1. Top » 
  2. DEAD SPACE

■「DEAD SPACE」総括/XBOX360/アクション/EA

丁寧に世界を創り上げているゲームという印象。宇宙船という限定空間を舞台に、謎や裏切りという、プレイヤーを惹きつける物語を作り込んでいる。ベタなのかも知れないが、黒幕めいた人物があっさりと退場するのは自分好みだな。退場方法も理想だった。限定空間モノって自体で好みだな。ミステリと違ってSFなので、出揃ってない情報が後半に付加されるコトもあり、予断も許されない。そんな不安/自分の精神状態も含めて楽しめた。

システム周りもまた丁寧で、ゲーム画面内に全ての情報が詰まっている。主人公の背に体力ゲージがあったり、マップ描写もゲーム内ホログラムで描写。ゲームから弾き出されるのはポーズを押した時ぐらいかな。インターフェイス優先で、作中に出てくるアイテムがそれを成立させるビジュアルに設定されているってのは、中々に美しいものがある。

慢性的な銃弾不足になりがちというのも、緊張感を生み出してる。終わってみればイイ要素だったんじゃないかな。プレイしてる最中は弾足りねえとイラ付く局面もあったけど。怪物を相手にしている人間はこれぐらい無力なのが順当。

■「DEAD SPACE」(08)/XBOX360/アクション/EA

難易度Impossibleクリア。セーブデータ上の時間は7時間ほど。しかし死ぬ場所では死にまくったので、10時間は行ってそうだ。

■Chapter11
序盤で物体を移動させる大部屋は、安全にチマチマ敵を倒して突破。敵出現→昇降機で逃げて一匹ずつ相手、みたいにチマチマ。セーブ地点まで戻って細かくセーブしたりもした。

後半で物体を船に積むシーン、ここで出てくる赤ちゃんクリーチャーがやや面倒だけど、近くにある爆弾を使ったりしてじっくり倒せばいい。ここの赤ちゃんは、物体を移動させる前から登場するので、最初に退治しちゃう。

■Chapter12
チャプター12は、本格的に基地に入って最初のシーンが最大の鬼門であった。チャプター12というかインポッシブル通してここがもっとも辛かった。橋を上昇させて物体をくぐらせて運ぶエリア。黒鎌や赤ちゃん、後半は爆弾持ちが沸いてくる集団戦。自分が最終的に突破出来た方法は、最初に物体を二つ目の橋まで運び、二つ目の橋の下に引っ掛けておくというもの。そしてその場からコの字に物体の後ろへと移動して、そこで敵を迎え撃つ。敵が攻めてくる経路を正面のみの一方向にする(丁度自分の右に物体&跳ね上がった橋)。これでどうにか越えられた。フォースガンのランチャー使いまくり。

終盤で触手&雑魚集団が出てくるトコロも苦戦しそうになったんだけど、敵の侵入(攻撃)経路を一方向にする形にすればいいので、まず最初に物体を運びつつ一本道を進み(左側で触手が暴れているけど叩かれないように祈る)、ある程度運んだら前方行き止まりまでダッシュ、振り向いて敵を迎え撃つ。片付けたらその場から物体を引き寄せる。引き寄せるとまた敵が沸くので退治。

苦戦を予想していたラスボスは極めてあっさりと倒せた。ここはポッシブル。
弱点の耐久力が上がっているので、まず第一段階では吊るされる前にも満遍なくダメージを与えるようにする(これはイージーでも同じやり方をした)。第二段階はデブやポッドを吐き出してきて開幕直後は厳しいけど、それを凌げば触手叩きつけ攻撃しかしなくなるので落ち着いて戦える。デブにフォースガンかましたりして速攻で片付ける。プラズマ縛りやってたイージーの時よりもその分ラク。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(07)/XBOX360/アクション/EA

難易度Impossible進行中。チャプター5に入ったトコロで、パワーノードや金のチートって出来るんだろうかと思って試したら出来た。これらのチートって1ゲーム中1回しか使えないハズなんだけど、インポッシブルはニューゲームで別データ扱いだから大丈夫だったか。

■Chapter5
二度目の不死身戦が例によって大変だった。早く通信入ってよと祈りながら室内逃げまくり。

■Chapter6
庭園チックなエリアで敵が集団で登場してくるシーンでやや苦戦。部屋に逃げ込んでも換気口から侵入してくる。換気口に向けてStasis浴びせ&銃撃で突破。正直その最初の集団戦が一番キツかった。他は低難度と同様、もしくは相手にしないで逃げる。

ボスは触手薙ぎ払いでこちらが一撃死するのでちゃんと回避しなきゃならない。回避は、横上方を向いて無重力ジャンプ。

■Chapter7
隕石4つを処理した後の敵集団がやや面倒。重力回復のスイッチを入れたら急いで最初の入り口のほうに向かい、出来ればそこから出て、入り口に向かってStasis。爆弾持ちの爆弾を狙うようにすれば銃弾の節約にもなる。

■Chapter8
集団に悩まされる局面がほぼ無かったのでこのチャプターはインポッシブルでもラクであった。

■Chapter9
中盤、広めのロビーっぽい場所で尋常でない程リトライした。数時間やってたかも。ダッシュ敵、赤ちゃん、這いずり、デブ、後半から爆弾持ちが出てくる混成集団のシーン。敵を一掃するのが先に進む条件なので、ちゃんと相手にしなきゃならない。ダッシュ敵が超ヤバい。凄い勢いで接近してきて鎌で刈られる。どんだけ距離あいてても一瞬で詰められるので全く安心出来ない。速過ぎるのでStasis当て難いし。ここはフォースガンでランチャー(LT+RB)を贅沢に使ってどうにか突破。現段階ではインポッシブルで最も手こずった場所。

その後の火炎放射エリアも無駄に死にまくった。ボスの超ゴリラはその分やけにあっさりと倒せた。

■Chapter10
触手でハマる。弾も充分にあるしプラズマランチャーのグレードアップも完了してるので倒せないワケがないんだけど、外してしまう回数が多いのか倒せない。途中で弾切れリロードしないように、掴まる前にリロードしておいて挑んだらどうにかギリギリ倒せた。

不死身登場で箱を戻して部屋に入り扉のロックが解除される通信を待つシーン、ここでもまた死にまくり。部屋に入ったら右前方に進んでトイレに逃げ込み、黒鎌&不死身が来るので両方にStasis浴びせて黒鎌を倒して不死身にはStasis連発で通信待ち、これでどうにかなった。通信の入る条件がよく分かってないので(敵を倒す数も必要なのかな?とか思ったり)やってる最中はどうしよコレ気分だった。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(06)/XBOX360/アクション/EA

難易度Impossible開始。チャプター4をクリアしたトコロまで。

インポッシブルは敵が硬くて弾薬不足に悩まされる、という噂はかねがね伺っていた。が、いざとなったら常時チートコードを使って、STASIS浴びせて殴り倒していけば弾不足も問題ないだろう、ぐらいの気分で開始。しかし甘かった。殴り殺そうとしてもえらい分量殴らなきゃならないので面倒。全然死なない。ついつい銃撃してしまい、弾不足になる。これラスボスどうなってるんだろうか。それが一番不安。敵が集団で登場するシーンも相当苦戦しそうで今から怯えてる。

■Chapter1
低難度では何も考えずに敵の胴体を撃っていたんだけど、四肢を切断するように狙い撃ちするのが効果的というのをやっと知った。ていうかそれやらないとマジで弾が足りなくなる。鎌雑魚辺りは四肢中二本切断すれば倒せる。胴体に銃撃浴びせてると倒すまで時間がかかる(銃弾を使い過ぎる)けど、切り離して倒すようにすれば節約にも繋がる。

敵の硬さによって、敵の危険度が実感出来る様になった。これは化け物だ、自分が相手にしているのはそういう連中だ、という実感。場所によっては相手にしないで逃げるってのも選択になってくる(弾不足対策も含めて)。だいぶ別のゲームになってきた。

■Chapter2
赤ちゃんクリーチャーが大変。いきなり飛びかかられてえらい勢いで体力が減っていく。この体力減退速度上昇ってのもImpossibleの面倒な要素。STASIS浴びせて触手を切り落とすか、相手にしないでいいならそのまま逃げるのが得策。アイテムもあまり落とさないし。虫もまとわりつくと一瞬で体力を減らされるので恐怖。大量に細かく居るので、この敵もSTASIS浴びせてやり過ごすほうがいい。

後半でエイが人間を鎌雑魚に変身させるシーンでかなり手こずった。エイによって怪物化した鎌は色も黒くて通常よりも強い。ここ、弾切れ状態になっててそれで必要以上に苦労した。黒鎌を倒さないとイベントアイテム出ないし。

■Chapter3
ゴンドラ移動の先に鎌(黒鎌含む)が待ち構えているシーン、近くにある爆弾を駆使して弾の節約に努める。爆弾は敵が集団で出てくるシーンではありがたい。

テンタクル(触手)でハマった。硬さアップ。弾不足で倒せない状況に。こればかりは仕方ないので、チャプター3の最初からやり直した。直前のセーブポイントでセーブ上書きしてなくて良かったと思ったよ。

ラスト、敵がワラワラ沸いてくるシーンも爆弾が大活躍。デブの捌きに気を遣うな。下手に腹撃って倒したら虫がウジャウジャ出てきちゃうので、正確に足や腕を斬り落とさないとならない。

■Chapter4
二回戦うBrute(ゴリラ)が強敵。硬いし、突進を食らうと即死する。STASISを浴びせてもそれなりに突進してくるので注意。足を切り落としてpod攻撃させるように持ち込めれば、podを投げ返して倒せるので、弾薬節約にもなる。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(05)/XBOX360/アクション/EA

周回引継ぎプレイ。実績を850まで解除する為のプレイ。自分の場合、「全武器全アップグレード」「敵を1000回切断」「赤ちゃんクリーチャーに掴まってから10回振り解く」「近接攻撃で30キル」が残っていた。

アップグレードと1000回切断、どちらが残るかなーと思ってたんだけど、アップグレードのほうが残った。チャプター7の中盤までかかったよ。1周目から節約プレイに徹すれば引継ぎ2周目1面終了間際で全アップグレードは完了するらしいんだけど、相当ケチらなきゃ難しいだろうなー。1周目は当然の如く初見なので、あちこちに無駄は出るし。
1000回切断は、500回切断が1周目の終盤(チャプター10ぐらいだったろうか)だったので倍かかるとしてもっと先まで行く必要があるかなーと予想してたらチャプター5ぐらいで解除がきた。

引継ぎプレイは武器装備の強さもさる事ながら、やるコトがおおよそ分かってるというのが強いな。改めてプレイすると、マップがこんなに頻繁に使い回されていたのかってのも分かったし。

残っている実績は「難易度インポッシブルクリア」。挑戦はする。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(04)/XBOX360/アクション/EA

残っていたチャプター11・12を終えて、一通りクリア。話、終盤の展開は何となくレベルで分かるけど、全体像はあやふやだったりする。なので、後で攻略Wikiでストーリーを補完しておくか。

■Chapter11
・最初に謎の発掘物体を昇降機で呼び出す&移動させるシーン、このエリアは敵がえらい沸いてきて何度かやり直したけど、総じて問題無さ気なチャプター。
・トロフィーは実績解除できたら売っちゃってもいいのかなコレ。まあ、良さそうだな。3万と高値なので「強くてニューゲーム」開始したら売ろう。

■Chapter12
・ひたすら物体を運ぶチャプター。ボスまで問題はない。壁張り付き敵に例によって苦戦したけど、謎解きで詰まるシーンは無いんじゃないかなー。
・ラスボス(Hive Mind)戦。第一段階は口の周りにある5つの弱点を狙う。5つある黄色い弱点の内、3つ破壊すると触手に捕まって中吊りにされる。宙吊り状態で残り2つを破壊しなきゃならないんだけど、照準が取り難いので苦戦必至。ここの攻略法は、自分も画面に向かって体をねじって主人公の体勢に近いポーズを取るのがコツ。ナリフリ構わない感じで。誰かに見られてるワケでもないんですし。家族なんかに見られている場合は、変人と思われる覚悟で。第二段階は腹部分の黄色を狙う。触手攻撃は左右にダッシュで回避。倒したら船へ。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(03)/XBOX360/アクション/EA

チャプター7から10まで終了。イージーなのに弾不足になったりしてる自分。壁に張り付いてる敵が厄介だなー。その敵相手にどうにも無駄に弾を浪費している。触手に引っ張られる場所で弾切れになっててボーっと見てるコトもあった。

他に、無重力シーンが混乱する。天井が足場になるってのは、慣れない。自分の位置が把握出来なくなる。脳が絶命異次元。

■Chapter7
・Nicole防衛にやや苦戦。プラズマ縛り進行中で、その武器が弾切れに近かったという。近くにある爆弾なども駆使して割りとギリギリ。
・4つある小隕石をKINESISで中央の真空装置のようなものに投げ入れるシーン。4つとも始末したら、装置を起動させて沸いてくる敵を倒して次へ。
・地球儀チックな隕石のシーン。移動しているリングに当たらないように重力ジャンプして、装置を取り付ける。その後、四ヶ所ある放電マシンを停止させる。停止方法は、STASISを当てて回転を遅くして、剥き身部分を撃つ。

■Chapter8
・序盤のエレベータ直後で、壁に張り付いている敵が雑魚を吐き出すシーンがある。壁の敵を倒さなければ雑魚は無限沸き。なので、セーブデータを分断してプラズマ以外の武器での30Kill系実績を解除した。
・無重力空間シーン。中央寄りの場所のパーツを全て緑のものに入れ替える。
・またもやシューティング。巨大なエイリアン(The Slug)で、触手の黄色い部分を破壊すればオッケー。両トリガー引きではなく、片トリガーで弾切れにならないように撃ってればまず大丈夫。物をぶつけてきたら、物を撃ち落すのを優先。

■Chapter9
・無重力空間シーンでは、宇宙空間への扉を開いて(扉周りにある6つの装置破壊で開く)、緑色の玉をKINESISで投げ出す。酸素補給は扉近くで出来る。
・Shooting Galleryなるミニゲーム。レベル5をクリアすれば実績解除。レベル5は難しかったので、セーブデータを分断してPulse Rifleを使用した。

■Chapter10
・ミニゲームの「Zero-G Basketball」。これ最初意味が分からなかったよ。ボールをキャッチして、それをゴールに入れればいい。最初に球が射出される瞬間を見逃すとボールがどこに行ったか迷う。レベル6をクリアすれば実績解除。このレベル6が、最初のボールの射出すらされてないような雰囲気で超リトライした。点数、何点取ればクリアなのか正直終えた今でも分かってない。
・箱をKINESISで移動させて通り抜ける場所。戻りの最中にHunterが出現するので、焦りながら逃げる。
・シャトルのある場所。またHunterが出現する。シャトルのバーナー噴出で焼死してもらう。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(02)/XBOX360/アクション/EA

石村こと絶命異次元、イージーで開始して今はチャプター6が終わったトコロ。第一印象は「ダークセクター」だったけど今では「バイオショック」のほうが近い。単なるエンジニアに何やらせてるんだよ的ストーリー展開。

最初の頃は石村ショップの扱いとかよく分かってなくて、だいぶアイテムを無駄にしてしまった。悔やまれる。

ホラーへの感受性が低い自分なので言われている程恐くはないんだけど、お使いが済んで今来た道を引き返そうとしたらドドンと敵が出てきたりするのにはハッとさせられる。心の隙/油断を衝く演出が考えられているなー。

ハイデフじゃないと厳しいかなあ。マップ見てもどこに向かえばいいのかラインが見にくいのよ。白建造物に水色の線で。

以下、詰まったりした箇所。

■Chapter1
・部屋の両端と真ん中に端末がある場所。奥の端末は起動させてもすぐ戻ってしまう。起動させたらSTASIS(LT+X)でスローにさせておいて、急いで真ん中の端末を起動させる。

■Chapter2
・最初に獲得するKINESIS(LT+B)を結構な頻度で使うチャプター。行き詰ったらKINESIS絡みの仕掛けが無いか疑ったほうがいい。天井の装置を動かしたり、床に落ちているバッテリーを壁に嵌めこんだり。

■Chapter3
・無重力空間エリア。2箇所の棒を移動させる。STASISで帯電させてから、KINESISで動かす。
・酸素不足のカウントダウンの中で、回転マシンを回避しながら移動するエリア。回転マシンが通り過ぎたら右のほうに走り、凹んでいる安全地帯に入ってマシンをやり過ごす。それを何度か繰り返して脱出。
・触手に足を捕まれ船外に引きずり出されそうになるシーン。襲われているムービーだと思ってたら本当に襲われているので注意。黄色い部分を撃つ。

■Chapter4
・ゴリラ(Brute)はSTASISを浴びせてから撃つほうが倒しやすい。手足の付け根が狙いドコロ。
・衝撃波を壁に隠れて避けつつ、酸素が切れる前に向こう側に辿り着くエリア。物凄いリトライした。途中で酸素缶で息継ぎしないとまず無理というのを知らなかった。なので、酸素缶か、酸素補給チート(ポーズ中XXYYY)を使う。僕は勿論チート。
・隕石シューティング。50%以上ゲージを残すと実績解除なので無駄にリトライした。攻略のコツはあるんだろうか。自分の場合は、「序盤は片方トリガー撃ちでコツコツと確実に」「中盤以降、隕石の数が多くなってきたら両トリガー撃ちっぱなしで攻撃密度を上げる(弾切れも早いがその件は諦める)」「中盤以降、外側に飛んでる隕石はダメージが少なめなので狙う優先度を下げる」「中盤以降、照準移動は精密さよりもザクザクと大胆に移動させる」、という辺りを意識した。

■Chapter5
・二度目の不死身クリーチャー(Hunter)戦は、HunterをSTASISで足止めするなりして、他の敵を倒していると通信が入って扉が開く。Hunterは相手にしなくていい。
・壁に張り付いている敵は、触手を全部撃てば倒せる。近くに爆弾があればKINESISでぶつけるのが手っ取り早い。
・ラストのHunter戦は、中央の装置にHunterを誘き寄せてSTASISで足止めさせて、隣の部屋に急いで向かってスイッチを起動させる。

■Chapter6
・各地にいる毒ガス散布クリーチャーを退治するチャプター。後半、エレベーターの装置を起動させて床の窓が開いてる隙に倒す奴が分かり難かった。位置的な意味で分かり難い。うなり声が聞こえる場所。
・放電装置のある無重力エリアは、STASISで放電装置を停止させてその隙に移動する。
・ボス、触手は黄色い場所を撃つ。本体は中心を撃ってもいいけど吐き出してくる爆弾をKINESISで受け止めて投げ返すのがラク。

  • Genre:

■「DEAD SPACE」(01)/XBOX360/アクション/EA

導入部を見たトコロまで。まだ全然進めてない。起動させただけレベル。

これはハイデフでやってこそなゲームなのかのう。最初に明るさ調整が入るんだけど、最大にしてやっと石村の文字が読めるぐらいであった。「ダークセクター」や「トゥームレイダー」プレイした時も思ったんだが、暗めのグラフィックはハイデフ環境じゃないと視認面で厳しいものがありそう。

第一印象は、今引き合いに出した「ダークセクター」の様相。まあ第一印象も何も、ホントにさわりのさわりしかやってないので。ホラー系に恐怖を感じない自分だけど、びっくり箱感覚/サプライズ面で楽しませてもらえそうな予感はあるので楽しみ。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR