1. Top » 
  2. セインツ・ロウ

■「セインツ・ロウ」総括/XBOX360/アクション/THQジャパン

オブリビオン以上にオブリビオンな愉悦に浸るコトが出来た作品です。

やりたい放題な箱庭アクションの面白さに開眼出来ました。プレイヤーがギャングの一員で基本悪人なので、街中を好き放題やってもゲーム的にそんなにデメリットがないのがいいわ。オブリビオンはその辺が数値/ステータスとして累積されていってたので慎重になって縮こまったプレイになった感がある。再度プレイする時はもっと延び延びやりたいな。

基本ストーリーであるメインミッションも想像してた以上にメリハリが付いていたし、サブミッションであるアクティビティにも存分にハマりました。ドンと一つの箱庭を作り上げて、そこに様々な遊び方がぶち込まれているゲーム。面白かった。続編も出るようなのでそちらも期待。それ以前に、他に色々と出ている箱庭ゲーに手を出していこう。

■「セインツ・ロウ」(15)/XBOX360/アクション/THQジャパン

セインツリーダーが警察に拉致され、解放するには警察の言うコトを聞いてもらおうかという連絡が。

スティルウォーター市には二人の市長候補、マーシャルウインズローとアルダーマンヒューズがいます。ヒューズは警察と繋がっているようで、ウインズローを始末するミッションに。警察の言いなりになるのかよ。しかも殺すのかよ。

このミッションは選挙活動をしているウインズローのバスを襲撃&ジャックして、線路に置き去りにすれば完了。最初の襲撃で上手くバスの前に車を止めて、運転手をマシンガンで一気に葬るコトが出来ればほぼ完了。一旦逃したらバスの分際でスルスル逃げちゃうので、最初に行き場を防ぐように停止させれるかどうかがキモ。バスはデカいので運転は大変ですが、奪いさえすれば線路までも難なく行ける。

やっぱり言いなりになってられないよというコトで、次のミッションはウインズロー葬式パレードの警察に攻撃を仕掛けます。高い場所からプチプチ狙撃する内容なのかなー、あー苦手なんだよなー、と身構えていたら、乱戦上等な展開だったのでロケットランチャー撃ちまくり。対象を全滅させたら懺悔室に逃げ込んでこのミッションも終了。

ヒューズから客船パーティへの招待がありますが、これはムービーのみ。美味しいコト言って誘いつつ、当然ヒューズも悪。ここで死んでもらう発言。ああ、ヒューズの口ぶりから察するに、リーダーも既に始末されているんだろうなあ。客船上ゆえどこにも逃げ場がない主人公が取った選択は、船&ヒューズもろとも自爆。そうくるのか。夜の海、燃えさかる船をバックにエンディング。今回もべらぼうに長いスタッフロールが流れるんですが、テスターや使用楽曲のクレジットが延々と続きます。testerだらけのスタッフロールはシュールです。

二度もエンディングがあるとは思ってなかった当「セインツ・ロウ」もこれで終了となります。二度目のエンディングはシンプルながらも衝撃的でした。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(14)/XBOX360/アクション/THQジャパン

「ロスカルナレス」の麻薬の取り引き相手に協力して、警察から麻薬を取り戻すミッションに。トラックに麻薬を詰め込むまでその場を防衛→トラックを運転してアジトに戻る、この流れになりますが、後半がツラい。警察レベルマックスな中で逃げ切るのはツラい。例によって一旦懺悔室に向かい、警察レベルをリセットするやり方でクリア。兄や用心棒を失ったアンジェロ、このミッションによって麻薬取引先までも失い、どんどん孤立無援に。

次のミッションはアンジェロの屋敷襲撃。屋敷に突入してアンジェロのトコロに辿り着くとカーチェイスに。チェイス中は仲間が運転してくれるので、プレイヤーは追撃車両の追っ払いに集中できます。このミッションも後半部分のチェイスで何度もやり直しました。何度もやっていたので、前半の屋敷襲撃は敵ギャングを相手にしないでアンジェロのトコロまで駆け抜けるようになった。
クリアはしたけど、未だにクリア条件が分かってないという。チェイス中に何をすればよかったのかが分かってない。逃げるアンジェロに攻撃を加える必要があったのか、それとも追っ手を蹴散らしているだけでよかったのか。アンジェロにはストーリー上逃げられます。なんてしぶといんだ。

その後、残っていたカルナレスの拠点を制圧したりして、ラストミッションを残すのみの状況に。拠点制圧は地味に難しいのが多かった。拠点に限らず、ロスカルナレスミッションは総じて難易度が高そうな印象。シチュエーションやムービーなんかのストーリー面ではアンジェロのしょぼさが際立っているのに、実際にプレイしてる分には難しいミッションが多いよ。

「ディナーはキャンセル」のムービーを経て、ラストミッション「出る杭は…」に突入。

飛行機で海外逃亡を試みるアンジェロを倒す内容。具体的には飛行機にランチャーをかまして爆破させます。全てのミッション中、最も難しかった。噂通りの難易度だ。何度もリトライして、その日は諦めて寝たりした。

速攻を試みて飛行機を狙ってばかりいたのですが、時間がかかるけど正攻法で行くほうが確実性が高かった。正攻法とは、ロケットランチャーを撃ってくる雑魚ギャング4人の位置を覚えキッチリ倒して、飛行機を狙うのは最後の滑走路で、というもの。

ランチャーギャングは近くにドラム缶があるのでそれ優先でライフルで撃つ(ドラム缶爆発→ランチャーギャングに点火)。追ってくる車は一切無視。滑走路に突入したら飛行機狙ってロケランを3発ほど当てればクリア。この最後の最後で当て損ねて飛び立たれたりもしたコトもあり。大空に点と消えゆく飛行機を、コントローラを握りながら呆然と眺める自分。

何とかクリアして、エンディング。多くの犠牲の元、街からギャングを駆逐させるのに成功。セインツのリーダーからナンバー2の地位を受ける主人公。スタッフロール。あー、長い戦いだった。実際は脇道(アクティビティ)のほうに時間費やしてたけど。

しかしもう少しだけこのゲームは続きます。三大ギャングは駆除したけど、まだスティルウォーター市には悪が残っているのであった。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(13)/XBOX360/アクション/THQジャパン

最後の勢力として残っている「ロス・カルナレス」攻略に取り掛かる。

へクトルとアンジェロのロペス兄弟がツートップ。兄へクトルは片目キャラで凄味漂う容貌。眼球自体はあるんだけど黒目部分が濁ってて視力を失っている。弟のアンジェロは女に翻弄されている雰囲気のキャラでしょぼい。他の登場人物としては、用心棒のロドリゲス、武器・麻薬売買の取引先オレフエラが出てきます。

ムービーを見ていると連中、突然感情任せにスペイン語を喋り出したりします。字幕が(スペイン語)としか出ない。何言ってるんだか分かんないけど、とりあえず怒ってるんだなーというのは伝わる。そんなムービーが多いので、カルナレスは意味不明な言語で切れ出す連中という認識になりました。まあ、そういうタイプは確かに恐いけど、余裕が無い人にも映る。

オレフエラがロペス兄弟を挑発し過ぎる。アンジェロのガールフレンドに「今夜どうですか」と誘いをかけたり(しかも誘いを受けるし)、真面目にギャング業に取り組もうとしているんだけど先代には未だ至らない兄をそれとなく茶化したり。これロペス達に撃たれるでしょ!今度こそ撃たれるだろ!とハラハラ。それでも大切な取引先なので何とか抑えて、後で椅子蹴っ飛ばして鬱憤を晴らしてるへクトルを見てると切ないよ。家業継いだけど上手く回せてない悲壮が漂ってきて切ないよ。

ミッションはトラックを強奪、攻め入ってきたカルナレスを迎撃、工場を制圧、と進めて、早くも実質上のリーダーであるへクトル殺害ミッションに。もうお兄ちゃん殺すのか。取り引きしてるトコロを近くのビルの屋上から狙撃するのですが、一人殺したら連中がロケットランチャーで反撃し出すのが大変でした。自分がランチャー食らうとこの武器が如何に無茶苦茶な武器なのかが理解出来るわ。このミッションは事前にスパイパーライフルを支給されるのですが、こっちもロケットランチャー使いまくりで攻撃しましたよ。クリア後は、屋根から降りるのが面倒だったのでセーブして飛び降り自殺。

ミッション続行でロドリゲスを倒すトコロまで進行。ロドリゲスはセインツのアジトである教会を急襲してきます。ランチャーで車を吹っ飛ばすのがいいんだろうけど、前哨の雑魚戦でランチャーを使い切ってしまってた。次は残しておこうと再挑戦してもうっかり使い切る。仕方が無いので手榴弾ポンポン投げてマグレでヒットするのを待った。車を破壊すると炎上しながらロドリゲスが教会に逃げ込むので追って銃殺。何度も挑戦したミッション。このミッションは近くに武器屋があるので途中で補給しようと試みたりもしたんですが、教会から離れ過ぎという理由でミッション失敗になる。すぐ戻ってくるから!見逃して!→画面に「ミッション失敗」がドン。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(12)/XBOX360/アクション/THQジャパン

残っていたバイスキングスの拠点を一応潰して、いよいよキングスのラストミッション、タニヤの始末に。ジョニーとキングと共に行動します。

ラストミッション、前半がツラい。タニヤのアジトの暗証番号を聞き出す為に、タニヤのファッションコンサルタントのステファンを脅します。車から宙ぶらりん状態にさせて、スピードを出しまくってビビリゲージをマックスまで上げるという内容。やってるコト外道なんですが最初見た時ニヤけてしまった。その際ステファンには体力ゲージも出現、それがゼロにならないようにする。警察車両もガンガン出動してくるので車自体ダメージを受けまくってしまうのが難。何とかステファンを脅しきっても、警察はその後も引き下がらないので、タニヤのアジトに辿り着く前に車をぶっ壊されて終わるコトも多々。

どうやって攻略したかと言うと、ステファンを回収したら懺悔室近くまで移動、その近辺の直線を何度も往復してビビリゲージを完成させて、それが終わったら懺悔室に飛び込んで警察ゲージを消してしまうというもの。そうすれば安全な中でタニヤのアジトへ向かえます。煙が濛々と吹いているキングの車ででも安全運転でアジトに辿り着けます。デリバリーアクティビティをやってたお陰でこのやり方に気付けたよ。

そこさえ越えたら後半はラク。タニヤのアジトに乗り込み銃撃戦。キングもジョニーも頑張ってくれるしジリジリ数減らしていけば問題なし。

タニヤを追い詰めるとムービーに。最上階の窓から墜落するタニヤ。墜落するシーンで一気に60歳ぐらいに老け込んだように感じたけどそういう演出だったのか、僕の見間違いなのかは不明。演出だったのだと思いたい。元々高齢で、厚化粧で頑張っていたのが素に戻ったとかそういう演出。この人のケータイ、きっと文字デカいんだよ。画面に6文字ぐらいなんだよ。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(11)/XBOX360/アクション/THQジャパン

次に潰すのはバイス・キングスに決定。

どうにか救出したジョニーと一緒に、キングスの格好をして街中で暴れて悪評を広めるミッションから。悪評を広める為に商店街に乗り込み店員を殺したりします。像を破壊するのはまだしも、シナリオ内で店員を殺すのを強要されるとは思ってもいませんでした。まあ既に一般人轢きまくったり車奪う際に運転手を撃ち殺したりと汚れまくっているのでいいんですけどね。

その次の集会襲撃ミッションをつつがなく終了させると、挿入ムービーでベンジャミンキングが部下のウォーレンとタニヤに裏切られるという展開に。そしてキング救出ミッション。敵のトップだったキングが仲間になるというファイナルファンタジーな展開はちょっと予想できなかった。これってどういう状況だろう。ホリエモンがinfoseekに就職するような状況なのかな。

孤軍奮闘しているキングの元に駆けつけて、キングと一緒に車に乗り込みウォーレンを追跡。追跡ミッションは苦手で何度か失敗してしまった。ウォーレンも小物全開な人物なんですが、最後の最後まで小物な振る舞いを見せて死亡。

次のミッションはキングと一緒にバイスキングスのアジト3箇所に接近、キングスメンバーを挑発して警察のトコロに誘導するというもの。アジトに向かうまでの車の中で、キングがウォーレンとタニヤについて愚痴を言ってるのが微笑ましい。どんどん威厳なくなっていくよこの人。ミッション自体数回失敗したのでリトライを繰り返して同じ愚痴何度も聞くハメに陥ってしまったよ。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(10)/XBOX360/アクション/THQジャパン

「デリバリー」「カージャック」「スカウト」アクティビティはその地域のギャングを制圧すると攻略しやすくなる感じ。制圧地域はセインツの仲間がアチコチにうろついているようになるので、連中をすぐ拾えたり、交戦中に援助してくれたりするので。まあ、それを考慮に入れても僕には「カージャック」はコンプリート出来ない気がします。

というワケで、ローラーズの支配地域をセインツの紫一色に塗り替えたので、その地域の「デリバリー」アクティビティを完了させる。最後のレベル8が難しかった。途中で懺悔室に飛び込んで何度も警察のゲージをリセットさせた。それでもギリギリだったよ。

7人の仲間を電話で呼び出せるようになったのですが、サマンサが凄いなコレ。ランジェリーなお姿で登場。ガーター! Tバック! 前も布少なめ! そんな姿で人通りの多い街中を堂々と練り歩くという、着エロDVDの企画的存在。更に、サマンサを呼んで一旦セーブ、そしてロードすると一層エスカレートした格好になります。上半身が赤い星型のシール2つのみ。ランブルローズでもそこまでやらない。 ちょっと遠くからだとトップレスに見えるのでハラハラする。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(09)/XBOX360/アクション/THQジャパン

ウエストサイドローラーズを潰しにかかる。

中々次のミッションが出現しないなー、いつもみたいに電話こないなーと思っていたのですが、ローラーズの残っていた「拠点」を制圧する必要があった様子。数箇所残っていた拠点絡みのミッションをこなし、全体マップのローラーズの支配下(青)が消えるとローラーズのリーダー・ジョセフプライスから電話が。決着の場にすぐには向かわず、現段階で出現していたバイスキングスの拠点ミッションも終了させておいた。仲間が3人呼べるようになったので良かった。

ローラーズラストミッション攻略。

高速道路を運搬トラックで逃亡するジョセフプライスを追撃するという内容。こちらも車で追いながら、プライスカーの荷台の車を破壊、次いでトラック本体を破壊するという流れになります。自分で運転しつつ更に自分で撃たなきゃならないのでこれは中々難しかった。

このミッションは色々と試したよ。追う際に、こちらも路上を走っている巨大トラックを強奪してそれで挑もうとしたり。追いつけなかったわ。

前準備として、仲間3人(途中から参戦してくるローラーズ雑魚は連中に任せる)、4人乗りで耐久力高めの車(自分はJUSTICEにニトロ搭載を使用)、この辺が必要。強制される武器で実際に使うのはマシンガン。手榴弾なんかも使えるんだけど無理だろ。

プライスが射程に入ったら、まずは荷台の車から撃つのですが、この際荷台上段の車から狙うのが良さ気。理由は、こっちの車がダメージを受けていくと、照準を上に合わせ難くなるから。だから最初に片付けておく。マシンガンは無限なのでトリガーは引きっぱなしで運転のほうに専念。高速なので直線が多いのが救いです。荷台の車は破壊すると爆発してこっちもダメージ食らうっぽいので回避。

荷台上段の車を破壊したらクリアは近い。こっちの車も雑魚の攻撃で相当煙吹いているんですが何とかなる。下段、そして本体を引き続き撃ち続けて大爆発。クリアした時手に超汗かいてた。あぐらかいて太股あたりにコントローラおいてプレイしてるんですが、 冬なのに汗でズボンに手形みたいの付いてた。

ようやくローラーズ壊滅。最後のムービーでプレイヤーキャラが喋ったんですが、初ボイスかなコレ。のっぽさん喋ったよ!と最終回気分。まだ2つギャング残ってるのに。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(08)/XBOX360/アクション/THQジャパン

ウエストサイドローラーズミッション続行。

リンの呼び出しでビリヤード場へと向かうも、それはローラーズの罠。銃撃戦を掻い潜りながらリンを救出するコトに。エロ拷問ムービーは無かったですが、あの気丈なリンが口を割ったってのは、省略されている幕間でウイリアムシャープはどれだけエロいコトをしたんだろうか。

リンが捕らえられている部屋に辿り着くも、待ち伏せしていたローラーズの不意打ちを食らいプレイヤー気絶。引き続き次のミッションになります。リンとプレイヤー、縛られてトランクの中に。それを川に落とそうとするウィリアムシャープ。この場にドニーも着ますが、眼前でリンを撃たれて、ショックでそのまま去ります。「俺の彼女に何を!」みたいなコト言ってるのにそこでウィリアムを裏切って本気で噛み付くコトもなく、ただ去ります。薄情だよこの人。それでいてこれは確かに生々しいリアクションだ。権力者にとことん逆らったりはしないけどスネてその場を去るだけというのも生々しいですが、 車が好きでメカニック一辺倒な日々を送ってきた青年が、知り合った女性を勝手に彼女扱いするという部分が特に生々しい。 その後ウィリアムが独りで黙々と車を川に落とす為に押すムービーが挿入。地味に恐ろしい。

川に落とされつつも、プレイヤーは脱出。次のミッションはウィリアムシャープを逃さず殺害するというもの。このミッションは何度も挑戦した。追うんじゃなくて、こっちに最初にシャープの車が向かってくるトコロで始末した。使ったのは勿論ロケットランチャー。持ってなかったので、一旦このミッション諦めて、ロケットランチャー購入して再度挑戦した形。ミッションが始まったら速攻でインターチェンジへ向かい、ちょっとずつスクロールさせて攻撃対象の矢印が出たら、そこに向かってランチャー。もりもり撃ちこみましたよ。もう破壊しているのに撃ち込んでた。スライムにギガデイン。そんな感じで相手の車が走り出す前に潰すやり方でクリア。

ミッション後、リンがあのまま死んだというのを知る。マジか。死ぬんだ。弔い合戦で襲撃を仕掛けてくるローラーズを撃退するミッションは、ロケットランチャーの威で難なくクリア。

  • Genre:

■「セインツ・ロウ」(07)/XBOX360/アクション/THQジャパン

敵ギャングを相手にしたメインミッションをそれぞれちょっとでもプレイしたので、三勢力各々のカラーが何となく分かった。

・ロス・カルナレス
武器・麻薬を扱っていて、もっともオーソドックスなギャングイメージ。老舗というコトで、Yahoo。

・バイス・キングス
割りと新興。音楽・売春を扱っていて、キング個人の実力の高さを感じさせる組織。キングが黒ホリエモンというコトで、ライブドア。

・ウエストサイドローラーズ
暴走族+権力者。本人たちは一生懸命なんであろう暴走族の友情風味のやり取りがどうにも茶番にしか見えないというコトで、mixi。

どこから潰すか考えるに、ローラーズからが良さ気と判断。理由はレース・チェイス系のミッションが多そうなので、それは個人的に苦手だから先に終わらせておきたい。苦戦しまくった挙句クリアできないかも知れないし。

とそこまで決めたトコロで実際にやり始めたのはアクティビティ。「破壊」3箇所と「ヒットマン」残り2箇所を完了した。後半レベルになってくるとどのアクティビティもキツい。

破壊はボーナス条件が好ましくなかったらキャンセルして、いい条件が出るまで繰り返してた。が、ロケットランチャーが使える状態ならそれ程難しくないというのに気付く。
ボーナス条件は、「一般市民」「セダン(警察車両がセダンなので)」辺りが出てくれば美味しい。組み合わせでのボーナス武器としては、「マシンガン」ぐらいが出れば儲けモノ。それ以上に勿論「ロケットランチャー」なら尚いい。ロケットランチャーさえあれば柵等もジャンジャン壊せるのでコンボも中々途切れない。逃げ惑う人や車を吹き飛ばし、サイレンが鳴り響く中、出動してきたヘリも撃ち落すという具合に、もう絵的には大惨事なんですけどね。それでいいのかサードストリートセインツ。

ヒットマン依頼はチャイナタウン以外にも二箇所あり、そちらも何とか完殺。中々ターゲットが現われないので、エスコートアクティビティ等プレイしながら出るのを待ってましたよ。
ちなみにプロジェクト地域からの暗殺依頼は、友人が裁判で有利になるように目撃者達を消して欲しいという内容で、普通に悪でした。チャイナタウンの場合はミスターウォンの家族の復讐だったのに。そしてエアポート地域からの暗殺依頼は、理由が全く分かりませんでした。何も分からないけど任務遂行の為にターゲットをとにかく始末するというのは生々しいまでにヒットマンだな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR