1. Top » 
  2. プリンスオブペルシャ

■「プリンス・オブ・ペルシャ エピローグ」/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

popepi

追加DLC「エピローグ」を完了した。

未来が闇に包まれようと目先のエリカを選んだセカイ系バリバリの本編ラストからの続きとなる。正直なトコロ、ストーリー的にはあんま面白くは無かったかなあ。蛇足、とまではいかないにしても、こんな感じの後日談が加わるよりも、本編のあのラストのままのほうが美しかったという気持ちも強い。

単純にストーリーを追うならまだしも、実績を狙うと本編よりも断然難しい。死亡回数制限やら時間制限やら厳しい実績が幾つかある。自分の場合、操作を思いっきり忘れていたというのも難航した理由として多分にある。これはもしプレイするなら本編とセットでやるのがいいよ。2年ぐらいのブランクがあるとマジでワケが分からなかった。

本編二周目よりも、追加分全解除にかけた時間多いわ。確か本編二周目は5時間かそこら、んで、この追加分は8時間ぐらいやってたから。途中からダウンロードしたのを軽く後悔し始めてたし。

2回プレイして、1回目は何も考えずにマップ把握&ストーリー堪能目的、2回目で収集系(オルマズドの壁画)・2時間以内でクリア・ミス20回以内・全雑魚実体化前に瞬殺、この4つを意識してプレイした。が、1回目に収集系はやっちゃうほうが良いかも。4つも縛りが重なるとキツい。中でもミス20回以内というのがホント厳しい。マメにセーブしててもロードの行程で地味に時間がかかるし、戻されるトコロは戻されるのがストレスだった。

成海璃子コンプリーターを目指す者として、かねてからの懸念材料だったプリペルDLCを今回ようやく味わえたのは感無量である。そんな感じで、終わり。

■「プリンス・オブ・ペルシャ」総括/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

3D空間を活かしたアクロバットアクションを堪能するゲーム。それがメイン。最初の頃こそ操作に慣れずに墜落しまくるんだけど、動かし方が理解出来るようになると楽しい。ボタン連射で先行入力されて予期せぬジャンプをしてしまうのであんま連射しない、壁に張り付いている時はプリンスとスティックの向きが一致している、辺りを意識し出したら慣れるのもすぐ。

敵との戦いは全く深みが無い。正直要らないぐらい。ウォリアーのように仕掛けで倒すとかなら面白いんだけど。

凡そ20のステージから構成されてて、どのステージも、「ボスの処まで辿りついてバトル&ステージ浄化」「浄化後はステージ内に出現する光の種の収拾」と二段構えになっている。光の種集めは数も膨大でコンプリートを目指すと非常にかったるいんだけど、作り込んだステージをとことん味わい尽くして欲しいという製作側の気持ちもあるだろうし、それを組み込むにはこういう作りは上手い。まあでも収拾物の数多過ぎでプレイする分にはちょっと面倒なんだけど。

「アサシンクリード」と同じモントリオールスタジオの開発で、アサクリと似通った要素も多い。似通っているけど確実に前進/洗練されている。特に、空間を縦横無尽にスピーディに飛び交う感覚が向上している。上記の収拾物に関しても、アサクリの旗と違って各ステージ毎に回収数が見れるし、エリカと会話してる内に解除される実績なんかもシビアでない「話術師」っぽい。クリア済(浄化済)ステージにはワープでサックリ移動出来るってのもプレイの快適さ優先で良い。

■「プリンス・オブ・ペルシャ」(04)/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

「ボーイフレンドの条件」及び「速さへの挑戦!」実績解除の為に2周目をプレイ、終了。「ボーイフレンドの条件」がなまじ100Gなのが良かった。これ半端に20とかだったらその為にもう一周はちょっと億劫だったろうから。

そうそう前回アルタイルコスで上の二つが解除されなかった理由を考えて、以下の三つに思い至った。

1:二周目以降限定
2:救済回数や制限時間が無限になるワケではなく、幾らなんでも上限がある(200回未満とか24時間以内とか)
3:ディスクによって反映されてたりされてなかったりする

この3つ以外にも、もしかしたらのケースとして、

4:アルタイルコスでの救済措置など元から無い。エリカに助けられるというのは落下はカウント外で、戦闘中のみをカウントする

というのも考えた。まあボーイフレンド実績がそれだとしても、12時間以内クリア関係(アルタイル衣装だと時間オーバーしてても解除出来た報告)が説明付かないんだが。

流石に一度クリアしている身ゆえに、色々留意ポイントを把握しているのでサクサク進められた。初回プレイ時と同様に左のエリアから攻略していったんだけど、前半2ボス(ハンター・アルケミスト)のステージが苦手なアクロバティック要素が多くて厳し目だったかなー。

ボス4人の顔見せ戦が終わった辺り(4箇所浄化)でセーブデータを分断して、コンボマスターも解除。序盤のエリア中間地点に出てくるアーリマンのしもべを何度も復活させて解除。序盤なら変形もしないのでラク。この実績、エリカパパ最終戦でも狙える(全部入れれる)らしいんだけど、解除タイミングが敵を倒した後ってのがなあ。コンボ全部入れて倒せたらいいけど、入ってなかったコンボとかまず出てくる。あと、コンボマスターの全コンボとは、ツリーによる派生は不要。最初それも全部やるのかと思ってげんなりしてた。

  • Genre:

■「プリンス・オブ・ペルシャ」(03)/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

クリア。これは何とも言いがたい残留のあるエンディングだ。世界を救う為に命を差し出したエリカ、そのエリカを救う為に世界を差し出すプリンス。全てが元の闇の状態に戻ってしまう幕。

そして、どういうワケか「ボーイフレンドの条件(エリカ救済100回未満)」と「12時間以内クリア」の実績が解除されず。アルタイルコスで通してプレイしたのに何故。考えられる要因としては、アルタイルコスチュームでの救済措置って、

1:二周目以降限定
2:救済回数や制限時間が無限になるワケではなく、幾らなんでも上限がある(200回未満とか24時間以内とか)
3:ディスクによって反映されてたりされてなかったりする

辺りなのかなあ。個人的には2なんじゃないかと。300回は死んでたからな。どうしよう。もう一周しようかな。元々二周やる覚悟はあったんだし。光の種関係でもう頭を悩ます必要もないし、ゲームのレイアウトも把握しているのでサックリ進められそうだし。

  • Genre:

■「プリンス・オブ・ペルシャ」(02)/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

目下、4体いる中ボスを3体倒したトコロまで。ハンター、アルケミスト、コンキュバインの順番で、マップの左から退治している。

光の種集めがかったるいなーと思っていたけど、何とか現段階までの攻略エリア分は全て回収した。最初の頃こそアクションにも慣れてなくて取れなさそうな種があったら「あれは今は取れない。プレートが足りないから取れない」と諦めていたんだけど、プレートも4種全て入手しているので「まだ取れないのかも?」と悩む必要もなく回収に挑戦出来る。見えてて取れないものはその場所の地形から逆算して潜入箇所を探す。種が見えてすらいない場合はエリア間での見落としが多かった。

浄化済3地域のタイムアタックにも挑戦。そんなシビアなタイム設定ではなく、2・3回の挑戦で達成できた。時間表示とか全くないので、タイムアタックに挑戦できているのかどうかが最初不安であった。

絶景を眺めているだけでも結構楽しくなってきた。コンキュバインエリアがモスクに青い夜と、ペルシャペルシャしてて特に良い。

  • Genre:

■「プリンス・オブ・ペルシャ」(01)/XBOX360/アクション/ユービーアイソフト

「12時間以内にクリア」と「光の種1001個回収」実績は同時に解除するのは現実的じゃないので二周プレイする必要があるか、と思っていたんだけど、アルタイルコスチュームでプレイすれば救済措置として「12時間以内」(及び「エリカに救済100回以内」)はオーバーしても解除されるらしい。じゃあアルタイルコスチューム余裕で使わせていただく。このコスチューム、DLCアイテムかと思ったら初期から選択可能で良かったよ。

エリアを浄化してはその場所の光の種を回収していく流れ。費やす時間を考えると、浄化後の種回収がメインにも思えてくる。地域は大きく4つに分かれてて、それぞれ5エリア(+ボス)あって4×5の計20エリア。1エリアに付き45個光の種がある。膨大な数の収拾物。く、アサシンクリードといい、どうしてアスレチックにコレクトするのがメインなゲームを作るんだよ。早くも収拾数がバグなのか見逃しているのか怪しくなってきているし。

3Dを十全に活かしたステージ構成になってて、とにかく死ぬ。落下して死ぬ。死んでもエリカが救ってくれるゲーム設定は良いが、エリカに救済された回数を100回未満に押さえる実績があるのでそれ狙うとストレスだろ。まあそれもアルタイルコスでの救済措置があるので何も気にせず死にまくっているけど。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR