1. Top » 
  2. Fatal Inertia

■「フェイタル・イナーシャ」総括/XBOX360/レース/コーエー

大自然剥き出しのコースを舞台に、ハイスピードなバトルレースが展開されるゲーム。

非常に難易度が高く、自分自身キャリアモードを断念したが、コース・チェックポイントの配置/アイテムによるバトル要素等、このゲームならではのアイデアを入れつつ丁寧に作られている印象は強い。しかし如何せん難しいの一言に尽きる。難易度高めで纏められているのが惜しい。このゲームならではの脳汁感覚に辿り着くまでに投げる人も多そう。自分も、脳汁が出かけてきたかどうか辺りでキャリアモードは挫折。

難易度の高さの一つに地形がトリッキーで障害物のダメージが尋常でないというのがある。加えて敵機とのバトル要素が入ってくるので一気に色んな情報をアドリブ含めて捌いていかなきゃならない。ハイスピードの世界を爽快に味わうにはこのレイアウトはちょっとチグハグ感を覚える。シューティングで例えるなら高速スクロールの脱出シーンで弾幕ばら撒かれるような御無体感。

キャリアにシナリオが欲しかったかなー。「首都高バトルX」や「NFS MW」みたいに。折角敵機がいるのに、名前だけの存在というのは惜しい。

自分の最終評としては、「自分がレースゲームに抱いている難しさが全て詰まっている作品」、という感じ。

■「フェイタル・イナーシャ」(04)/XBOX360/レース/コーエー

ギブアップ。もう無理。キャリアモード無理。攻略サイトも見当たらない。「ふぇいたる☆いな~しゃ 攻略」で検索しても無い。

エリートの「スピードシリーズ3」で己の限界を感じた。スピードアップアイテムなんかも適度に使って普通に走ってるのに周回遅れにさせられる恐怖。適度に使う程度じゃきっと駄目なんだろう。ガンガンロケット状態にさせてリスクと隣合わせで障害物を針の穴を通すかの如く切り抜ける必要がありそう。無理。ここが現段階での自分の限界。ここから先はジャンル単位での蓄積スキルが要求される。シューティングゲームで初心者が易々と1コインクリア出来るようにはならないように、レースゲームというジャンルに精通してないと突破は困難な領域。イメージ的にはそんな感じ。

というワケでキャリア放棄、累積勝利系や過去リーグ1位の実績等、解除出来そうなものは一通り解除した。エリートリーグ2シリーズまでの各1位、以前は3位入選するだけであんなに苦戦してたのにどうにか達成出来たのは、プロフェッショナルの最後のサシ勝負勝利で得たエンジンが高性能だったからか。今後のエリートリーグ勝利で得られるであろうエンジンを使えばエリートリーグも何とかなるかも知れないんだが、それは部屋を空ける鍵が部屋の中にあるという話で、つまりは密室だ。

  • Genre:

■「フェイタル・イナーシャ」(03)/XBOX360/レース/コーエー

プロフェッショナルリーグは6シリーズあり、3シリーズ目から無理感漂いまくりになって困った。

強いパーツが欲しくて、「Destroyer Champion(1レース中に7機の敵機を破壊)」を狙うコトに。クイックレースでMagnet Mayhem、機体はマグネット数多めのタイタンを使用して挑戦。最初の頃は敵機が周回してくるのを一ヶ所で待ち構えては撃ち込んでいたんだけど、途中から倒せなくなる。どうやら敵機がラップ数クリアしたら(ゴール済みになったら)、無敵になってる様子。
待ち構えて撃ち込んでるだけじゃ間に合わないのかーと自分も走りながら攻撃するも、どうにも7機破壊にならない。瀕死状態にさせたのが勝手に地形にぶつかって自爆したりするのはノーカウントの様子(スコアが入らないと倒してない扱い)。

しかし何度かやっている内に、「あれ、これで行けるんじゃないかな」と思い付いた方法を試すと倒せた。その方法は、開始したらゆっくり進みつつ、マグネットを6セットぐらい後方に吐き出す、また進んでは吐き出す、という具合にマグネット地雷の罠をちょこちょこと設置しつつ移動するというもの。勿論周回遅れになる。確実にこちらのマグネットで死んでもらうには、纏めたマグネット地雷を撒いて置く。これが良い。敵機7体全滅後、ゆっくりとゴール。
一人状態で走っている途中で「Show-off(7機の敵機全てを周回遅れにする)」も解除された。全滅させても解除されるのかコレ。

「Destroyer Champion」解除で入手したウィングをカスタム機体に付けて改めてキャリアモードを進める。劇的に強化されたのは使ってすぐに分かったんだけど、それでも難しい。ヤバいなコレ。リトライ番長と化してどうにかプロフェッショナルリーグはクリアしたけど、ここから先はだいぶヤバい。

プロフェッショナルリーグのラストはエリートリーグへの試験的なサシ勝負で、敵がえらい速くて泣きそうになったんだけど、相手が一機ってコトは、待ち構えて退治してからゆっくり完走すればいいのかな、と思って実行。それで大丈夫だった。10分かけようが一人しかいなければ1位。

  • Genre:

■「フェイタル・イナーシャ」(02)/XBOX360/レース/コーエー

まずはキャリアモードのExhibisionリーグをクリア。クリアと言っても辛うじて三位入賞で終えて、プロフェッショナルリーグが解放されたトコロ。

Exhibisionは、「Opening Series」「Combat Series」「Speed Series」の3シリーズ。1シリーズにつき4レースある。最初こそサクサク勝てて気持ちが良かったけど、スピードシリーズに至っては各レース1位になるコトも出来ず、トータルで3位入賞でどうにか終えた感じだった。こんな序盤で苦戦しているなんて。

機体もちょこちょことアンロックされてるけど、最初のマーキュリーが一番使い易い。他のは慣性がヒドくてまともに操作出来ないよ。そんな空中ドリフトは意図してない。でも他の機体に慣れないと今後渡り合えなくなっていくんだろうなあ。この慣性こそがフェイタルイナーシャの味なんだろう。

まあでもリトライが簡単に出来るので、ついつい繰り返しプレイしちゃうタイプのゲームだな。

  • Genre:

■「フェイタル・イナーシャ」(01)/XBOX360/レース/コーエー

HDDにインストールしてチュートリアルにちょこっと触れたぐらい。不得手なレースゲームでありながら正直何で購入したのか覚えてないゲームなんだけど、多分安かったんでついつい買ったんだろうなあ。

レースゲームとは言っても地を這う車ゲームではなく、未来舞台の浮遊マシンでのレース。フライトシミュレーション的な操作で益々苦戦を強いられそうな予感がしているけど、今は序盤も序盤なのでまだ問題無し。こ、これから大変になって行くんだろうな。まだ実績はゼロなのでその気になれば無かったコトにも出来る。退くなら今しかないぞ自分。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR