FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン

■週刊少年チャンピオン感想 37+38号/2018年

■弱虫ペダル
この二人の勝負でこのインターハイ終わる感あるけどまだ2つ3つ波乱あるんだよなあ? 作中で出ている距離や時間で測れない謎会話空間だし、まだ何名も追ってくるよな?

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐がいようともトップレスになる千晶。そして大祐はどっちに反応したのだろうか。これまでの千晶への反応からして、流された先生なのかも知れない。

■BEASTARS
水入りになるの? 一旦離脱したもののちゃんとこの大晦日に決着つくのかな。リズも腹見せて寝転がってる絵が良かったよ。

■あっぱれ!浦安鉄筋家族
追悼漫画であろうが、そんなコトを知らなくてもギャグとして読めるのは良い。

■バキ外伝 疵面
あれはコツじゃないはあれは技じゃないに合わせて出したのかな。ちょうどアニメでこの辺だったでしょ。一話完結のギャグのほうがこの作者は性に合ってそうなんだが、本編はシリアス長編に突入して中断中だからなあ。

■ロロッロ!
初期に比べてやたら露出がおかしくなってきている。

■魔法少女サイト
流し読みになっていたが今回ばかりは扉絵のインパクトに負けてじっくり読んだ。読んだ結果、何だこれという感想になる。

■鬼のようなラブコメ
角はどういうポジションなんだろう。見せてもいいが触ってはいけない。乳房みたいなもんなのだろうか。

■六道の悪女たち
犬猿雉は並ばないとな。飯沼はちゃんと理解してくれるんだろうか。

■魔入りました!入間くん
カララギ通りの悪道を難なく突破する入間無双が楽しみ。難なくというか、人間パワーで運良く切り抜けて周囲が勝手に驚いてくれる展開希望。

■吸血鬼すぐ死ぬ
息子が母をさっくり説得して終了という、揉めない畳み方であった。対話可能なのは読んでてノンストレスだしそれもギャグになってて宜しい。

■ハリガネサービス
記憶を取り戻してすぐなのでプラスマイナスでマイナスっぽいがすぐにプラス寄りになってきている。スローモーションの世界で生きてきたのに結構すぐ馴染んでいるし、つけいる隙がないまま話が進んだ模様。

■週刊少年ハチ
鬼灯先輩もこれはチームだし生存したってコトなんだよな。白化して大活躍するんだろうか。先輩キャラなので学園内のトンデモ儀式が出た時に雷電チックに説明したりと、色々使い勝手は良さそうである。

■アカトラ
ヒバナの声はサンズと同じ感じで脳内再現されるんだが、どっちも別に音声化されていない。現状幕府が雑魚ばかりで戦闘も省略されているんだが、ラストで出てきた奴は多少は頑張ってくれるんだろうか。戦闘描けない人に思えてきたぞ。

■開田さんの怪談
美人トップ5という高そうでそうでもなさそうな評価。いじめ関連は生々しいがその後はいつもの非科学方面であった。前回のサイコ先生みたいなオチは怖いけど何度も使えないよなあ。

■週刊少年チャンピオン感想 36号/2018年

■鬼のようなラブコメ
こ、これはちょっと苦手なタイプの漫画かも知れぬ。分量の割には読みやすくてスルスルページを繰れたメリットはあったがな。苦手に感じたのはアレだ、べるぜバブに近いものを覚えてしまったから。あの作品はなあ、おかしなファンが暴走しててそれで無理感があったんだよなあ。ラストにリアルな鬼が出てきておちゃらけたのは良い。この鬼が何なのかでヒキってのも良い。

■あっぱれ!浦安鉄筋家族
水中メガネに虫が発生しているのが生々しくて宜しい。

■吸血鬼すぐ死ぬ
おちゃらけた短編かと思いきや後編に続く。幼児化ドラルクはこれ果たして可愛いのか? きっと見た目は小さくなったらそれだけで可愛いんだろう。

■BEASTARS
イブキとフリーの過去のやり取りが判明。イブキ、これはちゃんと死んでいるのかね。生きてて再登場してもこの性格じゃあ何度も報われないってのを繰り返しそうでツラい。

レゴシは蛾さんパワーでリズを翻弄するも、劣勢なのには変わりがない。何かこれ、リズを否定していいのか難しい世界観だなあ。いや現実社会でも本能丸出しで強姦したりしたら犯罪なので駄目な奴でいいんだろうが。

■ヒマワリ
糸目個性を失い、この作者のテンプレフェイスになったオミはこれからどうなってしまうのか。気が抜けて再び太ったりするんだろうか。

■六道の悪女たち
飯沼の見た悪夢が無慈悲にも程があり素晴らしいな。作中でカッコいいであろう飯沼をこういう絵に出来る作者は凄いよ。自キャラにまるで遠慮がない。

■魔入りました!入間くん
地下では囚人がエネルギー生産の為に強制労働中。京都弁メガネもここでようやく再登場。おちゃらけ息抜きワイワイエピソードと思いきや結構シリアス方面に話を振ってきそうだ。寄せ集め感甚だしいカエルゴチームの活躍に期待。

■アカトラ
性別、女と思うんだがまだ明かさないのか。サラシ巻いてるのか天然貧乳なのか。まーとにかくヒロインのライバルポジションになりそう。ていうか顔傷女が既にヒロインから脱落してそうにも感じる。

■週刊少年ハチ
コメディ。コメディはヘタウマ段階でも面白く出来そうで、随分とリアルな突破口だなと感じた。

■開田さんの怪談
このまま連載再開なのコレ? リアル人間のほうが怖いオチ。いやいやこれは当時の段階で警察にでも言っておかなきゃならない事案でしょう。浮浪者が悲しい。

■木曜日のフルット
肩多々危険は上手いながらもこの漫画っぽくない大阪感が漂う。

■週刊少年チャンピオン感想 34号/2018年

■ハリガネサービス
味方をも欺く下平。主人公が活躍して笑顔を見せてるシーンなのにいつまでも邪悪さが拭えないのが下平の凄さ。

■ヒマワリ
重い過去に更に重い現実を重ねてくるのか。ていうか311が題材になるぐらい、年月が過ぎているんだなーとここ最近の話で痛感。

■BEASTARS
ピノは当然のように死んでおらず。挑発してレゴシの全力を引き出そうとするリズは負けた途端俺を止めてほしかった言い出しても納得しちゃうぞ。大晦日、誰も彼も感傷的になっているし、それっぽいコト言い出しても納得しちゃうぞ。

肉食獣が好きだと自分の気持を理解するルイ。ルイは随分とデカい態度取ってきていたのにライオン連中の保護欲を活性化させていた模様。プライドの高いルイだが、何かそういうのはもう受け入れそうだ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
そういやホラー系が苦手な人だった。恐怖で無自覚に周囲を破壊しなかったのが意外っちゃあ意外。便座の縁とか握力でどうこうしそうな人。

■アカトラ
先週今週で瓦割りとして倒された幕府の噛ませキャラはこのまま噛ませで終わるんだろうか。仲間化しないのかね。ビジュアルが分かりやすく悪役なのでレギュラーな味方になりそうもないんだが、似た造形多い漫画なのでこれぐらいメリハリついてる連中がレギュラーに欲しい。

■六道の悪女たち
乱奈に対する陰陽パワーが切れたらどうなるのかふと考え出す六道。そもそも六芒星パワーの謎も謎のままここまで来ているなあ。悪女が惚れる力ってのは根源となっているのは一体何なのだ。ルイに対するライオン達みたいな守ってあげたいパワーとも違うような描写だしなあ。

■週刊少年ハチ
どこかしら難を抱えた欠陥品のほうが漫画家向きに思えるよ。

鬼灯は主人公のバッドエンドルートな存在の模様。随分あっさりと底を見せたな。後はお涙頂戴なエピソードで再生するぐらいではないか。もっと捻くれた悪党を見たかった。

■吸血鬼すぐ死ぬ
作品の根幹を揺るがすネタ。最初から最後まで面白かった。最近面白さが増してきている。

■ドS教師 田上総介
教師が女子生徒を調教済みってのは中々えぐくてギャグ漫画なのにいかがわしい気持ちになる。餓狼伝BOYの相撲教師のアレを思い出したよ。

■ホルモン出す。
思春期青春男女。何気にチャンピオンの読み切りによくあるタイプで、まあ可もなく不可もなくな内容。

■週刊少年チャンピオン感想 33号/2018年

■アカトラ
新連載。異世界風味の幕末舞台な世界観。結構堂々と回想に躯一員として主人公らしき人物がいて、回想している当人は目の前にその人物がいて気付いていないのかと疑問に。何だろなー、この手の漫画はどうにもるろうにの匂いがつきまとう。国が囲っている人斬りがチーム単位でいました的にアレンジされている感じではあるが。

全体的にキャラの見分けがつきにくい上にギャグも分かりにくくて、読みにくい印象ではあった。今後どう変わるかなあ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
胸チラがあざとい。琴音先輩は大開脚からフェチっぽい視点まで万能選手ではないか。

■六道の悪女たち
範馬勇次郎誕生編みたいな乱奈赤子時代エピソード。母親の能天気さが素晴らしい。父親のリアクションがひたすら常識人であるが、乱奈を守るために何か今後しでかしてくれそうで楽しみ。このまま乱奈を恐れまくるだけのリアクション要員として動いても面白そうではあるが。

■魔入りました!入間くん
花があるんだかないんだか分からないなと実感した当漫画の女性キャラ陣による女子会回。珍獣が珍獣なりにまだヒロインの位置を保持してそうなのが謎。

■BEASTARS
流石にピナを食ってはいないと思うんだが、これちゃんと食ってたらそれはそれで面白いな。現時点ではリズの行動、警官の手でバキを煽ったスペックみたいな感じでサイコパス染みてて素敵。変に改心しないで理解できない存在のまま終わって欲しい気もするが、レゴシの性格上それもないか。

「お前は思考して強くなった唯一無二の肉食獣だ」
思考して強くなる。良いフレーズだ。肉食獣=生来性の強さという前提がありそうな世界観だし、これは染みるフレーズ。

■週刊少年ハチ
閻魔、全く反省ポーズ見せなくて、良い。

■ハリガネサービス
弱点を設けてそこを突かせる、良い作戦な上に下平特有の成長&煽りが重なり益々主人公チームが悪役めいてきている。順天堂もうちょい頑張って悪役してくれないと。監督の発言程度じゃ下平の邪悪さ揺るがないよ。

■鮫島、最後の十五日
作者死去につき連載終了。「14日目 泡影-鮫島」、これ作者の意図通りなのか、急遽差し替えられたのか分からないけど、意図通りだったら最終戦15日目はどういうものが用意されていたんだろうな。かの泡影を倒した後、エピローグ的な対戦であっさり負ける相手が用意されていたのかも知れないし、すごく気になる。

巻末コメント、「完結まで読みたかった」と語る夢枕獏の自己言及感どうなの。

■木曜日のフルット
カッパ系の生き物が他にもいる世界観。このキャラは初出なのか既出なのか、数年読んでても分からん。

■週刊少年チャンピオン感想 32号/2018年

■弱虫ペダル
500回記念で色々祭っている。中でも将棋が謎すぎて良いな。

■BEASTARS
大晦日決戦を前にリズサイドの変化が描かれる。味覚を失っていたのに取り戻しつつある。鈍くなっていた三大欲求の一つが回復しつつあるとか、前向きなんだけどその理由がレゴシとのガチ勝負という、色々歪みを感じさせる演出が良い。時折入るリズの温和というか満たされているような表情も歪みたっぷりで宜しい。

■週刊少年ハチ
鬼灯は何が目的なんだろうか。閻魔の息子なのかね。親を否定するためにあれやこれや嫌がらせしているんだろうか。

■魔入りました!入間くん
テスト、恙無く通過。慢心フラグとかなんのそのな展開だったな。項目に拷問とかあって笑った。親から不遇の扱い受けていた入間ならもっと良い点数取ってもいいのに。

バラムが髪切ってイメチェン、更にはカエルゴと並ぶランク8と判明。嘘を見抜く能力のバラムにいきなり人間と明かした入間は運が良いのかそういう見極め能力に長けているのか。ここで嘘ついてたら早々に見抜かれて敵になっていたのかも知れないと思うと入間のカミングアウトは本当に巧かったんだな。

■六道の悪女たち
乱奈の家が寺と判明、両親も何の出し惜しみもなく登場。両親どちらにもビジュアル的にあんま似てない感は血縁関係無しフラグやも知れぬ。寺だしな。捨て子を育てても何かおかしくない環境だ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
露出狂の人が合法的に己の快楽を満たせるんだな、催眠術を使えば。

■ハリガネサービス
実は全キャラ全ポジション互換可能という、この局面でとんでもない事実が明かされる。確かに地区大会如きで手の内を明かしてしまっては全国で通用しないかも知れぬが、この地区大会決勝こそが全国含めて最難関かも知れない以上、出し惜しみはしないのが宜しい。相手はあの邪神下平がいるチームだ。ここが最強の相手と思わなきゃ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
勝敗の定義を変えた結果大口を叩く弱者、この絵面が実に宜しい。今回のネタ、殆ど面白かった。

■少女ら、空が故
真正面からの青春物で中々こっ恥ずかしくなるけど、まあ少年漫画だしこれでいいという内容。こっ恥ずかしくなる理由は青春物という以外に、何か初心者はアングルによって顎とかこういう描き方になるとかそういうのを目の当たりにする感故のこっ恥ずかしさもあるんだろうか。

■木曜日のフルット
作中において鯨井は可愛い扱いなのか、それともツイッタラー特有の盛りを表現するツイートなのか。

■週刊少年チャンピオン感想 31号/2018年

■ドカベン
最後の最後だけ読んだけどそれでも読めるのが凄いっちゃあ凄い。ドカベン最終回でコンビニでチャンピオンが見つけられなかったらどうしようかとも思っていたが杞憂だったよ。

■鮫島、最後の十五日
無我的な。ピクル戦での刃牙的な。あるいは俺がガンダムだ的な。

■週刊少年ハチ
閻魔の一番の優しさは、『時限のないジャンルで夢追ってる内に人生台無しにしちゃう』ってのを回避させようとしている部分がありそうだ。棋士とか年齢制限あるから良いけど、小説家にしろ漫画家にしろミュージシャンにしろそういう制限がないからズルズル「いつか芽が出るんだー」と怠惰な日々過ごして人生手遅れになっちゃってる人とか結構な数いると思う。そんな目に合わせないで、博打めいた水物商売から足を洗わせてとっとと別の道に進ませる優しさがありそう。

■BEASTARS
大晦日決戦も作中では三日後。ルイに見届人になってくれるよう依頼するレゴシ。女装でバレないあたり、ライオンにはオオカミの見分けがつかない世界観なのかね。黒人だいたい同じ顔に見える問題。

■吸血鬼すぐ死ぬ
サルは相変わらず可愛いなあ。ヘルシングの独り相撲っぷりも実に宜しかった。主人公がとっとと退場するのも意外。

■六道の悪女たち
六道が本気であり得ないファッションに身を包んでいて素晴らしい。乱奈も似たような格好してくるのかと思ったよ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
接写はずかし固めとか収録されているんだろうなあ。それは見たいだろ。同じ学校にいて普段制服に身を包んでいる女のそういう姿なんて、そら買うでしょうに。

■魔入りました!入間くん
色々と入間が調子に乗っているので打ち砕かれるフラグにしか見えない。

■ヒマワリ
親父がツンデレ過ぎるが、ああもノーガードだと見られるの前提にも思えてきて凄い策士なのやも知れぬ。

■ハリガネサービス
「自分を楽にする選択の先に 成長は無いぞ!!!」
使えるものをあえて使わないという縛りが成長につながる的な言い分だろうか。使っちゃってその先を閃く、みたいなほうも成長のチャンスにも思える。主に作者的に。こういうオチにしようと用意しているものを先に潰しちゃって自分を追い込む的な。

ワンフォーオールの解釈が邪悪に見えるがこの監督はこれはこれで勝利特化になっており宜しい。ワンフォーオールもオールフォーワンも綺麗事じゃない側面はあるからな。

■木曜日のフルット
ネコかつデフォルメなのにロリと三十路が浮き上がっているこの絵のパワーが素晴らしい。

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2018年

■魔法少女サイト
流し読みになってしまった漫画の一つであるが、女の子がえげつない攻撃を食らってダメージを受けてる描写があるのは今日日の少年漫画的に冒険してて良いな。これ、単行本で1巻からきっちり読めば面白いのかなあ。このチャンピオン連載分だけで最初の頃は単独で読めてたのに合流してしまったのが惜しい。

■吸血鬼すぐ死ぬ
面白い。最近当たり回が多い。設備の充実さがツッコミ通り。

■あつまれ!ふしぎ研究部
グロに怯える千晶。普段のマジックが力押しなだけに当人も怪力の模様。読者的には可愛いのに大祐的には微妙な感想になっているズレも何か良い。

■六道の悪女たち
六芒星の魔力が切れたらどうなるんだろう。そんな最終回で描かれそうな未来をふと思った。まあ、それでも乱奈は六道を好きでい続けてそうだな。それぐらいベタな漫画であって欲しい。

■魔入りました!入間くん
秘密共有という大きなイベントであるにも関わらず案外淡々と進んでいる。魔界の遊園地は恐怖に塗れてて入間が愕然とするオチがこのエピソードの締めに待ってそう。

■BEASTARS
実際に食われる恐怖を味わったピノが演技で覚醒。ピノ、正確に自己分析してそうで憎たらしいな。可愛いなってのが可愛くない。

■聖闘士星矢 冥王神話
細切れ連載するような内容にも思えないんだが、作者の年齢も年齢だし致し方ないコトなのか。

■ジュニオール
サッカー云々よりも学園モノとして面白いぞ。不穏な空気が漂っているけどあっさり解決して仲間意識を強めて欲しい。悪い連中も改心して欲しい。皆に微笑ましい目を向けられる、そういう漫画であってくれ。でも大人連中がクズ描写なので悪いヤツはとことん悪そうだよなあ。

■ハリガネサービス
気持ちはよくわかる。凶悪殺人犯がその後改心して幸せな人生を送っているのを見るようなあの感覚なんだろう。ピトーに対するゴンのような気持ちなんだろう。

■姫君の滅亡譚
生き死にをテキトーに扱うのはギャグ漫画の特権だな。ギャグ漫画でもこじんまりしていると死を重視しちゃうので、これぐらいいい加減で宜しい。

■木曜日のフルット
漫画なのにリアルな範疇での化粧の変化。もっととんでもない变化する女いるでしょ。輪郭隠してもそんなに差がないように見えるし。黒目がちにしたがるのが逆ってのが面白い。

■週刊少年チャンピオン感想 29号/2018年

■ヒマワリ
親達の応援が激しくてバックダンサーが逆に目立ってしまいまた不仲に、というのはやらないだろうなあ。前回で和解しているし、そこゴチャゴチャ繰り返したりするのも読んでて面倒に思えるだろうし。

■弱虫ペダル
意識を失い座ったトコロ肛門直撃で意識を取り戻す、そんなギャグ展開にはならず(なるワケがない)。

■あっぱれ!浦安鉄筋家族
テキトーおじさんと化した大鉄、求められていた言葉を発せず。

■吸血鬼すぐ死ぬ
本当にいじめられてるかのような名前で宜しい。今回は普段に増して面白かった。貧弱談義の質が高いよ。

■BEASTARS
ゴウヒンがスナギツネを改心させた過去が描かれる。無表情のスナギツネが初めて分かりやすく見せた表情が悲しげなもの、というのがポイントだろうか。こ、こんな過去を持っていながらレゴシの草食獣への愛を食欲の変形と断じていたのか。

■あつまれ!ふしぎ研究部
唐突に普段以上に露骨なエロな回。しかしここまでやっても陸上部のボディペイントみたいな人には劣る。

■ジュニオール
簡単に仲間入りしないのは良いな。むしろ現時点では監督希望の人が逆に美術部入りそうとか思っちゃったほど。ラストの野球部に勧誘されている人も美術部でどうかひとつ。

■聖闘士星矢 冥王神話
四門とか何か凄い技のハズになのに過程不明で突破されているのは聖闘士星矢っぽい。

■六道の悪女たち
温泉回はちゃんとやるのか。ミナミがここまで幼児体型だとは思わなかった。乱奈の腰回りのボリュームも、普段からその辺り出した衣装なのにちょいビビる。アラビアンな感じ。

■週刊少年ハチ
先輩はどう出るのか。そもそも先輩の目的も未だよくわからず。初期こそトンパっぽかったものの、隠れた実力者みたいな描写もあったしなあ。当初の想定は不明だが、このまま夢絡みで処理されそうなキャラでもある。

■魔入りました!入間くん
入間くん、人間であるコトをカミングアウト。空想学の教師のあまりの人の良さにうっかり口を滑らせてしまったのか。秘密共有者がポットでの謎キャラというのは意外っちゃあ意外だが、他の面々にバレる絵も浮かばないな。エリートにしろ生徒会長にしろ、あの連中には誤解されてこそナンボという感じがある。

■木曜日のフルット
巻末コメントのアナログ作画というのに驚いた。デジタルっぽいじゃん。アナログに寄せつつもデジタルさが抜けない絵っぽいじゃん。

■週刊少年チャンピオン感想 28号/2018年

■ジュニオール
現時点では、凄いチームを作るという目的のサッカー漫画。選手ではなく監督ポジションを目指すのは珍しく感じたし、サッカーを扱う作品の難しさ/出がらし感を分かって新基軸をねじ込んできたなーという感じ。導入はこんな入りだけど、普通にサッカー選手やりたい的流れにもなりそうで、割と今後の展開が不明。

■弱虫ペダル
サドルまで捨てる。御堂筋も髪の毛とか含め勝利の「捨てまくっている」キャラなので、それに対するカウンターとして面白い展開。御堂筋路線なのでここは敗北、なんて思ったりもしたがここが最終局面なのか? まだ先に山場あるよな?

■吸血鬼すぐ死ぬ
母親のロナ好きが怖いレベル。サインの模写を試みるなんて。

■BEASTARS
落ち着いたと思ったトコロでのあの見開きは素晴らしい。結局落ち着くんだが。その場その場の意外性は必要。トカゲの祖父の話は前回の仰々しい引きからしたらどうなのってたたみ方であったが、まあ今後掘り下げられるんだろう。ていうか爬虫類と哺乳類の間で子供が設けられる世界観なの?

■ヒマワリ
和解したしこういう漫画なのでこれで良し。

■あつまれ!ふしぎ研究部
上と下に別れたらどっちを欲しがるのか。麗子は下だろうな。

■六道の悪女たち
巻末コメントで描き切ったとあるし、こういう幕引きでもいいんだろう。ちょっと不完全燃焼感を抱いちゃうし解決策としてどうなのかと思うが、悪女周辺の失恋的な心の痛みを描くパターンも一回ぐらいは必要。

■鮫島、最後の十五日
大阪のおばちゃん語を理解すると相撲で強くなれる。

■魔入りました!入間くん
この学科は何なんだろう。現実世界で言えば異世界ファンタジー用語とかそういうもんではないのか。科目として存在しているなんて。もっと生徒殺到しそうなもんだが、教科担当に問題があろうんだろう。

■ハリガネサービス
ニコニコしながら相手を蹂躙する我らの下平が帰ってきた。挫折主人公が復活するカタルシスシーンなのになぜ邪悪さを感じてしまうんだろうか。下平には悪の魅力があるな。自分が楽しんでいるのを表すモノローグが逆に淡々と相手を配置オブジェクトのように扱っているのがえげつなさを感じさせるんだろうか。

■週刊少年チャンピオン感想 27号/2018年

■BEASTARS
ぐるぐる回って答えが愛に行き着くのはベタながらも良い。愛なのか同情なのか、その問題にも踏み込んでくれそうな作品だ。

■弱虫ペダル
御堂筋の主張は本当に素晴らしく、蝉の幼虫期間が長かった作者には自身の本音を語らせているキャラなんだと思う。そういうキャラを負けさせなきゃならない作者はどういう心境なんだろうかという気持ちもある。

■ハリガネサービス
下平の天然パワーによる他人の頑張りディスが始まって、邪悪な漫画っぷりが復興しつつある。

■あつまれ!ふしぎ研究部
うなじに反応する大祐が意外。お前はもっと直情的なヤツじゃあなかったのかよ。まあ疑似背面座位食らっちゃあ思春期真っ只中の大祐がああなってしまうのは致し方ないトコロ。

■ロロッロ!
パンツずり下げシチュエーションはロマンを感じるな。この手のえげつないシチュエーションをじゃんじゃん出してくるってのは、作者本当に女なんだろうかという疑問も湧くよ。

■六道の悪女たち
桜さんが邪悪な顔を見せるも所詮悪女なので六道登場でどうにかしてくれると信じている。一瞬で桜がデレて今までのシリアスは難だったのかという展開に期待している。

■聖闘士星矢 冥王神話
臓器移植は拒絶反応が起こる。当然だ。ライオンの心臓を人間に移植とか出来るわけがない。その状況をコルレオーネの実なるアイテムで免疫を抑制する効果があるという一言で解決するのが実に聖闘士星矢している。

自分この作品飛び飛びで読んでいるんだけど、オデュッセウスの目的がかつてのオリジナルの冥王編導入みたいな自分を偽ってアテナの前に立ち巨悪の目的を語る、みたいなものなんじゃないのかと思い始めている。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ヒナイチ祭りで突発的に見たコトない絵柄になっているのが何かいいな。ちんちん以外にゴツゴツフェチとか、ちょっとこれ腐女子っぽいんですけど。腐女子の極端な作画をそれとなく揶揄してそうな感じがして面白いんですけど。

■ヒマワリ
歩み寄った模様。ムカつく要素もある中、ちゃんと美麗な絵に起こしているモジャのフェアさが素晴らしい。

■魔入りました!入間くん
テストの点数が低くても強引解釈して持ち上げてくれるアズがホント素敵。幻滅出来ない程に、要所要所で入間が決めちゃってるからね。仕方ない。

■鮫島、最後の十五日
シリーズを追ってない立場ながらも、因縁の対決というのは分かる。噛ませであったであろうポジションのキャラがここに来て強敵として立ちはだかるってのは、あれだ。2Dシューティングゲーで序盤の中ボスがラスボスとして登場するあの熱さに近いな。まあ、この相撲漫画に関してはラスボスは別に存在しているワケであるが。

■逆襲インフェルノ
結構唐突に世界観が変わった印象もあるが、姫のベタさ加減が分かりやすくて共感度を拒まない展開になってて良い。今は主人公税を脇に置いた風の展開になっているけど、こういう視点変更も中々に心地良いですな。情報の出し方で少々下手打ってそうな作品にも感じるんだけど、行き当たりばったりの週間連載ならその辺りは緩めに見逃すべきなのかも知れない。

■足芸少女こむら
チャンピオン読み切りでよくあるフェチ全開の一遍。万が一ヒットするやも知れないし、こういうのは一応掲載しておこう感があったんだろう。鼠径部が金玉みたいになってるし、エロ漫画出身の人なのかな。

■開田さんの階段
最終回らしい最終回でよろしい。二人の距離感も何も変わらず、青春の1ページを切り抜いた感があってこれはこれで良い作品であったよ。長期連載になるとダレるだろうし、単行本一冊分の分量でハイ終了で十分な作品。

■木曜日のフルット
生々しいオチ。娘の名前にエロゲヒロインばりにキツいでしょコレ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR