1. Top » 
  2. Ben 10 Omniverse

■「Ben 10 Omniverse」総括/XBOX360/アクション/D3PUBLISHER



3Dアクションゲーム。主人公ベンが複数のエイリアンに変身して、それらの特性を活かしつつ各所のギミックを突破していくアクション。

シリーズとしてプレイしたのは「エイリアンフォース」「アルティメットエイリアン」に続いての3作目で、最も簡単だった印象。

死亡時のペナルティが従来のシリーズよりも薄く、随分とラクに進行させるコトが出来た。シリーズではボス戦の仕掛けを理解するのにやや時間を要するものもあったが、当作品はそこも容易で、ただ時間をかけて相手の体力を削っていくというものが大半であった。

あっさり進められるのが要因なのか、キャンペーン一周分はこれまでよりも長めだったかも。いや…余りにも作業的に道中を進められるが故の退屈/作業的印象が長いという体感になっていただけかも知れないが。

シリーズを追う毎に対象年齢が低くなっているんじゃないかと思わせる程に容易。実績コレクターならプレイして問題ない一作。

■「Ben 10 Omniverse」(02)/XBOX360/アクション/D3PUBLISHER

20131102ben10 

恙無くコンプ。

収集系は一応動画を見ながらプレイするのが無難かなあ。ステージ毎の未回収とか把握出来ないので、取りこぼしていたら後々大変になってしまうので。狭い一本道だけど、たまに予期せぬ横道とかあるので、念の為に。

ラスボス戦でのQTEにちょっと手間取ったかな。左スティック回転系は画面の表示が出る前から入力するのが良さ気。その為にはQTEを覚える必要があるけど、まあラスボスのその時だけなので問題無さそう。ペナルティ、QTEをミスしたら相手の体力がちょっと回復してからの再開になる程度だし。

これまでのシリーズでは一番簡単だった印象。エイリアンに変身して敵を倒す→エイリアンゲージが無くなったらベン状態でゲージを稼いで再びエイリアン化、この繰り返しで道中はおろかボス戦もだいたいどうにかなる。露骨にチェックポイントに戻されるのは、墜落死した時ぐらい。

■「Ben 10 Omniverse」(01)/XBOX360/アクション/D3PUBLISHER

20131027ben

毎回パッケージの顔が変わる男・ベン。イラスト担当は毎回変えるとか拘りがあるんだろうか。

シリーズでは「エイリアンフォース」「アルティメイトエイリアン」をプレイ済み。全部で10ステージ前後、収集物ありの累積実績ありの、標準的なアクションゲームで、今回もきっとそんな感じなんだろう。

今回はデザインがトゥーンレンダリングになってて、普段よりも見易い印象。輪郭がくっきり。

とりあえず最初のトレーニングステージをクリアしたトコロまで。難易度はHeroを選択。一番初めの敵共に何度も倒されてどうしたものかと焦ったが、変身したら何も問題無かった。ベン本体は貧弱。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR