1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ

■週刊少年ジャンプ感想 51号/2017年

■鬼滅の刃
才能をひとえに肯定しない音柱の人が何か良い。が、二ヶ月で柱になった存在とか、才能で片付けられそうな人もいるんだな、この世界観では。

■ぼくたちは勉強ができない
キスを求める絵で唇に繊細なトーンワークが施されているのが実にフェチっぽい。この作品はなにやってもフェチっぽい。だいたい、父親に恋人とのラブラブ写真を送るってシチュエーションがすでにフェチっぽいおかしさがあるでしょ。隠したがるもんでしょそういうのって。

■Dr.STONE
戻りそうなトコロでギブアップを要求するのが何気に賢くてビビるネ。この漫画、本当に嫌らしい敵も強引に味方化するので、仲間になってから心強い存在になりそう。

■斉木楠雄
人間が変わったかのような変貌を遂げたと思いきや、割りとそのままだった鳥束。でも楠雄がそこそこピンチみたいな引きを見せている。「だから何?」的な逆転を見せるのかな。

■火ノ丸相撲
相撲は交通事故。チャンピオンのバチバチでもそんな表現があったが、業界ではよく言われているフレーズなんだろうか。

そして潮と妹の初々しいデートが色んな意味で無理している感があって宜しいですな。来週レイナの意外な面倒見の良さが発覚して潮が感心する、というトコロまでベタなワンセットとして予想されて、そこも良い。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
ガチアイドル出生物語になっててちょっと求めているものと違う。消失が演出と思われて大盛り上がり、みたいな展開にでもなるんだろうか。

■約束のネバーランド
おっさん、心を開いたか。人生経験の差って、年齢だけじゃ判断出来ないよなあ。若い人間をそれだけで舐めちゃあかん。若い触覚に諭されても受け入れる余剰のあったおっさんは思っていたほど面倒な人ではなかった模様。

■BORUTO
悪役的に登場した科学忍道の人の頑張りが報われる回。報われるというか、ガキのボルトにもその事情を受け入れられるエピソードが明かされた回というか。

■ロボレーザービーム
負けるかも発言。ロボが相手の柔らかさに戦意を失ってしまっているんだろうか。ギスギス好戦的な相手じゃないと燃えない、とか。となるとこの肌が黒い相手、土壇場で悪党チックに変貌してくれるかも知れないぞ。

■クロスアカウント
幼馴染ってアドバンテージのようでそうでもない気がするなあ。性的に未発達なガキの時分から慣れ親しんできた兄弟姉妹みたいなもんでしょ。異性として意識するもんなんだろうか。

■食戟のソーマ
まだ大丈夫。この戦いが終わったらヌイグルミ娘が田所を普通に名前で読んでくれて認めた感を得られるから。叡山が相変わらずの呼ばれ方でごねるのまでセットで。

■週刊少年ジャンプ感想 50号/2017年

■Dr.STONE
不審者っぷりが取り沙汰されているが、いやー普通にカッコイイでしょ。中二的ではあるけどカボチャ戦士はアリの範疇。このまま専用メガネ与えられずカボチャ被り続けて欲しいレベル。

■ONE PIECE
ケーキ、普通に美味いんだろうか。ビッグマムには是非ともマザーを吐いて貰いたいので、最初は美味いけど徐々に不味くなるケーキを期待したいトコロ。

■鬼滅の刃
見た目が可愛い妹がいるだけでこやつは勝ち組。音柱の人もそれぐらいのコト言って相手を救ってやって欲しいんだが、性格悪そうなのでとことん精神を蹂躙しそうでもある。

■約束のネバーランド
オッサンに救いを与えようとすればする程オッサンの死亡フラグが高まっていく。生き残ってくれオッサン。最終的にはメガネっ娘辺りとくっついてくれ。

■トマトイプーのリコピン
ガチャに対する生々しい分析がしつこくて笑った。ホント執拗過ぎる。

■斉木楠雄
人間が(性格を)改造されるって本来相当歪さを感じるんだけど、ギャグ漫画補正&鳥束ならどうでもいいという気持ちが上回る。鳥束というキャラへの自分のどうでも良さを思い知らされて、そこにびっくりした。

■グーとグー
前座と本命、読んでてカタルシスを感じさせる基本はオッケー。微妙にこのままじゃ連載化出来にくそうなラストもこの手の読み切りでは新鮮で良かったよ。

■ぼくたちは勉強ができない
鋼鉄の理性。部位も鋼鉄化していそうだがな。仮に鋼鉄化していたとして、抱きつかれていたのなら、相手も分かっていそう。この文系眠り姫、一番むっつりそうだからな(偏見)。

星座トークとかで綺麗に演出しているけど、この年齢はもっと性欲の塊だよ。いやこの年齢じゃなくても性欲に塗れてて、ちょろそうと判じた女性目当てに上京する京都人とかいるし。で、実はちょろくなくて逆ギレするケースあるし。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
サービス足りないなーと思ったが、カラー扉絵でちゃんとサービスしているな。最近この漫画の露出に関して麻痺してきた模様。

■青春兵器ナンバーワン
敵味方双方のブレイン担当が同じアパートの隣人と気付く回。大家の大らかさに癒やされる。

新ためて見ると、敵サイドはアシカみたいなヤツが良い。ゴロー好きとしてはその亜種もまた好み。言いたい放題言われているのも良い。知った者同士だからの表現、とかではなく、ガチでボロクソに言ってそうなのがポイント高い。

■火ノ丸相撲
潮、例の三人衆への敗北をダイジェストで紹介。対策は練るんだろうが、潮のコトだし相手の弱みを突くのではなく、真っ向勝負で乗り越えそうだなあ。レイナが久々に潮当人の前に登場、メッチャ乙女している。力士に恋する乙女ってシチュエーション、何か説明しがたい背徳的エロスを感じる。いや…この感覚って、自分の中で凄い偏見がベースにあるんだけどナ。

■食戟のソーマ
掲載位置から、もう巻きに入っているかも知れないので田所勝つかも、みたいなメタ読みしちゃう自分は駄目な読者。

■週刊少年ジャンプ感想 49号/2017年

■ぼくたちは勉強ができない
「舌… まっピンク」
とにかくフェチっぽくて笑ってしまう。ゆらぎ荘の直接的なものと住み分けが出来ているな。

あと、三番目の登場ヒロインが最も有利に見えるってのがラブコメとして珍しくて新鮮。三番目はなあ、場をかき回すカンフルなエロ担当ってのが相場でしょうに(いちご100%を思い出しながら)。

■鬼滅の刃
兄の力が上弦にカウントされているのか、それとも妹もあれはあれで充分上弦なのか。結構唐突な兄妹関係、主人公との対比になるオチが待っていそうである。

子守唄がホントに効く。音柱の人はどこまで分かってアドバイスしているんだろう。粗暴な性格の割には何もかも見透かしているのかも。

■ONE PIECE
どういうコトだ。武装色はさほどでもないが未来視すら出来るほど鍛え上げた見聞色で先読みし、受ける部位のみ武装色で強化していたのかね。

冷静を取り戻したが、ギャグで崩されそう。食ってた時の様子をルフィが何の気なしにふったらすんごい動揺しそう。それぐらいギャグな戦いのシメでいいよ。もう既にこのバトル長い。

■約束のネバーランド
『残りたったの33発』
気持ちは分かる。自分もxboxの年間イベントで終盤まで取っておきたかったアケアカ弾丸が残りたったの38本だから。

■Dr.STONE
嘘と分かっていても万が一を考えて行動してしまうのは難儀な性格だ。で、実際溺れてて感謝しそうでもある。

あの嘘つきキャラ、お調子者っぽいし、感謝されてそれを利用してる内にそのまま絆されて面白仲間になってくれそう。初出が不快なキャラでもそれぐらい変われる。

■ゴーレムハーツ
博士、あっけない。唐突だし死に方もしょぼい。それがかえって生々しくもある。

■火ノ丸相撲
刃皇は潮のコト覚えているんだろうか。殺気に反応しただけにも見えるが、刃皇、何気に関わった人間全部覚えていそうな気がする。

■斉木楠雄
JINBAネタが鏤められているだけで嬉しい。

■フルドライブ
主人公、無色無臭な雰囲気ながらも生意気なキャラ付けが垣間見えてきて宜しい。これは下手したら越前リョーマばりにいい性格(いやな性格)になってくれそうだぞ。

■食戟のソーマ
可愛いを追求してここまで上り詰めたのは凄いな。ちょっとでもズレたら世に放たれなかった存在に思える。生意気なのに実力でねじ伏せているのは素晴らしい。一方田所もまだ諦めていない模様。後攻有利の料理漫画ながらも、ここは負けてしまいそうではあるが。名前の呼び方が変わって相手が認めた、ぐらいのオチで。

■青春兵器ナンバーワン
食うコトをやめさせずカロリーを押さえつつ美味なるケーキを振る舞う解決法は実に正しい。アンヌは漫画内で良い成長を見せているなあ。初登場時のテンプレクールビューティをここまで崩して活かすとはなあ。

■週刊少年ジャンプ感想 48号/2017年

■ゴーレムハーツ
『二人は共に生きていく あと少しだけ』
純粋にマスターとの別れは近いという意味合いなんだろうが、10週打ち切りを感じてしまい、作者もっと自信持っていいんだよ?と思ってしまった。

■ONE PIECE
寝そべってだらけながら食事しているぐらい、かえって余裕にも見えるんだが、色々と他人の目/評価にプレッシャー感じているんだろうか。誰からも高評価を受けている兄という立場に同情する。

■Dr.STONE
ルリ、千空を知っている模様。ルリって石化が溶けてこの時代にいるワケではなく、何世代目かの人だっけ? 親か祖父祖母が千空の同級生だった人なのかな。現代描いた1話にチラっと出ているのやも知れぬ。

■食戟のソーマ
叡山負けちゃった。青年誌ならまだ勝てる可能性はあったよ。タクミ、予想外なコトに審査員脱がしたしな。

■鬼滅の刃
妹、ここまで暴走してしまうのか。一般人の血を見て飲みたがっている風な描写もあるし、鬼化が問題視されそうな展開。でも音柱の人ならユルっとスルーしてくれるハズ。ぶっきらぼうだけどその辺空気読んでくれそうな予感。

上弦じゃない発言。本当に上弦じゃないってわけではなく、相手を見下す挑発発言かな?

■約束のネバーランド
ガチで死ねばそこまでという気持ちで置いてくつもりが、きっちり観察して情報を吸収されている、というのが伝わってきて良い。食らいついていくという意思を見せていたからね。それをちゃんと実行している。

■火ノ丸相撲
時限設定で国宝連中を引き上げるという意図があるんだろうが、ズルくも見える。本当に額面通り引退する気なのかね。この発言が勝ち逃げ狙いにならないように次回にでもすぐにフォロー入ってくれるかな。

■青春兵器ナンバーワン
独り占めしたいであろう食べ物を皆で食べる鍋に持ち込むゴローの優しさを見逃してはならない。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
自分が全裸に思えてしまう中人前を練り歩くという、中々の上級者シチュエーション。周知の重要度を実に分かっておられる。着エロが行き詰まり、戦闘の男湯に半裸で入ったり下半身Tバックでコンビニ店員を務める等の異常シチュエーションに発展した歴史を、この漫画は辿っている。

■ロボットレーザービーム
ああ、いきなり3年経ってプロ化って、これから立てていく予定だったであろう魅力的な部の面々をぶん投げるコトでもあったんだな。前回の急展開は面白かったんだが、こう考えるともう巻きに入っているのかなーという気持ちが強くなる。

■クロスアカウント
何かこの作品、二時間ぐらいの邦画で観たらそこそこ面白いんじゃないかと思えてきた。2時間ならなあ、このベタな序破急も丁度いいんじゃないかと。

■週刊少年ジャンプ感想 47号/2017年

■フルドライブ
卓球漫画。主人公とヒロインの顔見せと勝負まで。何から何までベタで第一話としては安心安定の出来。卓球漫画はいつも読んでて脱落してしまう自分なので、今回は頑張って食らいついていこうと思っている。

■ONE PIECE
外面だけなら自身よりも老婆っぽい存在が妹ってのが、今更ながら面白いなと思った。種族色々だからな。歳の取り方も違うんだろう。

■ぼくたちは勉強ができない
何となく数学に長けている人はこういう非合理を一蹴する印象があるが、そこをあえておばけ怖いキャラにしてくるのが憎いな。そして眠り姫の相変わらずの察しの良さ。キミ、もしかしたら冨樫漫画でも長生き出来るタイプじゃない?

■斉木楠雄
タイミングが違えばもっと素直に楽しめたかも知れない。が、時期が時期だけに言い訳臭く感じてしまう。

■鬼滅の刃
妹暴走中で上弦を倒す勢い。守られるだけの存在だったのが前回から活躍してそれはそれで高揚していたんだが、鬼に飲まれる危険性も出てきたのか。妹を殺す殺さないという厳しい決断を主人公に与えられるのは見たくないので、恙無く元に戻ってこの話は今回で終わってほしくもある。

■トマトイプーのリコピン
磯部の後釜で巻末固定候補なのかな? 犬が犬を飼う不自然さとか、何か他の作品であったよな。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
世の中、最近は女性の股間もこんもり強調させた絵が増えているので、そのこんもりは金玉ですという絵も自然に出せるな。そういやこの漫画は男の娘キャラが欠けているが、そこまでフォローする気はないのかね。

■ロボットレーザービーム
話的にも面白要素色々詰め込めそうな高校三年間をカットするのか。大きく出た。プロになってからが本番。ロボがプロになる決意を固めた回で、気持ちの変化を最低限丁寧に描いているのでこのカット感も特に違和を覚えないが。

■火ノ丸相撲
三名槍が当面の目標になるのかな。刀イメージの国宝に対して槍を出してきたのは良い。何かイメージ絵で剣っぽいのもあるけど。横綱、これ黒目二つある感じの異様性を出しているのかね。何かこの感想以前も書いたっけ? 平将門っぽい。

■青春兵器ナンバーワン
一周年記念の反省会&次期展望をを作中でメタ的に描く回。ゴローはホント出色なキャラだよ。委員長がおかしくなったのも含めて。白鳥の暴走も個人的には良いキャラ壊しだったと思っているんだが言及されてないな。クールビューティが単なるキチガイになるとかそうそうお目にかかれない変化だよ。

■食戟のソーマ
一ページ使ってタクミが様子を伺っている絵、怖くて良いな。タクミでこんな陰険そうな描写見れると思っていなかっただけに嬉しい。こういう執念は必要だ。

■クロスアカウント
うーむ、クラシックな作風だ。これぐらい分かりやすい流れに安心している自分もいるので、こういう作劇に需要もありそうではあるんだがな。如何せんプラスアルファな味が無い。

■週刊少年ジャンプ感想 46号/2017年

■斉木楠雄
意外とあっさり終わった。斉木は念堂を優遇している感があるが、まあ偶然なんだろう。

■約束のネバーランド
教えないまでも武器まで公開して好きなの選べ言ってるし、その際背も見せているし、おっさんに対する脅威は薄れつつある。メガネっ娘の心配は杞憂に思えるナ。

■Dr.STONE
前言撤回な回。可能性は上がるのかホントに。情に絆されて動いちまった感があるが、少年漫画らしい熱さなのでオールオッケー。

■火ノ丸相撲
終わってみれば圧勝、ねぎらい的な言葉もかけない辺りが潮らしくて実に宜しい。潰れればそこまで、ていうか潰れるワケがないと思っているんだろう。それぐらいの関係は出来上がっている。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
乳合わせで睨め合う扉は男作者だよなあ。カスれただけで大反応していたいちごの東城は女作者だよなあと思ったのと対を成す。

■鬼滅の刃
主人公エネルギー切れで妹参戦。矢継ぎ早に熱い展開が続いてて面白い。ここで妹圧勝で終わるのも立つ瀬がないので、音柱早く来て。

■BORUTO
今回の倒せる時に倒さなかった以上、最終的には結局いい人になるのかな。

■ぼくたちは勉強ができない
恋愛関係全部把握して一歩引いてるヒロインの一人がいるってのも中々珍しい。引いてるようで自分も無自覚で参戦しているようだが。めっちゃラーメン食ってるので再び腹を触らせるフェチ的なネタに期待。

■磯部磯兵衛物語
いよいよ日本を旅するシリーズ開始と思いきや最終回。マジか。しかも導入、まじで磯兵衛だと思って読んでいたよ。作者上手い。借金の額が酷すぎるんだけどこち亀のパロとかだろうか。

■食戟のソーマ
全裸箱詰め刀剣突き刺しマジックはエロい。タクミはこのエロさを越えてくれそうにない。勝つとしても何か清涼感のある実食イメージにになりそう。

■クロスアカウント
ゼノン君をつけてるのを見て気付く展開だろうか。ここまで鈍いんだからそれも偶然で片付けるのがこの主人公の筋だろうけど、そこは都合良く。

■青春兵器ナンバーワン
鳥のぬいぐるみが今まで喋っていたという設定だったのか。気付いていなかった。ていうか登場二回目で即効で壊れててこれは良い。充分キャラ立ってる感じで登場したのに、またぶっ壊してきたのが面白い。

■週刊少年ジャンプ感想 45号/2017年

■トマトイプーのリコピン
これ新連載なのか。読み切りでいいよ。芸能とかそっち方面のパロ満載で色々心配になる漫画。

■ONE PIECE
船員になるジンベエの最初の見せ場。今後これ以上の描写がなくても、ここできっちり技量を見せつけてくれたのでオッケー。この魚人には任せていい気持ちになれる。ひどい困難をあっさり切り抜けても、描かれない行間で活躍したんだろうなーと納得できる。

■Dr.STONE
自分の死の可能性も受け入れ予防策を講じられるってのが凄い。

■火ノ丸相撲
20秒どころか数秒で溺れるぐらい消耗させられたんだろうか。

■鬼滅の刃
ためにためていただけあって、この主人公が活躍するのは気持ちが良い。

■食戟のソーマ
舌を麻痺させる的な話はこれまで無かったんだな。良い戦略だが皆にずるい言われてて叡山は可哀そうだ。これ、タクミも対抗して顔芸見せてくれないかなあ。真顔でいるけどどうせ予定通りなんでしょ? 笑いたくて仕方ないんでしょ?

■斉木楠雄
エロ顔の教師久々に登場。表情が以前よりパワーアップしてて絵面だけで面白かった。

■青春兵器ナンバーワン
新キャラ。MAPPOから幼い女の子の博士が登場。シングルナンバーとの馴れ合いは許容してもナンバーワンに関してはどう出るか分からないらしい。が、零一にすっかり懐柔された雰囲気なのできっとバレても平気。豹変したらそれはそれで面白いが。

■クロスアカウント
バレないものなのか。とか思ったらバレそうになってはいる。でもこれ有耶無耶になりそう。もっと一瞬で確定しなきゃ。ファンなんでしょ。それほどメイクが凄いの?

■磯部磯兵衛物語
前回から続くとは。そして久々に長期化しそうなシリーズが開始。団子屋の娘は肝心なトコロ言わずに誤解させているけど天然なんだろうなあ。全国回るのかな。北海道、きっとデタラメやってくれるだろうから楽しみ。

■週刊少年ジャンプ感想 44号/2017年

■食戟のソーマ
叡山は顔芸だけが誌面に出れる理由かも知れない。十傑に数えられているけどそこらの雑魚より小物っぽい存在だし。

■ONE PIECE
記憶を書き換える能力は味方になってもえぐいと感じるな。疑似夫婦としてギャグに仕立て上げているけどさあ。三つ目を受け入れられただけでこうもあっさり陥落しているプリン、過去受け入れてくれる人は一人もいなかったのだろうか。

■Dr.STONE
職人の前でぎこちないコトして結果相手がうずうずして手伝ってくれるというスピード展開良い。ふざけた流れになっているけど、素人の頑張りに打たれたパターンの一つだろうし。

■約束のネバーランド
答え合わせ回。伏線として埋め込んでいたというよりも、描いた描写からそれっぽいものを拾ってきてるのかな、これって。展開法で上手く後付でまとめるってのは作家の技能の一つでもあろう。

■鬼滅の刃
それでも安全保護の自分の優先度は一般の民以下なのか。ナチュラルにさらっとそういう台詞を言わせているのが上手い。聞いてる女達もそこスルーしているし、この世界観の中では柱としてそれが当然なんだろう。

■ロボットレーザービーム
反復作用の結果身についた能力なので血統とは無縁なんだがな、親の教えが似た存在を作り上げたって感じか。

■斉木楠雄
才虎、上手いんだか普通なんだか描写からよく分からん。あの手この手尽くしているだけで技量的には普通なんだろうな。

■火ノ丸相撲
メガネのこれまでの数年間をダイジェストで描く。こんな感じで既キャラとの対戦は消化していくのだろうか。

メガネは裏方という持ち味を捨てて熱血方向に足踏み入れちゃってるんだが、この漫画だとアリに感じるんだよなあ。ただただ無責任に夢だの好きなことをするだの言い続けていた漫画ではないので信頼出来る。

■青春兵器ナンバーワン
シリダスだからあんななっていたのか。尻&assかと思っていたがもっとシンプルだった。

■磯部磯兵衛
ギャグ漫画だし来週にはリセットされるんだろうけど、このまま継続したら面白いだろうなあ。作者視点で考えて、これは取り繕え無い。

■週刊少年ジャンプ感想 43号/2017年

■食戟のソーマ
叡山が一番駄目そうなので頑張って欲しいな。ていうか現時点で残っているのが不自然なぐらい。過去の汚点からして戦う前から戦力外にされててもおかしくない人だよ。

■ONE PIECE
プリンがめっちゃ分かりやすくなっていて、もう完全に安心して言動を見れる。イチイチ裏ありそうだったというのにこうも素直になるなんて。

■鬼滅の刃
猪はホント冷静で回転が早いな。黄色も出てきてちゃんと活躍しているが、ふざけた化粧も相俟っていい具合に敵を挑発している。

■約束のネバーランド
オッサンと交渉。長年色々諦めてきたオッサンをも納得させる何かを提供するのかな。

■ぼくたちは勉強ができない
あの場でロリコン疑惑が出ない辺り人望がある。

■Dr.STONE
ガラス、そしてメガネ作成に。プライド高そうな人にどうやってメガネかけさせるんだろう。広義の防具と見做して拒否しそうなぐらい武人マインドな人だし。

■青春兵器ナンバーワン
今回も微妙。入れ替わりが分けわからなくて途中からどうでも良くなってしまった。クマのアップも無理矢理ページ埋めたのかなと思っちゃったぐらい。

■火ノ丸相撲
潮、桐仁と対戦に。桐仁は相変わらず十秒ぐらいしか戦えないんだろうか。この漫画だし、そこに付け込まない清々しい戦いになるんだろうと安心している。

■磯部磯兵衛物語
曲屁師なる馬鹿馬鹿しい職業の人間が登場、技量の人外っぷりがずば抜けているが、ちゃんと見合うだけの賞賛は得ている様子。磯兵衛、こういう謎技術には長けているのね。

■週刊少年ジャンプ感想 42号/2017年

■ONE PIECE
未来予知への対抗策、尾田先生のアンサーが楽しみ。

■約束のネバーランド
おっさんがあんなに節約してきたのに豪快に使っていて心配になった。でも作中でここで暮らせるレベルで贅沢出来てるみたいなんだよなあ。拘束を解いたおっさんは脅威に成り得るのだろうか。もう凄いしょぼキャラになっちゃった感あるんだけど。

■Dr.STONE
これは幸せになって欲しいな。金狼か銀狼、優勝後裏方の科学パワーを持ち上げてくっつかせる流れに持っていって欲しい。

■こち亀
扉何度も入ってくるのはそういう理由だったのか。話数調整の為に出せなかった描き溜めがあるのやも知れぬ…と思ったがあくまでも扉のストックだけ余ってたのかな。

■鬼滅の刃
取り出して食料として食うストックとか、猪は結構回転早いな。黄色は抜け出して共闘体制になるのか、このまま戦いが終わるまで帯の中なのか。後者のほうが黄色っぽいが、ここで出ないと当エピソード活躍の場が無いぞ。

■ぼくたちは勉強ができない
主人公ばりに貧乏そうな新キャラ登場。このサイズで先輩ってのは犯罪臭いではないか。

■レイブンブライ
スケールの割に戦い方が何かリアルで地味だった。ストレートな格闘漫画じゃ駄目だったのかのう。

■斉木楠雄
レプリカネタ、いずれやるのかなーと思いきやいきなり同じ誌面で炸裂させるとは。鳥束に興味を示したようだが、鳥束のレプリカが不幸女に破壊されそうな予感。

■青春兵器ナンバーワン
今回は全体的に微妙な回だったが、動画投稿者のネタは面白くないと暗に指摘しているのかも。ユーチューバーという単語は出せないのだろうか。13を招いたのも何だったのか。ゲストという存在に舞い上がっていただけなんだろうか。

■クロスアカウント
まとめに入ってきているんだろうか。思えばそれなりに連載してて話はあんま進展していないなーこの漫画。何も進めずここまでページ数こなしてきたのは逆に凄いと思えてくる。刃牙ほどじゃあないが。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR