1. Top » 
  2. バーチャファイター5

■「バーチャファイター5」総括/XBOX360/対戦格闘/セガ

3D格闘の中では、無骨でストイックなゲーム内容で個人的にはもっとも敬遠していたのがバーチャ。この5は、だいぶ歩み寄っている印象がある。着せ替え衣装が豊富って辺りに。セクシーな女性キャラが衣装によってはよりセクシーに。この辺がちょっとセガらしくない。僕のセガの印象は、大阪のお笑い芸人なのに。「どや。大阪のお笑いレベル高いやろ」なんて言って悦に浸ってるけど実情は保守的で時代に取り残されている感。

まあこんな風に書いてると、セガへの愛情の裏返しみたいに思われそうだけど、普通に嫌いなメーカーでしたよ。声だけデカい実力無しって感じで。でしたよと過去形なのは、今は好きになったというワケではなく、もはや好悪不問の無関心領域に入ってる。

ゲームは、試合自体はスピーディだしCPUも適度な強さでストレス無く楽しめる仕様であった。まあ、DOAシリーズの凶悪CPUがあったお陰での反動印象なんだろうが。実績が全てオフで解除出来るってのは、セガのズレてる感を感じるけど、僕には有り難い配分であった。ヒット時の効果音が随分と気持ちイイのもバーチャ。

気付けば「DOA」「バーチャファイター」「ソウルキャリバー」「鉄拳」と、3D格闘の4巨頭全てXBox360に来てる/来るのね。恐ろしい時代だ。しかしそんな時代だからこそ、どこからも爪弾きにされてXboxに活路を見出し、注力し、黙々とその道を洗練させてきた「DOA」のテクモへの感謝を忘れないでおくよ。

■「バーチャファイター5」(05)/XBOX360/対戦格闘/セガ

クエストモード、コンプリート。

クエストモードは、世界大会が終了してスタッフロールが流れるトコロでまずはクリアとなる。コンプリートはそこから更に、ライバル全員撃破、アイテム・エンブレムを集め切る必要あり。クリアまででおよそ500勝、コンプリートまでで約1100勝。クリアが折り返し地点だった感じ。

ライバル全撃破が苦行領域。未対戦ライバルは星マークが付いてないので、それが出るまでゲーセン入る→出るの繰り返し。ボーっと繰り返していると、未対戦が居たのにうっかりゲーセンから出てしまうコトもままあった。パッチが当たってるとこの辺がラクになっているようなんだがな。未対戦キャラが優先的に出現/乱入してくるような変更がなされている様子。悔しい思いをしたオフ専の僕なのでした。

強キャラのラウ故に殆ど敗北しなかったワケで、それでもこんなに時間がかかった。もし他のキャラで勝敗の見えないバトルに挑んでいたら、3倍以上はかかったろうな。

  • Genre:

■「バーチャファイター5」(04)/XBOX360/対戦格闘/セガ

QUESTモードはラウ使用で称号「神」獲得まで進めた。ラウの強さ故にモリモリ勝てるのが気分が良い。例え強キャラと称されるラウを使っても自分なら苦戦するんじゃないかという危惧も強かったので、何とかなっているのは有り難い。

アイテムや紋章集め、ライバルキャラ全撃退のコンプリート系に凄い時間が掛かりそうだ。400戦近くやってるのにライバルコンプが30%未満ってのは厳しい。しかしまあ時間が掛かってもどうにか出来そうなので良しとするよ。

それよりも、コスチュームのカスタムによって相当別人キャラに出来るってのが意外だ。こんなコトなら女性キャラでやれば良かったと思いつつ、女性キャラだとラウ程勝てないんだろうという考えも浮かび、気持ちが拮抗。コスチュームはABCDの四種類ある。Aが1P衣装、Bが2P衣装、そしてC・Dがオリジナル作成可能な衣装。C・Dはクエストを進めないとアンロックされないみたいで、サブキャラ的に女性キャラを作ってみても通常衣装の色違い&髪形変更ぐらいしか出来ない。畜生。いいさ、女体堪能はDOAシリーズに任せるさ。

DOJOモードではサラに引き続き4キャラクリアして「コマンドマスター」解除。クリアしたのは、ラウ・デュラル・エル・パイ。ラウで99分99秒超過してこれは溜まらないと思った。しかしデュラルは7分ぐらいで終わった。結局色んなキャラを試して、残りはエルとパイでクリア。あー、大変だったわ。

バーチャって、レバー部分の操作は他の2D格闘に比べてシンプルだけど、ボタンのタイミングでコマンドの困難さを深化させているんだな。音ゲーに近い。ボタン側に注力しまくりなので、右腕がだいぶイカれてきた。格ゲーは普段なら左手にダメージくるのに、バーチャは右。筋肉痛かなコレ。ゲームで筋肉痛て。

  • Genre:

■「バーチャファイター5」(03)/XBOX360/対戦格闘/セガ

アーケードモード、一通り全キャラでクリア。全キャラクリアと言っても、サラのコマンドタイムアタックに費やした時間よりも少ない時間で終わった。まあ元々試合時間が短いゲームだ。相対的に対戦前のロード時間が長く感じる。

QUESTモードに手を出す。このモードを以後メインにプレイするコトになる。使うキャラは強いと評判のラウにするよ。自分の場合、サラで進めても途中で挫折して最初からラウでやり直すコトになりそうだし。

QUESTモードは、ゲーム内のゲーセンを訪れては勝負を仕掛け、時折出現する大会に出場したりして、段位を上げていく内容。現実のこのゲームの有り様をゲーム内に落とし込んでいる感じ。暫くはワケも分からずに戦闘を累積させるか。

  • Genre:

■「バーチャファイター5」(02)/XBOX360/対戦格闘/セガ

ベリーイージー、1ラウンド設定にしてARCADEモードはサラでまずクリア。以前あんだけアキラで苦戦したのにサックリクリアできた。ノーマルとベリーイージーで随分と違う。

衣装を変えるとだいぶエロい。全身レオタードも捨てがたいが、横乳の魅力に憑かれた。媚びないセガだったのに、たぷんたぷん揺れているじゃないか。いやまあゲーム内容がストイック過ぎて媚びないセガは健在なんだけど。

引き続きDOJOモードのコマンドタイムアタックに挑戦した。これが大苦戦。サラ使って80分かかった。80分て。タイムアタックの数字じゃない。まあ、最後までやり通せば「DOJOステージ獲得」の実績が解除されたので良かった。時間制限があったりしたら、無理だった。しかしこのコマンドタイムアタックが関ってくる実績は「コマンドマスター(任意の5キャラクターでコマンドタイムアタックをクリア)」というのがまだ残ってて気が重い。後4キャラもやる必要あるのか。

サラとか外人はその国の言語で喋ってる。当たり前なんだけど何故か違和感。どんな国の人も日本語喋るゲーム(DOAとか)のほうが不自然なハズだけど、そっちのほうがしっくり来るんだよなー。

  • Genre:

■「バーチャファイター5」(01)/XBOX360/対戦格闘/セガ

当然使用キャラはサラ・ブライアント。葵も捨てがたいが。今後困難になってきたらあっさり他のキャラに乗り換える予定だけど。

ストイックな作りの格闘ゲームで、実は3D格闘の中では一番敬遠していたのがバーチャ。が、案外ガチャプレイでどうにかなる。「DOA4」があんまりにも難しかったから、その反動でそう感じるのかなー、あー楽しいぜー、と思ってたら最終面のアキラで躓く。10回ぐらいコンティニューしても勝てなくて、諦めた。

次からは難易度を落としてラウンドも1本に変更してプレイする。今の僕には、根気は無い。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR