1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2017年

■魔入りました!入間くん
周囲の勝手な過大評価で成り上がる主人公でも良かったんだが、いざ頑張って相応の成果を出している姿を見ると、これもこれで良いものだ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、普段取り繕っている風でいてこういう時は欲望に忠実になってしまうのか。

■刃牙道
武蔵、剣を花山の掌に突き立てるも、そのまま握って剣を固定されてパンチをまた喰らうの巻。武蔵、ネームド戦士と戦う度に苦戦しまくりで、このキャラで作者はどうする気なんだろうという思いでいっぱいになる。

幾度か書いたが、主人公を立てる感じで武蔵を作っているんだろうなーという気はする。が、現時点ではイマイチ魅力に欠ける。マホメドアライジュニアの時みたいにぶん投げないでどうにかしようと模索しているのは、まあマシなのだろうか。ぶん投げちゃっていいんだよ、という読者もいそうではある。

■Gメン
カップルが着実に出来上がっている。伊達さんが幸せを勝ち取る日が来るのか、それがこの漫画で一番気になるトコロ。

■六道の悪女たち
天乃は突然過ぎる新キャラなんだけど、いつから作者は考えていたんだろうか。性別トリックを作中キャラに明かした途端にこんな新情報投入は素晴らしいな。そして雷乃が囚われの姫ポジションに。今までの女キャラで一番姫っぽいぞコレは。

■BEASTARS
食欲を性欲に置き換えれば、自分が抱いているのは愛なのか性欲なのかという感じでレゴシの葛藤も何となく理解出来る。

■英雄!シーザーさん
オールスターで次号出張最終回。出張終わるのか。割りと好評でこのまま週刊でも連載パターン入ったかと思ったのに。占い師が地味扱いされてて悲しいと同時に「むしろこっちのほうが好き」的ひねくれた風でいてその実素直な読者がファンにつきそうで、何かこう大江しんいちろうあざといわ。

■鮫島、最後の十五日
天雷と鮫島の因縁が描かれているが、このまま天雷との取り組みになるのかそれとも白鯨力になるのか怪しい雰囲気で以下次号。

この作者の描く男前キャラを連続して見るのも何なので、白鯨力に頑張って欲しいんだが。でも今週の流れ的には白鯨力優勢に見えちゃうので負けちゃうのかなあ。

■パンキー
悪党のはずの敵ボスがどことなく憎みきれない作品であった。ボス、これただの病人だからね。出る作品が違ってたら治療受けて真人間になっていただろうに。

■猫神じゃらし!
木の葉でどうにかしようとしているたぬのしんが可愛い。神の威厳ゼロで可愛い。

■シスターインベーダー
意外な方向での締めくくり。ていうか主人公が好きな対象って誰だったの? そこはっきりしないまま終わらせるこの流れは意外以上に、ずるい。

この作品もそうであったが、チャンピオンの短期連載や読み切りって、予定調和とか安定感とか最低限のルールとかそういうの無視してて突拍子もないものも多い。他(ジャンプ)が電撃文庫辺りだとしたら、ガガガ文庫みたいな、何が売れるか分からないからとにかくデビューさせてみるぜ感。

■週刊少年チャンピオン感想 29号/2017年

■刃牙道
また巻き戻してリプレイ。半分ぐらいのページがリプレイ。で、ヒットしてゴロゴロ武蔵が吹っ飛び、花山がそれを引き釣り起こすトコロで終了。

『予測を遥かに凌駕する拳骨 食らっておいて良かった……』
絵面的には気絶しているも同然の武蔵、モノローグでかような強がりを見せておられる。己が目指す無刀の域の足しになりそうだし、剣抜かずに戦おう、なんて理由付けになって花山斬られずに済むのかな。

■六道の悪女たち
向日葵に聞かれちゃ駄目そうな会話をしているけどそこは平気なのか。彼、ってのがこのまま雷乃のコトなのか、それとも別の刺客がいるのか。バイクの人とか思い浮かべたけど、彼こそむしろ敵にはならず土壇場で対鬼島連合の要になってくれそうだしなあ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
汗かき過ぎでしょ。大祐が最初から着席していたのが残念でならない。スッと座る絵が無いか確認してしまったではないか。

■AIの遺電子
最初何か読み切りが始まったのかと思った。微妙に画風変わってない? 巻末コメントのアシのパワーアップとか関係あるの?

■猫神じゃらし!
しっぽがスカートの中に隠れた時は涙がまるで小便を漏らしたかのようなネタになると期待していたのに。

■BEASTARS
拳銃突きつけられているけど軽口叩いてて余裕のある引き。

ハルのビッチっぷりの理由が明かされる。相手がどんどんメタボになっていくのが何か生々しいな。ハル自身、己の限界に挑戦していそうだよ。

■英雄!シーザーさん
クレオパトラ、冷静に見てクズ女なんだけど許せちゃうのは何だろうな。本命シーザーには一途だから、かなあ? いやこれ一途って言えないな。安泰の為にトップ陥落させようとしているだけだし。

写真ではなく石版で凹凸ありってのは、仮に平面フルカラーなピクチャーよりも価値が高そう。あの石版彫師、裏で大金稼いでいるのでは。

■魔入りました!入間くん
キャッチしても投げが未熟なのでそこで終わりだよなあ。ああ、でもキャッチされて戦意喪失というか「さすが入間様」みたいに終了するのかな。

■ヤンコと帽子
デブがもっと早く後悔して帽子奪回に手を貸すと思っていたんだけど、そんなコトは無かった。何かWEB漫画っぽい。嫌いじゃない。でもこの世界をずっと読みたいとは思わない。アンビバレントな感情が沸き起こる不思議な作品。何だろ、ストーリーは練らずに、背景の描き込み極めて雰囲気で押し切る作風になって欲しいなあと感じる。

■Gメン
特にネームに時間かけてなさそうなこの感じがヤンキー漫画だよなあと、時々思う。殴って気張ってやったぜ勝ったぜ、なこの流れね。これは自分がヤンキー漫画を軽視しているからそういう展開を強く印象的に「いつものか」と感じるだけで、少年漫画のお約束っておおよそこんなもんかも知れないな。

■虚ろう君と
敵幹部揃い踏みっぽいシーンで席がガラガラ過ぎてこれは結構新鮮かも。一人二人いなくても仕方ないし、更には会談に出てても覆面とかしているのとかいるパターンとかも許容だけどさあ、これはガラガラ過ぎるでしょ。空席と思わせて実は今いる連中で全部とかそういうオチなんだろうか。

■シスターインベーダー
告白相手がいい人過ぎて読んでて罪悪感を抱くレベル。次回で最終回って、どう落とすのコレ。1話で出ていた過去回想の妹か誰か分からない相手とかちゃんと回収してくれるんだろうか。

■木曜日のフルット
そこにあった海苔の缶をナチュラルに使ってる。確かにジャッキー派だな。

■週刊少年チャンピオン感想 28号/2017年

■刃牙道
武蔵視点で前回をリプレイ。武蔵の背後に闇を見ていた花山に対して、武蔵は花山の背後に白を見ている。花山の愚直さは純白だな、確かに。持って生まれた力がある以上そこに努力を重ねちゃアンフェアと判じ、今あるものだけで生きてきた花山だし、これは純白。

数週後には武蔵に触れた花山が濁って灰色になりだし、花山に触れた武蔵の闇が薄まって灰色になりだすんだろうか。その描写をお互いの視点で描けばまた二週分水増し出来るよ。

武蔵、忘れられがちだけど腕力も凄いキャラに描かれているよな。刃牙の足を片手だけで持ち上げているし。血管すら浮かばせず、余裕での持ち上げだった。というワケで、腕力対決に舵取るのかなあ。花山を死なせない為には武蔵の剣を抜かない気まぐれが必要だし、力比べしたがる方向に持っていくのが良さげ。今週その仕込みは出来たのではないかね。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ジョンがデブってきているのをネタにされる話、二回目。変態吸血鬼オンパレード回でもある。変態吸血鬼のアレとソレが兄弟と判明するが、結構どうでもいい情報で笑う。

■弱虫ペダル
先週の感想になるが、手嶋が1位青八木が3位という人気投票結果、今活躍している連中がちゃんと反映されるってのが凄い。この二人悪役で登場だったというのにここまで挽回出来てるとかビビるわ。

■毎度!浦安鉄筋家族
色んな商品ゴリ押しして逃げ切るのかと思いきや10ヶ月住み込む発言で印象が180度変わった。

■六道の悪女たち
お兄ちゃん呼びでギリギリ雷乃が女ってのはバレてないのか。まあ、それが周囲に明かされるのは結構なサプライズシーンになるだろうから、ここでは人目が無いのに演じていた不自然さはスルーでいいかな。いや、実は尾けられているのを知って聞かせていたのやも知れぬ。

■BEASTARS
シシ組の組長、周囲に威厳見せつけるためにあんなハッタリかましているだけで実は小心者で食い殺したり出来ず裏口からこっそり草食獣を帰らせているんじゃないかという期待もあるんだが、ちゃんと吊るしていたのもあるし、無さそうだよなあ。それに、帰らした相手がその後どこかでピンピンしている様子を組員に目撃されたら終わりだしなあ。

レゴシ、恋愛漫画の主人公のようにモジモジせず現時点での自分の気持ちを整理してて無駄足踏まずに直線行動出来てるのが良い。パンダも理解早そうだし心強い。

■ハリガネサービス
駿天堂対策がまだ続く。もうこの試合は描かず省略で決勝へ、でいいんじゃないのかね。事細かに対策試合描かれたとしても、漫画の手の内の出し方的にそれを駿天堂は上回っちゃうんだろうと分かってしまうし。実戦中の回想でこの練習試合の一部一部が描かれたほうが良さげに感じるよ。進研ゼミで出たトコロだ的回想でいいからさ。

■HUGO
ユーゴが人間だったというオチでいいの? 涙流せているし。

読み返したら指で髪切ってるし目もメカっぽく描写しているけどさあ。体の一部のみ改造済みの人間、と考え直そうとしても目と涙でまた戸惑う。体温感じる感じないのシーン、人間とメカ逆だったのか・上手いなーといい感じで騙されたと思ったのに、どう解釈していいのかよく分からないわ。

■魔入りました!入間くん
まるで三人で成し遂げたかのようなラストであるが、入間以外の二人は応援していただけでしょ。超回避能力だけで最後まで決着がつかず相手がギブアップするという形もこの漫画らしかったと思うんだがな。ちゃんと修行したんだな。

■英雄!シーザーさん
少しぐらい占いの内容を変えてくれと懇願するシーザーと占いはそういうものじゃないとマジレスするスプリンナの掛け合い、このコマが今週のチャンピオンで一番面白かったシーン。販促ネタもベタなのに何か楽しかった。自分、単行本買いそうな気配。

■Gメン
案の定10発の約束は反故にされる。何故ヤンキー漫画の敵役はせこい小物ばかりなのか。この漫画、読者も唸る度量の大物の敵出てきたコトあったっけ?

■シスターインベーダー
不穏な引き。ホモか? 登場キャラも多くないし、選択肢の都合上ホモオチか? それにしてもこの兄は自身の性的な弱さを隠さないのが潔くて強いな。

■週刊少年チャンピオン感想 27号/2017年

■毎度!浦安鉄筋家族
あぐらかいたまま畳毎回転して回避とか面白いギャグなのに今となっては本家でもそれぐらいやりそうなんだよなあ。例の人形がこっそり転がっているけど、肩揉み以外のプレゼントなんだろうか。

■刃牙道
防御を一切しない花山なので、斬られて終わりなんだが、作者はそれをどう回避するのか。武蔵に気に入られるの? 気に入られて殺したくないから舐めプになるの?

■吸血鬼すぐ死ぬ
ジョンに幻滅しました。マジロファン辞めます。

■六道の悪女たち
六道に言われた言葉を思い出して陥落してしまうという展開。童子は周囲を強者で固めているだけで当人自体は別段強くないのだろうか。戦略家なだけではなく、不安症なので周りに負けないぐらいには鍛えていますぐらいの理由付けできっちりラスボスな強さは見せてくれるのかな。

■BEASTARS
市長に丸め込まれるルイ。学生の中では突出しているほうだけど、まだ大人相手では歯が立たないのか。今回の失態を糧に成長するのかな。ルイはこのまま賢しい方向でパワーアップしていって欲しい。

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、そんなシーンだけで動けなくなるのか。それぐらいの年頃だとそういうもんだったかなあ。

■魔入りました!入間くん
主人公に目標が出来たが、この漫画は別にそれ要らなかったな。巻き込まれて運と人の良さだけで切り抜けていけばそれで良かった。

■ハリガネサービス
やっつけたぞーって、それでいいのか。飯は美味いのか。グラサン監督は作者に愛されていそうだ。

■Gメン
ガールズバーってのが何か可愛い。これが少年誌の限界なんだろうか。ビースターズのように獣化しない場合、ここら辺がギリギリなんだろうか。

こんなの約束守るワケないよなあ。たまには守る人出て欲しい。いざこざ起こる前に妹に寄ってきた汚物を退治した時みたいに変化球欲しい。

■ひとみちゃん、まじまじ
大ゴマも使っているのに短ページでシンプルに纏まっている話だ。

■シスターインベーダー
父の再婚相手、みたいな理に適ったオチが二話目で明かされるとは、早いな。まだこれも本当なのかはっきりしていないけど。当人同士は気付いてないけど相思相愛っぽいキャラも出てきて突然普通のラブコメになったぞ。

■もよよよよ
どう説明して良いのか分からない読み切り。チャンピオンは時折目的が分からない漫画も載せる。ウザカワガールズよみきりという肩書、これがまあ適切だなあ。

■週刊少年チャンピオン感想 26号/2017年

■ハリガネサービス
ラクしたい、というのは強くなれる重要要素だよなあ。強くなれば手を抜いても強者でいられるし、適材と判じた他人に仕事を振るコトも出来る。

■弱虫ペダル
浦久保、チップ投げ捨てようとしてがっかりだよ。そして庭妻のほうが漁師っぽいコト言い出してびっくりだよ。浦久保はこのままじゃ駄目ヒールで終わってしまうし、この漫画としてそれはどうかと思うので終盤で再登場して今回の失態を払拭するクリーンな行動してくれそうでもある。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ドラルクに敬意を抱いてしまったヒナイチ同様、幻滅までテンポがいいのがこの漫画。事前にマイクロビキニを装着しておく等、真面目な馬鹿なのでまだレギュラーになれる余地は残されている。

■刃牙道
これ、一部で花山に敗れたボクサーが握撃情報を刃牙に伝えようとしたら遮られたシーンに似ているな。その時とくらべて、事細かに、分かりやすく、読者の理解を促すような描き方になっている。

この辺長年の連載で作者が失い、そして得たものなんだろう。自分としては昔みたいに、一読わかりにくく何度か反芻して染み込むような不親切な作劇のほうが好みではあるがな。

■六道の悪女たち
飯沼が残っているだけで安心感ある。敵役から味方化したキャラでここまで信頼をおける存在はそうそういない…いやいるか。ていうか六道一気に人離れすぎでしょ。

■シスターインベーダー
ゴリゴリくん与えた女の子は平真というオチになるのだろうか。展開の予想がしにくい短期集中連載だ。

二美は鳥とかそんな切ない正体になったりしないかな。

■囚人リク
見開き三連発。内海も既に同罪扱いになっているんだが、仲間になれるのかね彼は。シナリオ上死ななきゃ読者は納得し難いものがあるのではなかろうか。まあ自分はホルホースが仲間になるのもアリだったかなーと考えるようになっているので、内海もアリ。

■魔入りました!入間くん
夢は知らないが理想は知っている悪魔世界の言葉の定義感どうなのよ。

■BEASTARS
色々えぐいよ。獣だから許されているのかコレは。学生の草食動物を語義通り食うという、このえぐさ。ピクルもここまで読者に恐怖を感じさせられなかったからなあ。素晴らしい。

■英雄!シーザーさん
毎回新キャラ(週チャン読者にとっては)を出しては十二分にその特性を描いてギャグを練ってきていて驚くばかりだし、いつまでこの出張版が続くのかも気になる。このまま軌道に乗って週チャンでも連載してくれてもいいのに。

■週刊少年チャンピオン感想 25号/2017年

■鮫島、最後の十五日
見開き扉で女性キャラが一人しかいない辺り、オス臭い漫画だよなーと再認識した。女性キャラ一人が色付きになっているだけで充分凄いと思えるし。

父親、子が伸び出したら金を所望したりでクズっちゃあクズであるが、挫折で己の等身大を理解出来ているトコロまでは良かったと思うんだがな。その後ただ落ちぶれたのが宜しくない。ここでもし子供の活躍に感化されて改心してもなあ、それもまた博打めいた生き様を肯定する感じで怖いよ。

■弱虫ペダル
最後まで発射しないで押し切るという、何か地味な作戦で勝利。現三年生最後の見せ場なのに中々地味。でも元から地味な二人だしな。充分な見せ場だったとも思える。

そして浦久保、負けたので素直にちゃんと返してくれるのかがまだ気になる。子供の頃海でクジラを見て感動した的な回想で手に負えない大物はいる、みたいに清々しく終わってくれそうでもある。

■刃牙道
古くから読んでる読者には既知な話を一話使って描くとはなあ。

これ、武蔵が背の刀傷を完全トレースで再び斬り、侠客立ちの入れ墨をズレていない元の状態に直すんじゃないだろうか。花山を殺さずにそれ相応の屈辱を与えるなら、それぐらいしか思いつかない。

■六道の悪女たち
雷乃、これもメイクだと思いたいが、六道への気持ちが他の鬼島連中にバレてガチで〆られてたらそれはそれでえげつなくて良いな。

■BEASTARS
色々な思惑が絡み合ってきて面白い。ジュノをビースターにしようとバックアップする連中も出そうだ。ていうかジュノがすんごい腹黒キャラでクイーンとして裏で暗躍しているという展開になっても自分は嬉しいぞ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
マリア頑張ってるな。以前もバストトップフラッシュしてたし、女の汚れ役を一手に担い始めている。いや、よく考えたらヒナイチのちんちん発言とか女キャラで一定以上活躍している面々はみんなそういう扱いされる側面あるな。

■魔入りました!入間くん
ほぼ人間とバレてしまっているのに少女漫画の続きが知りたいばかりに見逃される。ちょろいぞ生徒会長。巨乳だし。巨乳なのにピュアキャラなので露出的なサービスが期待出来なくなってしまったが。

■あつまれ!ふしぎ研究部
ラストのコマ、大祐に好意持ってるって解釈していいの?

■オドリオドル
オドルさんは全裸でダンスぐらいしそうなのにな。最後の最後で可愛くなっちゃって。

■AIの遺電子
脳を弄らなくても自分を基準でどんどん先鋭化させていけば己の好みや飽きの繰り返しでこういう感じになりそうではある。

■英雄!シーザーさん
そろそろ誤解しようがないレベルの行動をしているんだが、それでもブルータスは過大解釈してくれるのか。

■Gメン
兄のスロットにハマったり反省しないその場限りの生き様が実にクズで読んでてイライラするのが上手い。もうベッタベタなクズ描写なんだけど、クるなあ。最後も妹の為に心を入れ替えるとかじゃなくて何か更なるクズ行為を期待してしまうんだが。

■週刊少年チャンピオン感想 24号/2017年

■囚人リク
内海が途中から置いてけぼりになっているではないか。演技臭かったんだが実際はどうだったの? そのまま気絶しちゃったっぽい。

■刃牙道
烈の死を知り己の握力で手から血を流す花山。知らなかったのか。極めて今更感がある。作中ではどれだけの時間が経過しているのか不明であるが、リアルタイムで読んでる読者には疾うの昔の話だからなあ、烈死亡って。

花山が早速武蔵のいる新宿へと動き出す。ロクに続きを描かない外伝を気遣うコトなく、ザックリここで斬り殺されて欲しいトコロ。花山、自分が刃牙で一番好きなキャラだけど死んでもいいからね。

本部以降の余裕で殺人解禁になった武蔵がレギュラーキャラと対峙するのは初になるのかな。名前はあるけど半端なモブ同然の警察連中は殺せたが、何十年も前から登場していた人気キャラを殺せるのかどうかという点では楽しみではある。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ドラルクの料理上手い設定は厭味ったらしさも含めて良い。

ヒナイチのちんちん連呼はアニメ化最大の障害だと思うが、途中から方言として言ってるだけです感も出てきているな。だが、そもそも淫語光線浴びて言い出した設定なので、そんなごまかしは通じないぞ。

■BEASTARS
ルイの過去が明らかに。命をあっさり投げ捨てる気概は誇りと言っていいんだろうか。むしろこんな無軌道で暴走気味だったルイを今の戦略家に育て上げた父親が凄いよ。誇りは後天的に獲得できないという作者観もあるんだろうか。

■六道の悪女たち
竜宮狙われるのか。弱点云々言ってるけどさあ、向日葵の逆鱗に触れるだけじゃないの? それ以降の対策ちゃんと練っているんだろうか。向日葵に人質が通じると考える根拠があるんだろうか。ブチ切れて敵味方構わず大暴走になるのが自然でしょうに。

■鮫島、最後の十五日
光でありながらより強い光に当てられて闇に落ちるというのは良い言い回し。みんな救われる漫画だからね。彼女も戻ってくるんでしょ、きっと。待ってたよ的笑顔見せて。

■あつまれ!ふしぎ研究部
アイドルと自覚してる調の流れなのに読者の好感度が落ちない辺り上手い作劇だ。

■魔入りました!入間くん
生徒会長、ちょろい。少女漫画でドキドキしててピュアちょろい。そしてまるで見当違いな方向なのに入間が人間とたどり着くこの偶然も素敵な展開だ。

入間って相手の好意に気づけなくても何か立場上オッケーなポジションなので(猜疑心の権化でも自然な設定なので)、そこらのラブコメの鈍感主人公とは違う、理にかなった好意避けが出来そう。

■英雄!シーザーさん
今回はブルータスに再び慕われたい元英雄が登場して風呂で一人相撲。毎回面白いな。この漫画、どうやってブルータスの暗殺が完了するんだろう。ギャグのままいくだろうとは思えても、それ以上の予想が出来ないわ。

■絵江の変人解放運動
絵江の過去で最終回を締めくくる。ちゃんとオチ/理由があって宜しい。

短編向きの漫画家だなーと改めて思う。殺人鬼はホントその場その場の展開法で描いてた感あるからなあ。週間キツいのかな。月刊誌でネーム練れる時間あればアベレージ高めの作品描けそう。

■通学路で差をつけろ!
遅刻しそうな生徒二人がお互いを意識しつつ先に先に出ようとする日常ギャグ。細かい逆転劇がひたすら繰り広げられる内容で楽しい読み切りであった。

■SIX
これもジンバ同様最初から短期連載予定だったのだろうか。だとしたら、もっと別のやり方もあったのではないかと思ってしまう。

話の進捗がのんびりし過ぎな感じであったよ。大ゴマ連発でスカスカなのはブリーチのように読みやすいメリットがあるんだけど、それすら途中から感じなくなってしまった。

■週刊少年チャンピオン感想 22+23号/2017年

■あつまれ!ふしぎ研究部
先生の格好は充分凄いのにそれを見ても着席しなかった大祐どういうコトなの? 常日頃若い同学年に囲まれているので年配には反応しないの? エロ本隠し持ってたから相対的に大したコトないと感じてたの?

■刃牙道
地味にコピー多いな。警視総監のアンタがその先をやっちゃあいけねぇ。やっていいのは別作品の田代っぽい人のみです。

花山、これでもう武蔵とのガチバトルは逃れられなくなったのかね。一手先すら作者考えているか怪しいので、数週後には武蔵と一緒に酒呑んでてもおかしくないんだが。国を相手取り戦う同志、みたいに共感し合って。

巻末コメント、最愛の母が二人の克巳の話してるの?

■英雄!シーザーさん
これは悪いエジプトおっぱいですね。きっと本編ではもっと純粋な性格で可愛いシーンもあるんだろう。そう信じたい。信じたいんです。

■六道の悪女たち
パトラちゃんもジュノちゃんも邪悪過ぎるので今週号はこの漫画の悪女が癒やしになっている。

■BEASTARS
ジュノ、存外腹黒だった。己の美を理解しているのか。いやこれはハルもそうだっけ。この漫画の女キャラ好感度低いよ。が、まあ敗者臭が漂っているジュノを応援したい。ジュノがどんだけかき回してくれるかにかかっているよ。このメスオオカミ、その気になったらハル食いそうなキャラに思えてきた。

■鮫島、最後の十五日
百雲、鈍ければ良かったのにな。何か分からないけど勝ったー!って喜ぶぐらいの性格なら良かったのに。なまじ相撲を理解しているから泡影の超越っぷりに触れてしまった模様。この感度の良さが鮫島戦でいい方向に転がるのかな。

■ハリガネサービス
駿天堂が一気にしょぼく見え出した。ワンフォーオールの使い方は悪役として正しいな。悪役。うん、悪役だ。敵役ってよりも悪役になった。それでも決勝後は和解しちゃうんだろうか。

■囚人リク
妻と子供もいるのにここまで狂っちゃってたのか内海。結婚以前の過去は不穏な空気出しまくりではあるが。劣等感の権化だったんだろうか。リクのリアクションも正直何これって思わなくもないんだが、少年漫画は大ゴマで自信持って発言していればそれが是になるからな。

■魔入りました!入間くん
セクシーさに期待出来る新キャラが登場。人間とバレる展開もアリ。この女性、何だかんだでちょろそうだし、バレても勝手に協力してくれそう。

■絵江の変人解放運動
お、ちゃんと序盤の仕込みが活かされているオチなのね。しかもこの展開は結構エグくて良いぞ良いぞ。

■冥界だより
毎度ぼんやりした内容の漫画だったがいざ終わるとなるとちょい寂しいな。これ、3ページぐらいなら毎週載っててもいいかも。

■週刊少年チャンピオン感想 21号/2017年

■刃牙道
対武蔵として提案される人物、読んでて何故か真っ先にオリバか?と思って、次に新キャラか?と構えたトコロで花山。花山かあ。

今更花山が出てどうにかなるのかという気持ちが強いが、性格的にとことん戦ってくれそうで、つまりは烈に引き続き花山の死を目の当たりに出来るかも知れないと考えると注目できるカードではある。いや、ピクルの時も出張ったけどトリケラトプス感出しただけで有耶無耶になっていたっけ。落とせないキャラなのでそのパターンで軽く認めあって水入りになっちゃうのかなあ。

ところで烈が死んだのっていつだっけ? 下手したら二年近く経過しているのかな。

■弱虫ペダル
脇役にも歴史があるというのが理解できる作品。こういう脇道に逸れられるのも人気作品の強み。

■六道の悪女たち
そういやチーム竜宮って名前だったっけ? 桃太郎ベースの六道に対抗して浦島太郎ベースのライバルがその内登場するのやも知れぬ。その前にまずは鬼島連合絡みのネタを終えてからかな。

■鮫島、最後の十五日
ここまで完全な善性と無駄無きスポ根主人公状態な人をたった一戦で180度変えちゃう泡影の恐ろしさよ。目先の一敗とかどうでもいいレベルで神の領域で何かを得ていて、それを目の当たりにして己のちっぽけさに嫌気が指してしまったんだろうか。

■BEASTARS
この扉絵、どこに需要があるんだ? ステアさんか? ステアリング提督か?

ジュノが案外野心家で素敵だ。でもこう見えていっぱいいっぱいで背伸びして行動してるのかも知れない。さらっとこなしている悪女路線でお願いしたいトコロではあるが。

■英雄!シーザーさん
面白い。ホントにポセイドンの作者なのかと疑うレベル。メインの別チャンもこれほどのクオリティなの? タップ本命で週チャンに雑魚ネタ回してそうなベルリンは鐘みたいに、別チャンのほうが更に面白かったりするの?

■絵江の変人解放運動
この作者にしては珍しく展開&メインのオチが読めたのが意外。多数が予想出来る展開のニーズを理解しつつあるんだろうか。かつての連載作、意外性だけ追求したような感じで予想するのも無意味と読んでて思わせる内容だったからなあ。この変化は成長。

■魔入りました!入間くん
まともで無難な評価でやや拍子抜けではあるが、周囲にはこれまで通り脅威を振りまいたようで一安心。入間くんはそうでなきゃ。

■虚ろう君と
フェルマーの最終定理をキャラ設定の叩き台にするにはやや洞察力が弱くも思える(もっとザクザク被せ気味に理解して欲しい)が、これから天才性を発揮してくれると期待している。

■AIの遺電子
この感じは分かる。己の好みと大衆のニーズは別で、それを自覚して使い分けれるかどうか。自分がゲーム作るならDSとかソシャゲで広範囲の満足を狙うけど、いざ己がプレイするのはニッチなxboxという感覚が近いな。

■冥界だより
どんな絶妙な可愛い表情でオチなのかとページをめくったら土下座。これは変化球ではあったが、ちょっと引く。土下座は引く。

■裏表紙
グラブル、広告出しまくってて金あるんだろうなーという感想。だいたいジャンプの裏表紙と同じ広告だよな。未確認だけどサンデーやマガジンもそうなんだろうか。金あるなあ。男キャラ使う余裕があるほど金あるんだなあ。昔ふんどし一枚絵とかもあったし、そこまで遊べる余裕があるんだなー。

■週刊少年チャンピオン感想 20号/2017年

■弱虫ペダル
即効で退場すると思っていたキャラの過去をいきなりここまで掘り下げる。こういうの作者上手いな。鮫島の人とかもそうだし、チャンピオン連載陣にはこの手のいい意味でのでっち上げに長けている人が多い印象。

■六道の悪女たち
そういやこの漫画のキャラって桃太郎に準じたネーミングになっていたなーと思い出した。

鬼島(鬼ヶ島)トップの童子を桃太郎役にするとか素晴らしいジョーク。文化祭で鬼島連合は本性を見せてくれるのかなあ。まだ後になるのかなあ。いつまでも猫を被る必要もないし、文化祭で炸裂して欲しい。

過去が一切謎に包まれている向日葵であるが、旧知の存在が登場。乙姫は六道に惚れてる感が無いし本当にヤンキー女連中を改心させたい善人なんだろう。しかし向日葵は六道に惚れている。乙姫と向日葵、一見仲良さそうで衝突しそうでもある。

■毎度!浦安鉄筋家族
モブをそこまでチェックしていないので素直にほーと感心するオチであった。モブネタで今週の読み切りとちょっと被っているのかなコレ。

■刃牙道
二刀流になったものの、頭は既にいないと確認し、終了宣言をする武蔵。そして生存していた機動隊員は踵を返して撤退。なんという茶番。武蔵、現代で二刀流の自分が有名になっているのを知ってハッタリかましたんじゃないのかコレ。

頭は誰かと問われて総理と答えていたらどうなってたんだろう。武蔵、乗り込んで国専属で抱えられる存在になっていたんだろうか。今からでもそうなって欲しい。で、徳川と戦ってくれないかな。

■BEASTARS
初遭遇の時を語れず、後々爆発しそうなイヤーな仕込みが完了。

ルイが凄味を見せる。ビル、銃を出されて形勢逆転とは言え一気にしょぼくなり過ぎでしょ。ビルはこういう役回り食らってもまあビルだしなあと済まされる美味しいキャラだな。奇しくも前半で肉食はとにかく明るく、とハルが語ってたのに該当している。

■ハリガネサービス
竜泉の監督の焦りっぷりが収穫。

決勝の相手との練習試合だし、とりあえずコテンパンにやられて課題を山ほど作って欲しい。課題対策を成し得ても相手チームには隠されているレギュラーがいるしな。

■魔入りました!入間くん
サブノック、素直に礼を言って宜しい。この漫画はこれでいい。サブノックの過去回想はちょっと分かりにくかったが。兄とか弟とか一杯いるの?

■守護いね守護霊さん
話は微妙で絵が綺麗なタイプの読み切り。このタイトルで本部出さないのはそれだけでマイナスでしょ。

■Gメン
その場で喧嘩して妹に一切関わるなと約束させて、相手はそれを実行して終了。素晴らしい。ヤンキー漫画のぶん剤で即効の解決を下しており素晴らしいではないか。突発的にこういうセオリー無視した話が来るのは良い。以前の両思いの相手とすれ違ったまま終わったのも意外だったがこの即効完了も良い。

■AIの遺電子
モジャめっちゃ可愛いな。オリジナルのパーツを求める謎の我の強さも面白いな。後半の別家族との落差でただのいい話で終わらせないのがまたこの作者らしい。

■運命の人
普通に変態な内容でチャンピオンはフリーダムだと久々に痛感。純然たる露出ではない、メンタル的な方向でのエロさは案外見逃されがちなのかもな。

■NANTE(仮)
青果人の作者か。以前よりこなれた絵柄になっている。モブに焦点を当てた変格ギャグで、まあそんなに突き抜けた面白さは感じず。なので、連載希望。続けようが無い作品を未熟な作者が無理矢理続行したらどういうものが出てくるのか凄い興味があるので連載希望。

■サウエとラップ 自由形
偶然と思いたかったが巻末コメント及びビーストマブダチというネーミングで色々便乗してでも生き残りたい切なさを感じた。頑張ってるんだな、と。だからこの漫画応援したい。でも肝のラップが一番不要要素ってのが厳しい。

■木曜日のフルット
レアカードの女性にこの漫画内でのセクシー描写の限界を見る。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR