1. Top » 
  2. Mini Ninjas

■「Mini Ninjas」総括/XBOX360/アクション/Eidos

忍者を主人公に据えたアクションゲーム。プレイ開始当初は箱庭系かと思っていたがそんなコトはなく、敵を倒したり進路を見出してはステージを進んでいくタイプの内容。

出来が良い。アクションゲームとして、高いレベルで纏まっている。忍者設定を活かして、縦横無尽に地形を活用するステージ構成で魅せてくれる。隠しエリアの開拓も楽しいし、やや強めの敵の対処法を見出すのも面白い。数ステージ毎に登場するボス戦はQTEとして割り切った作りであり、しかしそのQTEに持ち込むまではアクション要素も必要で、色々なアイデアに満ちている。

プレイ中は殆ど活用しなかったが、ステルスアクションもあり、見つからないように工夫して進める遊び方も出来る。このステルスっぷりは、「天誅」や「アサシンクリード」の血統を感じて中々楽しい。ただ、収拾物の関係上虱潰しにステージを探索しまくるコトになるので、それ程本格的にステルスを利用しようとは思わないかも。どことなく「ヴァイキング」臭も感じるが、見つかって対多状態になっても渡り合える辺り、当ゲームのほうが易しめ。

見てくれからして、簡単な子供向けゲームに思いがちだが、割りと歯応えを感じた。しっかり細部まで作られている作品。楽しかった。

■「Mini Ninjas」(03)/XBOX360/アクション/Eidos

クリア。結構ボリュームあったなあ。後半の思い出としては、雪崩から逃げるステージでえらいリトライした。あれはワケが分からなかった。コースが分からん。

アニマル収拾はどうにか達成出来ていたので、引き続き取りこぼしていた地蔵の収拾に。海外攻略サイトのテキストを読み進めながら探すのは、僕自身英語が微妙に把握出来てないのが適度な縛りになって、「ヒント」ぐらいの扱いで探せるのがいいな。それでも本格的に分からないのが一つあって、それは動画まで調べた。提灯ぶら下げている綱つたって天守閣まで行くトコロにあったよ。

一度も見つからずにクリアは実績解除Wiki通り、河下りのステージで解除。一回目は何故か解除出来ずに二回プレイした。一回目は何だったんだろうか。桟橋の処をうろついている侍に見つかっていたのかも知れない。騒動BGMがかかってなくても見つかってそうだ。

「全ステージでFutoを戦闘で使用」というのも、Futoを使い忘れているステージを覚えていたのですぐに解除出来た。雪崩ステージを再度やらないとならないので覚悟を決めていたが、オプションで難易度をイージーにしてやってみたらあっさり突破出来た。その後、鯉に引っ張られるステージをプレイして解除。ていうか敵を倒さずとも、樽を破壊したら解除された。

ステルス殺し100人はチェックポイントからのリトライを駆使して解除。地味に面倒だった。チェックポイントリトライはホントに累積されているのか心配になってきたトコロで解除。

ラストは「Eat My Dust」。Toraで何度も走りまくって解除。これにてミニニンジャも終了。

  • Genre:

■「Mini Ninjas」(02)/XBOX360/アクション/Eidos

ボスを二体倒したトコロまで進行。数ステージ毎に区切り的にボスが鎮座している。ボスは恐らく四天王系+ラスボスの5体だろうから、まだ半分に到達していない辺りか。

最初のボス登場時、「土のボス」という名前がドンと出た時点で笑った。通称とかそういうのじゃなくて、まんまその名称が出たからな。「ああ、てコトは残りは風・火・水か」と思っていたら、二体目のボスが、「おならのボス」だったので更に笑った。これは風属性でいいのかな。

収拾系が主に2種、アニマルと地蔵があるんだが、アニマルは結構目に付く場所にあるのでそんなに虱潰し感は無い。一方、地蔵はマジで面倒。本気で分かり辛い場所にあったりする。そして、地蔵は取ったらその場セーブで、アニマルは取ってもチェックポイントに飛び込まないとセーブされない。他にも、アニマルはレベルセレクトでやると最初から回収し直しになって、地蔵はレベルセレクトでも未回収分のみが対象になったりと、微妙な違いがある。これはどうするのが能率的なんだろうか。アニマルだけはとにかく初回プレイで回収し切って関連実績解除、リプレイでの収拾補完は地蔵に特化というのがいいのかなあ。

収拾とワケでもないが、他にも天狗の依頼をこなす実績もあり、これはリプレイ補完出来ないようなので気をつけたい。これはチェックポイントに飛び込まないと達成してない扱いなのかどうなのか分かってないので、既にもうアウトになっているかも知れない恐怖が付きまとっている。未達成だった時は二周するさ。何かこの世界観気に入ってるし、それぐらい出来そうだ。

  • Genre:

■「Mini Ninjas」(01)/XBOX360/アクション/Eidos

軽く箱庭っぽい雰囲気がある。ストーリー自体は一本道っぽいが、幾らでも戻ったり出来る。ステージ毎に箱庭は変更されるんだろうか。

収拾物が結構な数ありそうで、気が重い。アニマルフレンドとジゾウスタチューが大変そう。海外サイトで位置を記載しているものがあるんだけど、ウォークスルーでの回収順に掲載されているのではなく、アニマルはアニマルで、地蔵は地蔵で纏まっているのでちとツラい。ステージセレクトでの補完も大変そうだし、これは2周する覚悟でアニマル回と地蔵回と、割り切ったプレイに徹するほうがいいのかなあ。

原作があるワケでもない、オリジナルな作品っぽいのが意外。キャラクターはデフォルメが効いてて統一感のある世界デザイン。「忍者くん」が好きだった自分には愛着の沸きそうなゲーム。今日日の技術で3Dに生まれ変わった忍者くんと思うコトにする。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR