1. Top » 
  2. uDraw

■「Marvel Super Hero Squad: Comic Combat」/XBOX360/THQ

20130402mshs

uDrawタブレット使用ゲーム。

ペンをマウスに置き換えれば、PCゲームにありそうな操作体系。クリックした場所にキャラは移動、キャラからペンで線を描けばそのラインにそって攻撃、キャラをペンで押し続ければ範囲攻撃、等々。

uDrawである必然性/お絵描きを意識してか、プレイヤーは作者的なポジションになってて、画面に○△×を描くコトでキャラのサポート攻撃が可能。○は重石を降らせ、△はデコイ設置、×は時限爆弾設置。×が極めて強力なので、多用奨励。

「インスタントアーティスト」「ピクショナリー」よりも断然ゲームゲームしてて、タブレット使用ゲー3本の中では一番面白かった。

実績コンプリートの手順としては、最初に全6ステージクリア、その後パネル単位で収集物を集めたり、衣装変えやら特殊メンバーで1パネルクリア等の実績を埋めていくのが良さ気。

ステージクリアは特に問題ないだろうが、個人的に詰まったのは、センチネルの頭にボスが乗っているステージ。地球アイテムを入手して地震攻撃を加えればいいんだが、チュートリアルをロクに見ていなくて地震攻撃のやり方が分かっていなかった。タブレットを左右上下に振ればいい。また、後半進もうとしても白い置物からレーザー攻撃を食らうトコロもちょっと迷ったが、置物は×の爆弾設置で破壊可能。

地震と言えば「Shake, Rattle, and Destroy」なる5体以上の敵を地震で倒すという実績があるが、これは2-4がオススメ。開始直後右上に地球アイテムが隠されている。

そんなワケで、uDrawゲームも全3作クリア、終了。周辺機器を使うゲームはその機器が壊れたら面倒なので、3作は少ないながらもまあ充分であったかな、という感想。実は「ピクショナリー」プレイ中、タブレットの描画範囲と実際の画面がズレる不具合が発生して、「あ、これ壊れた?」と焦ったコトがあったので(再起動したら戻った/合致した)、全3本終えるまでにタブレットが壊れずに済んで自分は嬉しいよ。



■「Pictionary: Ultimate Edition」/XBOX360/THQ

20130329pic

uDrawタブレットを用いるゲーム。

アルティメットエディションってなってるけど別のエディション出てねーだろ、と心の底で突っ込んだトコロで、ひょっとしたらWiiとかで別バージョンが出ていたのかも、と思い至る。思い至っただけで、イチイチググって確認する気力すらない。

申し訳程度で収録されているお絵描きモードだが、「Instant Artist」よりもシンプルな印象で、個人的にはこれぐらいでいいかなーと思った。

で、一応このソフトならではの本命は、お絵描きをメインにした対戦モード(すごろく等)になるのかな。お題が出される→その絵を描く→みんなに当ててもらう。わーい、よく分かったね! 最後の「みんなに当ててもらう」ってのがパーティ的にオフで集まってワイワイ遊んでいるの前提な感じ。つまり、このゲームはあくまでもパーティツールに過ぎない。このツールを使って上手いコト楽しんでくれよ!というプレイヤーへのぶん投げな内容になっているので、独りプレイした自分には単なる実績解除作業に過ぎないものであった。自分で描いて自分で当てる。寂しい。実に寂しい。

実績的には時間がかかるものが幾つかあるが、スキルは要求されないものばかり。実績解除wikiを参考に進めれば何も問題ない。



■「uDraw Studio: Instant Artist」/XBOX360/THQ

20130325ia

360を介して、タブレットで絵を描けるツール。デカい箱で到着した。同梱されていたのは、タブレット&タッチペン、そして専用ソフトの「Instant Artist」。タブレット&タッチペンってバラ売りしてないよな? つまり、uDraw対応ソフトを遊ぶにはこのセットが必要。対応ソフトって言っても、他に2作品しかないみたいですけど。

PCの時点から、タブレットでの作画というのは、アナログで絵を描くのに慣れている自分にはハードルが高かった。もどかしい。微妙なラグもあるし、イメージ通りのものを現出出来ない。喩えるなら、右利きの人が左手で絵を描かなきゃならないようなもどかしさ。そうしてタブレットは封印された。

しかし、このソフトを機に遊びつつ楽しみつつタブレットに慣れよう。実績解除しながらなら、必然デジタル作画にも慣れるだろう。そう思っていたが、速攻でその野望は打ち砕かれる。超使いにくい。

という経緯を経て、このソフトも実績解除して終了モードに切り替えた。

絵描き関連の実績は、Art School Lessonを一通り見たり(右矢印クリックの先送りでOK)、Art Campをこなしていれば大半は解除出来る。

ミニゲーム3種。

ミニゲーム1:「Alien Splat Game」
ハエ叩きならぬ宇宙人叩き。10面クリア実績は、中断セーブ出来ないとは言え、リトライ可なので時間さえ確保出来れば特に問題ない。リトライがその面の最初から、というのが面倒なぐらい。ボス戦は、ボスが弾を放つので回避→ボスに接近して(足元がいい?)1発叩いて距離を取って弾回避、の繰り返し。自分の被ダメの当たり判定は手を含めたグラフィック全てなので注意(特にボス戦)。2面分ノーダメージクリアというのもあり、これは最も易しい1・2面で挑むのが当然ラク。

ミニゲーム2:「Tilt Maze Game」
タブレットそのものを傾けて、迷路内のボールをゴールに運ぶ内容。10ステージが4段階の難易度を持つ全40面。全40ステージのクリアタイムが40分以内実績があるが、普通にクリアを目指していれば達成は充分に可能。各ステージ、仮にミスしてリトライになったとしてもタイムは初期値からなので気にせずプレイ。

ミニゲーム3:「Tilt Painting」
2同様、タブレットを傾けて、ボールを転がして絵の具を回収する。定期的に落とし穴が開くので、そこに落ちないように回収。5面クリア実績がある。時間制限は無いので、慎重にプレイすればいい。1同様中断セーブは出来ないので一気に。



Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR