1. Top » 
  2. ダークセクター

■「ダークセクター」総括/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

通常のFPS/TPSな画面フォーマットでありながらグレイヴという武器の存在一つでプレイ感覚が異なる内容になっているゲーム。これはいい。楽しかった。ガンシューティングの皮を被ったゼルダ。

僕が元々FPS/TPS不得手で幾つかプレイしたけど今尚慣れていないタイプの人間なんですが、「ダークセクター」は存分に楽しめた。画面周りが従来のガンシューティングっぽいってのはガンシュー好きな海外ユーザのとっつき易さに加担して、実際プレイすると違ってるんだけどゼルダ式の謎を解きつつ進める楽しさに目覚めるコトが出来る、というのはなかなか考えているんじゃないだろうか。FPS不得手な僕が購入に至ったのは世界観が良さ気だったという理由ですけど。

セーブポイントが細かく入るってのも僕としては丁度良かった。初心者には結構戻されてうんざりするゲームもあるんですがこの「ダークセクター」に関しては丁度いいと感じさせる頻度。まあ、たまに「また最初からかよ」というシーンもありましたが、それでもそんなシーンは極力少なめになっていて挑戦意欲が削がれるコトは無かったよ。

■「ダークセクター」(05)/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

難易度「Brutal」をクリア。

1周目では謎解きに足止めを食らう局面が多かった。2周目ではそれが無い分すんなり進められると思ってたんだけど案外苦戦した部分があちこちにある。具体的には敵が大量に沸くシーン。純粋に混戦で苦労した。8章の吹き抜け大ホールのトコロとか時間かかったなあ。敵が人海戦術でくるシーンでも大半は無限沸きではないのでFPS/TPSの初心に帰ってジリジリと数を減らしていけばいいんですが、時間かけてだいぶ倒したトコロでうっかり殺されちゃうのは萎えるものがあったよ。

通常難易度との違いとして、「Brutal」では主人公の受けるダメージが大きい。敵の攻撃力が高まっているのか主人公の耐久力が弱まっているのかどちらなのか分からないけどとにかく死にやすい。隠れてダメージ回復を待つのが重要になってくる。だがしかし他の高難易度FPSゲームに比べれば全然何とかなるレベルだったよ。なんせ僕がクリアできたんだ。

2周目というコトで、取りこぼし実績も狙いつつプレイした。多少実績解除意識してプレイしてたのは以下。

■調査主任
全てのアップグレード(スーツケース)を入手で解除。この手のコレクト系は攻略サイトを見つつプレイしても大抵どこかで取りこぼしがあるんですが、どうにか入手し切った。良かった。ここのを入手したら最後、のスーツケースをゲットした時にカコンと実績解除が来た時は驚いた。え?取りこぼしなかったの?と。「コナン」の宝箱コンプ狙いで何周も挑戦してた過去があったので自分を信じていなかった。

■ダブル・ヘッドショット
4章の橋でのゾンビ無限沸きで狙おうと思ってたらそれ以前の場所で解除できた。運が良かったよ。狙ってると取れないのに何も考えてない時に解除されてビックリしたわ。

■マイスター系
エレクトロニック・マイスターは1周目で解除出来ていたのでフロスト・マイスターとフレイム・マイスター狙い。これらは恐らくリトライしても累積されているんじゃないだろうか。なので1周目で全部解除できてなかったコトが自分としてはおかしい。あんだけ死んでたのに。

こんな感じかな。オフラインで解除できる実績800はどうにか全て解除できた。そんなワケでこのゲームも終了とします。

  • Genre:

■「ダークセクター」(04)/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

残っていた9面10面をクリア。9面ボスのネメシスはリトライ数少なめで突破出来ましたが、ラスボスには一苦労。

ラスボス攻略は、まずは触手の中ほどにある王蟲の目みたいな発光してる部分を攻撃、すると触手が停止して先端部分が開きっぱなしになるのでそこに雷グレイヴ。触手を全部始末するとおじさんがバリア解除してガス攻撃してくるので急いでおじさんを銃撃、これを3セット繰り返せば終了。
1セット目は触手が3本、2セット目は触手2本+ゾンビ、3セット目は触手5本。

王蟲の目を攻撃すると触手が開くってのに中々気付かなかったなー。1セット目の段階では結構触手が勝手に開いてそこにマグレで雷グレイヴ当てたりできるんだけど、2セット目からは王蟲の目を狙わないとまず無理になる。一瞬開く時もあり、その瞬間に当たるのを期待してほぼ無造作にグレイヴを放つのを繰り返していた。こっちもそうそう死なないんだけど、ボスの倒し方も分からずに時間が流れていった。30分ぐらいそんなコトやってたわ。気づけよ自分。2セット目が一番大変だった。ゾンビの処理もしなきゃならないし。

エンディングを見てタイトルに戻ると上位難易度「Brutal」が選択できるようになっていた。最兇難易度なんて禍々しい表現がされていますが、そんなに差は無いだろう。ていうか二種類しか難易度無いのに最兇難易度だなんて。引き続き「Brutal」に挑戦しますよ。

  • Genre:

■「ダークセクター」(03)/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

8面までクリア。8面で主人公へイデンが全身スーツを入手して見た目が思いっきり変更されるのが熱い。デザインのカッコよさに痺れる。これ事前に画像で見てはいたんだけど、その時はウイルスの感染が進んでの変貌だと思ってたんだよなー。そっちのほうがダークヒーローっぽさは出るけど、こういう設定はこれでイイ。

7面ボスに例によって手こずりました。87年の感染者ことストーカーに。
このボス戦は、氷グレイヴにする必要はなかった。それっぽく氷化できるドラム缶が流れているけど、氷グレイヴじゃなくても倒せる。
攻略方法は、突進してきたら横に回避して銃撃浴びせまくり、それを繰り返して、音楽が鳴り出して87年の感染者が飛び道具出すモードになったらYでのバリアも併用しつつ今まで通り回避からの銃撃でオッケー。赤く発光して停止したら、トドメで近接のフィニッシュボタンアクション。

いやー、それにしてもゼルダだ。仕掛けを解き明かして進んでいくゲーム内容はゼルダしてる。ファミ通Xbox360の2月号で開発チームプロデューサーのジョッシュ氏へのインタビューがあるんですが、

---開発スタッフが好きな(インスパイアされた)ゲームを教えてください。

ジョッシュ 好きなゲームは「Resident Evil4」(バイオハザード4)や「Shadow of the colossus」(ワンダと巨像)、「Counter Strike」、「Zelda」(ゼルダの伝説)シリーズですね。

となっています。確かにゼルダだよゼルダ。ていうかこのインタビューはいやらしいよ。言わせたがっているだろ。インスパイア元を「ギアーズオブウォー」って言わせたがっているだろ。

  • Genre:

■「ダークセクター」(02)/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

3面終盤の敵防衛ラインらしき場所で何気に時間がかかったけど、それでもカツカツのFPSに比べるとまったりな感じで進められています。楽しい。

ようやく気付いたコトとして、「ルーブルなる金の概念がある」「光っているアイテムは破壊する等して入手可能」「主人公にはグレイヴ以外にハンドガンが常備されている」辺り。どれも重要だ。アイテムは既に取りこぼしがあるなあ。光ってるから近寄ってみた、でも取れなかったのでスルーしてたアイテムがこの段階で多々ある。上位難易度に挑戦する時に改めてコレクト系のコンプを狙おう。

4面辺りから仕掛けを解き明かすのが大変になってきた。地味に歯応えある。ゼルダ系の謎解きなので楽しいのでオッケー。そんな中、ようやく辿り着いた4面ボスのコロッサスが強いのなんの。倒せないおー。このゴリラどうやって攻略すればいいんだおー。泣きそうだおー。こんなのに勝てる人いるのかおー。何度も何度も死んでてうんざりしてきたおー。お願いだから誰か代わりに倒しておくれおー。僕には無理だおー。あ、どうにか勝てた。

コロッサス倒したけど何か質問ある?

序盤は炎グレイヴで柱の上にいるコロッサスを撃ち、落ちてきたトコロを近寄ってボタンアクション、ここまでは分かるんだけど後半の地上戦で悩みまくった。結局のトコロ、炎グレイヴをコロッサスが緑の蒸気を発している時に当てて、炎上中に更にハンドガンで銃撃をかます、というのを続けていたら倒せた。倒した時に電撃は使ってなかったので雷グレイヴは不要みたいだ。

次いで5面、初っ端のジャッカル戦にまた一苦労。トラックの積荷を炎上させて炎グレイヴ獲得、布を焼いて雷グレイヴを纏えるようにして(要アフタータッチ)、雷グレイヴでジャッカルを感電させて後ろに回りこんで搭乗者を引っ剥がしてジャッカルを強奪する、というのが攻略法でした。ジャッカルを感電させるのはこまめに3回ぐらい行なって、何とか足止めさせて方向転換させないまま後ろに回り込むのがコツかな。奪ったジャッカルを乗れるトコロまで乗って暴れるのは楽しかったなあ。このシーンだけ地味にボーナス的爽快感があったよ。

5面は終盤にてタイムリミット内で仕掛けを解き明かす局面があった。ここも何気に頭ひねらされたな。雷グレイヴを使ってのRスティック押し込み爆発、ドラム缶を炎グレイヴで炎上、更にはアフタータッチで狭いトコロをグレイヴ通過させたり。突破できる瞬間が楽しい。ゼルダだよゼルダ。主人公へイデン(&グレイヴ)の可能アクションが随時増えていくのでそれを逐一駆使して攻略していく楽しさ、これはゼルダだ。カメオだ。

  • Genre:

■「ダークセクター」(01)/XBOX360/アクション/D3パブリッシャー

ダークセクターのプレイ開始。

D3がローカライズしてるし事前情報から何となくお姉チャンバラみたいなゲームなんじゃないかと予想してたらそんなコトは無かった。むしろギアーズギアーズ言われるゲームですが、ホントにギアーズ臭している。Aボタン一発でのカバーがそう言われる所以ですが、個人的にはグラフィックに特にその匂いを感じた。1面の限りなくモノクロめいたグラフィックとか。が、ギアーズほど難しくなさそうだ。

目下3章後半まで。
2章から使える主人公へイデン専用武器であるグレイヴの独特の操作感覚が楽しい。要はブーメラン。2Dアクションにおけるヨーヨー系の武器のあの往復感覚が楽しい。この武器以外にも、敵が落とす銃火器を使って従来のようなTPSなプレイも出来ますが、テクノウイルス感染者が銃火器を使うとその武器が爆発するという設定上、あまり使いこなそうという気にならない。拾ってちょっとしたらカウントダウンっぽいSEが入るのが恐い。その後爆発する。それよりグレイヴだよグレイヴ。グレイヴ最高。グレイヴは俺の嫁。

さりげに描写規制はされてないようで、敵が余裕でバラバラになる。腕とかもげるよ。まあその辺のゴア描写に関しては僕の中ではそれ程大きなウエイトを占めてないので正直どうでもいいんですけど。これが乳規制とかなら大きくウエイト占めますけど。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR