1. Top » 
  2. ナインティナイン・ナイツ

■「ナインティナイン・ナイツ」総括/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

システム面での詰めの甘さで評判の良くない作品ですが、僕としては何だかんだで楽しめました。セーブ周りのバグに関しては僕もまた被害を被らせて頂きました。 対処方法が分かってても、エンディング後に本体が停止したりしてな。
無駄に長距離を移動するシーン繋ぎもまた面倒ではありました。

一番感動したのはグラフィックですかね。XBox360のゲームは他にもプレイしてますが、 グラフィック部分でダイレクトにハードの凄味を感じたのはこの作品です。音楽面ではエンディング曲も良かった。 どのキャラにもこの曲の切ない歌詞が当て嵌まってそうでイイ。もう、ビグバグにすら似合う。ビグバグってある意味セカイ系でしょ。

後半のキャラになるにつれてステージが短くなっていくというボリューム部分での不満も多そうな作品ですが、 その辺もさほど気にならなかったです。後半ダレてきて通しでプレイするのが面倒だったというのもありますが。

シナリオ面では「正義の多様性」というものを扱っててこれは正直どうでもいい。ていうか恥ずかしい。かゆくなる。 まあ、この辺もプレイする側の年齢なんかによっては考える切っ掛けを与えるであろうテーマなので悪くはないですよ。

というワケで最終的な感想としては、インスパイア元の黒澤映画「羅生門」が見たくなったというコトで。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(09)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■全ステージAランク以上
このゲームは簡単そうなので全ての実績解除も狙います。ステージクリアを急ぐ必要はそれ程なく、 むしろ大半の敵を倒すほうを意識すればどうにかなります。更にダメなら、「オーブスパークでごっそり倒す」というのもまた意識。

個人的に苦戦したのがインフィの森ステージ、ディングバットの城ステージ辺り。 森はワープ前の雑魚もキチンと倒してどうにかなりました。

そしてそれ以上に苦戦したのが、アスファの「ヴァルヴァザール城」です。ここが恐らくN3全実績解除最難最後の砦。 きっちり倒してるハズなのにB。マップ北部の長い道の雑魚(オーク達)も倒したのにB。攻撃力のないY連打でコンボ数も稼いだのにB。
ドラゴンに攻められてるシーンに入った時、マップ西のほうにいるエルフィン族をコンタクトを取って、それで遂にAが取れました。 エルフィン族の存在は暫く気付かなかった。

■インフィ編 アナザーワールド
黒幕たる夜の王とのバトルになります。桁違いに強くてかなり困りました。まるでダメージを与えられない。

これはちょっとどうしようもないなと思い、戦略を考えるコトに。アイテムの組み合わせで相当強くできるのでそれを狙う。具体的には 「女神像」+「祝福の指輪」。

「女神像」の効果は、1秒毎に体力が少しずつながらも回復。
「祝福の指輪」の効果は、HPが10以上の時攻撃を受けてもHP1まで減るが死なない。
つまり、この二つのアイテムを併用すれば、一秒に2連続以上攻撃を食らわなければ死なない状況になります。

女神像を入手するには「壊れた石像」を4パーツ揃える必要があります。インフィの場合は以下の通り。
頭部:「ワンディーク砦」北部3又の道の右。フェニックスブレイドより北。
腕部:「アーヴァリア山脈」トロールのいる広場、南西の壁沿い。
胴部:「ワンディーク近郊」Sランククリアアイテム。
脚部:「ワンディーク近郊」マップ北西の壁沿い。

というワケで一番大変そうな胴部から狙ったのですが、割りと満足のいくクリアっぷりだったのにランクA。 これは面倒だなと思って速攻で諦めました。

別の方法で攻略するコトに。アナザーワールドで「必殺の腕輪」を入手して必殺技連発で倒す方法です。「必殺の腕輪」 は装備していると必殺技を使ってもゲージが減らない優れものです。 これを装備してジャンプ中AYの攻撃セラフバタフライを当てて倒す戦術に変更。

セラフバタフライが上手く当たらないので非常に時間がかかりましたが、雑魚を殲滅してじっくりと夜の王と戯れて何とか倒しました。 上手くヒットするとガガっと夜の王の体力を削れます。なかなかヒットしないんですが。15回ぐらいセラフバタフライ出して1回当たるぐらい。

そんなこんなでこのゲームも終了です。XBox360ゲームで初めて全実績も解除できたので嬉しいよ。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(08)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■ビグバグ編
隠れキャラに該当するビグバグです。どんな隠れキャラが用意されているのかと思ったら、トロールですよトロール。発売前にはきっと 「隠れキャラって、ゴブリン王が使えるのだろうか!?」「ラスボスが使えるんだろうか!?」 ぐらいに予想していた人も多かったんじゃないかと思うのですがそれがトロールですよ。製作サイドが、「隠れキャラは予想外のキャラですよ (笑)」なんて言ってたのはこっちか。確かに予想外だけどさあ。(笑)がムカつくコトこの上ないだろ。 非テクニカルなザンギエフですよ。ウリアッ上ですよ。 何ひょっとしてこの隠れキャラってやっつけなのかな?

このN3も長らくプレイしてこんな隠れキャラが出現するまでシコシコと遊んでいると、 やってるこっちとしてもぶっちゃけ飽きてきてるんですが、 このビグバグはそんなプレイヤーの劣化マインドも考えているのか非常にアバウトなキャラになっています。 テキトーにぶん殴るだけの存在です。だいたい武器ないし。素手でぶん殴るキャラです。 一応落ちている木を拾って攻撃したりできるようなんですが、そんなコマンドすら覚える気ないし。 ダッシュでコンボ数が稼げるってのもアバウト極まりない。 テキトーにダッシュを繰り返してジャラララという効果音と共にコンボ数が増える様を見てるのが快感でしたね。面数も、 「城塞都市ヴァルガンダ」「フォーリア平原」の2面しかないです。やっぱやっつけですかねコレ。

レベルを最高値(LV9)にするのが少々面倒ではありました。何てったって選択できるのが2面しかないので飽きる。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(07)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■テュルル編
非常に特殊な操作のキャラです。ここにきていきなりシューティングになるというか。「お姉チャンバラX」で言うならアンナです。 今までは武器直撃で敵をなぎ倒してたけど水鉄砲ショットで撃ちまくるキャラ。取っ掛かりにえらい手こずりましたね。 魔法少女で人気も出るだろうし多少難しくしてもいいかぐらいに製作サイドは思ったんでしょうか。言わせて頂きますけど、その判断は、正しい。

「城塞都市ヴァルガンダ」「アーヴァリア山脈」「ワンディーク砦」「フォーリア平原」の全4面構成。

まず最初のステージであるヴァルガンダがクリアできなかった。5回ぐらいやり直しましたよ。 最終的にどうすればいいのかが分かってなかった。ビグバグを倒せばクリアでした。 それに気付かずに延々と雑魚中心で倒して頑張りつつもいつしか城が崩壊してゲームオーバーの憂き目に。
今までのキャラのようにダッシュで接近しようとRTを押すと後退(バックステップ)したりするのもまた特殊。 操作面での戸惑いが非常に多かったです。テュルル編最大の難所は1面です。

フォーリア平原でのラスボスは反逆の魔道士エスペラータ。 こいつとの戦闘も最初あっという間に魔法攻撃を食らって凄い勢いで体力を失って敗北しました。これはヒット& アウェイでジリジリいくしかないのかなーと思ってたんですが、適度に距離を保ってX連射していればあっさりと勝てました。 初めてゴリ押しの効かないボスかと思ったのに結局それで済んだのは嬉しいやら肩透かしやら複雑な気分です。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(06)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■カラーラン編
ディングバットをクリアして、カラーランとテュルルが使用可能に。 最初は12歳の魔法少女テュルルでやろうとしたのですが異常にクセがあって最初のステージを何度プレイしてもクリアできなかったのでこちらカラーランに変更。

幼年期はあらゆる犯罪に手を染めてたのに今では神に仕える身、という悪牧師なイメージのキャラ。この手の聖職者はイイよ。 豪快な大降り攻撃が多いながらも移動は案外早くて、慣れてくると使い勝手がいいです。
「城塞都市ヴァルガンダ」「ワンディーク砦」「フォーリア平原」の全3面という、シナリオ自体はえらい短めのキャラです。

「フォーリア平原」が今までとかなり構成が異なっていて面白かったです。夜の軍勢とかいきなり出現するし、 かなりコンパクトに密度のある展開。クリア後もこのステージを何度も繰り返してる内に結構あっさりとレベル9になりました。

カラーランのエンディングでは、ゴブリン王を唆した黒幕として九十九夜の王の存在が明らかに。ゴブリン王は倒したものの、 赤い鎧の女ことインフィを夜の王は後釜として入手したと語られます。インフィがシンアスカなら夜の王は議長です。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(05)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■ディングバット編
ゴブリン族の戦士ディングバットです。「白き」ゴブリンという呼び名、そして狙うは兄の仇である「赤い」女剣士インフィ、 担当声優が古谷徹という具合に、アムロ・レイを彷彿せずにはいられないキャラです。連邦の白い奴ですよ。この声優は… 何をやってもこういう感じなんでしょうか。メッチャアムロっぽい。思わず古谷徹をウィキペディアで調べちゃったよ。 アニメのセーラームーンのタキシード仮面とかもやってるのか。タキシード仮面が今作ではゴブリンですよ、ゴブリン。

兄が殺害されるオープニングが非常に悲惨です。インフィがまるで悪魔だ。ていうか、 このゲーム自体の立ち上げデモとは何か違うイントロになってるじゃん。デモのほうで殺されてるのは兄じゃないのか?  この作品のテーマである『正義は一つではない』というものを語るに、このディングバットの存在はとても大きいです。 ビジュアル面では悪役ながらも、ここまでアムロっぽくしてるのは、 感情移入を狙った上で確かにテーマ的なものをプレイヤーに刻み込める結果になっていそうです。まあ、このテーマ『正義とは一つではない』 ってのも中二病的でむず痒くて仕方ないんですけどね。

「城塞都市ヴァルガンダ」「アイスゲート」「ヴァルヴァザール城」「フォーリア平原」の4ステージ構成。 すばやく動くのが快感極まるキャラです。その分攻撃力が弱かったり、 オーブアタックでは素早すぎてどこ攻撃してるんだか分からなくなったりする弊害もありましたが。 最初から最後までX連打でどうにかなるキャラでしたよ。ミーフィーやらカラーランやらアスファやらインフィやらボスキャラも、 起き上がりにX連打を被せるだけでOKです。

「フォーリア平原」のラストが、下手するとビグバグ・インフィ・アスファが揃って一気に戦わなきゃならないのがちょっとキツかった。 インフィとアスファは出現するとこっちをひたすら追ってくるのが恐いです。そして何よりもビグバグがヤバい。 一発一発で思いっ切り体力もってかれるのがヤバいです。体力が殆どなくなって、ビグバグ放置でフィールドを駆け巡り宝箱(体力回復アイテム) を探したりしました。んで、結局見つからなくて、ビビリまくりながらビグバグの背後から攻撃して何とか倒せましたよ。

■アスファ編
別コースでのエンディングも見ました。前回は、「アーヴァリア山脈」後の選択肢で「ワンディーク砦」を選ぶほうの結末だった様子。 近接で選んだ側のエンディングになるみたいなので、「ヴァルヴァザール城」を再プレイして、「ヤ・フェ・ワールの森」に突入( 「フォーリア平原」は別にプレイしなくてイイ)。

こちらの場合はインフィが死なずに済みました。ゴブリン王のディクファリオにもトドメを刺さないラストです。 個人的にはワンディークコースのインフィ死亡&主義を曲げてでも感情のままにゴブリン王を殺す結末が好みではあります。 バッドエンドいいよバッドエンド。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(04)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■ミーフィー編
名前からして可愛らしいキャラを想像しそうですが、マッチョの豪胆な雰囲気のワイルド全開なロンゲ無精ヒゲ男です。腐女子の僕にはアリ。 イメージとしてはズィーガー辺りが近い(ハゲじゃないけど)。ズィーガーというか、シゲルが近い。マグロで攻撃しそうな感じ。 ていうかシゲルテレカとか出してた頃のゲーメストは恐いもの知らずだな。あのテレカって今どれぐらいプレミア付いてるんでしょうかね。

家は法律家や役人を輩出してきた中であえて傭兵への道を歩んでいるという中々にイカした設定。 開幕オープニングでは女剣士エッファが今回の戦いに傭兵志願してるのを見て自分も参加、という流れです。 エッファは途中で仲間になるテアテアとくっつくんじゃないかと予想してしまった。そんな寅さんエンドにはならなかったのが嬉しいけど意外。

「ヘルペの村」「城塞都市ヴァルガンダ」「アイスゲート」「エヴェール山脈」「フォーリア平原」の5ステージ構成。 キャラをこなす度にどんどんステージ数が減っていってその辺りに不満を持つプレイヤーもいそうですが僕としてはこれぐらいで丁度いいです。

苦戦したのは最終ステージの「フォーリア平原」。今までのインフィ・ アスファと違って後半でビグバグなる名前付きトロールが出現するのですが、コイツにえらい手こずった。油断してたらガンガン連続攻撃食らう。
更にラスボスとなるオーク族長リューも強かった。ていうか出現する回復アイテム次第ですかねこの辺。 ビグバグを倒すと攻撃力が2倍になるけど防御0%というアイテムを手に入れるコトが出来るのですが、 2倍に惹かれて装備してたらザクザクダメージ食らって死ぬ。これは死ねる。防御を捨ててまで装備するもんじゃないわ。

今までと異なり、切ないながらもハッピーエンドに近いクリアムービー。 しかしスタッフロール後にXBox360が唸り出してフリーズしてしまいました。セーブ周りの問題でプレイキャラ出現条件を再び満たす (つまりここフォーリア平原をもう一度クリアしなきゃならない)コトになって何だか萎えた。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(03)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■アスファ編
インフィの兄(血は繋がってない)アスファでプレイ。赤いインフィに対して青い衣装基調のグラフィック。 直情にして猪突猛進なインフィに対して非常にどっち付かずな、一歩一歩現状を検討するようなキャラ。 シンに対するアスランという雰囲気があります。このゲームだとアスファ(アスラン性格)のほうに感情移入できるのに、 シードデスティニーではシンが普通にアリだと思ってたなあ。何なんだこの感覚。インフィには稚拙さを感じさせるものがあるからかなあ。

ステージ1「聖都ヴァルハーリン」はインフィ編と同様の模擬戦。アスファが勝利して団長になるという展開ですが。 ジリジリ戦ってそれでも初回でランクSを取れました。流石にこのゲームにも慣れてきてます。

ステージ2「アーヴァリア山脈」はインフィと別れて別コースに。アスファルートはこんな感じだったのか。 このステージは何度もプレイしてるとラストのトロールのビジュアルが変貌してビビりました。何か覆面してるのな。凄い変態っぽい。 絶望くんみたいなヤバさを感じました。そしてこのアーヴァリア山脈ステージの最後はコース選択があります。 インフィの時は問答無用でワンディーグ砦だったのが、プレイヤーの意思でヴァルヴァザール城救援コースも選べます。 初回はヴァルヴァザール城を選択、でもその後このステージを再プレイした時に砦も選んで両方行けるようにしておきました。

「ヴァルヴァザール城」は雪原シーンで物珍しくて楽しかったです。が、何だかえらい入り組んでてランクBでした。 結構長かったので再プレイが躊躇われるステージ。 インフィ編ではラストステージの森でいきなり出てきたカエル王パパック三世がここで出現するんですね。 今後プレイヤーキャラにもなるディングバットもここでさり気に出現。「兄さんの仇!」という台詞が目茶目茶アムロレイ口調なのに受けた。 担当声優、最初は何で俺がゴブリン?とか思ったそうですがノリノリじゃん。

んで、「フォーリア平原」となるのですが、例によって敗北してしまったのでこれまでの面を再プレイしてレベルを上げるコトに。 ついでに別コースの「ワンディーク砦」もやっておきましたよ。何だかんだでレベル9(MAX)まで上げてこの平原はクリア。 クリアしたけど何故かランクB止まり。

インフィ同様最終ステージは「ヤ・フェ・ワールの森」です。フラグの立て方が最初よく分からず無駄な戦闘を繰り返していたのですが、 まずはカエル王を倒して(いる位置は固定)、その後影の軍勢を倒して、アルファン族族長を倒して、 んでゴブリン王ディクファリオとの対決となります。影の軍勢が何気に強い。インフィの時はサクサク進めていたけど取り囲まれるとえらい辛い。

途中でインフィが殺されてしまうシーンが挿入されます。インフィの時はディクファリオにトドメを刺すのを「やめろ!」 なんて言ってたアスファですが、キッチリ殺します。そしてインフィの亡骸を抱きかかえてゲームは幕を閉じます。ああ、切ない。 どっち付かずで常に現状を検討して慎重に進めていくタイプのアスファが最後の最後でそんな姿を見せるのは切ない。 これってコース次第によってはインフィが死ななかったりするのかな。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(02)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

■インフィ編
ステージ2をランクSでクリアすると得られるクラウソラスなる武器がえらい強いらしいのでそれ狙いで何度かステージ2に挑戦。 寄り道して倒せる敵をとことん倒して、オーブアタックやオーブスパークも駆使してどうにか入手できました。 残りタイムよりも倒す数やオーブ攻撃に気持ちを割いてやっと入手です。先日は何度やってもB止まりだったからなあ。

その後ステージ5「フォーリア平原」もどうにかクリア。更にレベル上げを狙ってこの5面を何度もやって、 ここでもランクSは出せました。フォーリア平原はランクAクリアでプロミネンスなる剣が手に入るのですが、 クラウソラスのほうが良さげなのでクラウソラスでやっていますよ。

ステージ6「ヤ・フェ・ワールの森」は長い一本道が多くクリアまでも長そうだったのでレベルを最大の9にまで上げてから挑戦。 5面で逃げたゴブリン王ディクファリオとの決着です。倒すと、 死に掛けで地面を這って逃げようとするディクファリオにトドメを刺すインフィという凄まじく残虐なムービーが。 「決めた目的は完遂する/途中で何があっても曲がらない」インフィイズムは燃えますね。シン・アスカみたいです。
そしてディクファリオに剣を突き刺した直後、インフィの体に黒いオーラが纏わりついて、何か異変が起こったトコロで終了。 タイトルに戻るとその件について何の説明もなくスタッフロールが流れるという気になりすぎるヒキに。 インフィどうなったのよ。
どうやら他のキャラで一通りクリアしないとインフィ最終ステージ(7面)はプレイできない様子。 もちろん全キャラプレイするつもりなので一向に構わん。

  • Genre:

■「ナインティナイン・ナイツ」(01)/XBOX360/アクション/Qエンタテインメント・ファンタグラム

XBOX360コアシステム購入時に同梱されていたソフトでありますが、届いたその日にXBOX360の接続& 動作確認で使ったぐらいでロクにプレイしてなかった作品です。

世界観は、直球ど真ん中のファンタジーです。これが開発されていた頃はアレか。「ロードオブザリング」 何かがバリバリ夕張だった頃なのかのう。 ゴブリンだのトロールだのそんな単語を真正面から何の臆面も無く受け入れて作りこまれているファンタジー世界です。 ゴブリンって。ファンタジーを知ってある程度の時期になると恥ずかしい単語になってたりするのですが、 今となっては最早時代が一巡してるので「ゴブリンってアリなんじゃない?」なんて思えてくる。まあ、 一巡とちょっと回っているので微妙に恥ずかしさはあるんですけど。

■インフィ編
最初に選択できるキャラはこのインフィのみ。赤レオタード基調で、ビジュアル的には胸元がガッツリ開いてるタキ(ソウルキャリバー) という印象。タキはシリーズが進むにつれてバストトップがリアルになっていましたが、インフィは今のトコロそれはない。今のトコロ。 もしこのN3に続編があったらそういう部分でも進化するんでしょうか。薄生地レオタードだし、みんなに見られてるし、ほら、 インフィちゃん今どんな気分なの? みんなが見てるんだよ? ゴブリンなんて醜悪な連中がインフィちゃんをそういう目で見てるんだよ?  インフィちゃんのお胸をみんな見てるよ? 100匹以上のゴブリンがみんなインフィちゃんの胸に注目してるんだよ?  あれインフィちゃんどうしたの? 胸の先端が何だか分かりやすくなったね? どうしちゃったのかな? そうなの?  あーそうなんだ?

このゲームってよく無双が引き合いに出されるけど無双知らない自分には先入観的なものとして「対多版ソウルキャリバー」 なイメージがあるなこのゲーム。

気を取り直して、まずはステージ1である「聖都ヴァルハーリン」です。ここはひたすらテキトーにボタン連打してればどうにかなります。 「お姉チャンバラX」を経てきた自分にはこうした対多の連打ゲームは何気に抵抗ないし気分がいい。 しかも敵の数が尋常でないので見た目の爽快感も高い。

そしてステージ2の「アーヴァリア山脈」。ここで早速手こずりました。ボスのトロールよりも、 途中で出てくる魔道士に地味にダメージ食らって気付いたら体力が無くなっているという。2面でこれか。 味方の数も異様にいるため、残っている敵がどこにいるのかよく分からないという事態が多々ありました。このステージ2で、 何だかんだで3回はゲームオーバーになった。流石にヤバいと思って魔道士を慎重に倒すように心掛けてどうにかクリアできましたよ。

ステージ3「ワンディーク近郊」並びにステージ4「ワンディーク砦」は2面に比べると割とラクな感じでした。そしてこの辺りで、 クリアしたステージは再挑戦できるという衝撃の事実に気付く。 再挑戦して経験値を稼いでレベル上げが出来るんですよ。引き継げるんですよ。この辺も「お姉チャンバラX」に近いものがあります。いや 「お姉チャンバラX」よりも先に発売されてる作品だけどさ。ああ、ステージ2で苦戦した時、 ステージ1を何度もやり直して経験値積んでレベル上げていれば良かったのか。

そしてステージ5「フォーリア平原」、今はここがクリアできない状況。今までの面を再挑戦してレベル上げしたりしてる段階です。 そして更にこの段階でようやく気付いたコトに、アイテムを装備できるという事実があります。これまでも装備は試みていて、 アイテム装備しようとステイタス画面は開いていました。んで、剣部分にカーソルがデフォルトになってて「アイテムがありません」 的なメッセージが出てて、「あれ? 色々回収してたと思うんだけどあれはその場限りのアイテムだったのかー装備できるようなアイテムは無いのかーそうなのかー」 と素直に思ってたんだけど、剣の横にカーソルを移動させたら普通に装備できる余裕があった。何たるコトだ。 そして色々と今まで獲得していたアイテムを埋めてこれなら勝ち抜けるでしょと再度フォーリア平原に挑戦するも、惨敗。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR