1. Top » 
  2. Xbox One

■「アケアカNEOGEO ブレイジングスター」(1000/1000G)/シューティング

20180222br

横スクロール/サイドビューのシューティング。実績コンプする分だけでも、難易度はやや高めに感じたかな、これは。

■キャラバンモード60万点
5分の時間制限では2面ボス前で終わる。何度かプレイして、規定スコアに至らず無理ゲー感があったが、点数稼ぎメインでやるには、三号機(アリュステイルム)が良いと気付く。この機体、溜め撃ちが自キャラの前方に高圧ショットをビビビと出すタイプで、それで敵をあぶる感じで倒していくと倍率が結果順にかかってくれるので、規定スコアまでは稼ぎやすい。

スタート時は溜め撃ち出来る時間が短い(左下のゲージが該当)なのでそんなに溜め撃ちに拘らなくてもいい。また、シーンによっては溜め撃ちは危険なので(二面後半の上下に幅広く雑魚が出て来る場所など)そこはショット連射ですごすのが安全。

■オリジナルモード800万点
で、こっちも三号機でやっていたワケであるが、6面ボスが中断セーブを使っても越えられなくなって困る。
その時点で450万点ぐらい。全7面らしいので、これ最後まで行けたとしても800万なんて無理じゃね?という気持ちに。

動画を漁って出てきたのがこちら。3面ボスの途中で800万の実績要項は満たせているのでそれをアレンジして挑む方向に変更。このゲーム、スコア稼ぎの手段は色々あるが、とりあえずオリジナル800万という実績解除に求められるトコロまででいいのなら、重要だと思ったのは二点。

・得点アイテムを逃さず回収してどんどんその素点を上げる(最終的には一個取得で8万以上になる)。
・その際、ボス戦で得点アイテムを出す雑魚/破壊可能弾があるので、それらも取れるだけ狙う(ボスを早く倒すのではなく、その攻撃段階で得点アイテム獲得累積数を稼ぐ)

この2つを意識。で、上の動画は三号機を使用しているが、自分は二号機(ウィンディナ)を使用。動画は稼げる三号機で頑張っているが、そこまでやらずとも基本安全に挑んで、とにかく得点アイテムの取りこぼしがないように、次いでボス戦でそのアイテムを多めに回収するようなアレンジでやった。

3号機なら1面ボス前に40万稼げるんだけど、2号機なら12万だったね。ゲンナリするけど、でもゆくゆくは得点アイテム取りこぼさない連続取得の倍率で加速度的にスコアアップすると信じてそっち方向で挑んだよ。

結果、画像のように4面前半で規定スコアに届いた。当然中断セーブ駆使しまくりではあるがな。

1面ボス:上部を破壊したらホーミングっぽいものを出してくる。ボスにトドメを刺さないように意識して、制限時間ギリギリまでそれらを破壊して出て来る得点アイテムを取得。時間切れになってボス倒せなくても、得点アイテムの累積を稼いだほうがいいと感じた。

2面ボス:下半身部分を破壊すると、ボス下部から雑魚がワラワラ出て来るターンがあるのでそこで得点アイテムを稼ぐ。レーザー攻撃は上端もしくは下端にいれば当たらない。

3面ボス:下段の尻尾はとっとと破壊。その後は破壊出来る赤玉が得点アイテム源になる。ボスが突撃してきて上下にレーザー攻撃するターンは、画面後ろにいればレーザーには当たらない。背景に当たり判定はない。
緑レーザーは発生直後は当たり判定がないので急いで安全な場所に移動。赤玉と同時攻撃になるケースが多々なので、それを破壊し易い場所、つまり緑レーザーの合間に移動するのが無難。
大気圏突破してからは、バラマキ(細かい避けが要求される)→大きな緑弾→雑魚排出&弱めのバラマキ。この雑魚排出が得点アイテムの稼ぎドコロになる。三ループ目ではボスが画面内を回転しながらのバラマキになるので2ループ目の雑魚放出が終わったら攻撃しまくってもいい。

■ハイスコアモード150万点
キャラバンモードの次に挑んでいたので当初は三号機でやっていたが、オリジナルモードをやった後に二号機プレイに変えたら余裕で届いた。三面ボスの中盤辺りだったかな。大気圏突破まで行く前。大気圏突破での細かい避けをする前に届く。

■「Toby: The Secret Mine」(1000/1000G)/アクション

20180220toby

サイドビューのアクションゲーム。即死系トラップ多めで、ビジュアルも白黒で雰囲気出しているLimbo系の作品。

実績は、収集系に当たる捕虜全員回収を目指していれば問題なく全解除出来る感じ。ラストで二択があって、二通りのエンディングがあるが、これはクリア後に再開して最終チャプターのみプレイして別サイドを選択すればいい。要二週とか求められない。リンボフォロワー作品だろうけど、実績で5デス以内クリアみたいなものまでフォローされなかったのはホント良かったと思う。尚、同傾向の作品たるタイポマンはそういう実績を設けてしまった模様。

捕虜収集関係の動画はこちら。また、進行上詰まりそうなパズルもあるが、それ含めてのウォークスルー動画はこちらになる。

■「アケアカNEOGEO ラストリゾート」(1000/1000G)/シューティング

20180217lr

2Dシューティング。ネオジオ初期の作品かね。シューティング好きな自分だけどこれ過去プレイした覚えが全く無いなあ。もう格ゲー全盛時代でそっち方向にハマっていた時期だったかのう。

■オリジナルモード40万点
自分は二週目3面辺りで到達。一周5面なので、二週目三面は8面ぐらいというコト。中断セーブを駆使して、大きく下手打ったらセーブポイントから再開する形にすれば、特に問題なく到達出来るはず。

■ハイスコアモード8万点
2面クリアで届くぐらいのスコア。2面後半のプチ砲台エリアがやや面倒かも知れない。そこだけは慎重に進む感じになるかなあ。処理落ちするし、ドット単位の弾除けが要求されるような雰囲気あるけど、何度かプレイしていれば突破できるレベルだと感じる。また、もしかしたらそこ越えられなくても残機潰してのリトライの最中に8万に到れるかも知れないので、そんな臆するコトもないんじゃないかね。

■「アケアカNEOGEO 餓狼伝説SPECIAL」(1000/1000G)/対戦格闘

20180210ffs

「ワーヒー2」の時同様、「ガロスペはこんなに難しかったのか」と愕然とした。XBLA版どうやってプレイしてたっけ?と考えたら、そういやあっちはデバッグモードとかあったんだな。

■ハイスコアモード12万点
最初はいつも通り舞で挑み、どうにも無理だったので攻略サイトを参考にキムやテリーで挑戦するもそれも難しく、どうしたものかと思っていた中、「ビリーの小パンチでツンツンしてればいい」というツイートを思い出してビリーに切り替える。

こちらの攻撃が当たるギリギリの間合いで小パンチペチペチ、連打すると必殺技になるのでそれが出ない程度にペチペチ、相手との距離が広がったらちょっと前進しつつペチペチ。

で、どうにか12万に届いた。立ち小パンチ(X)以外にも、相手によってはしゃがみ大パンチ(Y)での牽制も混ぜた。牽制というかちょっと多めにダメージ与えたい故のバクチめいた感じになっていたが。

■キャラバンモード10万点
ハイスコアモードであれだけ苦労したのに5分で10万というノルマに再び愕然とする。

ビリーのペチペチ法使用、スタートの敵は舞で。舞相手に一本パーフェクト取れなかったらリスタートしていた。舞→ダック→テリーの順になるが、舞とダックがペチペチ法をやりやすいので、舞相手に1本パーフェクト、残り3本体力多めで勝てば最初の二人の4ラウンド分で結構稼げるので、残りをテリーで。

ハイスコアモードも舞スタートで挑めば良かった。

■オリジナルモード20万点
難易度を最低に変更して中断セーブしまくってオッケーなので問題ない。

■「Planet of the Eyes」(1000/1000G)/アクション

20180201eotp

基本右へ右へ進んでいく、リンボ系のアクションゲーム。ロボリンボ。実績はリンボと違ってぬるい。ヌルリンボ。実績や字幕はローカライズされている。

実績はクリア系以外では寄り道関連が多々。こちらのサイトの攻略が役に立つ。道中、取得するとログが再生されるアイテムがあるが、これは別に収集系実績とかではないので気にせずともいい。殆どが取れる場所ばかりに設置されているので無視するほうが逆に困難かも知れないが。

2時間前後でコンプ出来るヌルゲーで、進行上の仕掛けも特に難しい部分は無い。それでも詰まった際はこの動画を参考に。自分も何だかんだで2・3箇所分からなくて参考にしたよ。

■「Jettomero: Hero of the Universe」(1000/1000G)/アクション

20180130jet

巨大なロボっぽいヤツを操作するアクションゲーム。何だろこれ。ウルトラマン目線?

進行は以下の流れ。

1:とある太陽系に到着、幾つかある惑星に降り立ち、赤いビーコンを破壊する(収集系)。
2:どこかの惑星にモンスターがいるので、QTEで倒す。
3:モンスターを倒すとback issueで文字合わせ
4:モンスター退治後はワームホールが出現しているので、飛び込んで別の太陽系に移動。

こんな感じ。いきなり降りた星にモンスターがいる場合もあるが、倒してワームホールに入る前に他の惑星も訪問してビーコン破壊をするのが良い。ビーコンは惑星一つにつき2~3個ある。ビーコン破壊で得られるパーツ全収集で実績解除となっているが、自分はパーツ全て集め切ってない段階でポコンが来たよ。また、ビーコンは数に余裕があるので、多少取りこぼしてもオッケー。

モンスター戦のQTEが何気にシビアに感じたんだが(特に十字キー使用関連)、負けても何のペナルティも無しにすぐ再戦出来る。

実績厨がプレイしてて気になりそうな点として、「惑星の建造物とか破壊しちゃっていいのか」ってのがありそうだが、良いよ。壊さないでクリアみたいな実績はないので気にせず歩け。メッチャその星の住人から攻撃食らうけど問題ない。
あと惑星上にある黄色いアイテムは別に収集物じゃないからね。収集実績が絡んでいるのは赤いビーコンのみ。黄色いヤツは星からRTで離脱する際に使うエネルギーに過ぎないので、必要な時だけ回収すればいい。

9つのback issueを集めた後も同じように続く。back issue収集完了時の選択はAにしたが、どちらでも良かったのかも。9つ集めた段階でストーリー進行度は2/3ぐらい。
それと、最後の星のクリア条件は、赤いオーブを全部破壊。

他、一芸的な実績は以下。未解除のまま終わる可能性もあるが、狙えるチャンスはゴロゴロしているのであまり神経質になるコトも無い。

■宇宙空間
・Too Hot to Handle
太陽に突っ込む。

・Lunar Standing
惑星の中には衛星(月)持ちがあり、その月を破壊すれば解除。RTで突っ込む。

・Comet Hunter
彗星(尾をひいてる)があるので、それにRTで突っ込んで破壊。彗星は速くて後ろからだと追いつけなかった。軌道を予想して斜めぐらいから突っ込む。

・Rock Breaker
アステロイド25個破壊。動かないので余裕。

・Jumping Through Hoops
黄色いアステロイドを破壊すると、リングくぐりのミニゲームが開始する。10個連続でくぐれば解除。
黄色いアステロイドに突っ込む際、右スティックを入れないようにすれば、画面真ん中に自キャラがいる形になる。宇宙空間の移動に慣れてない序盤は右スティックでグリグリ視点移動させがちで、その結果自キャラが画面上のほうにいて、リングゲームに挑もうにも見えない中進めるノリになって無理ゲー感が甚だしかったよ。
次のリングの位置が上下左右で近ければ左スティックのみの移動、遠ければ両スティックをその方向に入れる感じで。つい力が入ってスティックを押し込んでマップ表示になるミスも自分は多かった。リングの出現位置はランダムなので、何度もやっていれば楽な配置が出る。

■惑星上
・Assisted Takeoff
火山の噴火で宇宙空間に飛び出す。

・Storm Chaser
・Forest Ranger
・Rubble Rescue
それぞれ「嵐を追う」「燃えてる森を鎮火」「瓦礫にいる生存者を救出」なんて内容らしいが、よく分からない内に解除していた。惑星に降り立った際、ビーコン以外でも気になるトコロで(自キャラが喋りはじめた時とか)足踏みするようにしてれば自然と解除出来てるハズ。

■「Minecraft: Story Mode - Season Two」(1000/1000G)/アドベンチャー

20180124ms2

360版と同内容。360版はガクガクだったけどそれが薄れているってのはいつものテルテール同様。

何度か大きな二択があるので、360版とは逆を中心に選択。ダンジョン探索中では数十分ほど別ストーリーになっているシーンもあったよ。他、一度プレイしているので無駄な探索をカット出来た箇所も幾つかあった。EP1冒頭もすぐ炭鉱に入ったし、フレッドクイズも聞き込み無視して即挑んだ。

シーズン3は来るかね? 最後の最後の二択が正反対なオチなので、続けるとしたらどっちのラストを採用するんだろうか。その二択、どちらも良い残留出しているので、3は来ないやも知れぬ。一定の時間はかかるものの眺めているだけでコンプ出来るテルテールADVシリーズはじゃんじゃん出して欲しいけど、綺麗に終わったのなら仕方ない。

■「The Town of Light(JP)」(1000/1000G)/アドベンチャー

20180113tol

別実績の日本版。字幕のみならず、音声もローカライズされている。海外版より若い印象の声なので、何となく悲惨さが増していた。

実績コンプには海外版と同じコトをすればいい。ブーストゲー。

カンカンカン!のシーンは見たくなかったので、隣室に移動してタバコ吸ってたよ。そのシーン、ほぼエンディングなんだけど見たくなかったので逃げた。

幕間イラストでバストトップとか余裕で出ていたんだが、日本版では修正されている。そこちゃんと直すんだと驚いたね。上の画像のシーンとか、海外版では尻丸出しだったね。シャワーを浴びるシーンは軒並み下着をつけたままになっていて絵面がちょい変であったよ。

■「アケアカNEOGEO ザ・キング・オブ・ファイターズ’97」(1000/1000G)/対戦格闘

20171217kof97

小出しにオロチ四天王を毎年ボスとして出していくのかと思っていたのでニューフェイス三人が皆四天王と知った時は驚いた。矢吹真吾がまんまさくら設定(主人公の追っかけ)で悪い意味で驚いた。「そ、そこまで何でもカプコンを模倣するの?」と。

■オリジナルモード20万点
難易度を下げれば、ジャンプB、着地にしゃがみB、相手の起き上がりにワンテンポ遅らせてしゃがみB、だいたいこれでいける。自分は不知火舞メインで。難易度変更以外にも中断セーブもあるのでラク。

■キャラバンモード8万点
2チーム倒せばまず届く。不知火舞で。後述のチャン・コーハン法でも良さげ。

■ハイスコアモード12万点
12万は3チーム倒すぐらいで届くスコア。3チーム目からいきなり強くなって困った。チャン・コーハンのY連打&前進で削ったりして2チーム目までは余裕。3チーム目も何だかんだでチャン・コーハンでいけたが、運が良かったのかも。3チーム目、韓国チームになって、チャンとチョイはいつものY連打前進、キムはしゃがんで端で待ってたら走ってくるのでそこでY連打、で倒せた。たまたま3チーム目弱かったような感じ。

■「Marvel's Guardians of the Galaxy」(1000/1000G)/アドベンチャー

20171212gotg

全5エピソード、それぞれに200G配分で計1000G。いつものテルテール。読み進めていればコンプ出来る。

戦闘のQTEで色んなキャラを操作する感じになるのが何となく不思議な感じだったかなあ。ちょい散漫。だいたいのテルテールAVDのQTEって操作キャラが固定されている印象だし。

ラストの選択(願い)が複数あってどれも見てみたい感あったよ。ピーターの願いにしたけどな。続編出そうな雰囲気で終わったけど、テルテールの不調も囁かれているし、果たしてちゃんと続きは出るのだろうか不安もある。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR