1. Top » 
  2. The Godfather 2

■「ゴッドファーザー2」総括/XBOX360/アクション/EA

箱庭ゲーム。程好い難易度と程好いやり込み要素で、楽しく終了。マフィアの縄張り争いという、西洋版戦国時代な舞台設定。

主人公がボスという立場で、ファミリー(部下)を使ってアレコレ出来るってのが特徴。その辺がこのゲームのオリジナリティで、かつ上手くシステムに溶け込んでいる。「あー、一つ一つ拠点制圧していくの面倒だー」という気持ちを緩和させるシステムだし、シミュレーション的な陣取りの醍醐味を簡易に味わえる。

破壊工作や金庫破りや回復など、ファミリーが持っている特技がどれもゲーム中必要なものが厳選されてる。言うなればRPGでのパーティメンバーの職業なんだけど、踊り子とか商人とかいてもいなくてもいいようなサポート的職業/特技が無いし、逆に「これ強いからこの特技ばっかりで固めるぜー」というのも無い。どれも必要。

そんなファミリーの数に少なめ方向での制限があるってのも上手い。ストーリーの進行でファミリーの数も増えたり昇進させたり(特技を増やせる)するんだけど、その機会も少な目。初期のファミリー数が少ない時期に下手に同じ特技持ちで固めたりしたらちょっと大変かも。

プレイしてて微ストレスだったのは、箱庭ゲームならではの移動のかったるさと、後このゲームはジャンプが無いので微妙な段差で向こうに行けないマップ構成/縛り方。その辺もすぐに慣れたし、総じて楽しかったゲーム。

■「ゴッドファーザー2」(03)/XBOX360/アクション/EA

ストーリークリア。セーブデータ上では22時間ぐらいだったけど、体感的には30時間はプレイしていた気分。

後半になってようやくお金も余り出して、自分のシマのガードもマックスまで雇えるようになってたし、敵幹部を一時的に刑務所送りにするアイテムなんかも堕落職員から購入しまくった。ていうか今まで使ってなかったよコレ。
終盤ではもう敵の陣地に自分で乗り込むのが面倒になって、大抵部下を送り込んではその辺を歩いている女性を鑑賞していた。最低のボスだ。自分で乗り込もうにも、どこから入っていいのか分からない敷地もあったしな。まあ、結局金庫解放で後々訪問するコトになったんだけど。

マフィアを潰すまでに獲得しておく実績として「必殺スタイル」とマフィア殺害数関係がある。殺害カウント関連は自然と累積されるとして、必殺スタイルを埋めるのに手間取った。

特にネックスナップが最後まで残った。出し方が分からなかった。まず、主人公ドミニクの該当スキルを上げておく必要がある。絞殺器具を装備して、背後から気付かれないように近付いて両トリガー同時押し、その後画面上部にネックスナップという表示が出るので、両スティック押し込み。これってストーリー上ではカストロ狙撃のスニークめいたシーンで達成出来てるべき項目なんだろうな。

他にはタイヤレバーも中々見つからなくて困った。工場系の場所にあったよ。テーブルスラムは幹部を墓石に叩きつけて殺害で達成。

金庫・武器収拾はクリア後の敵マフィアがいない中でのんびり達成。金庫では「ニューヨーク連邦ビル」ってのがどこなのか迷った。マップ画面でカーソルに反応しない建造物で、ストーリー上では法廷シーンで訪問する場所。ニューヨーク地図では「トニー・ロサト」と「コルレオーネの屋敷」の間辺りにある大きくて低い建物。

  • Genre:

■「ゴッドファーザー2」(02)/XBOX360/アクション/EA

ニューヨークの敵対マフィアを制圧して、舞台はフロリダに。

新たに二つ敵対マフィアが出てきたのでフロリダではそれらを相手にするのかと思ってたら、その後ストーリーを進めていると更に二つ出てきてキューバも跨いで一気に5勢力の戦国状態に。拠点を奪ってもまたすぐ奪われて全く落ち着かない。

敵マフィアの幹部を倒して組織を弱体化させる、というのを優先的にこなして行くのが良いのかな。幹部連中はそれぞれ特有の殺し方をしないとならない。車で轢き殺したり、特定の武器で殺したり。幹部の所在地と殺害方法は、一般市民の依頼を達成すると分かったりする。市民の依頼も最初の頃は何でもやってたけど、慣れてきたら殺人/寸止め暴力の依頼ばっかり受けるようになった。店を襲撃とか他のは何だか面倒だよ。

拠点を襲撃する際、自ら出向かなくても部下に向かわせるコトが出来る。この辺も、助言者を得てからは成功するかどうか判定してくれるようになってラクになってきた。アドバイザーが加わる前は何となく送り込んでは返り討ちに合ってたからな。襲撃された場所に部下を送り込む時も成功の是非を語ってくれるのでマジでラク。まあ、成功するだろうと言われてたのに失敗する時もあるが。

金策に地味に苦労するんですけど。常時すっからかん状態。奪った拠点に雇うガードが多すぎるのかなあ。拠点に配置出来る最大警備数の半分は置くようにしているんだけど。人件費に9割持ってかれる時期もあった。

箱庭ゲームの常として、移動が大変というのはこのゲームにも感じる。車がサクサク通ってない感じで、奪い難い。まあ、この辺のもどかしさも含めて箱庭ゲームか。

  • Genre:

■「ゴッドファーザー2」(01)/XBOX360/アクション/EA

最初のシンジケートを支配したトコロまで進行。まだ序盤も序盤か。

ゲームが開始したら、超基本的なチュートリアルを経て、いきなりボスに就任する主人公。走るとか銃を撃つとかそういうコトしか教わってないんですけど唐突にブラック企業のトップ任せられちゃった。頑張ります。

箱庭ゲームで、犯罪スキルを有するゴロツキを雇ったり、あちこちの店主を脅して傘下に加えたりして、最終的には自軍勢力一色に塗り替えて天下統一を目指すであろう内容。女性店主も余裕で殴って脅しにかけるのがマフィアしてるわー。脅し足りないと気丈な振る舞いをする女性が、ガシガシ殴って改めて話しかけると屈服している。良いわー。これこそマフィアだ。京子ちゃんやハルちゃんもこういう目に合うといいよ。同人誌ではちゃんとこういう目に合ってるのかな。

まだこのゲームの移動やメニュー選択等の操作が指に染み込んでないのでたどたどしいプレイになっている。その内慣れるかな。第一印象として、グラフィックがイマイチなレベル。まあ、「セインツロウ」もこれぐらいのグラフィックだったけどハマったコトだし、このゲームもすぐに気にならなくなるだろう。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR