1. Top » 
  2. Brave A Warrior's Tale

■「BRAVE A WARRIOR'S TALE」総括/XBOX360/アクション/SouthPeak Games

ネイティブアメリカンの伝承をベースにしたストーリーで、コミカルな造型のキャラクターが活躍するアクションゲーム。題材としては面白そうな感じだし、「トゥームレイダー」チックなアスレチックなアクションに料理しているのもまた良さそうに思えてくる。

が、忌憚無く正直な感想を語るなら、面白くなかった。操作性/カメラワーク、そういうインターフェイス面でのガサツさが前面に出てきて、動かしてて楽しくないゲーム。とにかく死ぬ。墜落して死ぬ。「LeisureSuit Larry Box Office Bust」程ヒドくは無いけど、操作面での基本的な部分で快適さに欠けているのが致命的。死んだ時の納得感の無さが強い。

全体的に画面が暗くてどこに何があるのか(どうコースを進めればいいのか)分かり難いというのも問題。そこもまた飛び降り自殺連発に繋がっている。

収拾系含めて実績面でも言われている程簡単に感じなかったので、オススメは出来ないなー。何から何まで中途半端な出来のゲームだった。

■「BRAVE A WARRIOR'S TALE」(02)/XBOX360/アクション/SouthPeak Games

どうにかクリア。どうにか、という言い方で合ってるな。簡単なゲームと称されているが結構大変だった。

ラスボス戦でいきなりチュートリアルの村に戻るという展開は何なんだ。このゲーム、元々はプレステ2で出ていた「Brave:The Search for Spirit Dancer」なる作品で、副題が変わってても内容はほぼ同じらしい。まるっきり同じなのも何なので、一応変更点としてラスボス戦以降のこの唐突なシナリオを付けたんだろうか。えらい不自然な展開になって、余計な追加要素入れないでいいのにと思った。

終盤でチュートリアルの村に切り替わってから、ようやく最初に選んだプレイキャラになる。トーテム3つ集め&異世界に放り込まれて4つのアミュレット集め。トーテム集めでメッチャ死んだシーンがある。溶岩エリアの場所。何度も転落死した。トゥームレイダーでもここまで死ななかったんじゃないのか。

そしてアミュレット集めで、アイスデーモン13体を倒すシーンでハマった。最後の一体が出てこないという。何度繰り返しても出てこなくて、どういうコトなのかと思って攻略サイトを探しても攻略サイト自体が無い。日を改めてプレイしたら普通に13体倒せたよ。どうやらバグだった様子。

クリア後は面セレクトで収拾系の回収。このゲームの収拾方法は二種類ある。Trackingなる足跡辿りとMimickingなる鳥呼び。どちらもかったるい。収拾物は48個なので楽勝かと思ってたら全然そんなコトは無かった。ある程度そのステージ内でシナリオを進めてないと回収出来なかったりするのもあったりで、とにかく面倒だった。
特に氷のステージ、氷壁登りで途中ジャンプして別の氷に飛び移るシーンがあるんだけど、結構な頻度でそのまま壁にめり込んでバタバタするバグに遭遇する。ゲームから抜けるしかなくて、抜けると面セレなので再プレイする場合そのステージの最初からになる。これがキツかった。

以下、収拾系が収拾できるタイミングのメモ。

・ブレイブ(主人公)が熊と戦う最初のステージは、リスの木登りを覚えたら7つ中6つ回収し、熊バトル後にその場で最後のMimicking回収。
・14匹のブラックウルフを倒すトコロから始まるステージは、そのまま最初に移動できるエリア内で全て回収可能。なのでリプライでも簡単。
・鷲に乗って4箇所のトーテムを集めるステージも、ストーリーを進めるコトなく最初に移動出来る範囲内で全て回収可能。
・火山内部&外壁を進行するステージは、最初のエリアで3つ、外壁を伝って最初に内部に入って1つ、外壁に出て1つ(サンダーバードデモ直後)、再び内部に入って1つ(丸石ジャンプ渡り)、再び外壁に出てたトコロで最後の1つ。
・ノーザンランドは北極熊を目覚めさせて嵐を収めた後に一気に集めるのが良い。リプレイでは正直上記バグも含めてかったるいので出来ればストーリー中に集め切るのがオススメ。嵐を収めた後、アミュレットを守っているアイスデーモン倒すとクリアするので倒さずに回収。

  • Genre:

■「BRAVE A WARRIOR'S TALE」(01)/XBOX360/アクション/SouthPeak Games

開始。鷲に乗ってる辺りまで。多分半分ぐらいは進んだのかな。

予想以上に微妙な出来。イマイチ操作レスポンスが良くないし、カメラワーク等画面回りも洗練されてない。忘れかけていた3D酔いを食らってしまった。デフォルメの効いたコミカルなジャケットから子供向けなゲームなんだろうけど、子供にこれは厳しいんじゃないのか。

ゲーム開始時にジェンダー選択があり女キャラを選んだんだけど、村に戻って爺さんに話しかけたら、爺さんの回想なのか男でスタート。「なら選ばせるなよ!」と心の中で軽くニヤけて突っ込めたので僕は面白かったんだけど、子供にこれは厳しいんじゃないのか。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR