1. Top » 
  2. GRAW

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」総括/XBOX360/アクション/UBISOFT

難しくてギブアップ。途中から無敵使ったよ。FPS/TPSが主流で作り込みも尖がってきている海外ではこれぐらいが丁度いいのかなー。自分には情熱が足りないなと実感した。イマイチハマれなかったわ。ミリタリー的な方向への興味も薄いし。これがファンタジー/SFな大幅にフィクションを強調した世界観ならもうちょい頑張れたかも知れぬ。

それにしても360は戦争FPSが多いよなあ。昔もどれも同じようなゲームに見えたんだが、360ユーザーになった今でも油断すると見分けが付かないよ。80%ぐらいの外人の趣味はサバイバルゲームなんじゃないのか。じゃなきゃこんなに出ないだろ。FPSを好きになれたら幸せな日々を送れそうだ。2Dシューティングが好きなので360ユーザーな今は充分幸せだったりするがな。

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(06)/XBOX360/アクション/UBISOFT

残っていた3つのミッション「道路を確保せよ」「オンティベロスを拘束せよ」「スーツケースを探せ」を、無敵チートを使って最後まで見た。無敵チートは、ポーズ中に『バックボタン・Lトリガー・Rトリガーを三つ同時押ししながら、Y・Y・X・RB・X・LB』。

とてもじゃないけどこれは自分には無理だったろうなーと思わせるシーン満載であった。ていうかこれってストーリー上では3日間ぐらいの間の出来事なの? 大尉をこき使いまくってるな。僕の腕じゃあリアルで3日以上かかりそうだ。

ハードのほうも無敵使ってプレイしましたが、2億回ぐらい死んだんじゃないかな。延々と銃弾を食らい過ぎて、トリガー引いても弾撃てなかったりしたよ。うちのミッチェル大尉はその辺のスペランカーなんか目じゃないね。

無敵使ってもどう進行させていいのか迷った場所は、オンティベロス拘束の面での「屋上の狙撃手に注意せよ」というトコロ。何をやっていいのか分からなくなった。スコープで探したら狙撃手が2名ほどちゃんといて、倒せば進行だったワケですが。
ハードで「米軍戦車を確保せよ」をプレイしてて、味方戦車がトンネルで装甲車に足止めされているシーンでも、手榴弾が無くなってハンドガンになっててどうやって装甲車を排除していいのか分からなかった。弾薬補給してもハンドガンの補給になっちゃうし。ここは諦めてロードし直した。

というワケで「GRAW」も自分なりにこれで終了。FPS/TPSには慣れてきてたと思ったけど、そんな思いは打ち砕かれた。まだまだ勝手が分かってないんだろうなー。

  • Genre:

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(05)/XBOX360/アクション/UBISOFT

「スーツケースのもとへ向かえ」をクリア。この面だけで4時間ぐらいかかった。

5シーンほどある面ですが、最も難関だったのが3シーン目。武器を変更してから広いところに突入するシーン。何処からか分からないけど狙撃されている。無視してゴール(次のセーブポイント)突っ切ろうと試みるコト幾たび。無理っぽい。北の方に固まっている小屋側に速攻で向かい、プチプチと敵兵を撃ち殺して進む方法を取ったら何気に良さそう。途中から狙撃もされなくなったし。この調子で門に飛び込めばセーブポイントかと。そう思ってたらいきなり狙撃。ここでようやく敵スナイパーが何処にいるのか判明した。タンクの上だった。この時点で恐らく2時間以上経過していた。映画一本観れる。

武器選択でこっちも狙撃系を持ち、まずは速攻でスコープ使ってタンクの上の狙撃兵から退治。だいぶ意味が分かってきた。小屋側に回らずとも、南側からスナイプでジリジリと敵兵を減らして進行。装甲車も乗ってる兵士を狙撃しちゃえばそれで良かったのね。

門から先にもまだ敵は配置されていた。このシーンをやり始めた数時間前に、敵を無視してゴールまで突っ切ろうとしていた自分が恐ろしくなる。それは無理な話だった。次のセーブポイントまで突っ切ろうという発想は「バレットウィッチ」で生まれたんだよなあ。「GRAW」は無理。

その後の4シーン目5シーン目もスナイプメインでじっくりと進行してギリギリクリア。ギリギリ。マジでもう限界。というワケで、打ち切りの方向で。

  • Genre:

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(04)/XBOX360/アクション/UBISOFT

「米軍戦車を確保せよ」「米大統領を護衛せよ」までクリア。

前回のチャプルタペック城攻略は猛烈に苦戦して「これは中盤の山場だから」と自分に言い聞かせていたんですが、それを越えても余裕で苦戦。そろそろこのゲームにも限界を感じてきました。

「米軍戦車を確保せよ」は前半でまた凄い回数死んだな。最初にパイロットの所に辿り着くまでのシーン。敵をロクに排除しないで強引に回り込んで目的地に突入したら何とかなった。
戦車を牽引して弾薬補給までのシーンでは、トンネル部分で出てくる装甲車を無視して進んだんですが、それだと戦車を足止めさせられてイベントが進まなかった。引き返して後ろから装甲車を倒したよ。
最後のバリケード突破は、自分はショートカットを使って隠れつつ、戦車に頑張って貰った。遠方でドッカンドッカン敵戦車が爆発してる音を聞くのは気分がいいなー。

「米大統領を護衛せよ」は戦車を引き連れて行けてかつルートがシンプルな前半よりも、ゴースト部隊(人間)しか味方のいない中盤以降がツラかった。敵スナイパーの恐怖を十全に味わった。味方に頑張ってもらおうにも、撃たれて倒されちゃってる局面のほうが多くなってきた。まあ、狙われ放題のだだっ広い場所に移動指示出してる自分が悪いんですが。治療に近付こうとしたら自分も狙撃される。

  • Genre:

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(03)/XBOX360/アクション/UBISOFT

「防備を排除せよ」をクリア。
この面だけで2時間ぐらいかかった。延々とやってたので途中で宗教に目覚めそうになった。中盤の山場で難しかった、というコトにしたい。次の面からは少しラクになると思いたい。

チャプルタペック城の防備を一掃するのが目的のステージ。
何が難しかったかといえば、一人行動だったのがまず難しかった。味方に指示を出して自分はのうのうと物陰に隠れてるという戦術をこれまでのメインにしていたのでいきなり単独行動になったのが厳しい。最後まで単独だった。いつもは終盤にヘリやら戦車が援軍として出てくるのにそれもなかった。ていうか最後は敵のヘリが出てきやがった。そして最初のセーブポイントまでやけに長く、何度もリトライを繰り返してて萎えた。前半部分がキツかったな。ジリジリ進めているのにいいように殺されまくった。

中盤で暗視ゴーゴルの使用指示みたいのが出るんだけど、もうそれは前の面から使いまくってるよ。久々に暗視解除するとキメ細かいグラフィックになる。これが本来の映像なのか。勿体無い。その本来のグラフィックを堪能したいけど、命懸けなプレイヤーである自分としてはゴーグルが無いと辛いよ。敵の位置も分かりやすいしメリットのほうが大きい。デメリットもあるんだろうけど、現段階では酔い易いとかそういう僕個人に関する外的な理由しか見当たらない。

  • Genre:

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(02)/XBOX360/アクション/UBISOFT

「バランタイン大統領を確保せよ」「ベナ大統領を護衛せよ」「反乱軍前哨地を無力化せよ」までクリア。

ベナ大統領を防衛するシーンで物凄い回数死んだ。ギアーズオブウォーで死にまくっていたあの頃を思い出したよ。
近くの柱を隠れ拠点にして、その左のほうで敵を撃ち、ある程度倒したら自分も大統領の近くで隠れて援軍(空)を待つ、援軍が来たら指示を出して敵装甲車他を一掃してもらう、という方法でどうにか突破。いきなり物陰に隠れて援軍を待ったら大統領が撃ち殺されてしまった。
援軍がくるのは、物悲しくも神々しいBGMが終了した時。物陰に身を潜めながらこのBGMを聞いているのは、妙な気分だった。戦ってないじゃん。大尉として戦場での行動はこれでいいのか。そんな悲愴さを感じさせるBGM。

前哨基地潰しは夜ステージで、赤外線ゴーグル大活躍。ゴーグルのオンオフが1ボタンに振り分けられている程ゴーグルは重要なのか、と思ってたんですが、使い出すともう戻れないかも。それぐらい便利だった。ただ、普段以上に酔うわ。
このステージ、まずは2箇所あるバンカーを破壊するのですが、時限爆弾を設置するというのに気付かず意味もなくウロウロした。そして最後の基地破壊では例によって死にまくり。ちょっとずつスクロールさせて敵を地道に倒して安全確保、というのが重要なんだろうけど、やっちゃうんだよなあ。ワシャワシャ進行しちゃう振る舞いを。

  • Genre:

■「ゴーストリコンアドバンスウォーファイター」(01)/XBOX360/アクション/UBISOFT

最初の訓練面で「大尉、実戦なら死んでました」なんて台詞を50回ぐらい聞かされてしまった。これは先が思いやられるわ。戦車壊そうとして延々とグレネード攻撃仕掛けてたんだよ。

FPS/TPS的なものは久々。ギアーズオブウォーの洗礼を食らったのがもう一年以上も前なのか。多少は勝手が分かってきている、と思いたい。仲間に頑張らせて自分は安全な場所に避難しているという局面を積極的に作っていこう。それでいいのか。恐らくそれでいい。

難易度ノーマルで開始。「訓練ミッションを完遂せよ」「ラミレスのもとへ向かえ」まで終了。序盤も序盤。「ラミレスのもとへ向かえ」終盤では仲間のみならず、ブラックホークなる援軍機の攻撃も要請できた。あーいいわー。こんな感じで自分はロクに戦わずに最後まで行きたいな。大尉はそんなに偉いのか。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR