1. Top » 
  2. CLIVE BARKER'S JERICHO

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」総括/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

突発的にやや難しいシーンがあったものの、総じて難易度は低くてどうにかクリアするコトが出来た。海外ではFPSというジャンルは飽和状態にあって、昔で言うトコロのシューティングのように、先鋭化/高難度化されて中々プレイヤーは途中参入しにくいものがあるのですが、この作品はそういう方向で突き詰めずに難度は抑えて、謎解きや世界観/キャラクターの魅力での作り込みを試みたのかも知れない。かと言って間口が広まっているかと言えば、ホラーだしそんなコトもないよな。

各キャラクターで明確な性能分けがされてて、それを駆使して謎解き/シーンを進めていく局面が多い。純粋なFPSスキルが要求されるゲームではなく、そういう部分での見せ方が前面に出されている。謎解きと言ってもそんな複雑なものではなく、何をすべきかほぼ指定される。

トータルとしての感想は、簡単だったという理由で楽しめました。海外版をプレイする度に出てくる感想の、「日本語でストーリーを味わいたかったなー」というのもまた感じましたけどね。

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(06)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

残っていた実績を解除して「ジェリコ」も終了。攻略サイトも無さそうだし行き詰ったりしたらどうなるコトかと不安だったけど何とか完了出来て一安心。実績コンプリートを目指す場合、ハードで開始して一通りプレイしたら、未解除の実績を「HISTORIC MISSION」で埋める、というのが良さ気。

●「難易度ハードで操作中のキャラクターが戦闘不能になることなくクリア」系実績
戦闘不能になりかけたら別のキャラに急いで乗り変えるという手もある。もしやられたら、最終チェックポイントからやり直せば大丈夫。下記の内、★が付いているチャプターのみ、この実績に該当。

・AL-KHALI(CURRENT TIME)
1-1 THE STORM
1-2 THE TOMB
1-3 OPERATION VIGIL
1-4 AL KHALI
1-5 GREEN
1-6 MAN DOWN!

・WORLD WAR 2(1942)
2-1 STILL WITH YOU
2-2 THE PATH OF SOULS
2-3 BLACKWATCH
2-4 AMBUSH
2-5 FLAMES OF ANGER
2-6 EXORCISM
2-7 BRANDENBURG GATE

・THE CRUSADES(1213)
3-1 RIVERS OF BLOOD ★
3-2 MOTLEY CREW
3-3 SEWERS
3-4 OUT OF THE FRYING PAN...
3-5 TORTURED SOULS
3-6 BLACK ROSE

・ROMAN PROVINCES(38)
4-1 IMPERIUM ★
4-2 THE LOW ROAD
4-3 DECADENCE ★
4-4 TEMPLE OF PAIN
4-5 GARDENS OF HELL
4-6 MORITURI TE SALUTANT ★
4-7 GUTS

・SUMERIA(BC3000)
5-1 THE GODSEAL
5-2 SPIRITUAL GUIDE
5-3 SKIN ★
5-4 FLESH ★
5-5 BLOOD ★
5-6 SACRIFICE
5-7 PYXIS PRIMA

●「○○で敵を○体倒す」系実績
一通りプレイしてから、足りないのを「HISTORIC MISSION」でこなせばOK。これ系の実績は以下。

・「CPT.DEVIN ROSS FILES」 接近戦(刀を含む)で敵を50体倒す。
・「CULTIST DOSSIER」 接近戦(刀を含む)で敵を100体倒す。
・「THE FIRSTBORN PRTFOLIO」 接近戦(刀を含む)で敵を250体倒す。
・「SGT. FRANK DELGADO FILES」 ヘッドショットで敵を50体倒す。
・「FR. PAUL RAWLINGS FILES」 ヘッドショットで敵を100体倒す。
・「FLYING CULTIST DOSSIER」 ヘッドショットで敵を250体倒す。
・「EXPLOSIVE CULTIST DOSSIER」 ブラックのグレネードランチャーで敵を50体倒す。
・「FLAMETHROWER DOSSIER」 ブラックのグレネードランチャーで敵を100体倒す。
・「OSS BRITISH COMMANDOS FILES」 ブラックのグレネードランチャーで敵を250体倒す。
・「LT. ABIGAIL BLACK FILES」 ブラックのゴーストビュレットで敵を50体倒す。
・「GRENADIER DOSSIER」 ブラックのゴーストビュレットで敵を100体倒す。
・「MACHINEGUNNER DOSSIER」 ブラックのゴーストビュレットで敵を250体倒す。

接近戦はチャーチのRB&刀がオススメ。
ブラックのゴーストビュレットでヘッドショットを狙うと一石二鳥。
稼ぎ場所は、4-2の「THE LOW ROAD」後半の大量に敵が沸いてくるトコロがイイ。接近戦・ゴーストビュレット・ヘッドショットをここでこなして、グレネードランチャーは、5-2の「SPIRITUAL GUIDE」で。5-2で、ランチャー10発使い切ったら敵にわざとやられてリトライ。リトライしてもカウントは累積されている。

  • Genre:

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(05)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

最終面、ステージ5「SUMERIA(BC3000)」をクリア。

「THE GODSEAL」「SPIRITUAL GUIDE」「SKIN」「FLESH」「BLOOD」「SACRIFICE」「PYXIS PRIMA」の7チャプターから構成。皮、肉、血の中盤のチャプターでボス戦が連発するのが熱い。

「SKIN」、まずは真ん中にいるボスをブラックで攻撃。RBやRTを上手く連発してヘッドショット中心で当てていけば早く倒せる。LTのグレネードランチャーよりもRTのほうが自分としては早かった。倒したら、ジョーンズで磔になっている男に憑依、そこからアイアンメイデンの蓋を開ける(Aボタン)。蓋を開けたらブラックに切り替えて、アイアンメイデンの中にいる奴をRTやRBで倒す。もたもたしてると蓋が閉まっちゃう。素早く確実に攻撃を当てて行けば、一回の開封内で倒せる。

「FLESH」、像の真ん中にボスがいるけど、周囲の4つの歯車に磔になっている奴らから攻撃。歯車4つを倒すと、ボスの上方にぶら下がっている奴が動き出すので、撃つ。背中が弱点。暫くすると歯車が復活するのでまた歯車退治から。それを繰り返してぶら下がっている奴を倒すと、ようやく中央のボスと戦えるようになる。ただし、雑魚が大量に出てくる上に歯車退治もまたやらなきゃならないので大変。このボス戦はデルガドで凌いだ。最初はブラックでやってたけど、ぶら下がってるのを倒した直後の雑魚が厳しかったので(他キャラに乗り移ろうとした瞬間に殺されたりする)。

「BLOOD」、ぶら下がっている繭を全部撃って、その後2体のボスをブラックのグレネードランチャーで倒す。「SKIN」や「FLESH」に比べれば簡単であった。それでも5回ぐらいはリトライしたけどな。

そして「PYXIS PRIMA」でいよいよラスボスのファーストボーンと対決。何をどうすればいいのか最初全然分からなかった。通常銃撃は効かず、相手の攻撃と同様のサイキック攻撃をする必要があった。ブラックのLB、ローリングスのRB、デルガドのRB、チャーチのRBの順。ローリングスの時でえらい手こずった。ずっとRBではなくLBで応戦していた。RBって回復なのでこれじゃないだろと思って。

これにてストーリークリア。エンディングはホラー作品らしい唐突な幕切れだった。何がなんやらという最期。だが満足。

  • Genre:

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(04)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

ステージ4「ROMAN PROVINCES(38)」をクリア。

「IMPERIUM」「THE LOW ROAD」「DECADENCE」「TEMPLE OF PAIN」「GARDENS OFHELL」「MORITURI TE SALUTANT」「GUTS」の7チャプターから構成。

「THE LOW ROAD」で、燃える床エリアをデルガドのLBでガード出来るのに気付かずにそのまま燃えてしまった。そしてこの「THE LOW ROAD」は後半で延々と敵が湧いてくるシーンがあり、倒しつつ『合ってるの? これでいいの? 無限沸きなんじゃないのコレ?』とずっと疑問を抱きながら戦っていた。結局無限沸きだったのかどうだったのかよく理解してない。途中で場所変えたら話が進んだけど、敵が沸くのが止まるタイミングと一致していただけかも知れない。

「TEMPLE OF PAIN」でタイルを踏むシーンでもまた詰まった。十字ボタンで仲間に指示を出して自分の届かないタイルを踏ませる、というのが暫く分からなかった。十字ボタン左右でアルファ部隊オメガ部隊それぞれ別個で待機させられる。ここに至るまで使ったコトのないコマンドであった。

「MORITURI TE SALUTANT」、闘技場でのバトルなんですが、後半に出てくる背中を狙わなきゃならない大き目の敵に一苦労。橋越しに距離を取るのがコツだろうか。プレイヤーが操作しているキャラが発砲するとそのキャラに向ってくるので(結構素早いので距離を取るのが重要になる)、すかさずスイッチで別キャラに移動、背中を攻撃。「操作中のキャラクターが戦闘不能になることなくクリア」系実績に該当するチャプターだったので、何度もリトライした。

「GUTS」、ボスキャラのヴィカスはメタボ全開という見た目が愉快だったけど弱かった。天上からぶら下がってて、腹をかっ開いて血を浴びせてくるという変態攻撃をかましてくるんだけど、何も考えずに腹に銃撃を浴びせていれば倒せた。倒した後、ブラックのLBで中央に押して4面終了。

  • Genre:

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(03)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

ステージ3「THE CRUSADES(1213)」をクリア。

「RIVERS OF BLOOD」「MOTLEY CREW」「SEWERS」「OUT OF THE FRYINGPAN...」「TORTURED SOULS」「BLACK ROSE」の6チャプターから構成。

「RIVERS OF BLOOD」から登場する王蟲チックな敵の倒し方がちょっと迷うかも。前面の6箇所の弱点を狙い撃ち。場合によっては、その後チャーチで近付いてトドメのコマンドアクションを入れる必要がある。

3面は全体的にデルガドのRB攻撃(誘導ドラゴン炎)でジリジリと切り抜けた。ていうかデルガドのRB、これ使えるな。隠れててスナイプが大変な敵もホーミングで焼いてくれる。

そんな具合にデルガド万歳状態で進めていたので、「SEWERS」でのチャーチ単独行動の局面がやや苦労した。LBのファイヤーワードを使うようなメッセージが出るシーンは、RB(&刀)のほうがやり易かった。あのメッセージは罠だ。

他に苦労したのが「BLACK ROSE」でのボス戦。ボスのマルセウスが接近してくる→停止して浮上→爆発、これがキツかった。爆発すると大半の味方が戦闘不能になってその治療にてんやわんや。爆発後のバリア無し状態の時しかダメージ与えられないし。教壇のような場所があるので、そこに引き寄せて、隠れて爆発待ち、爆発後に撃ち込むのを繰り返してたら倒せた。最後はマルセウスの召喚する亡霊にマルセウスが取り囲まれて自滅したような演出。その演出も、亡霊を吸収してパワーアップしてるのかと思ってビクビクしてた。

  • Genre:

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(02)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

ステージ2「WORLD WAR 2(1942)」をクリア。

「STILL WITH YOU」「THE PATH OF SOULS」「BLACKWATCH」「AMBUSH」「FLAMESOF ANGER」「EXORCISM」「BRANDENBURG GATE」の7つのチャプターから構成。

ロスの憑依で各キャラクターの性能を駆使して進めていく。要所要所でメッセージが出るので、誰を使えばいいのかで迷うコトはほぼない。そんな中で、「THE PATH OF SOULS」のトーチカ対策にはちょっと迷った。キャラクターをコールにして、時間をスローにした中でトーチカの背後に近付き、蓋を開けてグレネードを投げ込むってのに暫く気付かず、延々とトーチカに攻撃し続けていた。

純粋に難度が高かったと感じたのが、「EXORCISM」。硬めの敵が連射砲台ばりの攻撃をしてくるトコロ。コールで時間スロー化(RB)&グレネード(LT)を駆使してどうにか越えるコトができた。ここは2時間ぐらいリトライしてたかも。「EXORCISM」ではその後ボス戦もあるんだけど、雑魚が湧いてくる局面ではチャーチのブラッドワード(RB)が強力。ブラッドワードで敵を足止めさせておいて、LTの刀攻撃で始末。チャーチは横乳が強烈で絵的にも素敵。しかしプレイヤーキャラとして操作してるとそれが堪能できないのが難。

ボスのリクトハンマーは、ボンデージ女ナチス軍人なのかな。そう考えるとビジュアル的にとても期待できそうですが、如何せんゾンビなのが難。露出は高いです。何せ肋骨まで見えてそうです。トドメを刺すのがチャーチなんだけど、因縁めいた関係なんだろうか。英語なので分からなかったよ。

  • Genre:

■「CLIVE BARKER'S JERICHO」(01)/XBOX360/アクション/CODEMASTERS

「GRAW」の難しさでFPS恐怖症になっていて、長らく積みゲー状態にしていた「ジェリコ」なんですがいい加減開始。放っておいたらスパイクがそろそろローカライズしそうだってのもある。

ホラー小説家のクライヴバーカーがシナリオを担当。そして英語なのでせっかくのシナリオが十全に理解出来ないのが歯痒い。楽しい話が展開されてそうなのに。こん畜生。

最初のステージである「AL-KHALI(CURRENT TIME) 」をクリア。
「THE STORM」「THE TOMB」「OPERATION VIGIL」「AL KHALI」「GREEN」「MAN DOWN!」の6つのチャプターから構成。

大丈夫だ。現段階ではどうにかなっている。『ジェリコはFPSでは難度の低いほう』とか言われてても全く信用してなかったけど、自分でもどうにか進められるコトが出来ている。チェックポイントも多めで細切れ感覚で進められる。割りと序盤から、死亡時に爆発して周囲に被害を与える敵が出てきたりするのには参ったけど、まあ何とかなりそうだ。例によって味方に頑張ってもらうってのは、自分としてはFPSの基本になっている。ボタンアクションがたまに挿入されるんだけど、結構タイミングが早い。後半はこれで苦戦しそうだなー。

1面ラストでは、ジェリコ部隊隊長であるロスが化け物に襲われて死亡、それでどうやら霊体になって、他の隊員に憑依できるようになる。キャラをチェンジできるってシステムはこんな感じでストーリーに絡んでいたのね。1面はずっとロスでのプレイだったので、2面以降が本番。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR