1. Top » 
  2. オトメディウスG

■「オトメディウスG」総括/XBOX360/シューティング/コナミ

ヌルい。時勢なのか、プレイしてて慌しさがないシューティング。これがパロディウスだったらもっと目を離せない慌しさがあったものだが。道中密度が希薄というか。結構のんびりプレイできる。トータルな雰囲気といい、ゲーム内でのリスクも曖昧で、初心者への間口として頑張っていると思いますよ。

まあ何と言っても女の子キャラですな。「ライデンファイターズ」や「雷電4」よりも売れているそうだし、女の子でパッケージングするだけで随分と違うもんですよ。そう考えると、東方シリーズは目端が利いていたんだなーと再認識。東方は中身はクラシック路線のCAVE弾幕シューなんだけど。

「オトメディウス」、元々のアーケード版も、3面で終了というタイプの回転率優先な作りになってる辺りにまた時勢を感じさせる。今はシューティング氷河期というのをまざまざと痛感しちゃう。ていうか今はアーケードでは何が全盛なんだろうか。音ゲー? 格闘ゲームの一対戦1コインというバブル期でゲーセン事情も一気に変わったよな。

まあそんな具合に何かと昔を思い出させるゲームだった。総じて、楽しかったよ。

■「オトメディウスG」(04)/XBOX360/シューティング/コナミ

ゴージャスモード、残っていたマドカとティタでクリアしてみた。両方道中はラクだけどボス戦に不向きなキャラだった。特にティタはラスボスまでノーミスだったのにそこで3回ぐらいコンティニューしてしまった。

ゴージャスモード、二周目はコンティニューできない。撃ち返し弾が出てきて厳しい。コミカルでほんわかした世界観なのに二周目になると容赦なく極悪攻撃してくるってのは、「出たなツインビー」とか思い出しちゃった。いやツインビーに比べるとまだどうにかなりそうな隙はあるんだけど。しかし二周目は本格的に挑戦しようという気にはならないな。

ギャラリー見てると吉崎観音がボスのデザインもあれこれやってるのが分かる。しかもボツになってるのか。ポイニーは貧乳通り越してえぐれてるな。

  • Genre:

■「オトメディウスG」(03)/XBOX360/シューティング/コナミ

ジオール・トゥイーがエロい。設定上癒し系みたいに説明されているけど、バースト時の画像といい格好といい、これは痴女と言ってもいい。台詞もエロ解釈可能なフレーズを選択してて、「もう我慢できない」とかは言い逃れできないレベルになっている。

まあ、絵的に一番気に入ってるのはオーソドックスに亜乃亜ですけど。青い子。そういや殆どのキャラの名前が、発音し難い/座りが悪い語感になってるんだけど何だろこれ。元ネタでもあるのかな。

その亜乃亜で何とかイラストカード&ウエポンカードコンプリートを終えた。連コン放置やった。
「イラストカード・ウェポンカードをコンプリート!」
全6キャラ(亜乃亜・トロン・エモン5・マドカ・ジオール・ティタ)の1キャラ分全てのイラストカードと全てのウェポンカードを集める
という具合に、実績の説明が分かり難いんだけど、誰か1キャラをコンプすればいい。今後追加されるであろうキャラは対象外、デフォルト6名というのを強調しようとしたんだろうか。

ゴージャスモードはラスボスのオーディンコアだけ妙に強いな。見てくれがカッコイイので好きだったりする。古代貝っぽいデザインのボスが何体かいて、どれも好きだわー。まあグラディウスのボスはどれもカッコイイので、バーサスミッション用のボスとか100体ぐらい入れて欲しかった。

  • Genre:

■「オトメディウスG」(02)/XBOX360/シューティング/コナミ

ゴージャスモードも楽しいが、オリジナル内のバーサスミッションも楽しい。ソロプレイな僕の場合、ボスラッシュモードみたいな扱い。時間も短めなのでついつい何度もプレイしてしまう。

LANがどうだのと説明されてたので、オン環境もしくは二台繋げないとプレイ出来ないと思ってて、痛ビッグコアが見れないのかー残念だーと悶絶してた。で、念の為にやってみたらプレイ出来た。ほぼボスとの5連戦。ボス戦のみってのは、意外と楽しいな。これならDSケツイも充分楽しめるんじゃないかと(DS持ってないけど)。

ボスはランダムで選ばれるんだろうか。こちらの装備次第なのかな。最後の要塞はいつも時間切れ。エモンで頑張って残り3個までは行けたんだが、基本倒せない存在に思っておこう。

  • Genre:

■「オトメディウスG」(01)/XBOX360/シューティング/コナミ

「萌えディウス」こと「オトメディウスゴージャス!」目下プレイ中。

オリジナルモードとゴージャスモードがあり、オリジナルはアーケード版準拠、ゴージャスはコンシューマ用にステージを順々にクリアしていく形式。ゴージャスモードが楽しいわ。普通にグラディウスだ。極太レーザーで上下に壁作られて反射レーザーで攻められたり、レーザーのワインダーで地形越しに砲台倒したり、普通にグラディウスの感覚。その場復活&無限コンティニュー(多分)なので、先を見るのに躓くコトもない。

4キャラクリアしたけど、唯一の男キャラのエモンが個人的に使い勝手が良かったのが残念。男じゃん。楽しくないじゃん。持ちキャラにしたくないじゃん。

心配していた端数だらけの秘密の実績も、プレイ時間系だったり、プレイキャラにタッチしたりするというラクなものばかりで一安心。573回触ったよ。女の子のお乳を触って解除というのは、実績史において類を見ないな。外人にやらせて反応が見たいわ。ていうか総じて実績が簡単なものばかりなので、あまり急いで解除しないようにしないと。サクッとコンプして終了とするには勿体無い。このゲームは暫くプレイしたいので、未解除の実績を残してモチベーションを保たねば。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR