1. Top » 
  2. NFS モスト・ウォンテッド

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」総括/XBOX360/レース/EA

シナリオモードをクリアして実績も全て解除、チャレンジモードやらアーケードモードやらその気になればまだまだ遊べる要素は残っていますが、このゲームもここで総括を書いて一区切りとしたいと思います。

一言で纏めると、非常に楽しみました。「地球防衛軍3」の時も相当入れ込んで寝不足になった経歴がある自分ですが、今回はそれに加えて慣れないコントローラグリップが原因で指を物理的に負傷しました。そういう側面でもこれまで以上に実生活への影響があったゲームです。マジで指が浮腫んで痛かったのですがそれでもプレイは止められなかった。大変なゲーム。リアル人体破壊ゲーム。

レースゲーム自体が個人的に不得手、更に言っちゃえば興味もさほど無かったジャンルですが、ブラックリストランカーを下から順々に潰していくという少年漫画的ノリ、次はどんな奴が登場するんだろうかというワクワク感の味付けがあったからここまでやり通せた。まあ、実際はランカーの持ち味は登場ムービーほど個性化されているワケでもなかったんですが、それでも新ランカー登場演出には毎回ときめかせていただきましたよ。

従来のレースゲームに対するイメージは、『コースを覚えてシミュレータ的にベストのラインを針の穴を通すかのように実行する』、そんなストイックな内容でしたが、そんなイメージを払拭するいい意味での大雑把さ/バトルノリというシナリオ構成が実に楽しくて最後まで堪能出来ました。まあ、後半では確かにコースを覚えてベストを尽くすというのは必須になりますが、最初からそれを前面に押し出されていたら萎縮しまくって即行で詰んでいたと思うので、レースゲーム初心者に対して段階を経た「教育」としては上手いコトやってるとしか言えないわ。

前述のような針の穴を通す系のシミュレータレースゲームに慣れ親しんでいる人には容易極まる内容なのかも知れませんが、慣れてない/レースゲームそのものに免疫のない自分にはもう毎回のバトルが鬼門、常に試行錯誤の連続で、これがまた楽しかった。まあ、今だから楽しかったとか言えますが、やってる最中ではRPGと違ってクリアできる見込みすら不明/ゴールの見えないカテゴリを設けてしまったコトに何度も後悔してたんだが。

それまでに獲得した知識や技術を総動員して、ギリギリ次のライバルに勝てるか勝てないかという絶妙さ。この辺、メーカーは他の誰でもなく、僕に合わせてバランス調整してますね。僕が辛うじて諦めそうで諦めずに続けるように調整されたバランス。EA、よくやった。終わった今だからこそ、断言できます。これは僕の為に作られたゲームだ。エレクトロニック・アーツ株式会社に感謝する。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(14)/XBOX360/レース/EA

■対最重要指名手配(モストウォンテッド)警戒体制「ヒートレベル6」 クロス

レーザーに勝利して愛車BMW M3GTRを取り戻した主人公ですが、最後の逃走劇として「ヒートレベル6」が待ち構えています。大盛りの警察車両から逃げまくります。パトカー多過ぎ。州警察総出での追撃です。他に仕事はないのか。
追撃を回避し続けて5分経過すると協力者から連絡が入り、ゴール地点(古い橋)が指定されます。そこを突き抜ければクリアとなります。

メチャクチャでしたね。何度やり直したコトか。あっという間に取り囲まれて動けなくされて逮捕。ステージ開幕時にクロスから「お前も自首したらどうだ?」なんて通信が入るのですが、このクロスの台詞が終わらない内に逮捕されたコトもまた無数。

ヘリが体当たりしてくる/常に自分を5台ぐらいが追いかけている/下手したら車道ど真ん中で囲まれてそのまま止められる/ライノ恐い、と何から何まで鬼。全体マップが見れないのも辛い。何度も諦めかけた。もう実績全解除してるんだしこれやんなくていいんじゃないの? そんな気分に何度も飲み込まれながらプレイしてた。

どんなコース取りでクリアするかは色々あるのですが、僕の場合は、

1:ロックポート高速道路を目指す
2:そこでいつものようにグルグル周って時間稼ぎ
3:4分ぐらい経ったらゴールの橋を目指す

この流れでどうにかクリアしました。結局ロックポート高速道路を組み込む形に落ち着いた。ゴールの古い橋へ続く道は、場所が分かっててもあまり早くそこに到着した場合は橋への道が出現していない様子。
1と3の段階で強敵だったのがロードブロック&スパイク。これまでのマイルストン稼ぎの折、高速グルグルで済ましてて、真面目に回避するのを学んでいなかったのでそのツケが一気に回ってきた気分。

ゴールの橋を大ジャンプしてムービーに切り替わった時は感無量でした。エンディングのそっけなさには少々参りましたが、レースゲームでラストを向かえるコトができてマジで感動。やったよー。やったよー。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(13)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト1 レーザー
チャレンジ条件:バトル勝利数9/マイルストン達成数5/合計バウンティ10000000
レーザーはお前の車でブラックリストの#1になった。今ではまるで、ロックポートが自分のものかのような顔をして転がしてる。コイツが言う事は何一つ信用するな。

まずは条件を満たすべくバトルに挑戦なワケなんですが、必要勝利数が9というのがひどい。しかも選択可能なのが11コース。その中で9勝しなきゃならないという。捨てられるのが2つしかない。ブラックリスト2位3位は8勝を要求されたけど、12コースあったからなあ。無理と感じたら4つは捨ててよかったのに、今回は2つしか捨てられない。

まあ頑張りましょうかと気を取り直して挑戦しましたが、どのコースに行っても勝てない状況に。4位バトルを彷彿する絶望ぶり。しかし今は4位の時点とは自分もまた成長しているので違うハズ。違うハズなのに全く勝てない。コースを覚えてベストのラインを選択して隙あらばニトロで加速、そんな自分的集大成プレイをしててもまるで勝てない。それゆえに絶望もひとしお。数時間プレイして一勝も出来なかったのでその日は寝た。

あらゆる手を使ってでも進行させる気構えで、裏技をネットで探したものの見つからず。むしろこのゲームは簡単という記事ばっかり出てきてえらく凹む。ふと、使ってる車がいい加減弱いんじゃないのかとマクラーレンに変更して挑んでみたんですが、マクラーレンは本体を買っただけで何もパワーアップしてなくて、ニトロすら搭載してなかった。失策。まあいいかーとのんびり安全運転で走っていたんですが、何故かかなり惜しい結果に。ニトロ吹かしまくりプレイよりもかなり惜しいゴールの仕方。これは!

「接戦になるように近接補正されている」という意味がここにきてようやく実感できた。車をカレラGTに戻して、最後の辺りまでニトロを使わずに走り、ラストで一気に追い抜く方法を試みると勝利。マジか!

んで、その後も一筋縄ではいかないにしても、「終盤ニトロ」を駆使して何とか勝利を?ぎ取れるように。何度も挑戦して。そして遂に9勝のノルマ達成。これだけで数日かかった。
ちなみに最後の最後まで勝てずに捨てた2コースはどこだったかと言うと、1「ストリート」と7 「トールブース」です。両方長すぎ。 9勝目をあげた記念すべきコースは、番号は忘れたけどトールブースで、警察出現が最高になっているコースでした。警察出てきても、 7のトールブースよりはマシだったよ。

マイルストン関係は例によってロックポート高速道路(スタジアムの周り)グルグルでクリア、いよいよレーザー戦に。

ブラックリスト1位だけあって、勝負は5戦になります。
1「スピードトラップ」、2「ドラッグ」、3「スプリント」、4「ストリート」、5「スプリント」。
後半2戦に手こずりました。特に5戦目は途中でのショートカットを知ってからも、レーザーの終盤の追い上げに何度泣かされたコトか。コース終盤、グリグリカーブある中でレーザーはグングン距離詰めてきやがるからなあ。勝利出来たのは運だったように思える。

レーザーに勝利してデモムービー。「お前が1位になったのはたまたまですぐに引き摺り落としてやる、だから車は返さない」だの、レーザーは最後の最後まで小物臭い振る舞いをしてくれました。まあ、確かにたまたま勝てたようなもんなので正解なんですが。

その後警察が到着、主人公は既にその場を逃走済み、レーザー一行は逮捕。レーザーに勝利したコトで最後の実績もカコンと解除されて1000達成。感無量です。まさか不得手極めるレースゲームでここまでやれたなんて。

しかし、シナリオはまだ終わらない。この物語を締め括るべき最後の戦いに突入。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(12)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト2 ブル
チャレンジ条件:バトル勝利数8/マイルストン達成数5/合計バウンティ7550000
トオルはキザなヤロウだ。レーザーがいなきゃブラックリストランカーなんて夢のまた夢だってのに。だからってあなどるなよ。コイツの車でノーマル仕様なのはペイントだけだ。

ブラックリスト3位までがレーザーの配下。主人公の車でブラックリストの15位から1位にまで伸し上がったレーザーですが、何でその部下まで2位3位になってるんだろうか。コネ?

例によってバトル数を満たすのから先に片付けてその後マイルストンを達成。4位戦以来バトルイベント恐怖症になっているのですが、ジリジリと勝ち数を稼いでいけば何とか条件を満たせるレベルでした。マイルストンは相変わらずロックポート高速道路でサクッとクリア。

案外どうにでもなるもんだなと思って条件を達成して、そしていよいよブル戦。ここで予想外の苦戦を強いられるコトに。「ストリート」「スプリント」「スプリント」の3戦になるワケですが、2戦目のスプリントが全く勝てない。圧倒的。何度挑戦しても勝てない。30秒は差をつけられてしまう。純粋な実力差を感じる。「コーナーを曲がる時は減速」、など今まで獲得してきたこのゲームに対する知識/技術総動員で挑んで、30秒差ですからね。切り札は何も無い。残念ながら、今使っているのが界王拳10倍じゃ。 ボス戦で苦戦したのは7位のカゼ(キラ・ナカザト)の時もそうで、今回のブル(トオル・サトウ)といい、日本人キャラの個の強さを感じさせる設定です。こういう扱いは同じ日本人としては嬉しいんだけど、クリアできないのなら手離しで喜んでもいられない。

何度もやり直していると、気持ち的には、RPGでレベルの低い状態でボスに挑んでいるような感覚に陥ってきた。キッチリレベル上げしてれば勝てるんだろうけどそれを疎かにしているような。でもこのゲームに関してはそういうのもないしなー、精々ショップでアイテム買って車のカスタム(セッティング)を弄れるぐらいだしなー、と、そこまで考えた時にふと気付く。セッティングを変更すればどうにかなるんじゃないかと。ここをロクに弄らないのは、RPGで折角新しい魔法や技を覚えたのに使ってないような感じなんじゃないかと。過去にもセッティング変更はしたコトあったけど、ニトロやターボ等スピードアップぐらいしか気にしてなかったけど他の部分を弄れば強化できるんじゃないかと。

そんなワケで、セッティング画面を見ると「ハンドル」というのを発見。いいものがありましたよ。このゲージを二つほど上げて挑む。終盤のコーナー連続、ここで減速度合いが低い中でグリグリと曲がれるように。そして勝利。やったよ。そのまま3戦目も勝利して、残るはレーザーのみに。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(11)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト3 ロニー
チャレンジ条件:バトル勝利数8/マイルストン達成数5/合計バウンティ5550000
コイツ、ヌクヌクと育ってきたくせに、修羅場をくぐってきたと思い込んでる。車だって、卒業祝いに親から貰ったものだ。だからって油断はするな。運転の技術はそこそこ持ってる。

レーザーの手下であるロニーで、個人的には宿敵。このゲームで初めてバトルした相手がロニー。チュートリアルめいたものかと思いきや20回はリスタートしたあのファーストバトルの恐怖が蘇ります。

必要バウンティ値が既に前回の段階でクリアできていたのに驚く。もうバウンティのコト考えなくていいのかな。

4位戦での雑魚バトルに物凄く手こずったトラウマから、挑戦条件を満たすのはマイルストンよりもバトルから先に片付けるコトに。8勝もしないとならないのかよ。JVから奪ったヴァイパーやガヤルドを使用。「適度にアクセルを緩めるとイイ」というのを前回学習したのでどうにか勝利数を満たせました。それにしてもこの辺の雑魚強すぎ。ブラックリスト15位のサニーよりもよっぽど強い。ナッパよりもキュイのほうが強いんだよ。

マイルストンも満たしていよいよロニー戦。「ストリート」「スプリント」「ストリート」の三戦になります。最初のストリートで何度も敗北した。周回数が長いよ。相手がクラッシュしてどうにか勝てたという、マグレ状態でした。

このゲーム、相手がクラッシュして「隙あり」とばかりに引き離しても、いきなりワープするかのような勢いで復活しやがります。そんな中でどうにか勝てたのは、最終周回中盤で相手がクラッシュした絶好のチャンスが発生してそのまま逃げ切るコトが出来たからです。マグレでした。2戦目3戦目は案外すんなり勝てた。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(10)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト4 JV
チャレンジ条件:バトル勝利数7/マイルストン達成数5/合計バウンティ4050000
夜はクラブ、昼はバトル。いったい何時寝てるんだ? コイツは警察に追われるが、仲間からは尊敬されている。ファンも大勢いるぜ。車はいやでも目に付くフラッシュグリーンのヴァイパーだぞ。

まずはマイルストンを達成しておこうとスピードフォトを2つクリア、その後警察に追われる関係では、ガヤルドで暴れる。使い勝手が悪いと感じた車なので、警察に目をつけられてマークが厳しくなってもいいや、こういう場面で使ってしまおうという腹。例によってロックポート高速道路を回りながらマイルストン稼ぎ。時間が経つにつれて、追跡レベルが高まり、ヒート5にまで上がったのですが、ここでグルグル周っている分にはそれ程脅威ではない。ヒートレベル4でヘリ出動、5辺りで白いアグレッシブなパトカーが登場。それよりもやっぱ恐怖はライノですかね。ライノは3か4ぐらいで出てきます。5で出てくるアグレッシブ白よりもライノが恐いよ。

んで、今回は結局29分もグルグル周ってどうにかマイルストンを達成。いやー、緊張した。これで最後に捕まったりしたらチャラになりますからね。FF3のラストダンジョンほどではないにしてもスリルありまくりです。29分も逃げ回っていたので、累積バウンティが6600000にまで跳ね上がりました。現段階での必要バウンティを250万も超過している。

そして次にバトル勝利数をこなそうとしたのですが、ここで予期せぬ事態に。全く勝利できない。7勝どころか1勝もできない。どのバトルを選択しても勝てない。一つのコースを把握した、次こそはと挑戦しても勝てない。どういうコトだ。今回こそは、本気で投げかけた。対策として、とりあえずその日は寝た。

色々と考えて、マイルストン関係でヒートレベルが上がってたので引っ込めていたガヤルドで挑戦するコトに。何とか1勝する。ガヤルドひょっとして使える? そして指も痛いのでアクセルを適度に離すようにしてたら普段は越せないコーナーもクラッシュするコト無く越えられるようにもなった。クラッシュよりも自然減速のほうがマシという事実にここでようやく気付く。その後もジリジリと勝利数を延ばし、何とかノルマの7勝に到着。

ランカー戦はバトル勝利数稼ぎの苦悩っぷりの反動であっさり勝てた印象。JVからも車を奪えた。緑のヴァイパー。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(09)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト5 ウェブスター
チャレンジ条件:バトル勝利数7/マイルストン達成数4/合計バウンティ3050000
コイツは喋りすぎ。パーツ、車、ドライバー、なんのウンチク王だ? 辞書みたいなあだ名も付くわけだ。いつかトップになるみたいな事も言ってるけど、喋ってるだけじゃそれも無理だろうな。ストリート以外にも公式レースに参加しているらしい。

前回入手したランボルギーニGallardoを使ったんですが、これはじゃじゃ馬ですね。凄い挙動が怪しい。立ち上げ時に左右にぶれる不安定さ。実際のランボルギーニもこういうもんなんでしょうかね。まあ、使わない方向で。

マイルストン稼ぎは例によってロックポート高速道路の小さい円周をグルグル回る方法で満たした。この方法はいいな。「ロードブロックを何回回避せよ」とかそういうマイルストンも勝手に満たせる。

ロードブロックってのは、パトカーを並べて道路を封鎖する警察の壁です。ロードブロック、外周部分に設置されて、その脇/内周を通過しても回避したコトになる。イチイチぶつからなくてもいいんだ。

ロードブロック以外にも、ロードスパイクというものもあり、これはトゲトゲを道路に設置する罠。ロードスパイクもまた、外周に設置されてるのを内周を周っていれば回避した扱いになるみたい。ロードスパイクは踏んだらパンクして、ほぼ確実に捕まります。

マイルストンを満たして、警察の追跡もクールダウンした時、クロスという男から音声メールが入ってくるようになりました。クロスってのは警察の人間で、相当のやり手らしい。口調/台詞/喋りも低音でえらい恐くて蛇のような印象。マジで口調恐いわ。ローカライズ声優これちょっと頑張りすぎでしょ。

条件を満たしていざランカー戦。ここからランカー戦が3回になってげんなりくる。3回も勝たないとならないのか。まあでもどうにかなったよ。

ブラックリスト5位は覚悟していたほど難しくなかったかな。いやあ、だいぶ慣れてきたんじゃない?と余裕を感じ始めてきたのですが、次の4位でひどい目にあうのでした。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(08)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト6 ミング
チャレンジ条件:バトル勝利数7/マイルストン達成数4/合計バウンティ2300000
コイツはミング。あえて車のルックスを端正にしている。とにかくスピードトラップをブッちぎるのが好きで、今の車もそれで勝ち取ったらしい。絶対に勝てる自信がつくまでは挑戦するな。

いい加減このゲームにも慣れてきてるんじゃないかと思われそうですが全くそんな気配はない。一人勝ち抜いて新たなランカーに挑もうとする度に、毎回「今度こそは流石に無理」感覚を味わっている。

7勝もしなきゃならないバトルは何度も何度も挑戦していればいつか勝てるとして、今回はマイルストンで真剣に絶望した。やっと慣れたと思っていた『ポイントを一定速度で通過する』チャレンジの難易度が高く、警察に追われる系のチャレンジをこなすコトに。

これはロックポートの高速道路(ロックポート全体を囲む高速ではなく、マップ南西辺りの小さめの周)をグルグル周って、ひたすら時間をかけて条件を満たす方法でやりました。この小さな周回を時計回りに走って、条件を満たしてかつ追跡車両が少なくなったら地下駐車場に潜り込む。んで、上手くパトカーを振り切れたらクールダウンを待って完了という。これが大変。条件を満たしても追跡車両が多かったら地下駐車場まで追ってくるケースが大半で、少なくなるのを待ってから地下に逃げ込む必要がある。「7分追跡されてから振り切れ」なんてチャレンジ、時間を満たしたものの警察車両が減るのを待ってグルグル周ってたら結局14分かかったりしちゃったしな。

土壇場でライノに正面から突っ込まれて泣きを見たコトも多々。ライノってのは、体当たりしても滅多に吹っ飛ばせない程に重くて安定している警察車両です。他の車両がイノシシだとしたら、ライノはトリケラトプスな印象。長時間走ってやっとのコトでマイルストンを満たして、最後の最後の逃げ切る段階で捕まるってのはマジで凹む。針すなおに泣かされたモノマネ芸人の気分がよく分かったわ。いったー!よっしゃー!と思ったら最後の最後で絶望に突き落とされますからね。10点10点10点10点10点10点10点10点10点…9点!

ランカー戦は今回は割りとすんなりと勝利。すんなり、なんて書いたけど相当リスタート繰り返しましたけどね。ミングに勝って、ランボルギーニGallardo入手。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(07)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト7 カゼ
チャレンジ条件:バトル勝利数7/マイルストン達成数4/合計バウンティ1680000
カゼは不良品だ。彼女は運転のテクを一切気にしない。全部スピードでまかなえると思ってる。カワイイからって気を抜くなよ。気をつけないとお前も巻き添えを食らうぞ。

バトル勝利数が7も必要になったコトに愕然とする。1勝負ストレートに勝っても7回こなさないとならないワケで、ストレートに勝てるような技量でない自分は1レースを最低3回はやる。チャレンジを満たすのに最低21レースはやる計算。まあ、そこは時間をかけさえすればどうにかなる範囲だからいいか。

そしてどうにか挑戦条件を満たしてカゼ戦。これが全く勝てない。車を変更したりセッティングをいじったりしても勝てない。2戦ある内の1戦目で勝てない。いい時は3秒差、という具合に圧倒されているワケではないのに地味に勝てない。カゼも大胆に事故ったりしているクセに勝てない。キャラ設定では不良品だのなってるのに、純粋に実力差があって勝てない印象。自分の限界はこの辺りか、と思わせるレース内容が何度も続く。

もう打つ手無しと判断した自分がとった行動は。

寝ました。

んで、寝起きにいきなりXBOX360を起動させカゼに挑戦。すると今度は勝てた。そのまま二戦目もすんなり勝利。何だったんだろうか。アルコールが抜けたからでしょうか。

もうランカーを一人倒すのに毎回毎回必死です。右手の中指も痛いので少し中断したいと思いつつ、今このゲームから離れたら感覚すら失ってしまうので一気にやっちゃいたい。

  • Genre:

■「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」(06)/XBOX360/レース/EA

■ブラックリスト8 ジュエル
チャレンジ条件:バトル勝利数5/マイルストン達成数4/合計バウンティ1180000
この娘のあだ名はジュエル。パワー重視だ。かなりのバトルをしてきているし、もちろん相当な馬力を積んだ車を持っている。妙なマネはできんぞ。

マイルストンを満たすのに大苦戦。

・警察車両18台と接触し、追跡を振り切って逃げろ。
・最低6分間追跡された後、警察を振り切って逃げろ。
・最低2個のスパイクベルトをかわし、追跡を振り切って逃げろ。
・最低5種類の違反を犯し、追跡を振り切って逃げろ。
・238KM/H以上の速度でスピードトラックを通過しろ。
・238KM/H以上の速度でスピードトラックを通過しろ。
・214KM/H以上の速度でスピードトラックを通過しろ。

ジュエル戦に必要なマイルストンは上の7つのうち5つをクリア。18台と接触て。6分追跡されるて。何度やっても捕まってしまいます。 どうしようこれ。ここ数戦は、ランカー戦自体で絶望していたのに、その前の挑戦条件を満たす段階で早くも絶望。

んで、今まで避けていてスピードトラック通過を試みる。何とかクリアできた。今までは「遅すぎ!」ばかりだったのに。ニトロのステータスを上げてたからだろうか。3つ全部クリアして、後は何とかして警察関係4つのうち2つを満たさなければならない。

数多のリセットを繰り返し、気付いたら「スパイクベルト」と「5種類違反」をクリアしていた。どっちも狙ってないマイルストンだったのに気付いたらこれらをクリアしていた。ロックポートの高速道路をぐるぐる周るのがマイルストン満たしにお勧めみたいな情報があり、それをやってたらいつの間にか満たしていたよ。

んでバトル5戦勝利も満たしていよいよジュエル戦。「スプリント」と「ドラッグ」の2戦になります。あれだけ嫌だったドラッグはここにきてラクな部類になってきた。というワケで何とか勝利できましたよ。ブラックリスト8位戦は前半の条件満たしでえらい苦労した印象。8位でこれか。先が思いやられる。でもまあ今日は8位打破に頑張った自分へのご褒美としてダイエット中だけど和スイーツでも食べよう。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR