1. Top » 
  2. ブルードラゴン

■「ブルードラゴン」総括/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

ポジションとしては、「FF5」「FF6」の流れを汲む、もう一つの「ファイナルファンタジー7」という印象。 色々と大人しめにしてるのも、今日日のRPGの演出面でのエスカレートっぷりから考えると時代錯誤も甚だしいのですが、 懐かしさも感じさせる楽しい内容でした。

思えば「FF6」のラストが『世界から魔法がなくなったけど、輝かしい未来が待っている』という幕だったのに対して、この作品では 『世界に魔法が復活しつつあり、輝かしい未来が待っている』という、対照的な幕なのが興味深い。最早坂口氏の手を離れたFFシリーズ、 坂口氏としては気の合う小数で立ち上げたミストウォーカーという身軽なグループになった今、新たに遊び心を込め初心で「創ってて楽しい/ 楽しく遊んでもらえるだろう」RPGを復活させたい、そんな思いの中で創ったのがコレ、という流れを感じなくもない。

その辺は妄想でしかなく更にはまあぶっちゃけどうでもよくて、ゲーム自体を充分楽しんだのでオッケーなのです。最終的な感想としては、 久々に「FF5」がやりたくなったというコトです。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(18)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

謎の部品集め。謎の部品はジブラルの研究所でアイテムにしてもらえます。

・謎の部品アルファ:モワールの村 ・東側の道に
・謎の部品ベータ:古代工場・螺旋階段中間地点の「ダブルランス」全滅で出現
・謎の部品ガンマ:メカベースハイ1F宝箱
この三つで「最終兵器の腕輪」になります。

・謎の部品アン:アルマルの村・宝物蔵・地下2F高台(落とし穴から落ちる)
・謎の部品ドゥ:シーキューブ最奥の宝
・謎の部品トロヮ:西の孤島の宝
この三つで「最終戦争の首飾り」になります。

アルファとドゥだけ持っていた。あとの4つは攻略サイトを覗いて場所を把握して入手。メカベースハイの宝箱、探索逃しがあったか。 ていうかメカベースハイ、またメカットシューティングやらされたよ。

レアモンスター討伐タイム。

王様ウンチくん。
タタの村の近く、古代遺跡の洞窟に出現します。大ウンチくん、太ウンチくんを倒したら出現。猛烈に強かったです。「連続魔法」での蘇生& 回復は勿論必要ですが、闇への招待で1000ぐらいダメージを受けるのがキツい。HPの上限999なのに。これはスキルに「たえる」 を選択しておくコトでかなり緩和させるコトができた。リアル連発でどうにか勝利。

ゴールドメカロボ。
古代工場にて最初の部屋の奥のほう、赤バリアに包まれた宝箱の近くで出現。普通サイズかつBGMも通常バトルなので最初気付かなかったよ。
王様ウンチくんの「闇への招待」同様に「大口径ビーム」がキツい。戦い方も王様ウンチと同じ感じ。耐えて復活させてリアル連発。

てな感じでラスボス以上のボスも倒したので終了です。終了とかいいつつ、実はその後レベル&全スキルを99にしちゃいました。 モグラ叩きしまくってた。自動スキル上げなので、途中でジャンプ感想書いたりしてたよ。 その後実績解除も兼ねて改めて紫エリア突入からラストまでプレイしてみたりもした。強すぎて爽快でした。速さが相当上がっていたので、 自分のターンが中々途切れず、ゾラ戦とか面倒でしたけど。

実績解除はそれでも半分ぐらいしか出来てないんですが、このゲームももう終了というコトで。堪能致しました。 また10年後にストーリー忘れるぐらい記憶が劣化したらプレイしたいですね。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(17)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

クリアしたのにレベル上げ&スキル上げ。

スキル上げはレーザー地帯のモグラが沸いてくる場所で。バリバリアを張って犬の首輪装備(匂いでモンスターが突っ込んでくる) でオッケー。更にSPが倍入る黒帯やアイパッチなんかがあればそれも装備。ガンガン上がります。
バリバリアは最初使い方が分かりませんでした。スキル装備して、更にRTで画面を開いてRBかLBボタンに振り分けて、フィールドで発動。 知るのに相当苦戦したんですが、恐ろしいコトに説明書に載っていた。まあ、載ってるわな。

レベル上げは南西の孤島でウンチスネークシリーズを狩りまくって稼ぎました。色んな種類がいます。 女性キャラが大便相手に延々と戦っているというシチュエーションはどうなんでしょうか。 開眼済みのエロ江口なら楽しめるんでしょうか。
南の孤島にゴールデンウンチスネークなるレアモンスターが出て、倒せば実績解除になるし経験値も多いんですが、 それよりも南西の孤島に浸って稼いでた感じです。 ゴールデンウンチスネークはフィールドスキルでシビレダマをぶつけてファストアタックで倒す、という流れで面倒くさいので。 最初はエンカウント即逃走ばかりやられてて意味が分からなかった。「逃げるなら出てくるな!」 なんて感じの読者投稿ネタの気分を味わった。タチの悪いはぐれメタルみたいな印象。

そんな感じで結構強くなったので、5匹のドラゴンを狩るコトに。

ドラゴン戦ではスキルに連続魔法をつけて、2・3名は復活&全体回復が出来る状態に。魔法では「クイッカ」「ストレングス」 など補助系も使用。リアルを溜めて撃ち込む感じです(例外:ファントムドラゴン)。

レッサードラゴン。
地下水脈の青バリアを解除して、大量に沸いているケロロンを全滅させて引き返そうとすると出現。レッサーだけあって弱いです。 割りと楽勝でした。後々知った事実に、装備していると経験値が倍入る「レイ」なるアイテムを盗めたらしい。後悔。

ブリザードドラゴン。
ケラソーの村の西のフィールドにいます。フィールドに普通にバサバサしててびびりました。こいつはかなり強かったです。 水耐性のあるアクセサリーを殆ど装備してなかったのでヤバいシーンが何度もありました。

ファントムドラゴン。
巨大砂漠の南端にいます。魔法しか効かない。物理攻撃は回復します。リアルを仕掛けたらそれもまた回復して泣きそうになりました。 5000ぐらい回復させちゃった。地道に魔法&魔法剣で戦ってどうにか撃破。

アメジストドラゴン。
タタの村の南の細い沿道にいます。よりによってそんなトコロにいなくても。ブリザードとファントムが強かった反動であっさり倒せたような。

スパークドラゴン。
グル山脈の洞窟内の赤バリアの先にいます。居場所に迷った。一撃一撃が強烈で危ういシーンも何度かありましたが、どうにかなった。

てな具合にドラゴン退治完了。それぞれの牙を入手して、ケラソーの長老のトコロに行くと「ドラゴンの腕輪」が貰えます。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(16)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

ラストダンジョンことプリミティブキューブを進みます。

あちこちでスイッチを入れて移動床の位置を変える状況が多くて、3D慣れしていない自分には非常に鬱なシーンが多かったです。 ドラクエシリーズの終盤のダンジョンを3Dで表現しているかのような。まあそれほど難易度は高くなかったのでどうにかなりましたが、 今後続編が作られる時はこういうシーンも難しくなるのかなあという余計な心配をしたりしましたよ。

セントラルドグマ、セントラルタワー、パイロドラゴン、ディザスター、ライトワード、という具合にボスラッシュ。 否が応でも最終エリアであるのを実感します。

そしてザボ最終形態が登場。四天王とくっ付いてもうメチャクチャな状況になっています。闘ってて、 これ鳥山先生がデザインしたのかってのが常に頭から離れなかった。何となく、 グラフィック担当のスタッフがテキトーに鳥山先生のイラストを元に合体させた絵を描きました的なデザインに思えるんですが真偽は不明。 鳥山先生がギリギリやりそうなデザインってのがなあ。

ザボ最終形態を倒して、ネネのトコロに案内させます。ようやくネネ戦。

ほぼイベント的な演出が絡むバトルで、最初は数ターン殆どダメージが与えられず途中でザボによってネネのバリア(鏡) が無効化になってからが勝負。正直弱い。
そしてネネ最終形態と称して心臓がモチーフになってる永久機関と合体。 このバトルもメッセージを見ながら永久機関とのチューブを攻撃したりして勝利。ようやくまみえた敵としてはあっけない感じでしたが、 ムービーでアレコレ頑張っていたので声優の若本さんも本望でしょう。

そしてネネを倒したトコロでゾラがネネの配下であったコトが判明。主人公達に光の玉を飲ませたあの女性ボイスはゾラだった。マジでか。 声覚えてないよ。覚えてないけどもっと優しい感じの声だったような。ゾラが声作ってたとか考えると萌えるなあ。かつてゾラが主人公達に 「かげ」が使えるようになった経緯を語るムービーがあったのですが、あのムービーで語られていたゾラの過去もウソなのかよ。 本人の語る回想がウソってのは凄いです。こんなの、トキとしての記憶を語るアミバ以来の衝撃だ。 いやゾラの回想はあれはあれで半分ぐらい本当なのかも知れませんが。

そしてゾラ戦に突入ですが、攻撃はしないでぼんやりガードしてると終了。ゾラもまた、 主人公達と同様自分の光によって魔法を獲得していました。ザボがネネの鏡を無効化したりしたのはこっそりゾラと打ち合わせしてたんだろうか。 ディスク2ラストでゾラがしつこいザボを振り切るのに戦線離脱したのもそんな裏での打ち合わせがあったのかも。ネネも悲惨だ。

そしていよいよラスボス戦です。

ネネのペットポジションだったデスロイが光の玉を飲み込んで本来の力を取り戻します。過去魔法文明を消滅させた存在デストロイに変貌。 このゲーム、ストーリー的にはベタなのでこういう展開は勘で予想できていたでしょうが、勘じゃなくても、 説明書のキャラクターボイスで気付いた人もいるかも知れません。あの説明書はネタバレだよなあ。

ラストバトルだけあってBGMも専用。何を言ってるのか分からないけどカッコイイ女性ボーカルメインのBGMです。この曲、 四字熟語で言うなら「少女革命」という感じの曲ですね。七字熟語で言うなら「絶対運命黙示録」という感じでしょうか。かなりイイ。
途中の「グリードミスト」で少々迷いましたが(辞典を見て風で無効化した)、それ以外は問題なく戦えました。 それにしてもデストロイはダメージを与えた時に口元をちょっと上げて馬鹿にしたかのように笑うのが小憎らしくていいですね。 そんな余裕を見せていながら特定ダメージ数を与えると一気に沈むのが面白い。

というワケでエンディング。星が分断されたままってのにはちょっとビビりました。 クルックの誕生日会でシュウとジーロが二人して自分をアピールしてるのが面白い。シュウは別にクルックラブって感じでもなかったのになあ。 ジーロが可哀想だよ。僕は個人的に断固としてジーロの不器用さを応援する。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(15)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

最終戦に向かいます。全体マップ北西の紫のエリアに突入。

突入したものの、何かヤバイからとりあえず脱出というムービーがいきなり挿入。 脱出してメカットで思いっ切り高度を上げて星の変化を見ます。星が真っ二つに裂けました。そこまでやるか坂口。まあ、 許斐先生なら48式でここまでやりそうだけどね。
ネネが登場して各地に災いを巻き起こしています。ネネ若返ってたの忘れてた。 若返って即行動してたんだろうなあ。フリーイベント部分でプレイ時間かけてたから忘れてたけど、そんなにゲーム内時間は経ってないのか。 まあ、これからラストに向けてもゲーム内ではあちこちに災害が発生してる中プレイヤーの自分はのんびりゲームを進行させますけどね。

裂けた星の間に生まれた立方体世界がどうやらラストステージです。突入時にメカットシューティングで地鮫とのバトルがありましたが、 メカットも強化しまくっていたので今回は一回でクリアできましたよ。

立方体世界、どう行動すればいいのかすら分からない状況でしたが、 テキトーにメカットを動かしているとプリミティブキューブなる場所に着陸。ボス・大恐竜が登場。 踏ん張るで放屁したかと思ったら大便を出してそれが敵になるという初期鳥山明全開のボスです。 絵面はふざけているんだけどバトルはマジという。そんなに強くなかった。

ネネが幾度かムービーにて主人公達に魔法をそれほど使いこなすとは流石だ、王である我が側近になれ、自分の次の時代には王を継げ、 みたいなコトを言ってきますが、シュウは勿論ふざけるなーと一蹴。この申し出、僕なら飲んじゃうね。
プリミティブキューブ内部に突入して、もうすぐラスト。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(14)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

ディスク3のフリーシナリオ的な部分続行。終盤のこうしたフリーシナリオっぷりにはどうしても個人的に「クロノトリガー」 を思い起こしてしまう。ゲームの雰囲気もクロノを彷彿させるし、XboxLiveで「強くてニューゲーム」 配信が予定されてるなんて話もあるみたいだし。

全体マップ南西辺りの海に浮かぶメカベースハイに挑戦。ここは潜入する前にメカットでのミニゲームがあります。相当苦戦した。 どこを撃てばいいのかよく分からない。数回ゲームオーバーを味わい、何とか突破して内部に入ります。 メカベースハイは名前の通りメカベースの上位版みたいな感じになってて内装はほぼメカベースと同じ。1F突破の条件は1Fの敵全滅っぽい。 倒しこぼしがあったのに気付かずに暫く無駄に悩んでしまった。そして2Fではメカベースでもお馴染みのセンサーがありますが、 メカベースよりも位置が低くなってて移動キャラをマルマロにしても当たる時は当たってしまう。5回当たると1Fに戻されてしまいます。 何とか当たりずらいコースを選択して進んだものの、黒バリアに阻まれてそれ以上進めなくなってしまった。ブラックデバイス持ってないよ。 仕方がないので脱出。

オーロラ遺跡。
全体マップで北のほう、ケラソーの村の西にあります。えらいシンプルな作りで、ボスまで一気。 トリッポがストーンザウルスに捕まってしまっている場に遭遇。ストーンザウルスは楽勝でした。何が弱点だか考えなくてもごり押しで勝てた。 ここでは「ロックアップパーツA」を入手し、救出したトリッポからまたメダルとアイテムを交換出来ます。助けたんだしタダでくれよう。

シーキューブ。
ジブラルの近くに出現しています。
恙無く進んで、ボスの水龍も倒して、「ブラックデバイス」や「レーザーバリアパーツ」を入手。 黒バリアを解除できるブラックデバイスはここにあったのか。水龍は強いんだか弱いんだかよく分かりませんでした。

ここらで改めて全体マップを眺めていたのですが、黄色く光る十字のポイント、小さくなっているトコロと大きいままのトコロがあります。 攻略したトコロが小さくなっているかと言えば、そうでもない。そこでようやく、黄色い十字の場所は、目カット強化パーツがある場所で、 それを入手したらマップでは小さくなってるというのに気付きました。

メカベースに再び潜入して4Fにて「ミサイルアップパーツA」、ケラソーの村でブラックデバイスを使って「コーティングパーツB」、 追放の森の洞窟で「ロックアップパーツ」、ラル山脈シープ族キャンプの黒バリア宝箱から「ミサイルアップパーツB」を入手。

てなワケで、様々なパーツを入手してメカットを強化して、再びメカベースハイに。 またメカットシューティングをやらなきゃならなかったのにはビビりましたが、アレコレ強化していたので以前のような苦戦は強いられずに突破。
2Fの黒バリア突破以降はそれほど苦労する場所もなく、最上部まで到達。待ち受けるボスは鋼巨人。 最初に全耐性バリアを張りやがったのでどうしたもんかと思ったのですが、普通に倒せた。かなりHP少なかったんじゃないだろうか。 突入から序盤ががえらい大変だったメカベースハイを守るボスがこれ程弱いとは。ここメカベースハイでは「コーティングパーツA」 を入手できたので、メカット強化。

こんな感じでまあそろそろ紫エリアに突入してもいいかなという状況になりましたよ。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(13)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

メカット&ゾラと合流した直後、 巨大砂漠に突き刺さっている馬鹿でかいガラスの剣が大地を突き刺すかのように震えて世界に変化が起こります。 FF6の大崩壊後みたいなノリで、各地で何かが解放されてしまった様子。

メカットで世界各地を巡れるようになってからはフリーシナリオっぽい構成になっています。 全体マップ北西の紫エリアに入るとどうやらラストダンジョンっぽい。ここに入ると戻れなくなるみたいな演出があるので、 入らずに各地を攻略するコトに。即座に紫エリアに突入してディスク3をあっさり終わらせてもイマイチ勿体無いし。

てなワケで各地訪問。

東の孤島。
ここではゴーストイートが鎮座しています。イートのアッパーバージョンみたいな感じですかね。ボスの使い回しが増えてくるのですが、 別に手抜きでイヤだなーとも思わずむしろアイツがパワーアップして帰ってきた!という盛り上がりが自分の中ではあります。ゴーストイート、 イートのようなギミックバトルというよりもパワー戦に近いものがありましたが、勝利。ゴーストなのでシャイン系メインで押しました。 倒した先の宝箱から「ヒートクーラーパーツ」を入手。

古代遺跡の森。
「重力制御の首飾り」が一番の宝物として守られています。数ヶ所の機械のスイッチを入れないと入手できないという。 途中で出てくるボスは地鮫。またかよという感じですが、ネネ要塞の時と変形が違ってて何だか燃える。このロボ変形、 カッコいいか悪いかで言うなら、まあ悪いですけど。

メカベース。
ネネ要塞の近く、ロボがワラワラ出てきたトコロで出現します。各階、警備メカロボ改を全滅させれば次の階へ進めるロックが解除されます。 センサーは背の低いマルマロにしたら引っかからずに進めます。ここのボスはマインド改。ゴーストイート同様にパワープレイで押し切りました。 ゾラが操られたりしたけど余裕を持って勝てた。

ケラソーの村。
クリスマスっぽい祭りが開催されている村。マルマロが大量のロリキャラに結婚を迫られるぐらいで美味しいアイテムは入手出来ませんでした。 黒いバリアで守られている場所があったからあそこに何かイイアイテムあるのかなあ。 黒バリアを解除できるブラックデバイスを入手してないので進めない。
この村から出ようとすると、世界が震えた時に封印されていた5匹のドラゴンが解放されたっぽいとの情報を得ます。くっ、 ホントにFF6っぽいじゃないか。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(12)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

ディスク3に突入。

夢に魘されるシュウ、というムービーからスタート。このシーンはオープニングムービーに入っているんですが、 夢だったのかよ。こういうのがアリなら、映画の予告映像で主人公が死ぬシーンとか入れれるじゃん (実際は主人公の見た悪夢)。『○○、遂に死す』みたいなキャッチコピー付けて。ブーイングの嵐だろうけど。

シュウが目覚めて、今居る場所がイートの村なるトコロと判明。 この村は人食い樹木に支配されてて村人は脱出できずに怯えて生活しています。あちこちにヒドイ真似をしているネネですが、あそこは地鮫責め、 あっちは洪水責め、という感じで場所毎にネタを被らせない手法にアーティスト根性を感じます。

主人公が挫折から復活するイベントです。心の光を強く持つコトで、魔法としての影が再び形を取ります。 自分の影ドラゴンと戦うシーンでは数ターン後にリアルというコマンドが新たに出現、それを選択すれば復活イベント終了。 このリアルコマンドはテンションゲージが高まった時にドラゴンを召喚獣的に呼び出せるようになるもの。 演出がえらい長いので見ててダルイかと言えば、FF召喚獣と異なりテンションゲージという縛りがあるのでそう頻繁に使えるコマンドではなく、 アリです。
魔法復活前には挑戦しても勝てなかったイート戦。シュウがメインで攻撃、 他の連中はイートが手でガードしているトコロにしょぼい攻撃をかまして、手を避けさせる役目です。イートは顔の付いている樹で、 ファンタジーしてていいです。そういや古代辞典ってボス戦にもいいヒント出していたんですね。

村から再び旅立ち、人食いの森、大雪原を越えてノルタの村に。氷付けの村です。またネネの仕業です。この村で他の三人も魔法復活。 シュウの葛藤に比べてえらいあっさり復活してるような気もしますが、くどくない程度だしこれでいいかな。 四人に魔法が揃ったのでワープが再び使えるようになり、ジブラルに氷を溶かす情報を貰いに。ノルタの村にとんぼ返りで、 冷気発生装置を停止させると鉄巨人登場。
鉄巨人は炎系攻撃をすると効果的というメッセージが出るんですが、炎攻撃だとカウンターとしてロケットパンチをブチかましてきます。 かなりダメージ食らうんですが、ホントに火でよかったんだろうか。無理矢理火を使って倒しましたけど。リアルも3回4回は発動させた。

ノルタの村を出るトコロでオーロラの雫を発見。トリッポが登場して雫を欲しがります。まあ、渡しました。 渡したらオーロラ遺跡に入れなくなっちゃうのかなーなんて一瞬迷ったけど、まあいいや。

村を出てラル高原を進み、ラル山脈シープ族のキャンプを経て巨大砂漠へ向かいます。途中で地風獣なるボスと戦いました。 炎と氷が合わさってたオオカミの別バージョンなノリです。そんなに強くはなかった。印象に残ってないし。

砂漠でゾラと再会。メカットを奪ってきているので、今後は空の移動が出来るように。 空移動可能になるとようやく終盤になってきたと感じる自分は旧来型のRPG世代です。

せっかく空飛べるようになったけどラル山脈シープ族のキャンプ近辺でしばらくレベル上げ。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(11)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

大海原雪道を突き抜けて、ようやく土の大地が見えてきました。ようやくネネに追いつきましたよ。
イベント発生で、クルックの首に爆弾が仕掛けられます。爆発まで1時間、ネネ要塞を攻略してどうにか首輪を外すよう進める展開になります。 この1時間ってのはプレイヤー時間になってて早くもカウントダウンが開始。マジか。 雪原の途中でメカがワラワラ集まってる怪しい場所とか攻略できないじゃん。

ネネの要塞。
ディスク2最後の砦だけあって盛り上がります。とは言ってもはしゃぎ過ぎないように心にクールを潜ませてプレイするよう心掛けましたけどね。 猛りそうになったら、そっと呟くラブフィフティーン。

それほど複雑ではない経路で、頻繁にボスバトルが挿入されます。 回復ポイントとセーブポイントもこまめにあるので安心して進んでいたのですが、 ひょっとして変なトコロでセーブしたらどうあがいても時間切れになっちゃうんじゃないのか?なんて考えに途中で至り、 セーブデータを分断したりしましたよ。

1F、砂の間。
地鮫がボスとして登場。このゲーム開幕時の敵で、遂に全体像が見えます。さらには途中で変身してロボットチックに。 炎系でガンガン攻めて普通に勝利。

2F、嵐の間。
復活したザボと四体の部下がボス。部下、ザボの順での連戦。ザボは派手に見た目が変わってますが部下は以前通り。 部下がまとめて登場する辺りが地味に燃えます。FF4の四天王は巨人内部で再戦しても一体ずつだったからなあ。 ザボはクルックの父だと思ってる自分としてはここでの再登場は必然でしたが、特に何もなく戦闘終了。マジか。

3F、月の間。
特殊なミニゲームです。ネネの操る月を、こちらも月を操って破壊。かなり苦戦しました。何度も挑戦して、「簡単モード」 なんてのが出現してしまった。ああ、簡単モードでやったさ。
コツは、ゲージ溜めで大ダメージを狙って逆にダメージを食らうぐらいなら、 溜めをキャンセルしてでも小ダメージで敵の月を裏返して体勢を立て直したほうがいい、という辺りでしょうか。

4F、機械の間。
合体ロボがボス。ある程度ダメージを与えたら頭が吹っ飛んで中から小さいロボが沢山出てくる。その中にいるリーダーを倒せば戦闘終了。 ある程度時間が経つと巨大合体ロボの頭が復活する。
「関係ない、まとめて倒してやる」ぜ的なシュウの台詞に従い、小さいロボに全体攻撃(あるいは全体魔法) をかましたら大変なコトになってしまいました。それぞれがカウンターを持ってて、一回の全体攻撃で全ロボからカウンターを食らうコトに。 地道にピンポイントで小さいロボを狙ってて上手くリーダー格のにかちあたって勝利。これは運でした。

5F、召使の間。
メカの町にいた連中とのバトル。ネネに改造されてしまった友達ロボのヤサットが登場。テキトーにやってたら勝利。 本来はヤサットに取り付けられている掃除機を狙って倒すという流れなんですが、お構いなしに戦ってたら掃除機だけ破壊できた。 ヤサットを壊すつもりで戦っていたのに。

勝利して次に進もうとすると、しぶとくザボが登場。ゾラがザボと戦うべくパーティから抜けます。ザボは相当しつこくて嬉しいよ。 今尚クルックの父親である望みが出来た。

6F、最上階へ。
ネネと御対面。ちなみにカウントダウンは12分ぐらい残っていました。だいぶ余裕残していました。 盛り上がらなくてすみません。

ここで色々なイベントが発生します。連打系のイベント。 ネネは主人公達に自分の魂でもある光の玉を与えてそれを成長させる器として泳がしていた。そして主人公達はその狙い通り成長させてしまった。 その光の玉をここで回収して、飲み込みます。予定通り若返りました。メガネも捨てます。つるつるしてシンプルな容貌になって、 見た目的には逆に貫禄が失せたのですが、まさにピッコロ大魔王な展開。
ネネはシュウを踏み潰そうとしますが、ここで何故か光の玉を失ってもう魔法は使えなくなったはずにシュウが魔法を使って一向は脱出。あ、 この踏み潰されそうになるシーンでも連打イベント発生。何度か潰されましたが、「逃げる」を選択するのに気付いてどうにか脱出。

シュウ達に光の玉を飲ませたのはネネだったのか。別人の声で飲ませたのは、作り声だったのアレ? ボイスチェンジャー使ってたの?  幽遊白書アニメ版ムクロですか。

個人的に想像してたものとして、実はネネの肩に止まっているペットのデスロイが本体、 というかネネからエネルギーを搾取したり世界を混乱に陥れようとしている元凶で、 半ばデスロイに支配されているネネはデスロイに気付かれないようにシュウ達を敲き付けて成長を促がしているんじゃないか、 という予想も自分の中でありました。あえて自分を憎ませて成長させているような。 敲き付けていたという部分は少しは当たっていたのかも知れないけど、まあ、 普通に若返って喜んでいるので悪役として描かれているキャラは最後まで悪役なのかな。 それぐらいのシンプルさが全年齢対象として相応しいです。

あと、不謹慎な発言になりますが、連打系のイベントは、障害者のプレイヤーには優しくない仕掛けですね。 連打なんてものは出来ないような、体の不自由なか弱い障害者(イメージとしては小学生低学年女子)が、万人向けゲームとして発売される 「ブルードラゴン」を楽しみにしてて、両親の愛情のお陰で入手出来て、 喜びを噛み締めながらいざプレイしてたらこういうイベントが何度も挟まれて困ってるという絵面を想像して胸が締め付けられる思いに。 そんな風に勝手な可能性を思い浮かべて切なくなった。

  • Genre:

■「ブルードラゴン」(10)/XBOX360/RPG/ミストウォーカー

バリアを解除するとロボットがワラワラと集まってきて、投獄。このバリア解除はなあ。解除しないを選択したらどうなってたんだろうか、 なんて今にして思う。第三者気分でムービー観てたら突然プレイヤーに選ばせる辺りビビったなあ。目の前でどんな惨劇が展開されていようが、 とことん第三者として、「0-15(ラブ・フィフティーン)!」 とか言っていればいいだけと思ったらいきなり自分で決定するんだもんなあ。
てなワケで、古代牢獄デスモートなる場所でシュウが一人ぼっちな状態から再開です。

仲間を改めて回収するのですが、この牢獄でクルック以外はサクっと見つかります。一人旅がしばらく続くのかと心配してたので一安心。 特殊なドアを各牢屋の開閉を駆使して開いて、そしてムービー挿入後ネネがクルックを持ち去るのを追いかける展開。
雪原を走って、ロボットを回避しながらネネを追います。初見故に遠近感がつかめずに二回ロボに接触してバトルになってしまいました。んで、 二回ネネに追いついたらこのミニゲームは終了しました。ミニゲーム終了の条件はよく分かってません。 何だかんだでクルックを掻っ攫ってネネは逃げてしまいました。

大渓谷と称された雪原に。この時期にこのシーンは辛い。寒そう。 ただでさえ部屋が寒いトコロでこんなフィールドを見せられるとキツイものがあります。過去、2月ぐらいに「聖剣伝説3」 をアンジェラでプレイ開始しようとして雪原スタートだった為にビジュアル的なツラさ故に夏までプレイを見送ったコトのある自分としてはマジ厳しい。

ネネに逃げられた後、大渓谷をうろついているとパチェスの町なる場所を発見、そこに入ります。ここは緑のバリアに包まれている町で、 出れなくなってしまいました。町の住人に話しかけたりまあ色々やって、地下にてボスであるマインドとのバトルに。
見るからにアンデッドだったのでシャイン系で攻撃開始しましたが、最初は頭をガードしているビーカーみたいのを破壊しなきゃならない様子。 破壊してからはシャイン系もよく効きます。それほど苦戦もせずに勝利。町を包むバリアを破壊して脱出です。

雪原に戻るも、行き止まりやループばかりで手詰まり状態。雪原描写でこっちも寒くなってきますが、それは単なる事実。寒いのは事実。 部屋がホントに寒いだけ。 ふとパチェスの町近くの大きな柱に接近するとイベントムービーが挿入されて対岸に渡れるようになりました。 ここ地味に詰まりそうなポイントじゃないだろうか。僕だけだろうか。まああんなデカい柱があったら確かに怪しいけどさ。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR