1. Top » 
  2. CLANNAD

■「CLANNAD」総括/XBOX360/アドベンチャー/プロトタイプ

人生でした。泣きたければ、グレート巽とガチで殺し合いするよりもクラナドを読むほうが効果的。

最初の頃こそ、あーちょっと読み進めるのかったるいかもなー、まあこれがテキストアドベンチャーなんだろうししょうがないかーなんて思ってたんだけど、すぐに、音楽との相乗効果でこんなにも泣けるのか、と感動してる自分になっていた。不満点を出すなら前時代的な絵なんだけど、この絵でもあれ程の感動を提供できるんだから大したもんだ。というか絵はどうでもいいな。

実績的にも美味しいソフトと言われているんだけど、流石にオールスキップでの人生台無しプレイは出来なかった。それなりにちゃんと読んでたので50時間前後はかかったよ。

■「CLANNAD」(02)/XBOX360/アドベンチャー/プロトタイプ

全シナリオ読了。非日常なファンタジーネタもある作品だったのか。攻略ヒロインに生霊もいるし。

泣けたシナリオベスト3は以下。

1位:一ノ瀬ことみ
2位:藤林杏
3位:相良美佐枝

ことみシナリオは割りと初期に読了してて、これでメインヒロインじゃないのかと愕然とした記憶がある。真剣に泣けた。涙を堪えて鼻の奥がキリキリする中読み進めていたよ。まあ、結局最後までことみを越えるシナリオは出てこなかったんだけど、それは読む順番で違っていたかも知れない。ことみの浮世離れした言動(粘土食べる?的な発言とか)までもが終盤の仕込みだったというのもヤラレタ感が強かった。

藤林杏は究極の選択的なネタで、逃げ道の無いシナリオが良かった。誰も傷つけない道は無いのか考えあぐねる状況下でどんな判断を下すのか、そこで奇麗事で纏めずに「誰かを傷付ける」という正面切った道に踏み込むのがイイ。椋に嫌な女属性を与えるコトで消去法として纏める、というシナリオじゃなく、あくまでも椋もまたこれ以上はないというぐらいの理想形で描く中での選択。杏の妹の藤林椋、専用ルートでの扱いよりもこちらでのある意味当て馬な扱いのほうが活躍度数が高い。
藤林姉妹って、対照的な姉妹だけど最初にセットで用意されたんじゃなくて、まず杏があって、付き合っている誰かがいる状態で彼女を選ぶシナリオを成立させる必要から、付き合っている誰かとして演繹で椋が生まれて、更に誤認イベントの為に姉妹設定になったんだろうなあ。

相良美佐枝はサブキャラっぽいので大したシナリオでないだろうと油断していた反動もあって不意打ちで泣けた。ファンタジーずるい。超ずるい。

他、トゥルーエンドってFF7への返礼なんじゃないかと思った。FF7、ヒロインが死なない選択が無い辺りでも話題になってる作品で、そこに生存の道があれば的な意味で返礼なんじゃないかと。

  • Genre:

■「CLANNAD」(01)/XBOX360/アドベンチャー/プロトタイプ

立ち上げてプロローグを終えただけ。ほんの触りのみ。友人の寮に遊びに行ってラジカセに上書きしたトコロまで。最初の選択肢がそんな内容でちょっとビビった。

恋愛ADVなので、問題がありそうで不安。いやまあ何ていうか、今のご時世、ゲームの影響による事件が色々あるじゃないですか。マスコミによると、モンハンとかやってて実際にアニマルを殺害したくなったとか、そういう論説。ゲームをやるコトで、それを現実でも実行したくなるという。「ロリ規制反対! ゲームはゲーム!」とか言ってる人は、今書いたような影響力を知らないんでしょうね。ゲームは現実に影響を与えるんですよ。
恋愛ゲームをやるコトで、僕が恋愛にアグレッシブになる可能性も高いんですよ。これは良くない。毎クール、月9のドラマに張り付いたり。月9て、今言うんだろうか。

他にまだプレイしてない詰み状態のゲームに、「Cabela's BIG GAME HUNTER」ってのもあるんですよ。狩猟ゲームなんですけど、これも影響が非常に不安。ほらまあ、今のご時世、ゲームの影響による事象とされるコトが色々あるじゃないですか。マスコミによると、ゲームやアニメの二次元キャラに満足してリアルの恋愛に消極的になっているとか、そういう論説。ゲームで満足して、現実では実行しなくなるという。「撃つゲーム最悪! 現実に悪影響を与える!」とか言ってる人は、今書いたような影響力を知らないんでしょうね。
僕が狩猟ゲームをやるコトでもう満足しちゃって、現実では命を奪うのをやらない可能性も高いんですよ。本来なら僕、殺戮王として歴史に名を残す可能性を持っているかも知れないのに。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR