1. Top » 
  2. カプコンアーケードキャビネット

■「カプコンアーケードキャビネット」総括/XBLA

50時間プレイ実績「レトロマニアを達成!」を解除。「ブラックドラゴン」で放置した。スタートボタン押しっぱなし(自分はRAPでセロハンテープを貼っておいた)で放置。「録画しますか?」というメッセージが出るとゲームが停止して時間カウントはされないっぽいので、ときたまゲーム画面を確認する必要あり。

実プレイ時間50時間と膨大な数字ではあるものの、ほぼ放置で取れる実績がTAレシオ7近いというのは美味しい。美味し過ぎる。

で、「カプコンアーケードキャビネット」をコンプしての感想。

自分はイカになりつつあるなと思った。

イカの眼には世界が恐ろしく高解像度に映っているという。しかし、折角のその美麗な映像も、連中の矮小な脳では何も感じ入るコトも理解するコトも出来ない。

ゲームも進化し、ハイデフで素晴らしいグラフィックの作品が作られるようになってその美しい映像を享受出来るようになった一方、自分は脳を弛緩させそれらのゲームを漫然とプレイしているようになっている。
刹那刹那での判断力が失われつつある。過去なら二度同じ過ちを繰り返さないよう集中していたのに、惰性でプレイを繰り返すようになっている。これはイカ化に他ならない。

過去の自分なら一回のミスで、「右に居れば比較的安全だったのではないのか」「今の敵は近くにいても弾撃ってくるので注意」「横に張り付いていれば瞬殺出来るんじゃないのか」「ここでボム必須だな」と、次への対策をあれやこれやと考えた。が、今の自分は「あー死んだか、ま、あと何回か繰り返せばどうにかなるかな」と、具体的な反省のない、次へ活かせない感想しか持たないようになってしまっている。

これには色々な理由があるだろう。ゲーセン時代のように1プレイ毎に金がかかっていたのと違うので、集中力に欠けている。もっと純粋に、たんなる老化の問題。

過去と今の自分が同じゲームをプレイするコトで、自分の変化に気付けたというのが収穫か。

まあそんなネガティブな自省はさておき、ノスタルジーに浸れまくれたのでオールオッケー。未成熟な時代に可能性に溢れている未来を夢見ていた自分と久々に向き合えた。

■「カプコンアーケードキャビネット」(08)/XBLA

20130706cac

■ガンスモーク
「賞金首ウィンゲートファミリー」解除。最終面10面クリアで解除される実績で、このポコンは滅茶苦茶嬉しい。今年一番嬉しい実績解除になりそう。

全面クリアの障害になるのが、まず6面ボス。ネイティブアメリカンの酋長・ウルフチーフがクソ強い。もうここまで強いと頭にキまくりなので、蔑称としてインディアンと言いたい。
ライフゲージは4、残り1まで削れてもそこで敗北するのが延々と続いた。ボスそのものよりも、ランダムに動き回る雑魚がうざったい。このゲームの雑魚は、自機より下に行ってもそのまま画面からフェードアウトするワケでもなくふらふらしながらテキトーに弾を撃ってくるので事故死連発。

酋長戦は、開幕即効で雑魚を倒す、すると雑魚の沸きが薄い瞬間が来るのでその隙に3ゲージぐらい減らすのを試みる。酋長と自分の位置は、真正面からややずらす。ショットガン(3WAY)の間に入る位置取り。自分の場合は正面ちょい右で、3ウェイの真ん中の弾が自機の左を通過していく感じの位置取りを意識した。たまに纏まったショットガンが来て被弾してしまうが、事故と割り切った。酋長の動きは恐らくランダムで、都合のいいパターンが来たら結構短期に数ゲージ減らせる。また、ショットガンは着弾地点に暫くナパーム的に残るので下がりながら避けたりするのは危険。

尚、酋長を二度と倒せる気がしなかったので、その後はクリアするまでポーズをかけてずっと本体の電源をオンにしていた。「何かこの人平日に30時間ぐらいガンスモークやってるんですけど、職を失ったりしたのか?」と疑問に思ったフレがいたかも知れませんが、そんなにやってないんで。せいぜい15時間ですよ(やり過ぎ)。

7・8・9面もそれなりに難しいが酋長に比べれば何ら問題ない。

で、問題がラスト10面。ボス戦開幕で左→右の順で息子2名を倒す。その後の親父戦がツラい。雑魚がいないと想定してのダメージの与え方は、親父の5WAY弾が届かない位置で親父と縦軸を合わせる→5WAYショットの隙を突いて前進してこちらのショットを当て、すぐに後退。この繰り返しになる。

注意点としては親父の5ウェイは着弾地点に暫くナパーム的に存在しているので、前進の際はそれに当たらない位置から踏み込む。まあ、あんま考えていられないのでやや運かも知れない。また、ゲージを減らした直後は親父が伏せて、その際にはこちらの攻撃は当たらない(つまり運任せの瞬殺は不可能)。

で、それに加えて雑魚がてんやわんやなので、とにかくツラい。雑魚を捌いて数が少なくなった隙を逃さず踏み込み&退避をしなきゃならないので超ツラい。親父のゲージは4。また、息子を倒して親父がのこのこ登場する際に1ゲージ減らせるのでそのチャンスも逃さないように。

死ぬほどコンティニューした。100円ゲーセンだったら家が建つぐらいのコンティニュー回数だったかな。過言だけど。このゲームだけで「カプコンアーケードキャビネット」の元は取れたよ。

あと、自分は最終的にRAPを引っ張り出した。レバーのほうが微調整出来るので踏み込み&退避が安全だった。それと、連射設定は前左右3つとも15にした。

これで当「カプコンアーケードキャビネット」で残っているのは50時間プレイ実績のみ。作業(or放置)でオッケーなので、コンプは約束された。

カプコンは他にも山ほどレゲーあるし追加実績来てもいいんだけど、来ないよな。全DLC購入特典のボーナスゲームとかもう既に出しちゃっている以上。ああ、CPシステムの作品集めてこの手の詰め合わせ出てくれないかなあ。あの辺は版権まみれだったんで難しそうではある。

■「カプコンアーケードキャビネット」(07)/XBLA

20130627cac01

■闘いの挽歌
該当実績は、「ステージ3クリア」と「剣王打倒」。1周は全6面で、剣王はラスボス。

剣王に関してはアクションゲームにおけるカリスマボスとして今尚語り継がれているが、それはあくまでも2周目の剣王。1周目に関しては、ジャンプで懐に飛び込んでそのまましゃがみ斬り(連射設定15)で倒せた。

それよりも1周クリアで最も苦戦したのは5面ボスことアイアンアーム×2。自分はこのページの攻略法を見てやっと倒せた。

コンティニューしまくりで1周クリアしてみた感想としては、えらい難しい。こんな歯ごたえあり過ぎなゲームがアーケードで出ていたという事実に驚く。湯水のように金を使うでしょコレは。あと、上入力でジャンプというのは今となっては非常にやり難い操作。

 

20130627cac02

■ブラックドラゴン
該当実績は、「ブルードラゴンを倒せ」と「ブラックドラゴンを倒せ」。それぞれ3面・8面(ラスト)のボス撃破実績になる。

プレイした記憶がロクにないなあ。チマチマした覚えアクションに辟易していた時代だったのか、全力ファンタジーに飽きていた頃だったのか、それとも単にいきつけのゲーセンに入荷していなかったのか。

実績の為に一周クリアしたが、6面7面ボスにやたら梃子摺った。ショップに入ったら優先的に武器(モーニングスター)を強化するのが良い。鎧は買ってもダメージで脱げちゃうが、武器は死んでも初期に戻らないっぽいので。

 

20130627cac03

■1943改
専用の実績は無し。全ゲーム購入特典のボーナスゲームの一つ。

ショットガンが強くなって、クリアが容易になった覚えがあるのがこの作品。地獄的な難易度だった大和もあっさり倒せた覚えがある。ミッションメッセージが和風だけど敵が日本なんだよなコレ。

と、今回プレイ分で色々と解除して、残っている実績は「50時間プレイ」と「ガンスモーククリア」。ガンスモークは本気でヤバそうだ。あと30時間ぐらい残っているんだろうが、30時間でクリア出来るかどうか怪しい。

■「カプコンアーケードキャビネット」(06)/XBLA

20130626cac01

■ひげ丸
該当実績は、「ヒトデ」と「イカ」。どちらも光る樽から出現する得点アイテムで、入手するコトで実績解除。後者のイカは13面以降に出現するので、そこまで進める必要がある。コンティニューが無いゲームなので随分梃子摺った。

知っている知っていないで攻略に思いっきり差が出るのが8面。ここはスタート時すぐ上にある砂袋を持って、右か左どちらかの下に行き、左右からくる敵を砂袋で倒す。砂袋は樽と違って消失しないかつ障害物にもなるので、かなり安全に敵を減らすコトが可能。

大半のステージは、樽を10個以上破壊すれば無敵アイテム(ドクロ・錨など)が出るので、それを入手して敵の数を減らすのを基本戦術にする。序盤(1~4面)こそ普通にチマチマ樽ぶつけて敵を倒していってもいいが、5面以降からは無敵アイテムで一気に捌くというのを意識する。

鬼門になるのは11面、敵が自機に即座に向かってくるので、ステージ開始時に外周に出て、勘で樽を投げまくるのが良い。敵を確実に狙うよりも、結構テキトーに投げまくって樽破壊カウントも稼ぎ、無敵アイテムゲットに繋げるほうが自分としてはクリアしやすかった。

次いで12面も問題になるが、これは上の画像のように、スタートしたら右側を拠点として、左や上へ樽を投げまくって敵を減らす感じでどうにか凌いだ。樽を持ちちゃんと狙い通りの方向に撃てるかというのも地味に重要。焦ってボタン連打してあらぬ方向に樽を放ちがち。

13面に突入したら光る樽を持ち上げてイカを狙うのみであるが、ホタテが出る時もあるので到達時の残機によっては運も絡む。

「イカ」実績はガンスモーククリア同様、50時間実績のお供になる予定であったが、二日三日で何とか解除出来たので嬉しい。超嬉しいよ。

 

20130626cac02

■バルガス
専用実績は無し。全DLC購入特典で追加されるボーナスゲームが二つあり、その内の一つになる。

カプコンのデビュー作、がこれらしい。凄くわかり易い縦スクロールのシューティングで、一作目からこれってのは中々に凄いんじゃないかな。「エグゼドエグゼス」の前身になっているのか、弥七が敵で登場したり虫系の大きめの敵が登場したりする。

実績が無いとどうしても本気になれないなあと実感した。もし50時間実績が最後まで残ったら、気分転換でこのゲームもちょこちょこプレイするかもなーとかそんなレベル。

■「カプコンアーケードキャビネット」(05)/XBLA

20130624cac01

■1942
撃墜率100%で解除される「パーフェクト」を何とか達成した。感無量である。肩の荷が半分降りたよ(もう半分はガンスモーク)。

リトライの平易な1面で狙うか、それともボーナスステージの4面で狙うかが悩みドコロだと思う。自分は1~4面を繰り返す中どこかで達成出来たらなーという気分で挑み、結果4面で達成出来た。サイド機を持ち込めるので、1面よりも4面のほうが体感的に20倍はラク。つまり、1面を20回繰り返す時間があれば4面に複数回挑めるので、4面オススメ。

注意点としては以下。

・3面でサイド機をゲットしておく。3面でゲット後片方を失ったりしたら自爆して、再びサイド機ゲットで。
・4面に挑む際覚えておく点として、サイド機をぶつけて敵機を破壊した場合、撃墜率は欠けてしまうというのがある。ただし、サイド機を敵弾で失う分には問題ない。
・ステージクリア時の強制着陸時に画面内に敵が残っていると撃墜率が欠ける。ここは限りなく運なので撃ち漏らしても荒れないように。次があるさ。自分もこれで99%止まりになって歯噛みする思いを抱いたコト数回。
・途中で死んでチェックポイントが進んだり戻ったりしても逃した敵の分の撃墜率は戻らない。つまり、100%を狙うステージ(4面)は最初から最後までノーミス前提になる。

 

20130624cac02

■サイドアームズ
該当実績は、「500体倒せ」と「バハムート・センチピードを倒せ」。後者はラスボス撃破=全ステージクリアで解除される。その場コンティニュー可なので何ら問題なく解除出来る。500体も序盤(確かステージ2)で解除出来たんだが、TAだとラスボス撃破よりも微妙にスコアが高いのが謎なんだが、1コイン以内で500体撃破する必要があるみたい。

ズゴックと巨神兵が懐かしい。ゲーセン時代はノーコンティニュークリアしているハズなんだが、ラスボスがえらい強くて今回はそこだけで5・6回はコンティニューしたよ。安置もしくはそれに準じた安全な場所あったっけ? まあ該当実績を解除した今ではもうどうでもいいんだがな。

■「カプコンアーケードキャビネット」(04)/XBLA

当「カプコンアーケードキャビネット」はTAレシオが無駄に高いというのもプレイ上でモチベーション維持に加担している。が、各ゲームに配分されている2実績が5G×2の10Gと非常に分母が低く、イマイチ大きくレシオに貢献してくれていないというデメリットも。

20130622cac01

■必殺無頼拳
該当実績は、「100人抜き」と「ゲシタ打倒」。前者は100人の敵を倒せば解除で、2面かそこらで達成出来る。後者は1周クリア実績。

真上から見たアクションゲーム。攻撃は、発動時は移動できないパンチと移動しながら放てるキック、そして両ボタン同時押しの回し蹴りがある。パンチは全く使えない。キックを出しながら進めて行けば殆ど問題なくクリア出来る。

ヘビボスでやや梃子摺った。タイムアップになるとステージの最初に戻されるが、残機を失うとボスに与えたダメージそのままでタイムが増えるという謎仕様を知った後は滞りなくクリア出来た。

 

20130622cac02

■アレスの翼
該当実績は「ステージ3クリア」と「ダーク破壊」。3面と最終5面をクリアで解除される。

ゲーセン時代プレイ済み。作りが雑で覚えるコトが殆ど無い中で簡単にクリアしたゲームと記憶していたが、案外苦戦した。ステージの前半は縦スクロールのシューティング、後半は横スクロールのアクションシューティングになるという変格な構成の作品。他、前半道中で巨大な顔に吸い込まれたり特殊な像撃破で地下へ吸い込まれたりしても横スクロールステージに突入するが、正直無駄手間なだけなので入る必要はない。顔、画面左右端に居れば吸い込まれずにやり過ごせる。

とにかくクソ簡単なゲームだったという記憶があったので、クリアまでに結構時間がかかったのがショック。過去と今では、集中力・情報の受信量/処理量が随分と違っているんだなあ、自分。過去の自分は1プレイ1プレイが死活レベルだったのに対して、今は漫然とプレイしている。

 

20130622cac03

■エグゼドエグゼス
該当実績は、「トリクル破壊」と「EXED EXES破壊」で、それぞれ5面16面のボス撃破で解除。その場コンティニューなゲームなのでどちらも問題なく解除出来る。ただ、16面クリアは結構時間がかかる。

敵がえらい固かったという印象が強いこの作品も、標準で連射設定可能なこのアーケードキャビネットではそこでスキルの差が出ないというのが有難い。まあ、それでもえらい硬いだろコレっていう局面は多々あったんだが。

最終16面のボスラッシュに感動した。昔のゲームは本気でプレイヤーを殺しに来ているなあ。作り手としては、インカムとの戦いでもあったんだろう。とっとと死んで席発てよという非情さがある。

■「カプコンアーケードキャビネット」(03)/XBLA

昔のシューティングは敵の攻撃が実に出鱈目だと実感中。今日日のシューティングのセオリーが全く通用しない。長時間プレイする上で、ゲーセン時代、1up/エクステンドというものが心底有難かったというのを思い出す。

20130621cac1

■セクションZ
該当実績は、「セクションOクリア」と「エルブレイン破壊」。3面&全面(5面)クリアで解除。微妙に戻り復活なゲームであるが、実績分に関してはさほど難しくはなかった。

個人的に軽く苦戦したのは以下。

3面開始直後:レーザーはタイミングよく進む、のではなく、上段でレーザー発生装置を破壊して安全に進行させる。
3面ピンボール地帯:早めに中央エリアに入る。中央エリアは割りと安全。
3面ボス:前座同様に上段と下段が弱点で、即効撃破を狙えば雑魚を相手にする必要はない。
4面ボス:上のほうが弱点(撃ち込むと顔が変わる)。

 

20130621cac2

■ラッシュ&クラッシュ
該当実績は、「ステージクリアボーナス」と「ZAPTOWNクリア」。前者は意識せずに解除、後者は一周クリア実績。

車移動&車の前方にのみショット、というゲームで、見た目通り面白くなかった。過去ゲーセンでプレイした記憶は無いが、まあ、僕の食指が動くゲームではないし、見かけたコトがあったとしてもプレイはしなかったんだろう。

4面ぐらいだったか、こちらの動きに位置を合わせてくるトゲトラック、こやつはショットで破壊可能。それに気付かずにどうにか誘導してやり過ごそうしていたよ。また、ラスボスはショット15発ぐらいで倒せるので、ダメージを受けても構わず攻撃をすればいい。

 

20130621cac3

■1942
該当実績中、「撃墜王」のみ解除。32面クリアで解除される。長いな。そして、32面クリアで終了と、昔のゲームとしては珍しくループゲーじゃなかったのね。

ミッドウェイ海戦に始まり、終盤は硫黄島、沖縄が舞台になっているのは地味に衝撃。1943の大和ほどインパクトはないけど、日本が敵になっているのね。

もう一つの実績「パーフェクト」は、撃墜率100%で解除されるんだが、これが厳しい。1面で狙いつつダメだったらボーナスステージの4面でも狙う、という感じで挑んでいるが、難しいネ。旧来の狙い撃つのが要求されるシューティングのシビアさを痛感している。「ガンスモーク」同様に、50時間実績のお供になりそうである。

■「カプコンアーケードキャビネット」(02)/XBLA

20130620cac01

■ガンスモーク
実績は「賞金首ピッグジョー」のみ解除。5面ボスを倒したら解除される。もう一つの実績はラストの10面ボス撃破なんだが、遠い。実に遠いよ。

こんなに出鱈目な難しさだったっけ、ガンスモークって。軽く引いてるよ。死と隣り合わせのガンマン感をまざまざと味わっている。高速弾、雑魚の動きがランダム、刹那刹那のアドリブ、とまあ、硬派を極め過ぎているデザインだよ。

2時間ぐらい6面ボスと戦って、諦めた。酋長クソ強いよ。たとえ戻り復活だろうと無限コンティニューなんだしどうにかなると思っていたのに、まるで勝機が見出せない。50時間実績のお供になるであろうゲーム。

 

20130620cac02

■ソンソン
該当実績は、「大魔神全滅」と「ありがたいお経」。前者は3体セットで登場する大魔神を逃さず倒せば解除で、むしろ逃すほうが珍しいので問題ない。後者はノーコンティニュークリア実績。

このソンソンに関してはゲーセンでクリアした記憶が無く、案の定苦戦した。後半の要塞は全破壊を狙わず、下段か上段を破壊して雑魚を相手にしつつ時間切れを狙うのが無難。道中も後半はあんま上下に動かず下段キープで。ショットが当たり難い敵編隊(コウモリや回転トンボ)はやり過ごすのも基本かなあ。

■「カプコンアーケードキャビネット」(01)/XBLA

日本版の「完全版を購入(400MSP)」と、海外タグでの「追加コンテンツ全部入りパック(2000MSP)」で一気に揃えた。アーケードが技術の最前線だった時代を生きていた自分には安い安い。ファミコンの強引移植作を何千円も出して購入しては有難がっていた当時の自分にDメール送りたいですわ。

20130619cac1

■魔界村
該当実績は、「十字架取得」と「大魔王を倒せ」。十字架、一周目で出てきてビビる。そういうバージョンあったの? で、そのまま大魔王部屋(7面)に突入出来たんだが、結局この魔王は幻覚ですというオチで2周目開始。実績はどちらも1周目で解除出来たのでそのまま終了。2周目クリアのハッピーエンドは見ず。

今プレイしてみると、意外と各ステージでの「ここは注意!」というか、きっちりと攻略方法を覚えてそれを実行するポイントというものが、少ない。何かもっとこう、アドリブ的に前後左右から攻められた覚えがあったんだが、改めてプレイすると、じっくり1シーンずつ潰しながら進めていく堅実なゲームであった。

20130619cac2

■1943
該当実績は、「亜也虎完全撃破」と「戦艦大和」。大和は16面に登場するラスボス。亜也虎は3・9・14面に登場し、完全撃破は早く倒せばよい模様。wikiの隠しコマンドのレーザーを使えば瞬殺。大和も海外版にしてのプレイだったので最終面でコンティニューしまくり。

ゲーセン時代は大和を1人じゃ倒せなかったなあ。二人プレイで、片方が犠牲になって(メガクラッシュ使いまくりで)辛うじてエンディングは見ていたが。そして、全16面というのは現代ではちょっとあり得ないボリューム。代わり映えのしないステージばかりなので作るのが大変というワケでもないんだろうけど、今ならインカム的に無理でしょこんなの。

20130619cac3

■戦場の狼
該当実績は、「ステージ4クリア」と「ステージ8クリア」。5~8面は1~4面の裏面みたいなデザインで何かカッコイイ。

コンティニューが存在しないので地味に大変だが、各ステージが短いのでゲームオーバーになってもそんなにヘコまずにリトライ出来た。8面クリアまで15分ぐらいじゃないかな。そんぐらい短いよ。当初は永久パターンで残機増やしまくれば該当実績はあっさり解除出来るでしょと高を括っていたが、どうやら永久パターンが使えないバージョンの模様。そりゃそうか。

自力スクロールのゲームで、ひたすら前進するのがコツ、だろうか。全局面無限沸きに等しいので、一定の場所でチマチマ倒そうと考えずにグングン進む。3面4面など、画面中央近辺をキープしながらズンズン進めば結構どうにでもなる(画面中央キープというのは、左右から車が出てきて突然死するので)。

また、前進する際は、進行方向+左右にショットを撃ちながら進むと結構安全。上(8)に進むのなら7・8・9にスティックを振る、左上(7)に進むなら4・7・8に振る、という具合に。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR