1. Top » 
  2. 旋光の輪舞

■「旋光の輪舞」総括/XBOX360/シューティング/グレフ

対戦要素が色濃いゲームはオンライン環境に無いと寿命が短いなー。「ギアーズオブウォー」もきっと似たようなポジションなんだろうけど、個人的にFPS/TPS慣れしてない自分なのでギアーズはオフ部分だけでも長時間ヒイヒイ言いながらプレイしていた。
一方で「旋光の輪舞」は操作部分で新しくそれ用の「脳-手」間直通回路を開拓する苦労が無く、画面の視方も慣れるのに時間が掛からず、すぐスムーズに動かせるようになれて、あっさりともうこの辺でいいかな感覚に。とは言っても、対戦するには余りにもワンパターンな動きしかしてないんですが。まあいい。ツィーランで新たな世界に開眼したのでいい。それだけでもこのゲームをプレイした価値があった。開園したら入場しよう。

グレフはメタルブラックチルドレンの横シューを出していますが、あっちは移植しないのかな。PS2に移植したんだっけ。是非360にも移植をと望んじゃうんですが、3Dでそれなりにスペック使ってます感のあるゲームじゃないと出し難いんだろうか。出すにしてもXBLA(DL販売)になっちゃうのかなあ。パッケージ販売だと、「ライデンファイターズ」みたいに三作纏めたりしないとボリューム面で発売し難いのかのう。そんなコトは気にせずに是非。ほら、「式神の城3」とか前例があるじゃん。

■「旋光の輪舞」(03)/XBOX360/シューティング/グレフ

スコアアタックモードを一通りプレイ。

櫻子さんが一番稼げますね。他のキャラはクリアするにもコンティニューが必要だったけど、ノーコンティニューでもいけた。スコアも櫻子さんだけ3000万ぐらい突破できたりと、抜群の稼ぎやすさ。Bのスプレッドなバリアでコンボをボコボコ繋げられるというのが点数跳ね上がりの強みだろうか。きっと、本腰入れてスコアアタックしてる人達の中でも櫻子さんだけ桁が異なっていそうだ。

オフライン専門なのでこのゲームもこの辺で一区切りに。ちょっとやり込み度が足りないけどさあ。早いけどさあ。もうトレーニング放置で「100時間プレイ」の実績も解除しちゃったしな。

  • Genre:

■「旋光の輪舞」(02)/XBOX360/シューティング/グレフ

■ファビン・ザ・ファストマン
敵として出てくる時はやけにツンツンしていたんですが、プレイヤーキャラとして始めると単なる熱血漢な雰囲気すらある。エンディングも何だか友情系だし。

■三条櫻子
26歳で選択キャラ中最年長。バッドエンドだったんですけど、これって難易度でラスト変わったりするのかなあ。後日別難度でもプレイしてみよう。

■リリ・レヴィナス
本来なら僕が一番気に入るであろう造型。最初、胸部分だけ肌露出させているのかと思って何てマニアックかつフェチ狙いなキャラなんだと思った。肌ではないのが残念ですが、ブラだと思うコトにします。

■ペルナ
女性型アンドロイド。衝撃。女性型。てっきり男だとばかり。女なビジュアルなんですが、ツィーランで慣らされていたので。ああ、よく見たら胸あるな。個体ではなく群体存在というコトで、スタートレックのボーグを萌えビジュアル化させたようなもんでしょうか。

■カレル・ヴェルフェル
超強い。何だこの火力は。ショットでゴッツリ減らせる。設定上では旧式に乗っているのに超強い。これは呂布だ。最初のこのキャラ選んでいたら余りにも爽快で他のキャラ使えなくなっていたかも知れない。

そんな感じで、一通り選択キャラ弄りました。どのキャラでもボス戦がキツかった。櫻子さんだけはリトライ数少なめで越えるコトが出来ました。年の功です。

最初の頃こそ遠くからショットでジリジリ削っていくプレイをしてましたが、接近して強引にブン殴る形に落ち着いてきています。

  • Genre:

■「旋光の輪舞」(01)/XBOX360/シューティング/グレフ

「旋光の輪舞 リビジョンエックス」をプレイ開始。アーケード版は全くの未プレイ。ゲーセンに行かなくなってた時期に出たのかなあ。

シューティングという括りにしたけど、手触りは浮遊タイプ対戦格闘で、サイキックフォース辺りが近い。多少の被弾は前提な感じなので、弾幕シューティングの肌理細かさは不要。本気でやるならチマチマ全部回避するのかも知れないが、そこまではやれない。

ストーリーモードで各キャラ挑戦中。

■ミカ・ミクリ
ボイスで衝撃。男なのか。パッケージを見ていただけの時点では女だと思ってた。ミカってのは姓なのかコレは。このゲーム、キャラクターだけ見たら「D.Gray-man」のファンとかに受けそうだよ。

2面から早くも躓きだしたので、難易度をベリーイージーに変更。あー、ラクだー。気楽に出来ていいわー。しかしラスボスだけは何度もトライするコトになった。ラストだけ通常のシューティングに近いノリになった。コンティニューを続けているとラスボスは弱くなるので、それでようやく勝てたよ。「1時間プレイ」の実績も同時に解除されてやるせない気持ちに。さ、最初のキャラなのにそんなにトライしてたのか。

■ぺク・チャンポ
例によってラスボスの要塞で詰まる。打開策もまた、コンティニューを繰り返してボスが弱くなるのを待つという受け身な手段で。

■ツィーラン
衝撃再び。男なのか。女ボイスで安心したのも束の間、設定見たら性別が男。これは有りだな。目覚めた。ロード画面の尻、説明書キャラクター紹介の格好、これは目覚めざるを得ない。ブリジットでは覚醒しなかった自分ですが今回は甘んじて覚醒させていただこうか。

先の2キャラではサブ攻撃で動き止めてメインショットで集中、というのを繰り返してテキトーに凌いできたのですが、ツィーランはサブウエポンも当て難いメインショットもバラけるのでダメージ効率が悪い。というワケで、ダッシュで近付いての近接攻撃に目覚めた。目覚めざるを得ない。

ラストが要塞じゃなかった。タコみたいロボだった。ラスボスは数種いるのか。このボスにも何度もやられて、しあわせしあわせ何度も聞かされた。ていうかしあわせ、途中から敵が言ってるのかプレイキャラが言ってるのかすら分からなくなってた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR