1. Top » 
  2. 真・三國無双5 Empires

■「真・三國無双 5 Empires」総括/XBOX360/アクション/コーエー

覚えるコトが色々ありそうでプレイ前は気負っていたんだけど、終わってみるとそんなにプレイ上知っておくべき必須ポイントは多くなかったかな。本格的に遊び尽くすにはまだ入り口に立ったに過ぎない自分だけど、実績全解除したのでもういいや。

無双は沢山出ているけど、地味にそれぞれに差別化が図られている。エンパイアーズは光栄のかつてのシミュレーションにアクション要素を加えた内容になっている。前エンパイアーズの「真・三國無双 4 Empires」は評判的にどうだったのか分からないけど、多分そんなに良い評価はされなかったんじゃないかな。それでも他の無双シリーズなシステムに一律化させるコトなく、エンパイアーズの持ち味を残してそこを洗練させての新作になっているのは粋です。

君主篇/カードを使って軍略を立てていくというのが新たに付加されたシステム。個人的にはこの新要素にはあまりハマらなかった。カードも山ほどあって何が有利で何が使えないかよく分からない。が、こうした大量カードってのもアレコレ考えたりするのが好きな人には堪らないかもな。

■「真・三國無双 5 Empires」(03)/XBOX360/アクション/コーエー

5つあるシナリオ(争覇モード)をクリア。クリアした順番は「黄巾の乱」「官渡の戦い」「乱世」「赤壁の戦い」「三国鼎立」。

やってる内にだいぶ分かってきた。そうだ、エンパイアーズはこういう感じだった、というのを思い出してきた。自軍領域に塗り替えていく/水路を繋ぐように拠点を制圧していかないとならないんだった。いきなり敵の本陣に突っ込んで総大将狙っても駄目というルールを思い出したよ。

「乱世」は武将篇ではなく君主篇でスタートしたんだけど、途中で面倒になって野に下った。武将のほうが何だか気がラクだわ。

更に残り二つのシナリオは、武器と馬、金を引き継ぎで開始、まずどこかに仕官してステータス強化、その後野に下って、セーブ&ロードを駆使してどこかの勢力ほぼ一色になるまで(天下統一まで残り1地域を残すのみになるまで)待ってから、強国に再び仕官、軍議でラスト1地域への侵攻戦が出るまでロード、というやり方でクリアした。1回戦場に出るだけでシナリオクリア。いや流石に億劫になってしまってそんな方法でやってしまったよ。ステータス強化してるけどレベルが低い状況なので、制圧砦に戻って体力回復アイテム回収とか頻繁に行なって超ジリジリ総大将にダメージ与えていた。

  • Genre:

■「真・三國無双 5 Empires」(02)/XBOX360/アクション/コーエー

エディットキャラを使ってシナリオ「黄巾の乱」を進めていたんだけど、イマイチルールも分からないし早くも飽きてきたので、別セーブデータで「プレイヤーキャラ○○で戦闘に勝利」系実績を解除していた。

専用顔グラのある武将を探しては、武将モードで開始して戦闘で火炎虎撃退を選択、クリアしたらセーブで実績解除、というのを繰り返していた。もう1キャラもう1キャラとやってる内に、気付いたらこれ系の実績を全て解除し尽していた。645/1000。

5は三國無双シリーズの仕切り直しというかデザイン一新を目指している感があり、デザインの変更には泳げたり高さの概念を加えたゲームデザイン以外にも、各武将のグラフィックなんかも含まれる。が、ファンも多いので配慮したのかあんま派手に変更されてたりはしないな。董卓だけは凄い冒険した変更になってたけど。

それにしても無双にはビッチが足りないよ。甄姫とか下乳衣装にしちゃってもいいのに。甄姫は貂蝉以上に不知火舞に成り得る逸材だよ。ファンはそれを求めている。僕は許すよ。CEROを底上げするようなビッチを是非。テクモ分が注入されるのはどの作品からなんだろうか。

  • Genre:

■「真・三國無双 5 Empires」(01)/XBOX360/アクション/コーエー

とりあえずカテゴリ設置しておこうぐらいの気持ちでHDDにインストールして10分程プレイ。プレイというか、エディットでちょろっと1キャラ作っただけ。それで1記事書けるのかと言われれば、書けるわけないだろうが。

最近の無双は「オロチ2」にしろ「ガンダム2」にしろ面倒な要素(主に実績面で)が増えてきた印象だったんだけど、今作は初心に帰った息抜き感覚でプレイ出来るみたいで一安心。値段も安いしな。無双はそれでイイよ。

エディットモードも話題になっているけど、そんなパーツも多くないし際立って売りになる部分でもないかな。まあそれでも他社(「ソウルキャリバー4」辺り)で受けてた要素をなりふり構わず早速導入しているのは良い。ただし、ビキニアーマーチックなセクシー衣装を無料とは言えDLコンテンツにしているのは戴けないが。

そして、全くこのゲーム単体に関係の無い話をすると、当「真・三國無双 5 Empires」で僕の360起動ゲームが百本に突入した。ひゃ、百本か。自分でも驚く。「ランブルローズXX」専用ハードになっても構わない気持ちで購入したのになあ。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR