1. Top » 
  2. トゥームレイダーレジェンド

■「トゥームレイダーレジェンド」総括/XBOX360/アクション/スパイク

ゼルダ的に、謎解き中心にエリアを進めていくアクションゲーム。舞台が遺跡メインなのは、ゲーム内容に即してる上に冒険感覚を増幅させてていい感じ。

その場その場のオブジェクトに注目して、それらを組み合わせて解き進めていく感じ。でも、「はいここ謎です!」とイベント的に設置されている謎よりも、掴まれる壁とかが分かり難くて迷う局面のほうが多かったな。単なる背景なのか違うのか見分けが付かないという、グラフィックの向上の弊害。多かったというか、行き詰った時は大半がそんな理由だった。
ボス戦なんかもひたすらゴリ押しではなく、倒し方がある。

3Dゲームの弊害として、プレイキャラを意図通りの方向に進めさせられないというのがある。このゲームも氷柱に捕まるつもりでジャンプしたら明後日の方向に飛んでしまって奈落にダイブするコトが多かったし。画面とスティックを即座に一致させられないというか。他にも、遠近感が把握し難いというのもある。これは僕自身の問題なのか、このゲームが3Dを扱う上で未だ洗練されてなかったが故の問題なのかは判断し難い。

今プレイするにはモデリングの古さが気になる。時代を感じる。そんな大昔のゲームじゃないんだけど、マネキン度数が高い。「アンダーワールド」ではララも相当美人と化しているのでそちらのほうは楽しみ。ていうか、恐らく操作キャラが美人だったら僕の場合はもうそれだけで名作にしそうだ。そういうもんだよ、日本人は(日本人で括りやがった)。

単純に自分の接したタイミングが悪かったのか、トータルではイマイチな印象。今は謎解き欲が溢れてない時期。

■「トゥームレイダーレジェンド」(05)/XBOX360/アクション/スパイク

■リワード収集
不足分のリワードをクロフト邸にて集める。実績解除にはフルコンプする必要はないので、通常ステージでの取りこぼしは面倒なので無視。それを狙うよりもクロフト邸で集めるほうがラク。ブロンズが9個ぐらい、シルバーが2個ほど足りなかった。ブロンズは通常ステージにあるのを全部集めても60個には届かないのか。

■タイムトライアル
どのステージも通常プレイで2時間ぐらいかかってたんだけど、リワードを集める必要もないのでどうにかなるでしょ的気分で挑戦。難しかった。「タイムトライアルは…無しでいいかな?」と何度も諦めかけたよ。仕掛けを忘れてて戸惑うシーンが滅茶苦茶多かった。記憶が劣化してない内に一気にやっちゃうべき。裏ワザ&チートコードを使ってどうにかクリアできた。使ってもクリア出来ないトコロだった。裏技は以下。

1:タイムトライアルを開始して、操作可能になったら「終了」を選択。
2:画面がステージ選択メニューに戻ったら、先ほど終了させたステージを選択して「続行」。難易度は別のトコロに合わさっているけど弄らない。
3:ゲームが始まるとタイムのカウントダウンが表示されてない。一回死ぬとカウントダウンが始まる。

なので、死なずにある程度ステージを進めればそれだけカウントダウンの開始地点が遅くなるので、だいぶ制限時間に余裕が生まれる。しかしそれでもギリギリな局面が多かった。

チートコードは、「ネパールのタイムトライアルクリア(エクスカリバー使用可能)」と「イギリスのタイムトライアルクリア(銃撃に対して無敵)」が強いので、その2ステージをまずはクリア。以降はそれを使用。ネパールはせっかく裏技使っても最初のチェックポイント通過した直後に飛び降り自殺連発で困った。裏技の恩恵にロクに与れなかったよ。イギリスは相当タイム残していたのに終盤の水竜で6分使って泣きそうになった(そのプレイでは勿論失敗)。

その2ステージをクリアしてからは結構スイスイと終わらせるコトが出来たよ。いや前述の通り仕掛けを忘れてて何をどうすればいいのか手間取っている内に時間過ぎて終わっちゃったコトもあったけどさ。銃撃完全無効は強いわ。手榴弾も効かないというのが嬉しい。墜落等の一撃死が死因のメインとは言っても非常に心強い。

裏技併用でクリアすると、実際にかかった時間で記録されるんですが、殆どのステージで規定タイムを超過していた。

  • Genre:

■「トゥームレイダーレジェンド」(04)/XBOX360/アクション/スパイク

■イギリス
水竜に物凄い手こずった。倒し方が分かってるのに勝てない有様であった。銃で石像を撃って音を反響させて、ドラゴンが音に引き付けられている隙にグラップルで重りを落として竜にぶつける、それを四ヶ所繰り返す。それが分かってるのに、重りを避けられる。
攻略のコツは、竜が音に引き寄せられたらすぐにグラップルに移行する、という辺りかなー。10秒ぐらい長々と音に引き付けてガンガン反響させてからだと、竜の立ち直りが早い。

このステージは他にも終盤の火の床で何度もやられた。帰路の火の床は左のほうをジャンプして進むのが割りと安全。それでも体力減るので回復アイテムをこのシーンに使えるように残しておきたいトコロ。

■ネパール
先の2ステージに比べると短い。掴まる棒や壁などが崩れる局面が多々あるので1チャンスを失えない、流れごとセットでタイミングを覚える必要があった。

■ボリビア再び
最終ステージ。雑魚戦、そしてラスボス戦のみ。エクスカリバーをワシャワシャ放っていれば雑魚戦は問題なし。ラスボス戦、攻撃の避け方を覚えるのが面倒なのでゴリ押しでいけないかなーと挑戦してみたけどいけなかった。避け方って言っても、基本、常に横に移動していればいいだけでしたが。相手が停止している時には思いっきり攻撃しまくる。地上に降りてきたら接近してY攻撃。それを何度か繰り返してるとクリア。

エンディングが流れて終了。次回作はこの続きになるのかなー。それともリセットされて母親の話とまるで無関係な内容になるんだろうか。

  • Genre:

■「トゥームレイダーレジェンド」(03)/XBOX360/アクション/スパイク

■ガーナ
遺跡構造が複雑で探索してる感を存分に味わうコトが出来る。どこからどう移動していいのか分かりにくいし、ちょっとミスするとやり直しが面倒だったりもするんですが。後々このステージもタイムトライアルで再挑戦する時がくるんだけど、今から気が重いよ。

ボスはラトランド。四ヶ所の台に登って体力を回復してくる。台をどうにかするという発想を持って当然なのに、「回復される前に一気に叩き込む」とばかり思っていた。台はYで前面を破壊してグラップル(X)で引っ張って壊す。東京のタカモトが強敵過ぎたのでラトランドは楽勝な気分。

■カザフスタン
地味に長かった。基地襲撃、バイク、基地襲撃。バイクはペルーの時よりも的の攻撃が激しい。回復アイテムもそこそこ落ちているので適時体力回復をして凌ぐ。敵を倒してそのまま転がってくる車両に当たってもダメージになるのね。

後半の基地、ゴールドリワードは遂に諦める。吊らされている土台をコイルガンで誘導させる場所なんだけど、勢いが足りないのか奥のほうまで土台を移動させられない。吸引で土台をグーーンと移動させ、ちょっと足りないので押し込みプッシュを最後にかます、というやり方だと思うんだけど何度挑戦しても奥まで行かない。諦めた。クリア後確認したらこのステージはシルバーリワードも1つ取り逃していた。

ボス戦は、壁に四ヶ所あるレバーを動かし、中央のコイルガンに乗って周囲の球体4つを撃って押し上げ帯電させる。撃つ際はタン・ターンと二度押しする感じで。帯電は時間が経つとキャンセルされる。4つとも同時に放電している状態にしたら、コイルガンから降りて上方をグラップル。

  • Genre:

■「トゥームレイダーレジェンド」(02)/XBOX360/アクション/スパイク

■ボリビア
最初のステージだけあってチュートリアル同然で簡単、と思いきやシーソーのある広間で悩み放題悩んだ。特にゴールドリワードの取り方を理解するのにえらい時間がかかった。扉を半開き状態にして、横ジャンプで掴んで上に昇れるようにする。半開きにするブロックの置き方は、左設置、前設置、右を扉を見つつ踏んで扉の高さが丁度イイ具合になったら離れる。ミスしたら前を設置し直すトコロからやり直す。半開きでも下はくぐれるのでリワード回収後はそのまま通過。

最後の銃撃戦に突入する局面、ムービーから操作可能になるのがいきなり。最初ボーっと眺めてたら吊り橋壊されて奈落に墜落した。墜落後、ロード画面になってやっと死んだコトに気付いた。

■ペルー
地味にバイクまでの前半部分が厳しかった。手榴弾初登場で、簡単にララが死ぬ。リワード回収を狙うと地形も複雑。どこに登れるのかよく分からなかった。

後半では水中で何度も死んでしまった。潜水はボリビアでもあったけど、息継ぎのタイミングが随分とシビアになってた。石像広間も何気に面倒。ゴールドリワード回収には、4つ目の大岩を乗せる必要あり。4つ目の大岩は、ロープに飛び移ったトコロで、そのまま進まずに(ロープを攀じ登って)左方向に飛び移った先。

■東京
セクシードレスでララが夜の高層ビルを舞う、絵的に喜ばしいステージ。ボスのタカモトが強かった。単なるヤクザだと油断してたら古代兵器使って電撃放ってきやがる。タカモト戦は、ポールを攀じ登ってタカモトと同じ階層に移動して戦う。最初の頃は下から撃ってたけど設置砲台やら何やらでとても倒せる気がしなかった。電撃が来たら、下段はジャンプ、上段はしゃがみ(B)で。その場で回避行動を取るというよりも、ひたすら移動を兼ねて回避。タカモトは距離を取るのでとにかく動いて接近しつつロックオン銃撃&上記電撃回避。

  • Genre:

■「トゥームレイダーレジェンド」(01)/XBOX360/アクション/スパイク

これはいつのゲームだ。360初期も初期のゲームであろうか。今日日のゲームに慣れ親しんでいた身には、ポリゴン全開の主人公ララの面構えにちょっと萎えてしまった。覚悟はしていたハズなのに、衝撃であった。年内発売予定の最新作「トゥームレイダーアンダーワールド」のスクリーンショットとか見てたらだいぶ美しかったので、落差にギャップ萎え。

まだ最初のステージすらクリアしてない中での触感としては、謎解きアクションをそのまま3Dに移行させた感じ。バトルとかそっち方面は目下緩め。それよりも謎解きアクション。その場にあるオブジェクトを駆使して仕掛けを解き解しながらエリアを進めていく楽しさがある。自分が今までプレイしたXBox360ソフトで言うなら、「カメオ」や「ダークセクター」のあの感覚。

カメラワークは悪い。えらい近くなる。これは3Dゲーム初期ゆえに洗練されてなかったんだと思えばまあ許容。今でもそういうのはあるし。例によってアイテム収拾系実績があるのが個人的にはゲンナリしてる。外人はそういうの好きなのかなー。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR