1. Top » 
  2. BEOWULF The Game

■「BEOWULF The Game」総括/XBOX360/アクション/UBISOFT

あちこち惜しいゲーム。プレイしてて不満に感じたのは以下。

・マップが把握しにくい。どこを向いても似たような風景が広がっているので、強制的に方向音痴にさせられる気分。一本道を進んでいて、敵が出てきたので乱戦&処分完了、一息ついて、さて自分はどっちに向かっていたんだろうと。一本道ですらそんな具合に。
・キャラ操作のレスポンスがイマイチ。キビキビ動いてくれないし、本来なら決め演出である強制スローも頻繁に出てくるので少々ストレスになる。強制スローで拡大演出というカメラワークも連発されると目に厳しいし、酔う。
・イベント目撃でカメラ(RB)をあわせても、凄い勢いで画面が切り替わるのでどこでイベントが起こっているのか瞬時に把握できない。凄い勢いの切り替わりが目に厳しいし、酔う。

とまあこんな感じです。そんな中でも最も進行に支障をきたしていたのは、変わり映えのしない背景ゆえのマップ構成の把握困難ぶりかなあ。

原作アリのゲームながらも世界観及びキャラクター、ボス戦などの要素は面白いものが多いので、トータル的にイマイチ判定が下ってしまうのは惜しいとしか言いようが無いなー。Conanが気に入ったので似たようなものを感じたこのゲームにも手を出したんだけど、及ばなかった。

■「BEOWULF The Game」(04)/XBOX360/アクション/UBISOFT

難易度Legendでクリア。

難易度Thaneの時は属性Heroicでのプレイを死守しましたが、今回の2周目LegendではCarnalで。蛮族プレイ。ひらすらに蛮勇プレイに徹しました。

蛮族プレイはBボタンで組み付いてからの背骨折りを執拗に仕掛けていました。ジャガりまくった。キャメルクラッチしまくった。ラーメンには出来ないけど、バリバリ折りまくったよ。画面的には普通に地獄。Fury解放(Rトリガー)だと更に蛮勇度が高まる。本能のままに殺害しまくるのは面白いんですが、Furyモードだと味方もお構い無しに攻撃するというデメリットもあります。自分が死ぬとゲームオーバーなのは勿論なんですが、味方リーダーが死んでもゲームオーバーになります。Furyで無造作に組み付いてジャガってぶっ殺した相手が実は味方リーダーで、直後画面が真っ赤になるコトも何度か味わった。まあ、そんな具合に敵味方の見分けが付き難くなるという欠点もありますが、それでもCarnalは爽快だったわ。

2周目というコトもあり、スイスイと進められたのも気分が良かった。1周目は10時間以上かかったけど今回は5時間ぐらい。勝手が分かっているとこうもスムーズに遊べるのか。正直Legendだからという理由で苦戦する局面は無く、難易度の差は全く感じなかった。単純に未見故に1周目のほうが難しかった。

ラスボスを倒した直後のべオウルフの台詞がヒロイックの時とは異なっていたような。ヒロイックの時はゴールデンボーイの苦悩の人生を理解して、謝っていたような気がするんですが、今回はとことん罵倒していたような。まさに蛮性。蛮勇というか、ここまで来ると単なるアル中っぽかった。

何はともあれ、これにて「Beowulf」も無事クリア完了。映画版が観たい気持ちは益々高まっています。

  • Genre:

■「BEOWULF The Game」(03)/XBOX360/アクション/UBISOFT

Act3をクリア。残っていたのはエピソード15・16そしてエピローグだけであった。二幕が長過ぎた。

金色の鏡のようなトコロから三幕に突入できます。主人公がえらい老いてるんですが。理由が知りたいので原作の映画に興味が沸いた。べオウルフの一生を描いているのかなあ。鏡で未来を視ているようにも思える演出だったのですが、エンディングはそのままの流れだったしなあ。映画ではなく更なる原典に当たろうかとも一瞬思ったけど、詩ですよね確か。それはキツそうだ。

15面はほぼボス登場演出のみで、戦闘無し。そして16面でのラスボスとの一騎打ち。近寄ってきたトコロを回避、足での踏み付けを回避しつつ強攻撃、ボスがまた遠ざかる、この繰り返しで時間をかけつつダメージを与えた。これ以外に何かイイ方法あったんだろうか。ジリジリとしか減らなくてマジで時間掛かった。後半はボタンアクション。べオウルフがジャギジャギ自分の腕を斬ったりするんですが、シグルイを読んだ身にはそれは無理だろうとしか思えないシーンでした。状況が状況なのでアドレナリン出まくっててセルフ切断も可能なんだろうか。

そんな感じでどうにか終了しました。次は難易度Legendに入ります。

  • Genre:

■「BEOWULF The Game」(02)/XBOX360/アクション/UBISOFT

難易度Thaneで進行中、Act2をクリア。エピソード5~14までがアクト2。長かった。

それなりにゲーム内容が分かってきた。Carnal(蛮族/赤)かHiroic(英雄/青)、二つの属性があります。エピソードクリア時やObjectiveなる小バトルを終えた際に、戦闘傾向によってどちらかの属性の評価が下り、対象属性のメダルが貰える。集めたメダルをアップグレードに振り分けていく。目指すのはヒロイックですよ。具体的にどういう戦い方が属性に影響を与えるのかというと、大体以下。

・蛮族:右トリガーでの蛮性解放からの攻撃/Bボタンによる組み付きからの野蛮な攻撃全般
・英雄:味方に敵を倒させる/回避攻撃/強攻撃(踏み付け等)

もっと色々細かく設定されているんだろうけど、とりあえず自分はこんな感じに把握。ヒロイック狙いなので味方に頑張ってもらう方向で。自分は回避しまくって皆さんにエールを送りつつ戦いの邪魔にならないようにウロウロするのがメイン。それが英雄。 そんな進め方をしているので、たまに自力で倒さなきゃならないシーンが来るとえらい手間取る。

アクト2で躓いたシーンは以下。

エピソード11。最後のObjectiveである十字架を守るシーン、現段階では最難関だった。敵が何度も襲撃をかましてきて、容赦なく十字架をワシャワシャと攻撃しやがる。途中で寝たくなったけど、多分再開したら11面の最初からになるんだろうなーと思って意地になって続けてた。
二個ある大岩の内一つはトロールまで温存しておくのが良さ気。ああ、この面を上位難易度でプレイするのを考えると憂鬱になってくる。クリアできるのか自信がない。

エピソード12。苦戦というワケではないのですが、Hiroic評価が中々出ないので何度かリセットした面。雑魚バトルにもキッチリ参戦して青傾向で戦い抜いて、ボスであるBreccaにも回避からの強攻撃。時間をかけて青い戦いしてたら、何とかヒロイック評価を出せたよ。

エピソード13。船が岩に突っ込む前に悪霊柱を破壊するシーンで、壁を移動するトコロ。左の取っ手まで遠くて届かない。方向スティックを左(右)に入れるとべオウルフが左右に揺れてジャンプに勢いが付くというトコロまでは何となく分かったけど、そこでBを長押しというのに暫く気付かなかった。長押しで飛ぶ距離が伸びるという事実に、13面まで気付かなかったとは。

他にも、全体的に仕掛け云々よりも画面の見にくさに躓いた。5面6面の沼地やらマジで見づらかった。上から覗き込むようにプレイしています。このゲームやってるとアゴが上がってくる。画面の明るさ弄ったほうがいいのかな。

  • Genre:

■「BEOWULF The Game」(01)/XBOX360/アクション/UBISOFT

実績内容、そして「ゴッドオブウォー」のバッタモン扱いの世評からCONAN臭を感じたので、CONANにハマった自分には向いているのではないかと思って購入。ゲーム画面を全く知らない状況で購入した。

難易度Thaneで開始。アクト1(エピソード1~4)をクリアしたトコロまで。第一印象は、微妙だなコレ。3Dゲームに初めて酔ったかも知れない。な、何で酔うんだろう。予期しない勢いでカメラが寄ったりするからだな。ちょっと乱戦になるだけで眩暈がしてくる。

序盤から当然の如く躓きました。崖を登った次の崖でどうすればいいのか迷ったし(方向↑+Bで飛び移れた)、シーサーペント戦でも時間かかったし、船の舵指令の音ゲーチックなものも迷った(Yは長押しというのにしばらく気付かず。音ゲーやってれば即分かったんだろうか)。先は長そうだ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR