1. Top » 
  2. シューティングラブ。10周年

■「シューティングラブ。10周年 XIIZEAL&DeltaZEAL」総括/XBOX360/シューティング/トライアングルサービス



10年前にアーケードで展開されたシューティングゲーム2本のカップリング作品。昔ながらのシューティング、即ち覚えゲー。

10年前でもこれはちょっと…と感じるレベルの作品で、2Dシューティングなら何でも買う自分のような人間向けかなあ。「シネモラ」程ではないけど、歴史が下るにつれ洗練され捨てられたシューティングのイマイチな要素があちこちに見受けられますなあ。そう考えるなら、資料的な価値もある。いや…「シネモラ」は現代の新作でアレだったのが問題でもあるんだがナ。

今作の微妙さを真剣に検討しようとすると、遡及的に前作までもが穢れてくるので、そこはあまり深く考えないようにしたい。まあ何だ、実績コンプ出来たんだしオールオッケーですよ。

全体的に懐かしい雰囲気が漂っているので、ノスタルジーに浸れるという意味では良かったかな。海上の戦艦とか超懐かしいデザイン。究極タイガー的で懐かしいよ。

■「シューティングラブ。10周年 XIIZEAL&DeltaZEAL」(04)/XBOX360/シューティング/トライアングルサービス

20130617sl

「デルタジール」、ノーコンティニュークリア。超嬉しい。

コンティニューしまくりでクリアした直後はノーコンなんて幾らなんでも無理だろうと思っていたが、「7面はwikiの攻略で1ミスでクリア出来た」「6面は道中1ボムで安定」「1面は問題無いし、2面も大丈夫だな」と消去、『てことは3・4・5面のボス戦を覚えればどうにかなるな』と判断しての挑戦であった。

攻略動画はネット上では見つからなかったが、他人のリプレイを見て煮詰めていった。このゲーム、前に出ないように意識すると道中は大幅に安全になるな。カップリング作たる「トゥエルブジール」の前に前にの癖があったので事故死が多かったけど、危険と隣り合わせの冒険気味な接近撃ち込みを控えるとだいぶ安定した。

で、自分なりの攻略は以下。

1面:問題なし。開幕の雑魚5体&左右から出る敵を即効撃破すると別ルートに入るコトもあり、だいたいボム1個追加出来る。が、突入出来なくても構わない。

2面:中型戦車3体はのんびり倒せば線路ルートに移行しない。線路はまず確実にボムが1個追加出来るが、地味に長くて面倒なのでルート突入しないようにしていた。
ボスは弱点の後ろの砲台が面倒なので、装備に青(レーザー)を入れておくと安全。

3面:Aルート(2面クリア時に自機を画面左)で。
ボス戦、1つ目の土台は砲台をザーッと破壊後、中央の砲台からの攻撃が面倒なのでボム&接射。最初から近づいておき、当たり判定が出現した瞬間ボム。
土台2つ目は画面一番下で攻撃&回避。ついつい接射しようと前に出そうになるが、うねる弾に知らない間にぶつかるコトが多い。
土台を破壊してボス単騎になった瞬間に、ブラックホール弾を放ち撃ち込む。

4面:何気にラク。3面よりも息抜き出来る。
ボスも一見大変そうだが、最初から最後までノーボムでも大丈夫。

5面:Bルート(4面クリア時に自機を画面右)で。ボス戦に備えて装備には青や緑も混ぜるのが良い。
ボス戦、ボス登場時にボム、ブラックホール弾、ボム2発目と立て続けに放つ。ボム2発目はパーツ破壊目当て。
ボスの武装が弱点のみになった時の回避方法は、画面下でボスの正面に位置取る→ボスが弾を撃ってきたら右か左に1キャラ分避ける。ただ、ボスが画面下に降りてきたら非常に危ないのでボムを使うか、ボムがなければ左右に逃げておくのが無難。
また、このボスは登場時にボムをかますと画面外に吹き飛ぶコトもある。画面外に行ってもこちらの攻撃は緑(ホーミング)なら届いているので、吹き飛んだらラッキー。その間は安全に一方的にダメージを与えられる。その為にも緑は幾つか入れておくのがよい。
このボスで1機死んでも仕方ない。ただ、ボムは使い切ってからで。

6面:巨大戦闘機オンリーの面。一番キツいと感じたのは中盤なので、そこでボムがあれば1発2発使って良い。
最後の弱点は、パッパッ弾→隙間が広いので見て回避可能、割と纏まったジョロジョロ弾→大きく横まで移動して回避、時間差3ウェイ弾連発→中央が自機狙いなのでチョンチョン避け、でOK。

7面:実績解除Wikiの攻略を参考に。遅回しなど非常に参考になる。ただ、ラスボスカブト虫段階は、開幕のバラマキ弾が速くて事故りやすいので自分はそこで1ボム使うようにした。また、この面に限らず、戦車の攻撃は8方向(16方向とかじゃない)なので、慣れれば安全に立ち回れるようになる。
ボス戦、自分のボムタイミングは、
「左右2機ずつの雑魚列車を倒した後、ボス戦開始開幕時」
「大きめコアをブラックホール弾&接射で倒してケーブル接続演出後、上から出てくる砲台集に対して」
「それを倒した後、小さいコアに対してボム&接射」
「カブトムシ開幕の高速バラマキ弾」
「カブトムシのオレンジ弾ワインダーを下で回避、追い詰められた時」
「横で避けた後、同じく下でワインダーを回避、追い詰められた時」
この6回。残機が1あれば(残1=ボム2)、現行プレイ機でボム4個以上ボスに持ち込めば勝てる計算になる。

その他実績関連。

・「RAPIDシリーズ登場」
デルタジール1面のレア分岐。開幕雑魚早回しで別ルートに突入するが、それとはまた違い、中ボスっぽいラピッド機が登場するルート。早回ししなくても出てくる時があり、正直分岐条件不明。純粋にランダムで登場するのかも知れない。

・「バックファイアマスター」
トゥエルブジール、バックファイアで敵を3000機倒せば解除。スコアアタック1面1プレイで50機は稼げるので、作業っちゃあ作業だがあんま苦行でもない。ショットは撃たずにひたすらケツで敵を倒していた。スコアアタック、ゲームオーバーになってもセーブが入っている様子もなく、ちゃんとカウントしているのか不安だったが大丈夫であったよ。

■「シューティングラブ。10周年 XIIZEAL&DeltaZEAL」(03)/XBOX360/シューティング/トライアングルサービス

20130614sl

「デルタジール」に着手。信じ難い程に難しい。

何だかんだで7面まであり、長い。辛うじてクリアしたが、最終7面は稼いだクレジットに物を言わせて、「残機がゼロになったら2コン側で乱入してそのまま続行、2コン側で残機がゼロになったら1コン側で乱入」というのを繰り返してのクリアだった。本来なら最終面はコンティニューしてもステージ冒頭からの再開になるが、この方法を取れば『その場コンティニュー』に等しいので俄然ラクにクリア出来る(ただしそこそこクレジット数が必要)。

ああ、「デルタジール」はノーコンティニュークリア無理臭いなあ。雷電シリーズみたいな理不尽さに満ち溢れているシューティングだ。近距離から高速弾撃たれて死亡、というのが多過ぎるし、ボスも総じて硬い。皆さんよくこれノーコンティニュークリアしていますね。ボムもそんな贅潤に出てくるワケでもないのに。昔ながらの覚えゲーとして、パターン組めば安全にクリア出来るようになるの? 安全プレイの初心者向け攻略動画が欲しいですな。旧タイトルとかでもうちょい探してみるか。

■「シューティングラブ。10周年 XIIZEAL&DeltaZEAL」(02)/XBOX360/シューティング/トライアングルサービス

20130613sl

今作のお久しぶり実績も1週間ぶり起動の様子。ちょっと捻って1ヶ月ぶりとかになっているんじゃないかと深読みしていたが、そんなコトは無かった。

何とか「トゥエルブジール」のノーコンティニュークリアを達成。トゥエルブ分、これで残すはバックファイア累積のみかな。

難易度不問なので、ベリーイージーでの解除であったが、あんまベリーイージー感は無かった。地上戦車などが弾を撃ってこないメリットぐらいかな、低難易度は(充分メリットだが)。キモたるボス戦は極端に簡単になっている風に感じなかった。

サイドショットがえらく強いので、画面上方に位置するのを余儀なくされるゲーム。バリア(いわゆるボム)を張ると、その領域内で自機は無敵になるので、無敵を利用してサイドショットをガシガシ当てる、そんなゲーム。んで、バリア&サイドが有効なのがボス戦なので、各ボス戦までにどれだけ特定数のバリアを持ち込めるかで攻略がほぼ決まる。

「トゥエルブジール」、6面が基地っぽくて最終決戦かと思いきや7面出現、ランダムに隕石が飛び交うステージでこの7面こそ最終ステージだろうと考えていたら細胞ステージの8面に突入、え?これ一体どこまで続くの?と思ったらその8面がラストであった。

攻略で参考になったサイトはこちら。6面以降を面セレ(スコアアタック)で何度かプレイして、突破の目処が立ったら通しプレイ、という感じで挑んだ。ボス戦でどれだけバリアを使用するか、から逆算して進行を組み立てればいい。自分の場合は以下。

・1面は問題なし。
・2面は赤ボスにならないように適度に手を抜く。ボスは飛び出た本体をバリア1回使用で瞬殺。
・3面ボスはいきなり弱点を狙わず下から順番にパーツ破壊する。バリアは3回ぐらい使う(むしろあるだけ使っていい)。
・4面は中ボスのパーツを残して流す(本ボスを出さない)。3面で消耗したバリアの回復ステージと割り切る。
・5面、道中がややデンジャラスだが前に出るのを意識して出現即破壊の方向で。ボスは2・3バリア使用。
・6面、中ボスはバリア未使用瞬殺、ボスは第二段階で2バリア、第三段階で1バリア。
・7面、中ボスがクソ強いので3バリア以上使用、ボスでバリア不足になって1ミスするのは仕方ない。このボスは最後っ屁がうざったいので倒しても気を抜かない&ヤバかったら倒してからもバリアを使う。
・8面、ボスを安全に倒すには4バリア残しておきたい。なので、道中でバリアや残機が足りないようなら、炸裂雑魚をそこそこ自力で避ける。

5面クリアまではバリアがすっからかんになってもノーミスで突破出来るようになるのはすぐだと思うので、6面以降の攻略のみ真剣に組み立てる感じで挑むのが良さそうだと思います。

どうにかノーコンクリア出来たけど、死亡時に納得感が無いシューティングだ。タコミスでの突然死が多い。ジワジワ追い詰められた果てに死んでしまうケイブの弾幕系に慣れ親しんでいれば益々そういう感想になる。

■「シューティングラブ。10周年 XIIZEAL & ΔZEAL」(01)/XBOX360/シューティング/トライアングルサービス

20130603anivten

「トゥエルブジール」と「デルタジール」の二本詰め合わせパッケージ。どちらも10年前の作品らしい。

で、軽くプレイしての感想としては、10年どころか20年前のゲームに感じる。第一印象は最低と言っていい。自分のような「2Dシューティングなら何だろうと買います」系の人間じゃなければ、こんなもん掴まされたら怒るんじゃないかなと思った。自分もまた、「資料的価値があるからさ、ほらアリでしょアリ」とかあれやこれや脳内で納得しようとしている。

今後プレイを続けている内に、この最低最悪の第一印象が払拭される内容と感じるようになるのかなあ。そんなスルメゲーだと良いんだが。先日体験版をプレイしたインディーズのシューティングとどっこいどっこいなレベルに感じてならない。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR