1. Top » 
  2. キャサリン

■「キャサリン」総括/XBOX360/アクション/アトラス



発売前はどんなゲームなのかほぼ不明だったのも未だ記憶に新しいのが当「キャサリン」。こんなに内容不明なまま発売されたゲームって他に無いよな。いやあったわ。「アスラズアース」があった。

パズルゲームが本体で、幕間にアニメ等でのストーリー補完がなされる内容。メガテンのアトラスらしい要素も満載であった。スタイリッシュ魚眼レンズ過多が主人公ヴィンセントをロンパリに印象付けるのは演出としてやや難。

パズルの難易度が高い。テストプレイで慣れてしまった系の罠に引っかかってしまったのではないかと感じた。何度もやっている内に適正難易度が分からなくなってしまった的な。アフターフォローとしてパッチが入ったのでどうにかストーリーを終えるコトが出来たが、パッチ更新が無ければ相当厳しい内容だった。クリア出来なかった可能性大。キャンペーンすら終えられなかったゲームで思い出すのは、「アストロポップ」「ズーマ」辺りで、どいつもこいつもパズルじゃねーか。ああ、他にもレースゲーで「フェイタルイナーシャ」もあったな。

ブロックを押したり引いたり移動させて、上へ上へと上っていくパズル。モードは複数あり、どれも本編のパズルがメインとなった派生ルール。ラプンツェルは時間制限無し/手数制限ありの詰め将棋的なもの、バベルはブロックがランダム生成されるので臨機応変な対応が求められるもの。全て、難易度高めで仕上げられている。自分のスキルでは厳しいものがあり、絶賛挫折中。

とまあ、難易度面において不満多めな上に実績も半分ちょいしか解除できなかったゲームであるが、独自性/チャレンジ精神という意味では素晴らしさも含んでいるのではないかとも思う。初期のXbox360作品は「1ゲーム1ジャンル」と言える程そのゲームでしか通用しない脳回路を開拓する必要があったが、丁度そんな印象を抱いた。ゲームをプレイする上で実績という統括管理要綱に縛られない人なら、年単位で挑戦意欲を維持出来る内容になっているのではないかと。

■「キャサリン」(03)/XBOX360/アクション/アトラス

20120711ca

残っていた5種のエンディングを見る。

先日は全9種なんて書いたけど、エンディングは全8種だったのね。何度も後半ステージをプレイしていると流石に飽きてきた感もあった。ていうかやればやる程下手になってる気分だ。サクサクとクリア出来たステージに存外梃子摺ったりしてたな。

3段分ジャンプの恩恵は素晴らしい。改めてノーマルとかでやってみたけど難し過ぎるぞこのゲーム。あと、ステージセレクトってステージ単位でしか出来ないの? 層セレクトしたいのに。ノーマルの5-2で狙える実績、5-1がクリア出来ないので諦め気味なんですけど。

自分が取れそうなのは後はラプンツェル関係なんだけど、これも今この瞬間はプレイする気力が沸かないんだよなあ。動画トレースで頑張るか、一先ずはこのゲームも終了とするか悩み中。

■「キャサリン」(02)/XBOX360/アクション/アトラス

20120710ca

ニュートラル派生のエンディング3種を見た。

エンディングまで一通りプレイを終えて、実績が300に満たない事実に驚愕。コンプは無理にしてもイージー以下の660まではいきたいなあと思っていたが、何気に骨かも知れぬ。

アップデートによるスーパーイージーで辛うじてクリア出来たレベルなのが自分。以前は3夜でえらい苦戦して放置していたんだよなあ。アップデート以前にクリアした人やスーパーイージー要らねえと言ってる人を尊敬せざるを得ない。アドベンチャーパートとパズルパートの差が激しいんだよなあ。話の先が気になるのにパズルが難しくて諦めた人もいそうである。更新が無かったら僕もそうなっていた。

ニュートラル派生のエンディングは、自由トゥルー、恋人バッド、浮気バッドの3種類。バッド多いな。中立こそ至上だったのは真女神転生1までか。偏ったほうがベネとなったのは…2から? 3から? 天秤のバランスを維持するよりも、どっち付かずにならずに偏りまくって突き進むほうが今の時代は良さ気というコトなのか。

全9種類のエンディングを見るまでは続けよう。悩み解決も一部下手打っちゃったので、そこも何とかしたい。

■「キャサリン」(01)/XBOX360/アクション/アトラス

開始。難しいと評判なので、イージーで。

悪夢に該当するステージがパズルになっており、そこがゲームゲームしているパート。んで、このパズルが予想していたよりも遥かに難しい。独自ルールを染み込ませるまで時間がかかりそうだ。ていうか慣れるのかなあ。不安になってきた。「この石の配置はこう登る」と瞬間的に理解して手が勝手に動くようになるまで、キャサリン脳を開拓せねばならない。

アドベンチャーパートは、悪夢の謎に迫りつつ、主人公が正反対の性質の二人のキャサリン、どちらに傾くのかを要所要所の選択肢で決めていく感じ。今となっては珍しくないんだろうが、アトラスだけに「真・女神転生」のロウ・カオスを彷彿させる。初期の選択で天使側(恐らく恋人・倫理サイド)に傾いたので、今回はなるべくそのまま天使サイドにしてのエンディングを見たい。心を悪魔にしてでも天使になろう。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR