1. Top » 
  2. Xbox One

■「Late Shift」(1000/1000G)/アドベンチャー

20170425ls

全編実写のアドベンチャーゲーム。ムービーの流れが途切れないようにしての配慮なのか、選択肢は時間制。

実績コンプには要2周。攻略はここを見て進めた。要2周と言っても一周一時間程度のボリュームなので苦ではない。

上のリンク先の攻略で全て事足りる。まず一周目は、7種類あるエンディング全てを見る実績を狙ってのプレイ。エンディングを見る、というか該当実績が解除されたら即抜けてその章の最初から再開、別のエンディング実績を解除してはまた抜けるというプレイだった。

なので、今振り返るとどのエンディングすら最後まで見ていないな自分。ただでさえ巻き込まれ型で酷い目にあってる主人公なのに、その結末すら見られず宙ぶらりんで終えているよ。

二周目は全てのメインの章を発見するという実績を狙って、仕上げになる。取り調べ室や拷問シーン辺りの章が一周目では未訪問になっているのでそこらを回収。

終わってみれば三時間半でコンプリート、しかも自分はいつものようにタバコ休憩挟みつつののんびりプレイでそんなもんだったので、普通の人は3時間切れそう。

■「Tennis in the Face」(1000/1000G)/パズル

20170422titf

固定画面で、ボールを撃って画面内の人間全てにヒットさせればクリアというパズルゲーム。ボールは跳ね返ったりするし、倒した人間やオブジェクトの反応も描かれる物理ゲーで、アングリーバード亜種になる。この開発、この手のゲームを何作も出している。大抵買っているのだが、ちょっとプレイしては積んでる状態。そんな中、初のコンプ作品となる。

実績はこれまでのこのタイプの中ではラクな内容になっている。規定ボール内でクリアするとそのステージに王冠マークが付くが、これを全ステージやる必要がない。

また、全ステージをプレイする必要すらない。一回の爆発で6人倒すという「Explodz Junkie」の為に最終エリアまで行く必要はあるけど。

一番難しい実績は「10tons Defeater」かなあ。最終一つ手前のエリアに10tonsスタッフの顔を取り込んだクレジット面があり、そこをクリアで解除。動画はこちら。自分はモニターにガムテープで目印つけてプレイしたよ。尚、先のリンクの動画はボール一球余裕があるので一回下手打っても大丈夫。

タイトル画面放置でスコアが入ってて、そこで100万点取る「Main Menu Enthusiast」なる実績があり、これはおよそ3時間かかる。かかるって言っても放置でオッケーなんだが。購入者の起動時間で開発者に報酬が入るとかそういうルールでもあって、それでこんな実績用意したのではないのかと邪推するレベルだよ。コンプまでの所要時間6~8時間とされているゲームだけど、この放置で3時間あるからね。余裕のヌルゲーでございます。

■「Stardust Galaxy Warriors: Stellar Climax」(1000/1000G)/シューティング

20170422sd

横スクロールのシューティングゲーム。全10レベル構成。各レベル3ステージあるのでそこそこ長い。レベル毎に結構メリハリの付いたデザインになっているので、あんま水増しでステージが多いという感じはしない。

自キャラは複数から選択可能で、RT(RB)でメインショット、LT(LB)でサブショット、Aで近接攻撃(剣振り)、Xで機体毎の専用アクション、ゲージが溜まったらBでまた機体毎で別の専用アクションとなる。操作が多そうであるが、実際のプレイではRTLT引きっぱなしで、時に硬めの敵に近づいてAの近接攻撃、みたいなスタイルに落ち着く。

割りといい加減な感じで敵が弾を撃ってくる、懐かしいタイプの横シュー。自機を狙わない弾がホントいい加減で、死角が多い。あと曲が良い。とりわけラスボスの曲が出鱈目に分かりやすくてカッコイイ。

以下実績メモ。

・Beat 'em up
近接攻撃のみでクリアで解除。アイテムのショットやAボタンXボタンは可。RTLTのショットを使わなければいい。

sampo reactor
critical burst
damascus blade
energy vampire

自分は3周目のデータを使い、上のパークを購入して突破した。ホントは2周目で解除を狙ったが、5レベルのボスがやたら強くて、もう一周してダマスカスブレード(近接攻撃火力二倍)をゲットしてどうにか越えられた。

また、ずっと機体はレッドタイガーで進めていたが、最終レベルでどうにもならなくなって、アンバーフォックスに切り替えてラストは突破。ていうかアンバーフォックスで挑戦するほうがラクだったのではないのかコレ。Xの敵弾吸収強い。

・Unbearable
難易度アイアンマンを、機体ブラックベアでクリアが条件。上のセーブデータを更に2周させて、5周目のデータで解除出来た。主武器はパルスエミッター、サブはホーミングミサイルが奨励されていて自分もそれで。

上の近接オンリー実績で得たパーク以外では以下をゲット。

stardustium ammo
entropy capacitor
fla,omg sword
flak ammo
charged weapons
astra cannon
ouroboros core

近接オンリーのクセでついついボスは近づいて瞬殺を狙いがちであったが、後ろのほうでガチで躱しながら戦うほうが安全なケースが多かったかな。

そしてまたもや最終レベルでにっちもさっちも行かなくなった。10-1のミラーボール戦、一撃で死ぬ。一時間ぐらい即死の戦いを繰り広げていて、「B攻撃も溜まらないし何かおかしいなー」と思ってBボタンを押したら特殊技が発動。マジ? Bマークが出ていなくても溜まっていたのかよ。しかもBで数秒無敵→思いっきり攻撃→無敵が切れたら再びB発動と、無限ループに近いコトが出来る状態になってて、一気にクリアに至った。

もしかして最終レベル以前でもこのリチャージ技っぽいの使えたんだろうか。もしそうなら、結構無駄な時間を過ごしたぞ。

・You Only Live Once
ノーマル以上の難易度でノーデスクリア。一見難しそうであるが、死んだらコンティニューもギブアップも選ばすホームに戻ってゲーム終了、改めて起動して該当キャンペーンをプレイ開始すればフラグは死んでいない(ハズ…。自分が解除してからアップデートあったので未確認)。そのレベルのステージ3まで行っててもステージ1からの再開となるが、まあ通しでガチでノーデスに挑むよりはラク。

■「Virginia」(1000/1000G)/アドベンチャー

20170417v

コンプまで要2周。一周目で収集系や寄り道・一発ネタ関連の実績を解除して、二周目をスピードラン的にこなすのが良さ気。自分は3周する羽目になったんだがな。

何故3周したのか。それは、1周目の途中でついついチャプターセレクトをプレイしてしまい、そこで本来なら一周クリアで解除される「Ariadne」のフラグが折れてしまっていた為。新しくゲームを開始するってのをスタートしたら、取りこぼし実績の為にチャプターセレクトに入ったりしないように注意。

ゲームを終えない限り、「続きをプレイ」が消えてくれない。新たに「新しくゲームをプレイする」から開始するにはエンディングまで行かなきゃ出来ない。何言ってるんだか多分分からないと思うが、途中で『今のプレイやめて最初からやろーっと』って思っても、出来ないのよ。いや一応チャプターセレクトで1からやれるけど、その場合「Ariadne」の実績フラグ折られているだろーし。まあ、寄り道抜きでプレイしたら1時間ぐらいで走り切れるので激しいダメージは受けないよ。

攻略で自分が使ったのは某ウォークスルーをグーグル翻訳したもの。粗い翻訳でも充分。

ゲームの内容は、勝手に「Xファイル」みたいなSFホラーだと思っていたけど、これリアル範疇の話だったの? 妄想込みで、一応はリアルにあり得る話に落とし込まれているの? 記憶を失って自分を地球人と思っている宇宙人の自分探しの話と思いながらプレイしてたよ。3周もしておきながら。

■「キャンドルちゃん」(1000/1000G)/アクション

20170415cman

灯台先輩みたいにビッグに光輝く存在になりたいキャンドルちゃんの旅を描くアクションゲーム。全9章構成。各章数ステージあり、全34ステージ。ローカライズされているが日本語にするには初期設定からの変更が必要。

プレイヤーが操作するのは足の生えたロウソクで、移動及びジャンプ、発光(ロウソク点灯)が可能。発光は初期こそ暗いステージ内を照らすのが主な目的であるが、章が進むにつれ、それを踏まえた上で色々な使い道が出てくる。光に反応する植物を起動させたり、攻撃判定のある影を消して道を通過したり。

また、ステージ内には規定数のロウソクがあり、それら全てに火を灯すのも実績的な目標になる。ステージクリア時にそのまま同じ面を再プレイすれば、先程灯したロウソクはそのままで、残っているロウソクを探してのリトライが可能。ロウソク、どうしても見つからない場合は動画を参考にするのも良いが、正直そこまでする必要もないぐらい簡単。各ステージは長くないので、虱潰しに探すのも容易。

雰囲気ゲーには稀に実績が厳し目の作品もあるが、このキャンドルちゃんは全体的に簡単な範疇に抑えられており、イラつくコトもなく最後まで楽しめた。ロウソクを使っての起動ギミックも、クリエイターマインドを思うともっとシビアで面倒な手続きの仕掛けを作りたくなりそうなものだが、よくまあその欲求を抑えて簡単ゲーに留めてくれたものだ。ありがたい。

■「Clicker Heroes」(650/1000G)/RPG

20170412ch01

残っている実績は「全英雄雇用」と「レベル3600到達」の二つ。しかしここからがまた長そうだ。

オフラインで時間を操作する荒業があるので楽勝でしょコレぐらいに思っていたが、そんなコトやっても格段に有利になるワケでもなかった。

転生で開始時に持ち込める要素が結構ある。DPS(いわゆる火力)の底上げになるヒーロー魂がまずそうだし、そのヒーロー魂で購入出来る古美術もまた強い。

古美術は今のところ以下のような感じ。

20170412ch02

20170412ch03

20170412ch04

放置(アイドル状態)スタイルで強化している。

まー何だろ。転生=ダンジョン脱出という感じで、出来るだけ深い場所まで潜ってはヒーロー魂を稼いで、そのヒーロー魂であれやこれや強化して再び挑む、そんな感じのRPGですな、これは。ヒーロー魂がとにかく欲しいゲーム。ヒーロー魂が実際の通貨。

20170412ch05

ヒーロー魂の使い道は非常に多く、特定の雇用キャラにメッキを集中させるのにも使える。自分はツイッターでフレがやっていたように森の獣にメッキ集中させているよ(画像左上のヤツ)。主力は森の獣。

で、現時点ではレベル900前後まで進められて、ヒーロー魂1万ぐらいゲットしては転生している。1万増やしても古美術強化に使用してしまうので、一気に強化出来るというワケではなく、じわじわ強くなるって感じかなー。

■「Penarium」(1000/1000G)/アクション

20170410p

闇のサーカス団に捕まった少年が、死と隣り合わせのショーを繰り広げる。そんな内容のアクションゲーム。ドット絵なので緩和されているけど死に様が割りとえげつない。プシャー。

固定画面(左右ループ)の中、殺人トラップの攻撃を掻い潜りながら樽や風船を集めたりする内容になる。自キャラは攻撃手段を持っておらず、ジャンプ(二段可能)で迫る障害を回避しながら条件をクリアしていく。

■キャンペーン
全30面。各ステージは短めであるが一発死なのでリトライしまくる。ステージクリア条件は様々で、上記の樽や風船集め以外に、光るスイッチを順番通りに踏んだりするものもあれば、スポットライトに一定時間当たり続けるような面もある。条件を満たそうとする中、砲撃やらレーザーやらのトラップが障害として立ちはだかる。

ちょいちょい詰まるステージもあったが、まあリトライ上等なゲームだし何度かやってれば突破口は見えたし実際どうにかなったよ。一ステージ絶妙な長さ(短さ)になっていた。次はいける!とついリトライさせる絶妙さ。

■アーケード
樽を延々と収集するエンドレスモードみたいな内容で、実績のゴールは「樽150個ゲット」になる。

解除できた時は、序盤でシールドをゲットしてそのまま145個まで樽回収出来ていた。つまりシールドさえあればどうにかなる。このモードはキャンペーンの風船集めなんかと違って時間制限が無いので、別に急いだりしないで樽回収に勤めるのが良さ気。

その他、より細かい実績攻略に関してはこちらを参考に。

■「Forza Horizon 3」(450/1500G)/レース

20170401

ブリザードマウンテン購入。何か自分の中ではフォルツァはDLC買ってからが本番みたいなゲームになっている。で、早速雪山へと赴いた。

最初のチュートリアル的な移動レースでやたら滑りまくりこれは大変そうだと感じるが、スノータイヤ未装備だったからなのかな。その後はそれ程極端に滑るという印象は無い。

ボードや絶景ポイント、道路制覇をまずはこなす。こじんまりした舞台なので苦にならず。前作のストームアイランドもそうだったけど、道路無視しての移動でやりたい放題出来るのが楽しい。

イベントをプチプチとこなしている段階であるが、レースがただ勝てばいいだけでないのが厳しい。星2まではそれでいい。星3を目指すと一位ゴール以外にドリフト○回とかスキルポイント一定数以上が要求される。星コンプは早々に諦めた。

そんな感じでこの雪山は雑に楽しむ予定。もうコンプとか諦める。

■「BATMAN The Telltale Series」(1000/1000G)/アドベンチャー

20170327bat

全5エピソード構成のアドベンチャーゲーム。いつものテルテール。僕達のテルテール。取りこぼす実績は無いので、選択自由で好きなように読んでいけばいいだけ。

360版と並行してプレイしてて、先にこちらone版を終了。
エピソード3のラストが一番盛り上がるかな。こういう正体隠して孤独に戦うヒーロー物では一番の理解者になるであろうポジションのキャラがアレというサプライズ。そして、それを知ってからエピソード2を再プレイするとあのクライマックスも茶番というか凄い演技かましていたんだなーという感想が出て来る。

アドベンチャーゲームならではの選択の自由で、とあるヴィランを誕生させない展開も可能。ただ、誕生させなかったもののやってるコトはヴィラン化しても同じだろうなーコレという役割になっていたが。

そしてバットマンと言えばこのキャラというあいつ、今作は登場しないのかなーと思いきや終盤で出てきやがった。続編が出るとしたら、その時本格的に活躍するのかな?

■「Riptide GP: Renegade」(1000/1000G)/レース

20170327rip

水上バイクでかっ飛ばすレースゲーム。前作と同じぐらいのプレイ時間なのにあんま作業感が無いままコンプまで行けた。前作は資金稼ぎで露骨に作業してますタイムがあったから、その差かな。

キャリアモードは難易度イージーで可。一部プロ難易度じゃないと取れない収集物があるがクイックレース(レース単位で難易度選択可)で回収可能なので、キャリア自体はイージーで進行させてオッケー。

ていうかイージーでも割りと後半リトライしたな。Krex、Pain、ボスレース辺り。これプロ以上だとどうなるの。

今作は機体がイベントクリアで入手出来る。基本、新しい機体に乗り継いで行けばいい(2台目は飛ばしたが)。自分はSwitchblade→Scimitar→Manta→Striker→Cruiserと乗り換えて、それぞれフルアップグレードして進めていた。

イベント内容は四種類。

・レース
ゴール時の順位を競う普通のレース。キャリア終盤のボスレースは機体がCruiserじゃないと厳しいかも(Cruiserはペイン絡みのイベント終了でゲット出来る)。かつ、ショートカットも極力使ってどうにかという感じだった。

・エリミネーション
時間でドンケツから脱落していく。案外どうにでもなる。やけに苦戦して僅差の果てに負けても、次に同じようにプレイしたら簡単に勝てたり。レースもそうだが、トップで思いっきり引き離すと相手がドラフト効果を失って着いてこれなくなる。

・スラローム
水上に設置されている旗の左右を通過していくイベント。旗には矢印が載っているので、その方向を通過していけばいい。キャリア終盤のボススラロームでも機体はStrikerで十分。

・フリースタイル
スタントでポイントを稼ぐ内容。レベル10で覚えられるログロール(↑↑・←←・→→)が大きくポイントを稼げるので、狙えるスタント地点があれば最優先。小さなジャンプ台もワンアクションのスタントだけではなく(中盤以降の機体なら?)ツーアクション(←←・→→や↑↑・↑↑)間に合うので狙う。ボスフリースタイルでも機体はStrikerで十分。

■Krex戦
何度もリトライしているとKrexが序盤どこか地形に引っかかるのかミニマップ外まで消えるコトがあったので、自分はその時に何とか勝利した。Strikerで行けたが、場合によっては先にペイン倒してCruiserで挑むのも良いかも。

■Pain戦
最終戦よりイベント中盤のエリミネーションがキツかった。ブーストを使うタイミングを普段とズラし追い抜きに使って逃げ切るとかそういう感じで越えた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR