1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン

■週刊少年チャンピオン感想 38号/2017年

■おタエさんは今日もたべたい
チカカラチカの天山まや新連載。前の連載とは毛色の異なるホラーで戸惑うよ、これは。またコメディ来ると思っていたから意表つかれたよ。でもまあきっとこの作者はこっちの路線が本領なんだろうなあ。自分、「虚ろう君と」脱落気味なのでこのタイプ追えるか心配でもある。

コマ割りが謎。手をつないでいるシーンだけで3コマ1ページとかさ。兄妹で恋人繋ぎしているという相互依存の深さ/歪さの表現だろうか。妹、序盤から軽く苛立たせるキャラだったがいきなりこうなっちゃうとは。

■刃牙道
花山、眼球を斬られているが、我々は花京院の件を知っているのでそれすら回復するのではないかと怪しんでいる。今回斬られた部分だけでも十二分に致命傷なんだが、臓物出してないからどうにかなっちゃうんだろうか。

■BEASTARS
アニマルワールドの美醜感覚が分からないのでジュノのメイクが作中でどう思われているのか判断つけにくかった。「美」扱いでいいんだな? 舞台に立った時の周囲のリアクションからして。ダチョウ汗飛ばしていたし、最初は駄目な方向に暴走し始めたのかと心配した。

レゴシ、ジュノに対してえらく素っ気ない態度を取れるようになったが、ジュノもまたそれすら歯牙にかけない勢いで己のシナリオを進める図太さを見せる。

■あつまれ!ふしぎ研究部
妹以外マッチ棒に見える催眠術凄い。この設定、駆け引きバトル漫画とかで使えそう。

■六道の悪女たち
六道、自分は安泰と知ってあえてセルフダメージを喰らうというのはどうか。朱井にやられましたと言います的脅しで。六道はそんな卑怯なコト出来ないからなあ。このまま言われるがままに絶望し、でも飯沼が根性を見せる感じだろうか。

■囚人リク
見開き二連発でのぶん殴りに笑った。同様の扱いってコトは内海も認められているんだな。

リク、自分を仮死にしろと提案。手首切り落とすよりはその後に影響しない選択ではあるな。

■鮫島、最後の十五日
あれ、これ結局大昔の回想だったの?

■魔入りました!入間くん
思えばこの漫画の導入って、雑だったなあ。理事長と孫というシチュエーションが強調されてる回なので、ふと思い出した。

■JINBA
ペルヴェール、去勢されていたというのが明らかに。玉を取られたからこんなカマっぽいキャラになったのか、元からだったのか。多分前者なんだろうなあ。雄々しい頃のペルヴェールが今後回想とかで出て来るコトはあるのだろうか。

ジンバに馬の友達クルルが出来るが、怪しい雰囲気もある。ボソっと「キミとは違うんだよ」と言ってるコマはどういうニュアンスなんだろうか。ラストのページの笑みといい、裏がありそう。いやラストの笑みはコピーなだけで作者がここで描きたかった表情じゃないなんてオチも考えられるんだが。

■猫神じゃらし!
夢オチじゃないのか…。猫神さま、ちゃんと神らしい能力持っているんだ。

■週刊少年チャンピオン感想 36+37号/2017年

■刃牙道
サラシがあったので内蔵出ないで済んだ、なのでサラシを更に巻いて再開しますという流れ。内蔵ぶった切られているんだし、動けなくて当然なのに、そこは花山だからで済まされてしまうのか。難儀だな。死なせずに済ませる(意識失わせる)術は無いんだろうか。

見た目のダメージが無さそうでもそれは無理だろと思ったトコロで刃牙が登場、これで水入りかーと思いきや酒を吹きかけて発破をかけるという所業に出る。止めれそうなチャンスなのに逆に花山を逆境に追い込む行為。ニヤニヤ半笑いでここまでやっておきながらいざ花山が死んだら神妙な顔つきで武蔵を睨めつけそうなのが刃牙という男だ。

■毎度!浦安鉄筋家族
修復後のドゥーさんの目の位置怖い。こうもテキトーな修理するとか、母親は子供の玩具に興味が無いというのを実に適切に表現している。

■BEASTARS
ジュノ、決して暗躍していたワケではなさそう。ここ毎週ジュノを極限悪女と妄想しててすみませんでした。ジュノが邪悪化してくれるのはこれからさ。現時点ではハルよりも回転早そうかつ理解も深そうな描写で、賢しいメス感は上だ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
麗子の手ブラにもリアクションが薄い大祐、まじでことね以外に興味無さそう。

■六道の悪女たち
幼田VS般東決着。思えば幼田のマジバトルは初だな。初登場時は別の方向で話が進んでいたし。ちっこくて強いというのは主人公に匹敵するキャラ付けで、扉含めて幼田の活躍に終始する回であった。ただの殴り合いに過ぎないけど、テンポ良く一話で一気に終わって宜しい。

■魔入りました!入間くん
先生、呼ばなかった理由聞いて納得してくれて良かった。私が負ける可能性など無い、とキレなくて良かった。まあ、実際は負けない実力はありそう。

■JINBA
テンプリンスがこうもあっさり噛ませになるとは予想外。分かりやすいエスカレートを見せてて少年漫画しているな。

ペルヴェール、カマキャラなのかな。カマキャラは同性の尻を見たいあまり遅そうなのに強いのは何故か。己の尻を見せつけたいからなのかも知れぬ。みんなが私の尻を追っかけている的快感が強さの秘密なのかも知れぬ。

ジンバ、普通に人間として飛行機に乗るのね。ていうか普段馬扱いな生活しているほうが不自然ではある。

■鮫島、最後の十五日
大昔の回想かと思ったら最近の話だった。現時点でここまでボロボロならラストに来るであろう泡影戦どうなっちゃうのんだろ。脱力方面で覚醒するんだろうか。

■囚人リク
これ手首切ればそれで事足りそうな気もするんだが。手首から先失うのは大変だけど、死ぬよりマシでしょ。

■クラスメイツ
時間があると仕上げが丁寧になるな(マル勇終盤の作画を思い出しながら)。ナレーションの都合で、最後のコマがカイジっぽかった。

■吸血鬼すぐ死ぬ
導入の既視感が激しく、何故か過去作の再掲かと思った。

■音速ノロノロ
10回クイズネタがしつこくて笑った。

■木曜日のフルット
夏らしいホラーな真相だった。読者がすぐ悟らないようにベタ部分多くしているデザインなのが良いな。

■週刊少年チャンピオン感想 35号/2017年

■刃牙道
煙幕の意味が分からなかったが、これで怯んで手を話してくれれば殺さないで済む、ぐらいに武蔵は考えていたんだろうな。でも怯まずアイアンクロー続けていたので斬るしか無かった、的な。スペック戦で照明弾を全く意に介さなかった花山だからね、そら怯まないさ。

それにしても爆薬はどこで入手したのか。本部以蔵が与えたワケではないだろうが、本部のあの行動が今の武蔵を形成させた部分はありそう。本部余計なコトしかしていないでしょ。

で、脊椎行って無さそうな切り口なので、花山は無事かなあ。烈の時は背骨行っちゃったけど、今回は何とかなりそうな雰囲気。

■BEASTARS
今回の被食者の本能というのは何か納得行かない。食われるならラクに痛み無く食われたいとかそういうコトならまだギリギリ分かるんだが。

ハル、二回疑っていたのか。ハルは決して勘の悪い女じゃないし、そら疑っててもおかしくない。

そしてルイがどうなったのかまだ明らかにされない。レゴシハルの組み合わせでみんな驚いているが、次回立て続けにルイジュノ組登場で是非お願いしたい。

■出陣★昆虫武将チョウソカベ!
少年誌の名に恥じない、ホント少年向けな内容だった。あんま好みではないかな。

■JINBA
謎加速能力だった人馬一体の理屈が明らかになる。ジンバには二つの心臓があり、サラへの気持ちが高まると普段活動していない人間部分の心臓も動き出す。疑似科学とは言え理由が明らかになるとは思っていなかった。

何かこう根性だの愛だの謎パワーで済まされるとばかり思っていたよ。まあ一応は愛とかそういうありきたりな理由なんだけど、心臓二つというクールな答えになっているのも凄い。

南海四郎、あっさり破れて読者の自分も一安心。ていうかいちいち表情がイラつくし、悪役にし過ぎじゃないかね。

■囚人リク
内海がやけにまともな思考を取り戻していてウケル。代わりに犠牲になっちゃうのかなコレは。この世界で長生きするには正気を失わないとな。幼児化してキラキラしているパイプに登ってるあの人みたいに。幼児化している人も何だかんだで脱落しそうではあるが。

■あつまれ!ふしぎ研究部
ぴっちりスク水へのノーリアクション、上半身裸、そして今回のおんぶで密着と、大祐は千晶に一切興味が無いのをここ数週で作者は自覚的に描いていた模様。座らない、しゃがまない、この屈辱的扱いに千晶が気付いていないのが救い。

■六道の悪女たち
幼田がここで活躍。最近空気キャラだったのでこうして過去の強敵にスポットが当たるのは良い。鬼島が最終的に六道に組み込まれる皮切りになった戦いになるだろうし、これは記念碑的バトル。

■毎度!浦安鉄筋家族
季節感たっぷりのネタを見ると半引きこもりの自分は時の流れを実感できてありがたい。この漫画、時は流れていないんだけどさ。

■鮫島、最後の十五日
天雷、明日以外はどうでもいいと語ってて一見カッコイイが、最後は鮫島は初日からそういう気持ちで挑んでいたというのを知って敵わないと笑みを浮かべて負ける感じかな。過去天雷は旧作で出てきているんだろうか。分かりやすいやさぐれキャラだったのね。

■ハリガネサービス
丸顔メガネとかが今後現代編の対戦相手に出てきたら受けるんだけど、このまま過去編で下平の成長に驚きつつ理解者になるポジションで終わるのかなあ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
原稿がアップして開放感からおかしくなったロナルドの暴走が描かれる。基本ツッコミメインの常識人ポジションが無残に作者自身の手によって荒らされる様は見ていて…楽しいな。

テンション上がってて当人しか面白くないギャグを次々披露するという痛々しさとか腹立たしさとか、よくこんな扱いが難しいネタ作れるもんだと感心する。読者がそのネタ面白かいと思ったらアウトだからな。ホント絶妙過ぎるコトばかりロナルドやってるよ。

■魔入りました!入間くん
あの二人も魔具研究師団に入るのか。バラけてそれぞれの場所で人脈広げつつ活躍が描かれるのかと思っていたので意外。まあでもこの三人組はいつも一緒がいいという気もするので結果オーライ。

魔具研究バトラのアミィは魔力がもたらす上下関係を無くしたいという考えの持ち主。魔力云々で全てが決まるこの世界観、部活編始まって特に強く感じていた違和感へのアンサーキャラだったのね。魔界はそういう完全な実力主義がルールと割り切って読んでいたけど、変えようとするヤツがいる辺り、決して作者の倫理観がズレているワケではなかった。

アミィは口調が口調だけど、これまでの発言全部嫌味なニュアンス含まれていました的オチとか無いよな? 週刊連載という過酷なペースで京ことばだからとダブルミーニング仕込めるのは困難だろうし。

■Gメン
血が繋がった兄弟だよな? 育った環境でカッコよさが随分変わる。

知らないとすっとぼけるのがナチュラルでビビる。そんなに演技派だったっけ?

■音速ノロノロ
面白い。面白いが、こういうネタはもっとヘタウマな感じの絵でお願いしたい。絵が整い過ぎててしっくりこない。何か酷い感想だと自分でも思うが。

■AIの遺電子
重要そうな話が始まった。幾らでもネタ出してきそうな作者だと思っていたが、何気にそろそろ限界でまとめに入ってきたのだろうか。

■木曜日のフルット
テキトーなパーツの組み合わせに過ぎないんだろうがヒカキンに見えて仕方ない。つまりカッパよ、このシーン撮影されておるぞ。

■週刊少年チャンピオン感想 34号/2017年

■2017年夏の新連載大攻勢
チカカラチカの天山まやも来るのか。次号開始の昆虫モノはどうでもいいとしてこっちは気になるな。いやこれ昆虫モノを一番気に入るフラグかも知れん。昆虫モノ、つの丸臭甚だしい。

■JINBA
巻頭カラー部分は短期連載のクライマックスのリプレイかな。

というワケでまさかの新連載。自分は好きな漫画だったけど、どうして連載化されたのか全く意味が分からない。正気とは思えないんだが、チャンピオンなのでそこはいつものコトか。最近競馬界で動きあった? 競馬抑えておけ的なニュースあった?

短期分の続きという形で始まっているが、恐らく初見でも何となく分かりそうな展開にはなっている。ジンバとサラのチグハグだけど根は通じ合っている関係が描かれる。そのせいかサラがまた簡単にジンバに切れて見限りそうなキャラになっちゃってはいるけど。

ケンタウロスが洋式便器に座る、公園のブランコに座るという、絵面だけで面白いシチュエーションに挑戦しているのも良い。こういう絵描くの絶対面倒でしょ。

今心配なのは、南海四郎なる北島三郎モデルのキャラをいきなり悪役として登場させてしまった点。新連載一話で何仕出かしているんだよ。圧力で打ち切りになったら目も当てられないよ。頼むから次号で退場させてくれ。

■刃牙道
当時の様子を語る人からあんま話を引き出せなくなってきてる。この世界のインタビュワーの質が落ちつつあるのが問題だ。

指が太くて短くて、親指なのか小指なのか判別付かなかったんだが、切れているから最後のコマで顔掴んでいるのは左手なのか。握力比べにちゃんと武蔵は乗ってくれるんだろうか。武蔵も武蔵で刃牙の足首掴んで片手で持ち上げていた腕力家だしなあ。勝負して欲しいけど、小刀でサクッと花山の脇腹切りそうでもある。

■あつまれ!ふしぎ研究部
千晶が大祐の前でお胸大公開。これは大きな進展ではないでしょうか。ただ、大祐がいつものように座らないのが酷い。貧乳はどうでもいいのか。選り取りみどりな環境に身を置いているからなあ。贅沢になっても仕方ない。

■ハリガネサービス
悪ガキ一味がバレーを楽しみ出しているのが微笑ましい。随分と原初に戻った過去編が始まったが、今に至る下平の強さがここで開花するのなら重要な話になりそうでもある。バレーのきっかけの相手が次の対戦チームにいるとか、最終戦だろうし、幾らでも準備しておいて構わないよ。

■六道の悪女たち
戦略家っぽいファンキーな色黒が飯沼の旧知っぽいと判明。どんな因縁バトルになるのか楽しみ。飯沼も強いハズなのに十把一絡げになりつつあるからなあ。ここらで活躍して欲しい。

■毎度!浦安鉄筋家族
カールってそういやカブトムシの幼虫みたいだよなとラストで思った。カール、たまに買っているので無くなったら無くなったで悲しいが、慣れる部類だろうなあ。

■BEASTARS
色々アグレッシブなハルを前にレゴシたじろぐ。これ、性欲京都が忘年会で期待していたシチュエーションだ。チョロそうな女が一方的に自分を性的に引っ張ってってくれるという妄想シチュエーションだ。

生真面目なレゴシ、初対面の夜について語り出す。今のハルならそんなカミングアウトも受け入れそうでもある。レゴシ、饒舌じゃないにしても正確に心理吐露して誤解とか発生しなそうな感じ。

あー、ルイがどうなったのか気になる。レゴシがこんなラブラブ状態味わっている中、猪狩みたいに何もかも失って自暴自棄になってライオンに食われているの?

前回も書いたけど食われる直前でジュノが颯爽と登場して救って欲しいな。あと、1話で級友食ったのジュノじゃないかと思い始めている。自分の中でジュノの悪女度が勝手にどんどん上がっているよ。ジュノに唆されて肉の味を覚えるルイとか夢想しているほど。

■魔入りました!入間くん
魔力のランクで全てが決まる世界、上級生を足蹴にしてる風なのはちょっと嫌な感じもしたが、自動的に年上が敬われるよりも実力主義なのでこれはこれでいいのかも知れぬ。しかもこのメガネ、きっと凄い実力発揮するだろうし。

■囚人リク
内海をどう見るかで困っている。昔の漫画のノリで仲間化したら過去の悪行一切帳消しみたいにも思えちゃうんだよなあ、今の仕込み程度だと。悪役だったヤツが改心後に救われてもいいハズなのに、内海に関してはどこかで華々しく死ぬ展開を望んでいる自分がいる。

■この暗殺者がすごい!アヤメ編
色仕掛け対策も出来ている風な感じだったのに余裕で食らっているではないか。アヤメの見てくれがビンゴだったの?

■AIの遺電子
いやーなオチしか考えられなかったが、このラストはまだ救いを感じた。動画が多くの人に見られて山が賑わって結果汚染、みたいなオチじゃなかっただけマシ。

■週刊少年チャンピオン感想 33号/2017年

■刃牙道
剣を受け取らない武蔵に対して花山、投げ返す。折るかと思ったのに。これって名刀だっけ? 分かってて折らなかったのかな。

武蔵、何度かまた花山の背を斬りつける。今度も肉の宮で致命傷に至らないのかな。そもそも花山の背はそこらのヤクザにすら斬られているってのに、武蔵がそれと同じレベルとか悲しいんですけど。

■BEASTARS
ルイどうなるんだよコレ。不人気漫画なら「ああ、食われてお役御免かー」で済むけど、掲載位置的に最終回まだ遠いよな?

ここらでジュノが乱入・救出で、ルイ&ジュノチーム結成でひとつお願いしたい。凄い邪悪なチームになるぞ。

ハル、顔を赤らめて、ビッチが初恋状態な雰囲気。ポエジー全開なモノローグだし。まだ最終回じゃないよな?

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、すぐに慣れてしまったのか。オチで変形状態を公開してたら良かったのに。

そもそも大祐はことね先輩以外はナチュラル状態なので、ある意味失礼だ。1ページ目の八重歯女のほうがボディペイント感あってエロいだろ。

そういや季節感あるネタやってるけど、この漫画も時空歪めて連載続くんだろうか。イカの夏限定ではなく、歳が上がらず年ループのほうが幅広くネタ出せそうではある。

■鮫島、最後の十五日
白鯨力、負けたらちゃんと心のケアしてあげよう。戦隊モノのおもちゃ買い与えよう。

■猫神じゃらし!
たぬのしんの飼い主も引っ越してくるのかと思ったがそうはならず。寝てたらいつでも会えると言ってるオチだけど、リアルでいるほうがありがたいだろー。

■六道の悪女たち
1ページ1コマが目立ってきたけど読者的にはかえって読みやすいからな。こういうネームが通るようになるまで、軌道に乗せれるかどうかが週刊連載のキモなのやも知れぬ。

椰子谷と乙姫の戦いは水入り。向日葵に六道のシャウトは届いているのか。今回だけだと分からない描写だけど、届いていて欲しいな。向日葵VS乙姫とか茶番めいた戦いはカットして欲しいから。

■魔入りました!入間くん
生徒会があったか。でも何かラストで違う部に入りそうな流れになる。生徒会はアスモデウスがキャラ的にも適切だなあ。

■囚人リク
剣崎、全てを曝け出し御母堂様と化す。永周ちゃんを守るモンスターペアレントとしての活躍が楽しみだ。ふくよかな顔つきになっているけど、ここからまた血管ビシビシな怒り顔見せたりしてくれるんでしょ?

■切り札!なずなさん
チャンピオンって、「○○!□□」なタイトルを頻繁に目にする。少年が強いというオチは意外で良かったが、彼はあれでなずなのほうが強いと納得しているのか。

■黒き薔薇の花束を
ベッタベタだけど良い流れであった。何も理解せず子供は親の好みで黒薔薇に至ったのね。上手い短編。蛇足気味なエピローグもまあ許せる。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ロナルド、ちゃんと兄と分かってて良かった。惚れて複雑な関係が発生しなくて良かった。ロナルドと兄、どちらもオチ担当キャラになりがちだけど、揃い踏みした時はヒヨシがオチになるのね。

■AIの遺電子
最終回かとドキドキした。ボーダー不明な世界観なのに、自身をAIと思うのはイレギュラーな思考なのか。

■鳴ルモノ
関節を鳴らすそのワンアイデアのみで読み切り一本仕上げるこの強引さ、素敵。

■次号予告
まさかの「JINBA」連載化。何がどうしてそうなった。自分は凄い楽しみだけど。これ、前回の短期集中連載も単行本化されちゃったりするのか? 買いそう。いやどうだろ。最近のチャンピオン、コミックス終盤が電子オンリーだったりもするからなあ。

■週刊少年チャンピオン感想 32号/2017年

■魔入りました!入間くん
師団(バトラ)なる人間世界で言うトコロの部活選びが始まる。ぜひとも微妙な過疎部に参加して欲しい。何やってるんだかパッと見分からないような部に。で、「流石入間様! この師団の潜在的価値をここまで見抜いていたのですね」とかまた持て囃されて欲しい。

■刃牙道
また肉の宮か。花山を両断する気で斬ったにも関わらず骨にすら届かない武蔵の剣。どんどん烈海王って何だったのという気持ちになってしまうよ。最後も何? 武蔵、ツボに入って花山気に入っちゃって有耶無耶とかそんな流れになっちゃうんじゃないのか心配になる。こういうコミカルっぷりが前フリに過ぎず、キッチリ花山ぶった切ってくれるのかなあ。

■毎度!浦安鉄筋家族
最後のページで「きゃー!」で終わらずひねってきたのが良い。しかも首とかゴキってしてるし、細かいトコロで酷い。

■BEASTARS
レゴシの性格を積み重ねてきたから、単なるヤンキー素敵展開ではないってのが素晴らしい。

■六道の悪女たち
乙姫が結構強くて頼もしい。が、流石に椰子谷がここで退場するとも思えない。六道への歪んだ愛しかり、向日葵への対抗心しかり、その辺は回収して欲しいネタだし。

■囚人リク
無償の忠誠となると、母の愛になるのかな。絵面の面白さを押し出し過ぎてて、自分は軽く冷めてしまったんだが、純粋にカリスマ描写なだけなのかも知れないしなあ。この作者がたまにわからなくなる。

■AIの遺電子
とにかく中立なこの漫画にしては珍しく是非の行方が分かりやすかった。

こんな職場だと熱血主義者は病むよなあ。

■光の僕、照らすは日々の君
こんなタイトルだったのか。内容読んでから知るとやたらホモ臭いではないか。最初先輩も普通に試合に出ているのかと思って、てっきりとんでもないギャグかと。

■逆神サマが憑いている!
20年前のマガジン感がある。でも許容。

■Gメン
例え箸休め回であろうと、伊達さんがたくさん見れたので満足だよ。

■週刊少年チャンピオン感想 31号/2017年

■六道の悪女たち
バイクの人こと葵はまだ出ないのか。出ないまま終わるとも思えず、つまりは別ルートで動いてそうで、誰を相手取るんだろうか。ぽっと出の天乃とぶつかっても面白そう。

竜宮は六道VS鬼島のガチバトルを催し物と思ってニコニコしながら観戦しそう。今回の天然っぷりからしてそんな展開はあり得るぞ。

■刃牙道
鉄や強化プラスチックを斬る武蔵の刀で人体を切れないのは釈然としないんだが、握力とか筋肉の締め付け固定とかそういう方向でどうにか納得するしかないのか。花山が小細工使って相手の力を受け流しているとも考えにくいしなあ。

まあ、花山は膝を銃で撃ち抜かれていても立っていた、肉体の原理において謎の多い男である。どういう理屈で生きているのか不明なチエノワマンばりに不可解な存在。

そして武蔵、いよいよ花山の背中を斬る。自分が予想していたような、傷跡を再度斬ってズレた入れ墨を元に戻すなんてコトには無さそうな軌跡で斬っている。

■BEASTARS
溜めが長かった分カタルシス充分のレゴシ登場なワケであるが、それでもどこか抜けた感じの応対になるのがまたレゴシらしくて宜しい。ルイに気持ちが向いている(自分に向いていない)ってのを知っていながらそれでも好きな相手は好きというのを貫いてたり、レゴシはカッコいいよ。

今回のエピソードが一段落付いて、ジュノにそれが伝わった時が楽しみ。悪女覚醒の瞬間になってくれるのだろうか。

■魔入りました!入間くん
メリハリボディを有している生徒会長の登場によって、ヒロインなのかペット枠なのかわからなくなっていたこのボンクラ女、今回もまた大半のコマですんごいテキトーな顔してるんだけど、最後の決め顔の為の前フリだったんだろうか。

■虚ろう君と
残念ながら飛ばし読みになっている当作品であったが、集合無意識で無視を刷り込まれているだの強引ながらも合理な方向で解体してきてて良いな。原作付き特有の回りくどさのある漫画だが、単行本単位で追えば面白いのかもと思い始めている。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ドラルクが色んなものに変身するお遊び回。最初の天井の隅にいる絵はロナウドに同情できるホラーっぷり。矢継ぎ早に変わるので天丼がしつこくても麻痺して許せる感じで読んでた。

■囚人リク
こういうハッタリのかっこよさに乗れない自分がいる。折れるでしょ足。ブレーキかかってないでしょ。

■シュゲイブ王国のグリとリナ
校長はまだしも不良は応援する側に回らなくてもいいんじゃないの?

■鮫島、最後の十五日
白鯨力、色物キャラが過ぎてこれは駄目そう。負ける。まあでも主人公以外の対戦は土壇場の気まぐれで勝敗変えられそうだし、まだ楽しみではある。

■Gメン
肝田の祖母が登場。ほのぼの回を装った爆弾回で、最後はどうにかほのぼの着地。

そういう漢字と知ったのが収穫っちゃあ収穫。

色々筒抜けなのは居た堪れない気持ちになるな。いじめられていた過去なんかも切ない話ではあるが、これ以上掘り下げられるコトもなさそう。甘えが効く相手に対してやたら冷静な態度を取れる肝田は大人だ。性欲京都とはそこが違う。

■英雄!シーザーさん
出張掲載ラスト。占い師がアリに思えてきた。最後の最後でそんな気持ちにさせるなんて。肉好きはポイント高い。

■木曜日のフルット
ちっこいヤツ、相変わらず可愛いな。気の抜けた目も可愛いしひらがなで喋るのも可愛い。パーフェクト。

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2017年

■魔入りました!入間くん
周囲の勝手な過大評価で成り上がる主人公でも良かったんだが、いざ頑張って相応の成果を出している姿を見ると、これもこれで良いものだ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、普段取り繕っている風でいてこういう時は欲望に忠実になってしまうのか。

■刃牙道
武蔵、剣を花山の掌に突き立てるも、そのまま握って剣を固定されてパンチをまた喰らうの巻。武蔵、ネームド戦士と戦う度に苦戦しまくりで、このキャラで作者はどうする気なんだろうという思いでいっぱいになる。

幾度か書いたが、主人公を立てる感じで武蔵を作っているんだろうなーという気はする。が、現時点ではイマイチ魅力に欠ける。マホメドアライジュニアの時みたいにぶん投げないでどうにかしようと模索しているのは、まあマシなのだろうか。ぶん投げちゃっていいんだよ、という読者もいそうではある。

■Gメン
カップルが着実に出来上がっている。伊達さんが幸せを勝ち取る日が来るのか、それがこの漫画で一番気になるトコロ。

■六道の悪女たち
天乃は突然過ぎる新キャラなんだけど、いつから作者は考えていたんだろうか。性別トリックを作中キャラに明かした途端にこんな新情報投入は素晴らしいな。そして雷乃が囚われの姫ポジションに。今までの女キャラで一番姫っぽいぞコレは。

■BEASTARS
食欲を性欲に置き換えれば、自分が抱いているのは愛なのか性欲なのかという感じでレゴシの葛藤も何となく理解出来る。

■英雄!シーザーさん
オールスターで次号出張最終回。出張終わるのか。割りと好評でこのまま週刊でも連載パターン入ったかと思ったのに。占い師が地味扱いされてて悲しいと同時に「むしろこっちのほうが好き」的ひねくれた風でいてその実素直な読者がファンにつきそうで、何かこう大江しんいちろうあざといわ。

■鮫島、最後の十五日
天雷と鮫島の因縁が描かれているが、このまま天雷との取り組みになるのかそれとも白鯨力になるのか怪しい雰囲気で以下次号。

この作者の描く男前キャラを連続して見るのも何なので、白鯨力に頑張って欲しいんだが。でも今週の流れ的には白鯨力優勢に見えちゃうので負けちゃうのかなあ。

■パンキー
悪党のはずの敵ボスがどことなく憎みきれない作品であった。ボス、これただの病人だからね。出る作品が違ってたら治療受けて真人間になっていただろうに。

■猫神じゃらし!
木の葉でどうにかしようとしているたぬのしんが可愛い。神の威厳ゼロで可愛い。

■シスターインベーダー
意外な方向での締めくくり。ていうか主人公が好きな対象って誰だったの? そこはっきりしないまま終わらせるこの流れは意外以上に、ずるい。

この作品もそうであったが、チャンピオンの短期連載や読み切りって、予定調和とか安定感とか最低限のルールとかそういうの無視してて突拍子もないものも多い。他(ジャンプ)が電撃文庫辺りだとしたら、ガガガ文庫みたいな、何が売れるか分からないからとにかくデビューさせてみるぜ感。

■週刊少年チャンピオン感想 29号/2017年

■刃牙道
また巻き戻してリプレイ。半分ぐらいのページがリプレイ。で、ヒットしてゴロゴロ武蔵が吹っ飛び、花山がそれを引き釣り起こすトコロで終了。

『予測を遥かに凌駕する拳骨 食らっておいて良かった……』
絵面的には気絶しているも同然の武蔵、モノローグでかような強がりを見せておられる。己が目指す無刀の域の足しになりそうだし、剣抜かずに戦おう、なんて理由付けになって花山斬られずに済むのかな。

■六道の悪女たち
向日葵に聞かれちゃ駄目そうな会話をしているけどそこは平気なのか。彼、ってのがこのまま雷乃のコトなのか、それとも別の刺客がいるのか。バイクの人とか思い浮かべたけど、彼こそむしろ敵にはならず土壇場で対鬼島連合の要になってくれそうだしなあ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
汗かき過ぎでしょ。大祐が最初から着席していたのが残念でならない。スッと座る絵が無いか確認してしまったではないか。

■AIの遺電子
最初何か読み切りが始まったのかと思った。微妙に画風変わってない? 巻末コメントのアシのパワーアップとか関係あるの?

■猫神じゃらし!
しっぽがスカートの中に隠れた時は涙がまるで小便を漏らしたかのようなネタになると期待していたのに。

■BEASTARS
拳銃突きつけられているけど軽口叩いてて余裕のある引き。

ハルのビッチっぷりの理由が明かされる。相手がどんどんメタボになっていくのが何か生々しいな。ハル自身、己の限界に挑戦していそうだよ。

■英雄!シーザーさん
クレオパトラ、冷静に見てクズ女なんだけど許せちゃうのは何だろうな。本命シーザーには一途だから、かなあ? いやこれ一途って言えないな。安泰の為にトップ陥落させようとしているだけだし。

写真ではなく石版で凹凸ありってのは、仮に平面フルカラーなピクチャーよりも価値が高そう。あの石版彫師、裏で大金稼いでいるのでは。

■魔入りました!入間くん
キャッチしても投げが未熟なのでそこで終わりだよなあ。ああ、でもキャッチされて戦意喪失というか「さすが入間様」みたいに終了するのかな。

■ヤンコと帽子
デブがもっと早く後悔して帽子奪回に手を貸すと思っていたんだけど、そんなコトは無かった。何かWEB漫画っぽい。嫌いじゃない。でもこの世界をずっと読みたいとは思わない。アンビバレントな感情が沸き起こる不思議な作品。何だろ、ストーリーは練らずに、背景の描き込み極めて雰囲気で押し切る作風になって欲しいなあと感じる。

■Gメン
特にネームに時間かけてなさそうなこの感じがヤンキー漫画だよなあと、時々思う。殴って気張ってやったぜ勝ったぜ、なこの流れね。これは自分がヤンキー漫画を軽視しているからそういう展開を強く印象的に「いつものか」と感じるだけで、少年漫画のお約束っておおよそこんなもんかも知れないな。

■虚ろう君と
敵幹部揃い踏みっぽいシーンで席がガラガラ過ぎてこれは結構新鮮かも。一人二人いなくても仕方ないし、更には会談に出てても覆面とかしているのとかいるパターンとかも許容だけどさあ、これはガラガラ過ぎるでしょ。空席と思わせて実は今いる連中で全部とかそういうオチなんだろうか。

■シスターインベーダー
告白相手がいい人過ぎて読んでて罪悪感を抱くレベル。次回で最終回って、どう落とすのコレ。1話で出ていた過去回想の妹か誰か分からない相手とかちゃんと回収してくれるんだろうか。

■木曜日のフルット
そこにあった海苔の缶をナチュラルに使ってる。確かにジャッキー派だな。

■週刊少年チャンピオン感想 28号/2017年

■刃牙道
武蔵視点で前回をリプレイ。武蔵の背後に闇を見ていた花山に対して、武蔵は花山の背後に白を見ている。花山の愚直さは純白だな、確かに。持って生まれた力がある以上そこに努力を重ねちゃアンフェアと判じ、今あるものだけで生きてきた花山だし、これは純白。

数週後には武蔵に触れた花山が濁って灰色になりだし、花山に触れた武蔵の闇が薄まって灰色になりだすんだろうか。その描写をお互いの視点で描けばまた二週分水増し出来るよ。

武蔵、忘れられがちだけど腕力も凄いキャラに描かれているよな。刃牙の足を片手だけで持ち上げているし。血管すら浮かばせず、余裕での持ち上げだった。というワケで、腕力対決に舵取るのかなあ。花山を死なせない為には武蔵の剣を抜かない気まぐれが必要だし、力比べしたがる方向に持っていくのが良さげ。今週その仕込みは出来たのではないかね。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ジョンがデブってきているのをネタにされる話、二回目。変態吸血鬼オンパレード回でもある。変態吸血鬼のアレとソレが兄弟と判明するが、結構どうでもいい情報で笑う。

■弱虫ペダル
先週の感想になるが、手嶋が1位青八木が3位という人気投票結果、今活躍している連中がちゃんと反映されるってのが凄い。この二人悪役で登場だったというのにここまで挽回出来てるとかビビるわ。

■毎度!浦安鉄筋家族
色んな商品ゴリ押しして逃げ切るのかと思いきや10ヶ月住み込む発言で印象が180度変わった。

■六道の悪女たち
お兄ちゃん呼びでギリギリ雷乃が女ってのはバレてないのか。まあ、それが周囲に明かされるのは結構なサプライズシーンになるだろうから、ここでは人目が無いのに演じていた不自然さはスルーでいいかな。いや、実は尾けられているのを知って聞かせていたのやも知れぬ。

■BEASTARS
シシ組の組長、周囲に威厳見せつけるためにあんなハッタリかましているだけで実は小心者で食い殺したり出来ず裏口からこっそり草食獣を帰らせているんじゃないかという期待もあるんだが、ちゃんと吊るしていたのもあるし、無さそうだよなあ。それに、帰らした相手がその後どこかでピンピンしている様子を組員に目撃されたら終わりだしなあ。

レゴシ、恋愛漫画の主人公のようにモジモジせず現時点での自分の気持ちを整理してて無駄足踏まずに直線行動出来てるのが良い。パンダも理解早そうだし心強い。

■ハリガネサービス
駿天堂対策がまだ続く。もうこの試合は描かず省略で決勝へ、でいいんじゃないのかね。事細かに対策試合描かれたとしても、漫画の手の内の出し方的にそれを駿天堂は上回っちゃうんだろうと分かってしまうし。実戦中の回想でこの練習試合の一部一部が描かれたほうが良さげに感じるよ。進研ゼミで出たトコロだ的回想でいいからさ。

■HUGO
ユーゴが人間だったというオチでいいの? 涙流せているし。

読み返したら指で髪切ってるし目もメカっぽく描写しているけどさあ。体の一部のみ改造済みの人間、と考え直そうとしても目と涙でまた戸惑う。体温感じる感じないのシーン、人間とメカ逆だったのか・上手いなーといい感じで騙されたと思ったのに、どう解釈していいのかよく分からないわ。

■魔入りました!入間くん
まるで三人で成し遂げたかのようなラストであるが、入間以外の二人は応援していただけでしょ。超回避能力だけで最後まで決着がつかず相手がギブアップするという形もこの漫画らしかったと思うんだがな。ちゃんと修行したんだな。

■英雄!シーザーさん
少しぐらい占いの内容を変えてくれと懇願するシーザーと占いはそういうものじゃないとマジレスするスプリンナの掛け合い、このコマが今週のチャンピオンで一番面白かったシーン。販促ネタもベタなのに何か楽しかった。自分、単行本買いそうな気配。

■Gメン
案の定10発の約束は反故にされる。何故ヤンキー漫画の敵役はせこい小物ばかりなのか。この漫画、読者も唸る度量の大物の敵出てきたコトあったっけ?

■シスターインベーダー
不穏な引き。ホモか? 登場キャラも多くないし、選択肢の都合上ホモオチか? それにしてもこの兄は自身の性的な弱さを隠さないのが潔くて強いな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR