1. Top » 
  2. 怒首領蜂 大復活 ver1.5

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」総括/XBOX360/シューティング/CAVE

弾幕シューティング「怒首領蜂」シリーズの最新作。

オートボム搭載など色々と初心者向けにデザインされているが、それでも難しい。易しい方向にデザインされているハズのノービスも、最初の頃は「それでもまだ難しいんじゃないのかコレ」と思った。完全なる初心者が手を出すにはどうだろうかと感じる難易度。まあそこはもう割り切るしかないのか。シューティングに限らずニーズが細分化している今日日、求めている層に絞り込んだものを提供すればいいか。

モードが複数収録されているというのもケイブ移植では恒例になってきている。オリジナル移植に相当するXBox360モード以外には、簡易版のノービスの他にも、アレンジAとアレンジBが収録。アレンジAはクソ難しい玄人向けの内容で、アレンジBはステージを育てるミニゲーム風。ケイブのコンシューマ版アレンジは簡単で爽快な方向にデザインされているものが多かったが、今作はそうでもなかった。アレンジAはスコアがモリモリ上がるので爽快感があるのかも知れないが、スコア獲得にはそれに見合うだけのリスクが求められるのでやっぱ玄人向け。

実績は厳し目。「デススマイルズ2X」ではえらいラクになったというのに、また昔のケイブに戻ったな。「エスプガルーダ2」の絶望再び。「デススマイルズ2X」は流石に簡単にし過ぎたと思ったんだろうか。厳し目と書いてみたが、1000にしている人が結構いるのに驚く。実績項目が色々なモード/コンテンツに振り分けられているのは良い。参入一作目の「デススマイルズ1」ではアレンジへの配分が大雑把だったからなー。こなれてきた。

とまあ色々と不満点も多めに書いてみたが、これまでのケイブの移植作品の中ではゲーム自体は一番好み。縦シューだし、非高速弾の弾幕を避けている感も楽しい。自機の遅かった「大往生」よりも、画面全体を使って回避する「ケツイ」寄りの操作感があって楽しい。

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(06)/XBOX360/シューティング/CAVE

スコア配分50は何気にデカいし取れそうじゃないかなと考えて挑戦してみたトコロ、「BOMBは遠慮します」も解除出来た。

ボムアイテムを取らないでクリアすれば(要2周)解除される。ボムアイテム輸送機はボス戦前に出てくるので、それを撃たないでやり過ごす。撃ってボムアイテム出しちゃうと画面上を暫く泳いでいるので、ボス戦でハイパーリチャージがやり難い。輸送機が出るトコロでショット停止(もしくは端でレーザー状態)にするので、3面5面ラストの蜂アイテムは捨てる。蜂アイテムは他にも取りこぼしが出るので、1面から裏ルートに入って余裕を持たせる。だいたいそんな感じで組み立てて、解除出来た。ボム輸送機は5面道中でも出てくるが、そこは撃っちゃって下のほうで戦うようにした。2周目に入ってからは一気に気が抜けるので、ボーっとしてボムアイテムを取っちゃわないかが心配だった。

その後はアレンジBを延々とプレイ。「鉄板LOVE」は中々解除されなかった。ボス戦最後の最後(撃破後)に回収したトコロで解除が出たんだが、そこでようやく1万個に達したのか、それとも解除タイミングがボス撃破時になっているのか。3面で2600万とか行けてたので、合計5000万実績はその後1面を繰り返して割りとラクに達成。

実績は785/1000。ここまで来ると800台に乗せたいんだが、もう何一つ取れそうなものはない。「エスプガルーダ2」の745より行けたし、これで良しとする。

  • Genre:

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(05)/XBOX360/シューティング/CAVE

Xbox360モードでは、ボムスタイルでもクリア出来た。火力はストロングよりも足りないけど、ちょっとしたハンデぐらいに思ってやってたら何とかなった。結局、ボムの決め撃ちポイントを作ってしっかり撃つというのがキモであったよ。

パワースタイルは流石に無理臭い。パワースタイルは、すぐ溜まるハイパーを頻繁に使える代わりにボムが基本使えない。厳し過ぎる。ボムの物量で攻略を組んでいる身にはそれは無理。

んで、「裏2周目」突入実績を解除しようと試みた。ノービスならば出来るんじゃないかという気がしてきてた。まあ、出来たよ。裏2周目突入条件は以下。

・蜂アイテムを45個全て取得
・1ミス以内
・2ボム以内

この三つを全て満たす必要がある。死なない、かつボムを使わない前提で進めるとなると、 ハイパーがすぐ溜まるパワースタイルが良い。 360モードだと鬼門機のパワースタイルが逆に脚光を浴びるコトとなる。

ノービスだとハイパーをどんだけ使ってもハイパーランクの上昇が緩やか(というかもしかしてランク上がらない?)なので、ボス戦でも弾消し可能。これは有利だ。ノービスで裏2周目突入、個人的には360モードの「BOMB(ボムスタイルでクリア)」よりも簡単だった印象がある。Xbox360モードを延々と繰り返していたからノービスを平易に感じた、というのもありそうだ。

相変わらず5面ビット地帯が不安定だが、それでも突入できたよ。突入ついでにコンティニューしまくってヒバチ倒してみたけど、エンディングが同じだったのでガッカリ。

残っている実績で自分が取れそうなのは、アレンジBの「鉄板LOVE(エリア3で1プレー中にエキスパートアイテムを10000個取る)」と「Thank You For Playing (全エリアのハイスコアの合計が5000万点を突破する)」の二つか。その辺を解除出来れば、どうにか実績700を越えられる。

  • Genre:

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(04)/XBOX360/シューティング/CAVE

Xbox360モード、どうにか「STRONG」を解除した。2周目に入ってからはコンティニューしまくってもいいが、今作の実質の1周ノーコンティニュークリア実績になる。自分にとってギリギリ挑戦意欲をキープ出来るバランスであった。クソ、次はクリア出来るかも、的バランス。「エスプガルーダ2」辺りはまるで無理感漂っていたが、この作品はギリギリ意地を維持出来てる。

青機体を暫く使っていたが、緑に戻したら微妙な火力の強さが有利に働いた。特にボス戦。

ボス戦でのハイパーのリチャージを知ってからだいぶラクになった。レーザー状態でハイパー解放→無敵時間中にボスに乗っかってオーラ撃ちで次のハイパーを貯めておく→ハイパーが切れたら再び解放&乗っかり。ただ、5面ボスは僕のスキルだとハイパーが切れるのを待って避けているとまず被弾してしまうので、リチャージ後はボムを撃っていた。ボム後は再びハイパー乗っかり。

ボス戦のみならず道中でのボムの決め撃ちも大きかった。オートボムだと殆ど無敵時間が無い。体感的に、手動ボムのほうが5倍は無敵時間がありそうなぐらい。なら決め撃ちだ。ていうかオートだと連続してボムを消耗してしまうケースも多々。

引き続きボムスタイルで挑んでいるが、これはキツい。ストロングの火力に慣れていると超しょぼい。ていうかストロングでギリギリだったのに、出来るんだろうか自分。1周以内に2回目のエクステンドに至ればどうにかなるかも。2回目のエクステンドは100億点。今1周クリアでせいぜい36億なんですけど。

もっとやりたいんだけど、指痛くなってきた。指先が角質化してマヒしているので今日は引き上げる。うー、ジョイスティック買うべきかしらん。

  • Genre:

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(03)/XBOX360/シューティング/CAVE

アレンジBをやっていると上手くなったような錯覚に陥る。「だいぶ避けるの上手くなったり敵配置覚えたんじゃないかな?」と思い、360モードに挑戦してみた。ボロボロだった。アレンジBは処理落ちが派手にかかるのでついつい錯覚してしまう。

360モードは、表2周目の条件を狙った上でのノーコンティニューを目指しているが、目下調子が良くて5面の回転砲台を越えられるかどうかという辺り。表2周の条件は当然蜂35個回収で目指す。ていうか普通にノーコンティニュークリアすら出来てないのに蜂回収を狙うのはまだ早いのかのう。

オートボムの存在で実質残機20機ぐらいあるようなもんだし、ノーコンティニュー出来そうなものだよな的に挑んでいるんだが、これ実は手動ボムを使わなくなるのが罠か。手動のほうが与えるダメージもモリモリだし、手動を撃つとランクが下がるという話も。決めボムのポイントを考えねば。

  • Genre:

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(02)/XBOX360/シューティング/CAVE

前回、「360モードとノービスモードで実績が共通している」なんてコトを書いたけど、間違っていた。360モード専用の実績もボロボロあった。2周前提の実績が割りとあって、その辺は一朝一夕で解除できるようなもんじゃない。どうしよう。サックリ諦めようかなーという気持ちも。

ノービスで表2周目に突入して、ゴールデン・ディザスター撃破は達成した。2周目の条件がよく分かってないが、1面で裏ルートに突入したらそのままずっと裏ルートになり、3ミスしてる中で表2周目に突入できた(ノービス)。2ミス以内という条件もあったような気がするが、ノービスは条件が緩和されているのかしら。

実績は510/1000。実はもう一杯一杯。これは「エスプガルーダ2」の745/1000を下回るかも知れぬ。

  • Genre:

■「怒首領蜂大復活 ver1.5」(01)/XBOX360/シューティング/CAVE

収録されている4モード、「Xbox360」「ノービス」「アレンジA」「アレンジB」を一通り軽く触ったトコロ。

今作のノービスは他の作品(「虫姫さまふたり」「エスプガルーダ2」等)のノービスよりもやや難し目の印象。360モードとノービスモードで実績が共通しているので、今後は360モードはやらないコトになりそうだ。

アレンジAは実績を見る感じではスコアもコンボもインフレしまくっているモードらしい。何回かプレイしたけど、まだロクにルールを把握していない。ハイパーの扱いに注力させる大往生風アレンジだろうか。

アレンジBは、ステージ刻みで短いプレイを何度も繰り返す「脳トレ」的ミニゲームな印象。最初は「これは面白くないだろ」と思ってたんだけど、1プレイの時間が短い上にプレイすればする程ステージが難しくなる(育つ)ので、案外中毒性がありそうだと考えを改めた。実際に現時点では一番このモードで遊んでいるし。

実績は厳しそうだ。なのでこのゲーム、暫くはハードディスクの常連になるだろう。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR