1. Top » 
  2. アーマードコア4

■「アーマードコア4」総括/XBOX360/アクション/フロムソフトウェア

フロムソフトウェア作品としては「天誅千乱」に続いてのプレイになる当「アーマードコア4」。「天誅千乱」に通じる細切りなミッションの積み重ねというスタイルはありがたかった。ミッション毎に集中しながら頑張れたよ。
まあ、「NFSモストウォンテッド」に続いて、またもや慣れないコントローラの握りで指が痛くなって今大変な感じになってるんですが。

ロボットを操縦するのは男の子の夢!的イメージがありそうですが、実年齢91歳で戦争を直に体験している立場である僕としては、そういう浪漫を理解できなかったりするワケで、しかしそれでいてこのゲームは楽しめたというか浪漫に開眼したかも知れぬので自分ルネッサンス。

トータルとして見ると「難しかった」という印象のゲームでした。みんな簡単簡単言い過ぎだよ。言ってるだけあって本当にあっさりクリアしてたりするみたいだしさあ。簡単簡単主張しないで欲しいよ。それを受けたメーカーが「よーし次はもっと難しくしてやるぜこん畜生が」とか考えそうじゃん。
フロムソフトウェアさんお願いします。そういう意見にマヒしないで今まで通り初心者にも目を向けた作品をどうかひとつ。

ナンバリングでは4になってますが、このシリーズって外伝的なものも色々あるらしいので4作品目というワケではない。シリーズ初プレイの自分にはアチコチ新鮮で充分楽しめる内容でした。3Dのゲームにもだいぶ慣れてきたかな。昔の3Dゲームって技術面の問題なんかもあって遠近感が掴めない画面周りだったんですが、今はキッチリその辺も判断つくようになってるんだなあ。

専門用語連発、世界観設定が事細かな内容になってて、説明不十分な辺りが逆に二次創作意欲に繋がったりもするゲームですねコレは。敵ネクストなんかでパイロットであるリンクスのビジュアルが一切無いというのも結果的にイイ。相手が何者かは分からないけど、所詮傭兵である自分は眼前の敵を倒すのみ。説明不足だけどつまりは受け手がアレコレ補完して楽しめる余地を残している作品です。

  • Genre:

■「アーマードコア4」(04)/XBOX360/アクション/フロムソフトウェア

ハードをプレイ。ハードは難易度ノーマルと大局的なシナリオは同じながらも微妙に変更されてて面白い。敵ネクストが追加されていたり途中から敵増援が登場したり。

ハードモードにはクリアするだけで実績解除されるミッションがあります。大抵、敵リンクスが登場するミッションになってて、敵の台詞があったりして楽しい。リンクスとはネクスト乗りのコトで、ネクストとはモビルスーツみたいなもんです。クリアした順番はバラバラですが、ミッション順に紹介。

チャプター2
■CITADEL OF SANDSTORM
砂嵐の中要塞に近付いて巨大砲台を撃破すれば終わりのミッション。ノーマルと異なり巨大砲台の近くにネクストが護衛として登場しています。この面はノーマルチャプター3で行き詰っていた時に息抜きでプレイしたんですが、このネクストがえらい強くて即行で諦めていた。今では強力なグレネード(WADOUやOGOTO)を選択できるようになっているので、ネクストを無視して砲台瞬殺でクリアできました。

登場リンクス/ネクスト
・ボリスビッチ/バガモール
「アナトリアのネクストか。悪いが、見逃してやれん」
「ハラショー!」

リンクスナンバー25。このナンバーはオリジナルなる27の存在に振り分けられている。オリジナルというのは過去に行なわれた国家解体戦争に参加したリンクスのコト。番号はその時の成績順に与えられている。
ボリスビッチさんは名言持ちの面白キャラなんですが、砲台瞬殺で終わらせた為にその味わいを堪能できなかった敵です。ハラショーが聞きたいので無理矢理戦ってみようかとも。

■DESERT WOLF
輸送されている敵ネクストに不意打ちを仕掛けるという卑怯にも程がある面ですが、ハードでは奇襲を仕掛けようとしても敵ネクストが最初から起動しているという変更が。途中からオブライエンがホワイト・グリントに乗って「助けにきたぞ。持ちこたえてくれ」と援軍にやってきますが、敵の援軍になってます。これノーマルの時って自分の援軍だったよなあ? 初めてクリアした時って、オブライエンに任せてクリアした記憶あるし。
シミュレータで覚えた「空中からグレネードをボンボン」な戦法でクリア。

登場リンクス/ネクスト
・アマジーグ/バルバロイ
「理に適った動きだ。レイヴン、侮れんな」
「悪いが、まだ死ねんのだ。貴様らの所為でな!」
「正義無き輩など!」
「消えろ、消えろ、消えろ」
「足掻くな 運命を受け入れろ」
「その力で、貴様は何を守る…?」

マグリブ解放戦線のイレギュラーリンクス。AMS適正は極めて低いが強烈な精神的負荷を甘受し、バルバロイの戦闘能力を高めている。暫くはアマジーグとバルバロイ、どっちが人名でどっちが機体名なのかも分からなかったけど。
自分がまみれている汚染から他者を守る為に本体とは離れて別行動していたというカッコいいキャラ。まさに英雄。精神負荷を受けているという設定ながらも頭やられてるなと思わせるのは「消えろ消えろ消えろ」なんて台詞ぐらいで、言動が極めてまともなのも精神の強さを感じさせる。

チャプター3
■GO UP IN FLAMES
ネクストを倒せばいいミッション。周りに設置してある砲台がうざったいコトこの上ない。ノーマルの時は空中から爆撃しまくってて簡単にクリアできた面ですが、ハードではなかなかそうもいかず。攻略サイトによるとチャプター5の「MARCHE AU SUPPLICE」を先にクリアしておいて入手した「MADNESS/XA」で倒すとなっていますがそのステージはこの段階ではクリアできてなかった。一撃必殺の「RAJM」を狙ってみるも、素早く回避されてしまう。
最終的にクリアした方法は、両手に「LR01-ANTARES」装備で近くをうろつきながらチュンチュン当てて撃破。

登場リンクス/ネクスト
・スス/アシュートミニア
「オソ、イ…」
「ム、ムダ…」
「マタ、アテル」
「ファ…ファーティマ…」

アマジーグ同様、マグリブ解放戦線のイレギュラーリンクス。強さはアマジーグには遠く及ばないという設定ながらも個人的にはえらい苦手なタイプだった。火力特化、ミサイルやロケット砲を手当たり次第に狙わずに撃ちまくってくる。狙われてないのに当たる自分。ファ…ファーティマ。
台詞のたどたどしさが精神負荷の重症ぶりを表現。アマジーグがいかに強靭な心の持ち主だったかが伺える当て馬。

■INTERNAL PURGE
三体ある巨大兵器を破壊するミッション。片手もしくは両手に「07-MOONLIGHT」、バックにグレネード。巨大兵器直前の敵が増える防衛ラインはブーストで無視して一気に兵器の後ろへ、後ろからムーンライトで兵器を破壊、それを3エリア分繰り返す。
ノーマルとの違いはラストで追加ネクストが登場。対面を避けてグレネードでジリジリ倒すやり方でクリア。

登場リンクス/ネクスト
・メノ・ルー/プリミティブライト
「祈って」
「さよなら 幸福を…」
「嘘、なのね…」

リンクスナンバー10。GA社最強という設定で、武装は重装備でゴッテリ固めている。それでいて搭乗者メノ・ルーは澄んだ少女の声というギャップ。大砲を軽々抱えたロリっ娘イメージ。久保帯人先生辺りが好きそうな。
台詞に至っては全体的に私に還りなさい感が強く、そこもまた人気が出そうな要素。倒された時に発する「嘘、なのね…」は何だったんだろう。主人公を物凄い悪役に吹き込まれて出動したけど主人公の迷いのなさに何かを感じ取って自分を放った企業への言葉、だろうか。

チャプター4
■SELF CONCEITED
ステルス機護衛ステージ。ノーマルの時は遠くからチマチマ狙撃しててどうにかクリアした面。ハードでは途中で敵ネクストが出てきたりステルスがトラブルで最後まで飛び立てなかったりの変更アリ。
両手に「LR01-ANTARES」バックに三本巨大レーザーの「EC-0307AB」とグレネードの「OGOTO」。敵第1波第2波と、飛んで近付きアンタレスで撃ち落す。地上に降りられない内に撃ち落す。この辺りでネクスト登場、ネクストはバックのレーザーとグレネードで戦う。交戦中に第3波が出てくるがその時は3波を優先して落とす。地上に降りられない内に落とす。

登場リンクス/ネクスト
・サーダナ/アートマン
「面白い素材と聞いている。期待するぞ」
「可能性を感じたが… 錯覚か」
「道半ば、か…」

リンクスナンバー2。イクバール所属オリジナルで、イクバールの魔術師の異名を持つ。本職は数学者。名前や機体紋章からインド人らしい。「インド人=数学強い」の法則。
サーダナは何と言っても死に際のあえぎ声に限る。「あ、あああ、あ、あああああ、あ、あああああ、道半ば、か…」。このあえいでいる時間がえらい長い。これは多分声優のアドリブだと思うので、声優が変態なんだと思います。どうせなら女性キャラでこういうのがあって欲しかったよ。

■DEFENCE LINE
手にグレネード、バックにハイレーザーキャノンと誘導ミサイル。
序盤は空中から地上や橋の敵にグレネード、ネクスト含む敵増軍で、ネクストはハイレーザーキャノンとグレネード中心、ネクストを倒したら残っている空中機を始末。ネクストを倒したのにこの最後で落とされたコトも幾度か。かなり悔しい思いをしたミッションです。

登場リンクス/ネクスト
・サー・マウロスク/ラムダ
「貴様がアナトリアの傭兵か。教えてやるよ、格ってやつを!」
「失せろ。貴様にはノーマルが似合いだ!」
「ハハハハハ! 格が違うんだよ! 格が!」
「私がこんな! 何故!?」

リンクスナンバー9。傲慢で自信家極まる言動が多く、ガンダムでやれと言いたくなる。そして言うだけの強さを持っているのがまた憎らしい。ナンバーとか無関係でネクスト機は大抵強いんですが。

■SEA OF BLOOD
砲台があちこちにありますが、ほぼネクストとの一騎撃ちの面。ただハードでは2連戦。
バックにハイレーザーキャノン。これでひたすら撃つ。二機同時にならないようにとっとっと最初のネクストは始末、増援ネクストも同じようにハイレーザーキャノンで。

登場リンクス/ネクスト
・シェリング/クリティーク
「アナトリアの傭兵… あのレイヴンか。さて、どんなものか」
「どうやら、過去の遺物ではないらしいな!」
「出来れば、違う形で出会いたかった…」

リンクスナンバー14。物言いのカッコ良さとそれに見合う実力が熱いキャラ。海上戦なるシチュエーションも熱い。ハイレーザーキャノンの強さに気付かなければ勝てなかったよ。ていうか相手もハイレーザー系を装備してるのか。
シナリオ上このミッションクリア後にオペレータがオリジナルを倒すなんて凄い的賞賛をしますが、ハードではこれ以前のミッションで既に上位ナンバーのオリジナルを倒してるので何か妙な感じ。

■EMPRESS
ノーマル同様の空中爆撃であっさりクリアできた珍しいミッション。闇夜で相手が遠距離タイプゆえ、最後までその機体をロクに見るコトなく終了する面。

登場リンクス/ネクスト
・メアリー・シェリー/プロメシュース
「へぇ… 調子にのって殺されにきたのね」
「いい的よ、あなた」
「けっこうやるわね。でも、無駄よ、違うもの」
「なんで…?私の優性は…」

リンクスナンバー5。BFF軍部のオリジナル。同社の遠距離狙撃という戦術を確立した「女帝」。ドSにも程がある発言が凄い。きっと「ツリ目」。きっと「色白」。きっと「黒髪ロング」。きっと「巨乳」。そう考えると魅力的なキャラですが、きっと「30代」 と心に追加するコトで容赦なく撃破。

■TRAMPLE MACHINE
ノーマル時同様、後退しながらグレネードを撃ちこみまくるやり方で終了。仕留めると最後にオペレーターから「爆発するので逃げて」と通信が入りますが、ビビって物凄い勢いで逃げた。この辺もノーマル時と同様。これひょっとして逃げなくてもいいのかな?

チャプター5
■SILENT AVALANCHE
凄い苦戦したミッション。前半はアバランチ部隊をグレネードで遠くから空中爆撃、これはノーマルと同じ。んで、ラストに追加で出てくるネクスト2体に何度も倒された。このネクスト対策で武装を考えなくちゃならない。ネクストも今までのように空中からグレネードでいいんじゃないかと思っても二体相手だとどうしても上手くいかない。
最終的にクリアした武装は、アームにコジマライフルの「MADNESS/XA」、バックにグレネードと誘導ミサイル(「MADNESS/XA」はこの時点では入手していた)。「MADNESS/XA」の強さがよく分かってなかったのですが、溜め撃ちで特大ダメージを与えるコトが出来るのがその強み。溜め撃ちだと2発しか撃てず、これを装備してると両手に何も装備できないというデメリットもありますが、敵が少ない面とかでは有効かな。案外弾速がノロいので回避されるコトも多いんですが。
んで、グレネードでアバランチを倒して、地形のくぼみに隠れてマッドネス溜め、浮かんで敵ネクストに発射、仕留める、気付いたらもうマッドネスないや、残ったもう一方のネクストをミサイル&グレネードで何とか撃破。

登場リンクス/ネクスト
・フランシスカ/ヘリックス1
「捉えたわ。あれが、アナトリアの傭兵。ジーン、行くわよ!」
「ジーン、出すぎよ!はやく下がって!」
「負けないわ、私たちは。自分の不運を嘆くのね」
「ジーン? うそ…」
「ジーン…」
「ジーン、逃げて…」

・ユージン/へリックス2
「姉さん、さがって! …おれがやる。姉さんは、見ててよ」
「ちくしょう、だめか?」
「姉さん!」
「終わりだ。こっちも、譲れないんでね」
「死ねよ」
「逃げて…」

リンクスナンバー19&20。余りにも仲が良すぎる姉と弟。このノロケ全開な通信のやり取りこそが真の攻撃。 戦場で何やってんだ貴様ら。姉を倒した後に弟に倒された時がいいですね。「死ねよ」て。弟キレ過ぎ。こちらも倒されたがあんたの姉も倒したってのは、試合に負けて勝負に勝った気分だ。

■SOLDIOS
ノーマルとほぼ変わらず。敵がちょっと増えているだけ。グレネードをボンボン撃ち込んでいれば問題のない面。

■GARDEN OF CHEVALIER
ネクストとの一騎撃ちステージ。ノーマル同様、通路で待ってて敵ネクストが入ってきたら一撃必殺の「RAJM」でブン殴って終わり。

登場リンクス/ネクスト
・アンジェ/オルレア
「アナトリアの傭兵か。できる、と聞いている」
「終わりね。足掻いてもいいわ、無駄だから」
「どちらが勝っても、おかしくなかった。でも、運で戦いは決まらない」
「誇ってくれ、それが手向けだ」

リンクスナンバー3。女帝と対照的に近接特化の姉御。シャッターをムーンライトで焼き切る登場シーンは作中でも屈指の名演出。サシ勝負感覚を最大限に演出してるステージです。
でもまあシャッターを焼き切っても、恐いので中に入らずに通路で待っている自分は卑怯すぎるがな。

■MARCHE AU SUPPLICE
難易度ノーマルでは味方であるナンバー4レオハルトとナンバー30ミドの援軍に主人公が向かい、ナンバー1含む敵ネクスト4体を相手にするコトになります。4対3という絶望的な戦いを強いられるミッション。
それがハードになると、主人公到着時には味方は既に全滅、4対1という絶望上塗りシチュエーションに。オペレーターが作戦放棄を提案する程のとんでもない事態。
まずはノーマル時同様に空中爆撃を試みるも、敵ネクストが真下に来やがりグレネードが上手く当たらない。この真下に位置取って来やがるってのはハードではよくあるコト。攻略サイトによると両手「LR01-ANTARES」で結構簡単にクリアできるとなっているのでそれを試みたんですがどうにも駄目。それでも二体ぐらいは倒せるので空中爆撃よりはいいのかなー?と数時間戦うもまるでクリアできず。打つ手無しな状態だったのですが、両バックにハイレーザーキャノンで挑んだら案外あっさり勝てたという。アンタレスの苦労は一体。

登場リンクス/ネクスト
・ベルリオーズ/シュープリス
「無謀だったな、アナトリアの傭兵。他のやつらと、同じだと思ったか?」
「よい戦士だ。感傷だが、別の形で出会いたかったぞ…」

リンクスナンバー1。合理主義者。過去の国家解体戦争での業績により、特例で企業所属のリンクスながらも他社企業のパーツの使用が許可されている。
複数で登場してキッチリ有利な中で相手を狩るというのはまさに合理主義者。数の強さを理解していらっしゃる。主人公が参戦する時も味方に「相手をあなどるな」と語ったりする辺りもまた隙がない。このステージはホント苦労したので、あなどって欲しかった。

・ザンニ/ラフカット
「捉えられんよ、お前には」
「なるほど、こんなものか」
「これは、匹敵するか…」

リンクスナンバー12。ベルリオーズの側近ポジションだろうか。台詞もベルリオーズと色々と混同していた。名前のザンニってのも残忍を彷彿させて、後述のアンシールと混同していた。つまり、総じて印象の薄いキャラ。

・P・ダム/ヒラリエス
「戦場、こういうものだ」
「戦場だ、覚悟はできている」

リンクスナンバー21。女性。設定上はコジマ汚染に犯されているというキャラ。コジマ汚染ってのは被爆とかそういう感じなのかな。そう考えると台詞の切なさが増します。

・アンシール/レッドキャップ
「アナトリア…? ああ、あの時代遅れか」
「ケッ だから時代遅れってんだよ、雑魚が。死に腐れ
「くそがっ! 俺のせいかよっ!」

リンクスナンバー15。かなりの凶暴発言が印象深いお方。特に「雑魚が。死に腐れ」は作中最名言。初めてこれ聞いた時は声に出して笑ってしまった。この台詞を何度も聞いたので、こいつに何度もトドメを刺されたんだろう。

チャプター6
■SEED A HOSTLE EARTH
ネクストとの一騎撃ち、ですがハードでは最初のを倒すと追加でネクストがもう一体登場。このミッションもえらい手こずった。何度も「言葉は不要か」を聞く羽目に。やれるコトは限定されているのに手こずったよ。
まずは例によって従来のように空中からグレネード爆撃を試みるも、やはり敵が真下に来たり凄い精度でこっちを狙撃してきたりで勝てない。
最終的にクリアできた武装は、アームにコジマライフルの「MADNESS/XA」、両バックにコジマキャノンの「INSOLENCE」という、攻略サイト通りのやり方。
溜めマッドネスで最初のネクストを倒して、インソレンスで追加ネクストを退治。弾数が少ないけど、当たればそれでほぼ終了なので何度も挑戦していればどうにかなるかな。追加ネクスト戦では、自分の背後をエリア外ギリギリなトコロにして相手に後ろに回りこめない形にしたら多少ラクになった。

登場リンクス/ネクスト
・ジョシュア・オブライエン/アレサ
「遅かったな …言葉は不要か…」
「許しは請わん 恨めよ」
「私も、すぐゆく。責めは、そこで聞こう」
「終わり、か… これでいい…」

今まではネクスト「ホワイト・グリント」に乗って参戦してきたが、ラストではプロトネクスト「アレサ」に乗っての登場。何故主人公に戦いを挑むのかは謎なんですが、故郷を人質に取られたりしたんじゃないかと。そしてアレサに搭乗しているのも、主人公の強さを理解しているのでこのまま挑んでも勝てない、なので汚染/即ち死を覚悟し、アレサによる過剰な精神負荷で従来以上の戦闘力を引き出す選択を取ったのじゃないかと。こっちを倒した後の台詞も、苦しそうに喋っているので負荷が相当周っている様子。
ギースのレイジングストームをひどくしたような爆発攻撃のインパクトが大きい。最初にあれ見た時、相手を倒した爆発演出かと思ったぐらい。機体もえらい素早く、ハイレーザーキャノンもひょいひょい回避するのには参った。

・セロ/テスタメント
「へぇ 存外そんなもんか。あるいは…」
「僕には勝てない」
「大袈裟なんだよ、みんな」
「だから言った 簡単じゃないか」
「フ、フフフフフフフフフ、フフフ」

リンクスナンバー6。桁外れのAMS適性を持つオーメルの寵児で紛れもない天才であるもののその気質は幼い、という設定。ハードモードのラストミッション、最後の最後に登場する真のラスボス的ポジションのキャラ。
何度こいつに倒されたコトか。最初の頃は追加で何体出てきたのかすら分からなかった。結構接近されてる中で「INSOLENCE」をポンポン撃ってたらいきなり笑い出したので『やったー倒したー!』と思ったけど案外笑い声が長かったので『何これ? 何で笑ってるの? ここから変身したりするの? もう弾ないんですけど』とビビりっぱなしだった。そのまま沈黙してくれた時はホントに安心した。

  • Genre:

■「アーマードコア4」(03)/XBOX360/アクション/フロムソフトウェア

実は先日ノーマルモードで一通り最後までクリアした。ほんの12時間ほど集中的にプレイして。それが理由か、翌日XBOX360を立ち上げたら、画面に「E74」なるエラーが表示されて本体に赤ランプが三つ、いわゆるレッドリングが発動。レッドリング! それは見なかったコトにして再起動したら普通に立ち上がったんだけど、今ではすっかり本体起動恐怖症に。流石に12時間はマズかったか。

それはさておきチャプター3以降は、基本的に「両手にグレネード、肩に誘導ミサイル」のスタイルで進行(シミュレーションもそのスタイル)、んでたまにそのやり方で通用しないミッションが出てくるのでその時はそれ用に機体アセンブルしてどうにかなりました。どうにかなりましたって簡単に言っちゃいましたけど、ハマったトコロはメッチャハマりました。

5章までクリアしていよいよチャプター6が出現、その前にクリアしなくても先に進めるという理由で放置してきてた過去のミッションに挑戦。

チャプター5
「BARREN RESISTANCE」
下に行くほど汚染領域になり、放っておいてもこっちがダメージを受けるミッション。撃破対象は上のほうに2体、中段辺りに1体、そして最下層に4体。最下層に行った時に体力が凄い勢いで減っていく恐怖の中4体をどれだけ落ち着いて仕留められるかにかかっている。上段中断は誘導ミサイルで、んで最下層ではグレネードを用いてキッチリ退治していけばいい。

「PILLAR OF RAY」
衛星狙撃塔の根元を破壊するミッション。どこ攻撃すればいいのか最初分からなくて戸惑ったミッション。バリア展開されている根元の内側に入って、一撃必殺のRAJMをふるって終了。

チャプター3
「WATER GLIDING」
4体の戦艦を破壊するミッションですが、5章までクリアして改めて挑戦しても難しい。最終的にはRAJMを駆使する戦術でクリア。1体目をRAJM、その右側を突き進み2体目もRAJM、3体目に大きめの戦艦をレーザーを打たないぐらい接近した距離から(2体目を倒したらそのまま左を向いて空中に浮かべば丁度いい感じ)グレネードで、最後に4体目をRAJMで。

「DEFEND ICEBREAKER」
護衛ミッション。グレネードと誘導ミサイルのカスタムでどうにか。

「BRIDGE OF DENSE FOG」
輸送機がラインを超える前に潰す、というミッションで、相当やり直した。最終的にクリアできた装備は、肩に誘導ミサイル両手にグレネードの自分的基本形。誘導ミサイルをひたすら撃って輸送機を潰して最後に登場する地上輸送列車はグレネードで。地上列車の登場位置も暫くどこなんだか気付かなかったよ。スタート時の配置で左下に線路があったのね。

チャプター2
「BALD-DORA」
レーザー砲台の配置された道中をひたすら進んで要塞チックな場所に点在する対象ノーマル機数体を撃破するミッション。道中の敵は無視してターゲットの潜む要塞まで進み、んでそこでミサイル&グレネード。基本は結局その戦術に落ち着きましたがここも何度やり直したコトやら。チャプター2でこれ程のものだったのか。

とまあようやく既存チャプターのミッションを全てクリアしたので6章のラストミッションに挑んでクリアしましたよ。む、難しかったな。未だに慣れないです。簡単だという評判が信じられない作品ですが、ホントに簡単にみんなクリアしてるっぽいんだよなあ。自分のスキルの低さを実感してる今日この頃だ。

  • Genre:

■「アーマードコア4」(02)/XBOX360/アクション/フロムソフトウェア

前回で表記を誤っていた部分がある。×ミッション→○チャプター、×ステージ→○ミッションになります。

チャプター3に突入して最初に選べる4ミッション、どこに行っても任務失敗になってどうしたもんかと考える。クリア済みチャプターのミッションは再挑戦でき、更にはハードモードもプレイできる。なのでクリア済みのハードをちょこっとやってもみたり。

その後、作中のシミュレーションバトルに挑戦。ACとの一騎撃ちバトル。これも例によって一方的に倒されるばかりだったのですが、途中からコツがつかめてきた。空中から地上の相手にグレネード絨毯爆撃。か、勝てたぞ。装備を両手にグレネード、両肩に誘導ミサイル。空中をフワフワ漂いミサイルで相手のミサイルを相殺しつつ地上の相手目掛けてグレネード、というやり方で何とか勝てるようになってきた。

その時点までに挑戦できるシミュレーションをジリジリ進める。「エンリケ・エルカーノ」って相手に相当苦戦したが幾度と挑戦してて何とか沈める。相手が弾切れになるのを待つのも手か。ていうか弾切れになるんだな。

戦い方というか動かし方がだいぶ分かってきたと思いチャプター3に再び挑戦。
「BRIDGE OF DENSE FOG」
「DEFEND ICEBREAKER」
「WATER GLIDING」
「FIREPOWER IS JUSTICE」
最初に選べるのはこの4ミッションなんですが、やはりどこに行っても任務失敗となる。そんな中、「FIREPOWER IS JUSTICE」をどうにかクリア。その後入れ替わりに4つ目のところに出現するミッションを連続クリアしていってどうにかチャプター3を越える。最初の上3つのミッションは未だにクリアできてない。シナリオを進めて機体カスタムを強化した頃に挑戦すればクリアできるようになっているんだろうか。チャプター2にも1つ未クリアのミッションあるんだよなあ。

  • Genre:

■「アーマードコア4」(01)/XBOX360/アクション/フロムソフトウェア

ロボットアクション。僕としてはシリーズ初プレイになります。何もかも分からない中でスタート。

最初に機体を選択。数体あるけどどれがどうなんだかも判断不可能。人間が主人公ならお肌の露出が高めのツリ目女性を選択するんですがこういうのは迷うなあ。遠距離攻撃に優れているなんて説明があった機体を選びました。

ミッションは6まである様子。
ミッション1はステージが1つしかありませんでしたが、ミッション2は9ぐらいステージがあった。次のミッションに進むにはステージを全てクリアする必要はない。
クリアしたステージも再プレイできます。より高位のクリアランクを目指したり、ロボットのパーツ等の資金を稼ぐコトができる。ただしクリア済みのステージは基本報酬がないので上手くやらないと逆に金がマイナスになってしまう。

んで今は、ミッション2までクリア、ミッション3開始、どのステージに行っても任務失敗になってどうしたらいいのコレ状態になっているトコロです。詰まるの早いよ自分。 なので、資金稼ぎとしてミッション2の砂嵐の巨大砲台ステージばかり繰り返してプレイしてる。

機体をもっとビシビシ操作できるようにならないと今後のステージはやってけないなあ。今はまだ棒立ちでダメージ受けても無視してミサイル撃ち込んでる戦闘スタイルだからなあ。このゲームに対する第一印象は、当然の如く「難しい」の一言。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR