1. Top » 
  2. Mass Effect

■「マスエフェクト」総括/XBOX360/RPG/マイクロソフト

SF設定のアクションRPG。アクション部分はTPSなノリ。ガチガチのTPSではなく、カバーとかそんな真剣に考えなくてもイイ緩やかなTPS。ていうかこれはRPGなんだろうか。ムービーや成長要素がふんだんに盛り込まれているのでRPGでいいのかな。

世界観が好み。余りにも作り込み過ぎてて全貌を理解するまでには至ってないが、辞典を読んでるだけで圧倒される。何でここまで設定作り込むんだよ。ベースになっているのはスタートレック辺りかなー。ピチピチ気味のコスチュームとか、70年代ノリを現代感覚にリファインしたデザインでカッコイイ。

武器や技選択等のメニュー周りに少々使い勝手の悪さを感じたが、慣れてくると「ああこれでベストかもなー」とも思えてくる。でもまあアイテム管理の部分は最後まで面倒だったな。洗練させる余地がある。

メインシナリオは何気に一本道。サブシナリオに該当するアサインメントはそこそこ沢山あるけど、惑星探索はどれも似たような構成なのでそんなに色々やってる感は無かった。

プレイして最初暫くは覚えるコトが山盛りでワケが分からないゲームだったが、流石に何周もしただけあって面白かった。2も是非ともローカライズして欲しいが、マイクロソフトもサードも日本に絶望してそうなので叶わぬ願いかのう。

■「マスエフェクト」(10)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

インセインに挑む前に、AIハッキング等の残っていた技使用回数累積系実績を解除すべく、エンジニアでイージーをプレイ。技使用系実績の為に、アデプトとエンジニアをプレイする必要があるので、初回からそのどちらかの職種を選ぶのが良さ気。僕は知らないでファーストプレイはソルジャー選んじゃったのでちょい手間になってしまった。

自動レベルアップ&振り分けも手動に変えておいたほうがイイ。自動にしてたら希望の技を中々覚えてくれなかった(特にニューラルショック)。結局メインシナリオでヴァーマイアの途中まで進めてしまった。

そして改めてインセインに挑戦。残っている実績はインセインクリアとレベル60の二つ。周回プレイ3周目のソルジャー(レベル56)でプレイ。

流石にインセインは敵が硬い。ジリジリ進めてはこまめにセーブしておかないと死んだ時ガックリくる。既に解除済みの盟友系を考えずにメインシナリオのみ進めれば良かったので、そんなに時間はかからなかったが。

クリアして、恐ろしい話だがレベル60に到達しなかった。何てコトだ。メインのみだとこうも経験値入らないのか。ていうかレベル59からレベル60になるのに必要な経験値が、レベル1からレベル40になるのに必要な経験値よりも多いというのを知った。仕方なく、ソルジャー4周目に突入。船に乗れるようになったらなるべく稼げそうなアサインメントを狙い、「ゲスの活動&進行」「VIの反乱」「星の落ちる日」をこなす。そしてメインミッションのフェロスの途中でどうにかレベル60に到着。1050/1050、終了。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(09)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

難易度ハードコアで3周目クリア。今回意識したのは以下の実績。

・盟友系残り二つ(アシュリーとタリ)
・レネゲイド
・スナイパーエキスパート

スナイパーライフルはロクに使用していなかったので序盤は特に意識して使った。無駄に照準の拡大率が高いので自分的に使い勝手が悪い。

盟友系はタリ用にどれだけアサインメントをこなさなきゃならないのか見当がつかなかったので安全を買って結構沢山サブミッションをやってた。アサリの時は「これぐらいやっとけばいいだろ」と思って下手を打ってしまったので、二度手間になるぐらいなら、という思いでこなしていた。

レネゲイド(悪行)は何をすれば上がるのかはっきりしてないけど、まあだいたい悪いコトやってたら上がる。フェロスでは住人全滅させたし、ヴァーマイアでもレックスを説得せずに殺した。いや最初は説得してしまったのでロードし直して射殺した。レックス殺害でレネゲイドが解除された。

エクストリームパワーゲーマー(レベル60)もいけるかなーと思ってたけど届かず。56だったかな。まあ、難易度インセインに挑む気になったので解除出来なかったのはかえって良かったとしよう。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(08)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

2周目クリア。難易度は再びカジュアル(イージー)で、アデプト選択。

2周目は特に「アサリの盟友」と「パラゴン」を意識してプレイした。あとアデプトの特殊能力のマスター系も。

このゲーム、女神転生のカオス&ロウみたいに善行悪行のパラメータがあり、善行がパラゴン、悪行がレネゲイドとなっている。実績「パラゴン」はパラゴン値を75%以上にすれば解除されるもの。メッセージで青選択が出たらそれを選んだり、サブミッションの依頼をちゃんとこなしたりするとパラゴン値が上昇する。善行を意識しつつもレックスを説得したトコロでやっと解除されたので、意外と終盤までかかった。

盟友系実績は該当メンバーをパーティに入れてゲームの大半をプレイすると解除されるもの。アサリは加わるのが一番遅いので、加えるまではサブミッションを極力避けてプレイする必要がある。参戦してからドドーッとサブミッションをこなし、そろそろいいだろうとストーリーを進めたんだけどエンディングまで解除されなかったので泣きそうになった。途中でデータ分断していたのでそこから再開、結果2周目は5割増しプレイした感じ。

2周プレイしてみて感じたコトは、メインストーリーのみだと結構短いなコレというもの。6時間ぐらいで終わるんじゃないかな。盟友系があるのでサブミッションもわんさかこなす必要があるけど。次はハードコアで残り二つの盟友系を狙うけど、4周目インセインをプレイする時はメインのみを追うだろうからきっとラク。いや4周もプレイするかどうか怪しいけど。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(07)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

今回で1周目クリア。

シタデルに戻り、「サレン追うべき」と主張するも評議会の反発に合う。アンダーソン大佐の協力を得て、強引にサレンを追う展開に。

惑星アイロスの古代遺跡で世界の謎が解き明かされ、そしてシタデルで最終決戦となる。シタデルに戻ってからタワーを延々と進んでいくのは長めで、例によって上位難易度ではここ苦戦するだろうなーという感想が出てきた。敵多いしだいぶ突っ込んできやがる。下位難度だからダメージ食らおうが大したコトないと無理矢理進めたが、真面目にカバーしたりしながら進める時はきっと大変になりそうだ。

サレン戦はムービー挟んで2回ある。ラスボスは変身するというお約束を守ってくれたが、正直油断していたので2戦目が始まった時は慌ててコントローラ持ち直した。

タワーも街もボロボロになった中でエンディング。ストーリー面ではベタな展開であったが、SF世界観でマニアックな用語で装飾されていただけで印象は随分と違う。硬質でカッコ良かった。

というワケで1周目クリア。システムの凡そは把握出来たかな。次は難易度ハードコア、と行きたいトコロだったけどもう一回低い難度でやろう。特殊能力累積系実績が全く解除出来なかったんだけど、仲間の使用分はカウントされないんだろうか。もしカウントされるにしても手動で選ばないと駄目とかあるんだろうか。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(06)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

ヴァーマイアに向かい、サラリアンの部隊と合流。この星では敵の基地侵入が大半を占めてて、TPSな戦闘が長々と続く。上位難易度でプレイする時はきっと大変になるんだろうなーと思いながらプレイしていた。

序盤でレックスを説得するイベントがある。何度も失敗して撃ち殺してしまい、ロードを繰り返す羽目に。赤文字の選択が出てたのでそれを選んだらセーフであった。まあ、レックスは主力に入れてなかったので今回は殺しちゃっても構わなかったんだけど。

サレンの乗っている巨大な船が丸ごと機械生命体であったというのが判明する。これは燃えるな。サレンはハーゴンの可能性も考えていたけど、シドーが序盤も序盤から出ていたなんて。サレンとここで言い争いになるけど、難しい喋り方をしているので全貌を理解出来なかった。ローカライズ頑張りすぎの弊害。

人間の男がワケあって死亡。イベント上、人間男か人間女かどちらかが死ぬようだ。人間男は主力にしていたけどもう「センチネルの盟友」も解除していたのでいいや。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(05)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

ここらでアサインメント(サブミッション)を出来るだけこなしておこうとメインストーリーは中断して色々と依頼や探索をしてみる。

アサインメントはだいたい2種類。一つはホントにただのお使いで、誰からどこに行けと言われてあちこち動き回るだけで終わるもの。もう一つは惑星探索ミッションで、ノルマンディー号の宇宙マップから星を指定して訪問、そこで軽くドンパチやるというもの。

後者が結構ダルい。訪問する度にカットシーンが入るし、各星の構成も似通ってる。地表をMAKOで移動、目的地に着いたら建造物の中に入り(建造物内部の構造も似たようなものばかり)、中で敵を倒したり装置を起動させたりしたら終了という流れ。ファミコンのゲームやってるような感じ。洋RPGのサブミッションってどうも印象に残らないものが大量にあるってのが多いかなー。フェイブル2もオブリビオンも。まあ、他に上手い組み込み方も考えられないしこれは仕方ないコトなのか。

「星の落ちる日」もこの段階でプレイした。追加DLCという程のボリュームではない感じであったが、それでも他のアサインメントよりは流石に長め。バタリアンがモロ昔の宇宙人してたのが愉快だった。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(04)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

機械生命体ゲスの襲撃を受けている惑星フェロスへ向かう。最初の門番との会話が終わった途端にゲスが襲撃してきたので軽くビビる。

前半は反乱拠点っぽいズゥズホープでリーダーのフェイダンの依頼をこなしたり、ズゥズホープの地下でアサインメントをこなしたりする。その後MAKOに乗ってエキソジェニ本部へ向かうコトになる。またMAKOか。MAKOではなるべく敵を無視して先に進むようにした。

スカイウェイの避難キャンプに寄った後、エキソジェニ本部へ。ここではゲスの船から伸びる動力源を切断するイベントが発生。結構どう進んでいいのか迷ったな。角度的に見えにくいトコロから進める場所があった。

ズゥズホープに戻ると住人が操られているので殺さないように地下へと進む。まあ、引き連れているNPCが勝手に3人ほど殺してしまっていたが。地下にはソーリアンなる植物のような巨大な生命体が存在している。ソーリアンはソーリアンクリーパーなるゾンビに守られているので、それを倒しつつ触手を撃っていく。

倒すとソーリアンに捕われていたアサリが登場して、色々と情報をくれる。ベネジアの話とかもしてくれたけど、そのおばさんならもう倒しちゃってるよ。任意で訪問出来る惑星の順番を決められるので、こっちを先にしたほうがストーリーが理解し易かったのかも。

ようやく気付いたコトとして、「武器の選択がLBで可能」というのがある。今まではずっとピストルで進めていたよ。ショットガンとかに変えたら強くて感動した。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(03)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

次に向かった先は惑星ノヴェリア。

ポートシャンハンから出る為に通行証を入手して、ピーク15へ向かう。ピーク15への道はMAKOに乗っていく。どうもMAKOに乗っていく場面はうっかり死んじゃうコトが多くて苦手意識が芽生えてきている。

ピーク15では仮想知能コンピュータ・ミラの再起動、燃料ラインの復旧、地上ケーブルの復旧を行なう。ラクナイという虫系の敵がワラワラ出てくるようになった。

復旧後はリフトステーションへ。ここリフトステーションで早くもメイトリアーク・ベネジアとの対決となる。セクシーな衣装に身を包んでいるけど顔が全力でアメコミのおばさんなのが残念なベネジア。ラスボスの片腕チックな存在なのにもう出てくるのか。顔見せ程度かと思ったら普通に戦うし。ラクナイクイーンというのもいて「エイリアン2」っぽい盛り上がりを感じたんだけどこちらとは対決せず。ベネジア戦は早速死んでしまい、思いっきり戻された。オートセーブを過信しないと誓った。ピーク15の復旧まで戻されちゃったよ。隙あらば手動セーブするように意識しないと。

ベネジア戦は複数回雑魚を倒しつつ、ベネジアのパワーが無くなるのを待ってからトドメを刺す感じになる。ベネジアはどうやらサレンに操られていた様子。アサリの女王で精神力が強いベネジアをも操るサレンの凄さの秘密はサレンの船にあるらしい。

今回気付いた点として、Xボタンでメッセージを早送り出来るというのがある。これまでは知らずに死ぬ度にムービー観てたよ。

  • Genre:

■「マスエフェクト」(02)/XBOX360/RPG/マイクロソフト

銀河を統べる評議会の存在する宇宙ステーション・シタデルへ。スペクターの権限を隠れ蓑に裏でやりたい放題しているサレンを弾圧するも、証拠が無いので評議会はこちらの言い分を聞かない。ていうかサレン、もっとドンとどこか宇宙の果ての玉座にでも構えているのかと思ってたら表向きは会社員的に働いているのね。リアルな悪党だ。

サレンの悪事の証拠を掴むべく、シタデルをあちこち調査。何だかんだで証拠を見つけて評議会を納得させるコトに成功。シタデルで色々やってる最中に、ギャレス(トゥーリアン)、レックス(クローガン)、タリ(クォリアン)も仲間に。仲間はそれまでに連れていた人間2名含めて5名に。基本パーティはシェパード含めて3人なので、ケイダン(人間男)とギャレスにするコトにした。

サレンの悪事を暴いたのでシェパードがスペクターに任命される。え? もうなるの? もっとラスト近辺でスペクターになると予想していたのでこうも早い段階で就任とは意表を衝かれた。

次の星に進む前に、シタデルのマップ構造に慣れたりする意味も含めてアサインメントをこなす。アサインメントとはいわゆるサブミッションで、色々な人から依頼を受けてそれを解決する任意ミッション。「イカサマ機作りたいからギャンブルで5回遊んでデータ収集してきてくれ」とかスペクターに依頼するような仕事じゃないコト言ってくる奴もいる。スペクターって本当に尊敬されてるの? まるでパシリじゃん。

次に向かったのはドクターリアラの救出。場所はアルテミスタウクラスターのクノッソス星系惑星セラム。ここではMAKOなる戦車チックな乗り物で探索するトコロから開始。序盤の辺りで、一旦MAKOから降りてゲートを開く必要のある場所がある。開いた後は再びMAKOに搭乗して移動。遺跡直前での戦闘が厳しかった。セーブしておいて良かった。何度も死んだな。ムービーキャンセル出来ないのかよと軽くイラついていた。最低難易度でここまで死んじゃっていいんだろうかってぐらい死んでしまった。

遺跡でどうにかリアラ(アサリ)を救出。リアラの母親がサレンの片腕チックな例の女性らしい。リアラが加わりこれで6人の仲間が出揃った。まあ、ケイダンとギャレスの固定で進めるか。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR