあるけどガチガチでないので自分には丁度イイ。敵に近付くと突然対戦格闘ゲームのようなタイマンバトルになる。こちらもまたシンプルでユルい感じ。他には、ムービー的な演出のボタンアクションが結構頻繁に入る。こうして書くとアレコレ幅広い内容に思えるかも知れないけど、実際にプレイしているとパターンがそんな多くない。総じてヌルい。自分にはこれぐらいでいいよ。

・到達したステージはセレクト可能(恐らく、クリアしてなくても)。
・Assassin難易度クリアは、そのステージの最後だけ難易度を変えればいい。
この二つから、今後のプレイ方針としては、まずステージセレクトで該当面をクリアして展開を把握しておいて、平行してキャンペーンを進めるコトにする。まあ、パスポート回収でどうせ同じステージは複数回プレイするコトになりそうだし。

で、1面2面を、ラストだけAssassinで挑戦してみたら、難しかった。ボス戦なんだけど、こっちの攻撃は当たらないし妙に減らされる。2面は最後のチェックポイントの関係上雑魚ラッシュから通してやる必要があったけど、それよりも1面のボス単体のほうが苦戦したな。ボタンアクションもシビアだし。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR