1. Top » 
  2. Prince Caspian

■「The Chronicles of Narnia Prince Caspian」総括/XBOX360/アクション/Disney Interactive Studios



映画「ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛」を原作としたアクションゲーム。映画は1作目は視聴済、当ゲームに該当する2作目は未視聴。ムービーの一部に映画の映像そのものを使っているので、内容は映画準拠になっているのかな。

版権ゲームの中ではやや出来としては厳しいものがある。多数のキャラクターを満遍なくプレイヤーキャラとして使用する作りになっていて原作ファンへのサービス狙いを感じるが、これがかえって戸惑う結果になっていた。詰め込み過ぎだな。どいつもこいつも似通った性能と思わせて微妙な特殊能力の違いを使い分けて進行させる必要があったりで、そこに気付けるかどうかでスムーズに進行させられるか否かの差が出る。

特殊能力の中で、フックがやけに使い難い印象もあった。あと、上方に位置するオブジェクトに対するアイコン表記も、最初の頃は、使うのはフックなのか矢なのかで無駄に戸惑ったコトも。

終わってみれば簡単だったかなーという印象になるけど、結構キツいゲームだった。カメラワークのテキトーさも厳しい。

総じて、微妙な出来だったという感想。実績解除難易度は星1になっていて実際10時間かそこらで全解除は出来たんだが、ゲーム自体があんま楽しくなくてやや苦痛な部類だった。

■「The Chronicles of Narnia Prince Caspian」(02)/XBOX360/アクション/Disney Interactive Studios

20120605pirnce

全6章クリア。各章は数節に分かれていて、ストーリー関連の実績は節クリア毎に10、章クリアで35(70)。キャラクターが大量にいる上にステージ毎にクリア条件が変わってくるので、正直戸惑う部分が多かった。

進行上最も苦戦したのは、Miraz's Castle関係のイベントを終えて、さあ後はこの城から脱出するのみ、というトコロで、どうやって出ればいいのか分からなかった。女アーチャーが鎧兵を見つけて「他の経路を探しましょう」的なコトを言うカットシーンを見たら、すぐ近くにドワーフ用の穴が発生するというのにしばらく気付けなかった。カットシーンを見た直後のみ、その穴は使用可能。

後は、ドワーフとネズミのコンビ時、ラストで4本のレバーを操作して扉を開くトコロもワケが分からなかった。レバーが4本とも立った状態になる必要がある。レバーは寝かせると、その左右のレバーに影響を与える(寝てたら立つ/立ってたら寝る)。というのが分かっても全部立てるにはどうすりゃいいんだと。最後はマグレ的に揃った。

揃える系では終盤の回転絵合わせもキツかった。これは動画を探してそれを参照したよ。

最終ステージが木になって投石器を破壊するという全く盛り上がらない内容だったのが、一周してツボだった。こんなステージがラストかよと。

収集系実績に絡んでくる宝箱はステージセレクトでの補完が可能なので、一通り終えてからでも十分回収可能。宝箱を開けるのに鍵が必要、しかしその鍵は何度も復活するので集めやすい場所で一気に溜め込んでおくコトも可能。宝箱自体、ミニマップに位置が表示されるので(ミニマップ故に近づかないとアイコンが出ないが)、そんなに大変なものでもなかった。

■「The Chronicles of Narnia Prince Caspian」(01)/XBOX360/アクション/Disney Interactive Studios

20120524caspian

映画化された「ナルニア国物語/第2章 カスピアン王子の角笛」を題材にしたゲーム。映画は現状一作目しか観ていない。

タイトル画面とか美麗だなーと思いつつゲームをスタートしたら自分がいきなりヤギ人間だったのでもう満足。今日はこの辺にしておいてやろう。

ディズニーインタラクティヴのゲームは「パイレーツオブカリビアン」や「Gフォース(未プレイ)」等、映画ゲーなのに地味に実績コンプが面倒だったりするケースがあるんだが、この作品は実績解除Wikiの星1を信じていいんだろうな。信じさせていただきますよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR