1. Top » 
  2. デッドライジング

■「デッドライジング」総括/XBOX360/アクション/カプコン

標準的な箱庭ゲームと比べると、随分異なった独自性を持っている作品で、そのシステム/ルールを把握するまでや、開始時の主人公の弱さもあって、取っ付きの悪い作品だった。しかし慣れていくに従ってこのオリジナリティが癖になってきて、面白作品に化ける。Xbox360初期のゲームでありながらここまで独特な世界観&ゲームシステムを追及した内容になっているのには驚く。

他にも初期作品でありながら驚く点として、実績がユニークで考えられているというのがある。解除自体は難しくないけど、答えを知らなければどの場所で狙えばいいのか考えさせられる「ゾンビロード」「ストライク!」「ゾンビジェノサイダー」、システムを理解した中でスケジュールをタイトに組んでの綱渡り的な戦略が要求される「ハーレム」「セイント」、それとは対照的に緩いながらもリアル持久戦が厳しく、時にはアドリブな戦術も要求される「7デイ・サバイバー」等、狙い出したら各コンテンツを味わい尽くす結果にもなる設け方。他のメーカーだったらCASE完了毎に解除されて終わり、という実績設置になっていたかも知れない。

あえて難点を挙げるなら、カプコンゲーム特有の荒々しさ。慣れるまではとにかく難易度が高く感じる。主人公のレベルがマックスになっても油断してたら死ねる。ゾンビに掴まれたらイチイチ振り解く必要があるのもちょっとストレスだったかなー。セーブ周りもちょっと煩わしくて、その辺は悪い意味で360初期のゲームだと思った。

■「デッドライジング」(06)/XBOX360/アクション/カプコン

「5デイ・サバイバー」、そして「7デイ・サバイバー」解除。メガマンな出で立ちで7日生き延びた。

∞モードにてゲーム内5日及び7日生き延びるコトで達成出来る実績。ゲーム内7日はリアルで14時間。このモードは他のモードと異なり時間で主人公フランクの体力が減って行きゼロになると勿論死亡(つまりは完全放置での解除は不可)、一時的にポーズは取れるけど中断セーブ不可(つまりは14時間確保して挑む必要がある)、という、ひど過ぎる内容に思わず笑みが零れてくる実績。13時間で死んだら水泡に帰す、また最初からやり直さなきゃならないなんて、恐過ぎる。「360ユーザならこれぐらいやるでしょ」的なカプコンからの挑戦状と言える。ああ、確かにやるよ。

NXEでハードディスクにインストールが出来るようになった今だからマシになっているけど、NXE以前の頃にこの実績を解除した人は凄い。尊敬する。本体消耗激しいでしょ。この実績はどれだけの360本体を殺したのか。

セオリー関連の攻略はWiki等に従えばいいので精神的な攻略を語るなら、「プレイ中、暇潰しに読む小説は短編がイイ」。

体力マックス状態からでもリアル20分でフランクの体力がゼロになるので、サバイバルのお供に長編小説、というのは不向き。うっかり読書に集中してたら20分ぐらい余裕で超過してしまう。しかしこれが短編なら、一篇読む毎に画面に目を配るぐらいの余裕は出来る。最初は長編作品である山田正紀「神狩り」を読んでたんだけど、何度か危ない目にあった。長編は中断するタイミングが掴み憎いのでマジ危険。二冊目からは結城昌治や宮部みゆきの短編に切り替えて事無きを得た。あー、この実績のお陰で5冊読めたのが収穫。

ちなみにこの実績を試みたのは2009年9月13日23時~14日13時の間。時計盤が一周する以上の時間拘束されるのが分かってる上でのチャレンジってのは覚悟が必要であった。

  • Genre:

■「デッドライジング」(05)/XBOX360/アクション/カプコン

「アンブレイカブル」はオーバータイムモードのみで良いらしいので挑戦した。教団もいないし、倒されなきゃ良いだけ。というワケで解除。展開を分かっているので1時間前後でクリア出来た。

引き続き、72時間モードの3.5周目として、「グルメ」「PPコレクター」の収拾系を埋めるコトに。これらもかったるいだけで何とかなった。余った時間で「インドアガイ」も解除してその場で終了とした。

そして4周目として「セイント」狙いに挑戦。「通信中毒」も狙う。しかしセイントをAエンディング+オーバータイムでやるのはかったるい。「通信中毒」は途中からセーブしないで別ルートで解除してしまい、改めてセーブ地点から「セイント」Bエンドコースを狙う形にする。

・「通信中毒」用にシモーヌは救助する(ケース6-1を埋める必要があり、つまり博士は死なせるコース)。
・「通信中毒」最後の通信は21日20時なので、ケース7-2までは完了させる必要がある。
・「セイント」はケース7-1をロストさせたほうがラク。
・なので、7-1達成直前のセーブ以降はセーブしないで7-1達成コースで「通信中毒」解除、その後7-1ロストで「セイント」Bエンドコースに。

これで何とかやった。

「通信中毒」は無線全受けで達成される実績で、ケース埋めの催促無線も含まれる様子。なので、ケース発生時に対象の場所(主にセコム)から離れていて、一旦催促無線を聞く必要がある。
どっかで受信ミスがあって解除されないんじゃないのかなーとか思ってたけど、21日20時のを聞き切ったトコロでカコンと来て安堵。

「セイント」は50人以上でモールから脱出する実績で、ほぼ全て救出する感じ。局面によってはえらいタイトなスケジュールで動かなきゃならなくて、このゲームならではの遊びと挑戦意欲を両立させている面白実績。

「ハーレム」同様これも攻略サイトを参考に進めたけど、途中で下手打ってアドリブが入ったりして大変であった。
ただ生存者と会話をすれば着いて来るワケではなく、特別な救助方法があったりして、そこに手こずって時間をロスしちゃったり。ウサギの巨大人形にぶら下っている二人に特に手こずった。骨ぶつけて落とすのに気付かずにだいぶロスした。ガンショップに立てこもっている三人組にも苦労した。ガンショップに完全に入らずに説得するなんて、気付けない。

複数の生存者を引き連れている時、ゾンビがコース上をウヨウヨしている場所はメガバスターで道を切り開きつつ着いてきてもらうのが良いと気付いた。ゾンビの間を縫うように動いてはくれないので、結局ジリジリ掃討しつつ進むのが良いのか。教祖戦後の5人牽引でそれに気付いた。メガバスターは毎回使い切るぐらいでいいんじゃないかな。

最後の救助が完了したトコロで、室内を回って撮影しまくって「ドキュメンタリー」解除。密集してて写真撮りづらかった。その後もまだ時間が余っていたのでモール巡りして「ファッションリーダー」も解除。それでもまだ時間に余裕があったので、夢枕獏「陰陽師 生成り姫」を読んでた。

4.5周目として「アウトドアガイ」のみ狙いで屋上放置して、これで残るは360本体殺しでお馴染みサバイバー関連のみ。

  • Genre:

■「デッドライジング」(04)/XBOX360/アクション/カプコン

3周目は「ハーレム(女性8人同時救出)」を狙うプレイに徹するコトに。ついでに周回跨ぎの累積系&作業系なんかもちょこちょここなす感じで挑む。

ハーレム解除を狙うに当たって、生存者が出現出来るのは8名まで、という条件があるのでフラグを回す為に男生存者を自力で殺害する必要がある。流石に心が痛む。救出しようとしつつゾンビに余儀無く殺されてしまう、のではなくメガバスターで吹っ飛ばすのは心が痛む。まあ、割り切ってジャンジャン殺しましたけど。序盤のケント(カメラチュートリアル的な人)からもう面倒なのでぶっ殺した。

ハーレムは攻略サイトに従って進めた。20日午前8時からスタートさせるんだけど、準備として、以下を満たしておく。

・ピエロを倒して暴走マシンに乗ってる人を救出、Wプラザ~Pプラザ間の抜け道を確保しておく。
・20日になってから中庭のプリズナー3人組を倒しておく。
・それまで入電のあった生存者を全て空っぽにしておく(救出でも殺害でもどちらでもよし)。

それを満たした上で、20日7時から開始。

1:Pプラザで7時に「恋人たち」入電、早速Wプラザに向かって二人を殺害。
2:8時にナタ男ことクリフを倒し空き店舗の鍵入手、救出はしない。
3:フードコートに移動、9時に入電を受けたらAプラザに向かって男を殺害。
4:Nプラザに向かい、空き店舗の鍵でCliffの捕虜3人救出、男2人は殺害。
5:11時に入電、Pプラザの食いしん坊(男)を殺害して、玩具屋(大きいほうの店)で姉妹救出。片方は店の前でゾンビに襲われているので急いで救助。
6:そのままPプラザのトイレで待機、12時にデブ警官入電、抜け道経由でWプラザへ。
7:デブ警官を倒して4人女性救出。
8:WプラザのトイレからPプラザに、カルト教イベントが始まっているので箱詰め女性を救出。解除。

8人揃った時点で解除されたので良かった。セコムまでエスコート完了させて解除、ではなく箱詰めジェニファー救助して8人揃った瞬間に解除。まあ、セコムに向かう途中でうっかり一人殺しちゃったしね。8人もゾロゾロ牽引してると、意図してないのにかきわけタックルかましちゃってついついダメージ与えちゃうし。

入電は、該当プラザに自分がいると入らないのかな。その可能性が高いので、5を待つ時はPプラザにいないほうがイイ。入電後即行動出来るように、11時にPプラザ入り口近辺にいるように移動を調整する。

5で姉妹を救出して3人エスコートになってトイレに逃げ込むまでが緊張した。その後デブ婦警の場所まで行くのもやや緊張。その辺が「ハーレム」実績最大の山場であったよ。

んでまあ3周目の目的である「ハーレム」は達成、「パニッシャー(サイコ10人殺害)」「サイココレクター(サイコ10人撮影)」とサイコパス関係も狙っちゃおうかなーと思ってたんだけど、どうにも人数が足りない感じ。ケント瞬殺したけど序盤の段階ではサイコ扱いじゃないのかな。

ああ、サイコパスでは店長が相変わらず素敵。キャンセルしないでまたムービー観ちゃったよ。ネームプレートの写真は髪がフサフサしているのもポイント高い。経営に苦労して狂っちゃったのか、或いはヅラだったんだけどモールのゾンビ化でネジ飛んじゃってお構いなしになっているのか、妄想の余地がありまくる。

  • Genre:

■「デッドライジング」(03)/XBOX360/アクション/カプコン

どうにか真エンディングに到着。

長かった。通常3日をAエンドで終えて「Overtime」に突入、この延長戦が想像していたよりも長かった。当初は「セイント(生存者50人以上で脱出)」解除も狙おうかなーとか思ってたけど、とてもじゃないけど無理。まだ操作にも画面にも慣れてないので無理。

ラスト、戦車上のボスが強くてこれでこそカプコンと感じた。倒せた時はあっさり倒せたんだけど、3・4回はサックリ殺されてしまって「また戦車止めるトコから再開かよ」とげんなりした。

終わってみると、無駄なトコロで時間かけちゃったコトが多かったかなー。

・CASE進行待ちの余裕のある時間帯に何か余計なコト(救助とか)やろうとして死ぬ。
・セーブしてなくて、死んでえらい戻される。

この二つが自分のプレイに顕著だった。相変わらずマップを把握していないので、セーブしにトイレに行くのが面倒とか思ってちょろちょろ進めたら死ぬ。オートセーブじゃないメリットもあるんだろうけど、遊んでるゲームが大抵自動セーブ主流になってるので忘れがち。

それにしてもリアルメガバスター所持でこんなに大変だったなんて、まともにプレイしてたらどうなってたんだろうか。ボスに殺されまくってただろうってのが用意に想像出来る。

「アンブレイカブル(一度も気絶しないで真エンディング)」が解除されなかった。これ解除するにはまた延長戦含めた上で最後までプレイする必要があるのかな。何となくそんな感じがするので、気が重い。何故解除出来なかったんだ。カルト信者に拉致られたのがマズかったんだろうか。

  • Genre:

■「デッドライジング」(02)/XBOX360/アクション/カプコン

数年ぶりに再開。以前立ち上げた時は文字の小ささや操作の複雑さ、3Dゲームへの免疫が無かったので結構手間取ったんだけど、色々なゲームを通過してきた今なら何とかなる、ハズ。

だいたいルール的なものが分かってきた。ゾンビまみれの広大なショッピングモールに放り込まれて、三日後に回収用のヘリが来る。ヘリが迎えに来るまでの時間、ゲーム内で3日(72時間)、リアル時間で6時間をどう過ごすかは自由。メインシナリオのイベントは随時発生するので、それをちゃんとこなして行けば真エンディングになる、のかな。しかしそのシナリオを無視しても良い。時限発生するサブイベント的なものもあるので、取捨を考えつつやったりも出来る。カツカツにスケジュールを組めば一周でごっそり実績解除出来るのかも知れないけど、無理無く複数周回前提で「今回はこれを狙う」的にやっていくのがイイかなー。

とりあえず初回プレイは、二周目以降の為に、レベル上げと強武器入手を狙って、「ゾンビジェノサイダー」実績の解除に勤しむプレイに徹した。つまりは地下駐車場で延々とゾンビを轢き殺していた。

いま改めて見ると、箱庭ゲームの様相を成しつつも、あちこちに大量にゾンビが配置されて常時危険が付きまとうってのは結構なオリジナリティ。箱庭ゲームって非イベント進行時は安全ってのが多いから。ゾンビはトロいけど近付くと掴みかかってくるので気が抜けない。

  • Genre:

■「デッドライジング」(01)/XBOX360/アクション/カプコン

人口5万のアメリカ・コロラド州ウィラメッテにて何かが起きてると嗅ぎつけたフィリージャーナリストのフランク・ウエストを操作して、 ゾンビまみれのウィラメッテのショッピングモールを駆け巡る内容。

こちらもまだほんのさわりしかプレイしていませんが、かなり楽しみ。例によって覚えるコトが大量にありそうなんですが、 随時説明が出現するので少しずつ覚えながら進められそうです。が、何気に表示メッセージが小さいので読み取りにくいかも知れぬ。 XBOX360は全体的にそんな感じなんですが、僕の環境故なのかコレ。モニター小さいのかのう。

開幕時、ヘリで町を上空から撮影するシーンがあるんですが、屋上でゾンビに襲われている人が、 ゾンビに飛び付かれてその勢いで地上に墜落したりします。それをミニゲーム的に撮影します。かなり薄情なゲームですよ。

化け物相手にオッサンが戦う3D画面の「ギアーズオブウォー」とこの「デッドライジング」 を平行して進めるのは混乱しそうな気もしますが、実はさらに「地球防衛軍3」もやり始めようか考えている。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR