1. Top » 
  2. Namco Museum Virtual Arcade

■「ギャラガアレンジ」/「ナムコミュージアムバーチャルアーケード」収録/XBOX360

「ドラゴンスピリット」をプレイした後だと、何て簡単なんだと感じた。残機もモリモリ増えるし。ていうかこの「ナムコミュージアム」に収録されているギャラガ関連の中では一番簡単だろう。これって元はどのハードだったんだろうか。PSP辺りかな。

捕獲される敵によって、合体後のショットに違いが出るのがこのアレンジ。捕まえてくるヤツによって、連射ショットになったり3WAYショットになったりする。ちなみに捕虜化された味方機は、その敵が待機状態で撃っても解放&合体出来る(他のギャラガは該当の敵が攻めてきてる中で撃たないと合体出来ない)。

ステージは、1-1から始まり、6-5で終わる。各エリアに虫をモチーフとしたボスがいるが、6-5の蛾だけ無駄に強かった。そして、クリアしたらエンディングも何も無くタイトルに戻って終了。無骨だ。

これをプレイした後に「ギャラガ88」もやってみたが、難しくて即効で諦めた。それほどまでに、この「ギャラガアレンジ」は温い。

■「ドラゴンスピリット」/「ナムコミュージアムバーチャルアーケード」収録/XBOX360

ステージセレクトが出来るので、最終面(9面)を延々とプレイしてエンディングを目指してみた。3・4時間かけてどうにかラスボスを倒せたよ。

今日日のシューティングと言えば、自分の中では弾幕なんだが、こういうタイプのシューティングもあったよなあ、と懐かしさを覚える。ガッチガチの覚えゲーで、パズル的なルート組み立てが必要とされる。納得感の無い死。何となく繰り返していればどうにかなる、というコトもなく、マジで攻略を考えながら1ドットでも先に進めるようになるのを試みるこの感覚も懐かしい。些細なミスで思いっきり戻されるこの遣る瀬無さもまた昔のゲーム。

方向キー下入力で壁抜け出来るってのを前提に組み立ててたのに、えらい大変だった。もう二度とプレイしないぞ。

知っているか知らないかで大きく差が出るのも昔のゲームの進行攻略。ゲーメストとかが需要だった時代だ。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」総括/XBOX360/NAMCOBANDAI

オフ専の自分にも「パックマンCE」や「ギャラガレギオンズ」が出来るという、あり難いソフトであった。このソフト、稼動は基本北米版本体オンリーなんだけど、収録されているゲーム中、XBLA9本は日本の本体でもプレイ出来る。全ゲームがプレイ出来なくてももうXBLA9本分だけで自分としては値段以上の有り難味があったよ。

ライブアーケードのゲーム自体が初体験だったんだけど、シンプルなルールのものが多くてそこもまた丁度イイ。パッケージソフトはなまじ中断しちゃうと操作を忘れちゃうのでやる時は一気呵成にやろう、という気構えも求められるんだけど、シンプルなゲームは忘れない。まあパターンやコツは忘れるのでどちらにしろ一気呵成が宜しいんだが。

実績は、古いゲームは平易で新しいゲームは難し目な印象。レゲーは最初は懐かしーとプレイ開始しても単純過ぎてすぐ飽きるので、平易な実績配分は嬉しい。「ソニックUGC」も簡単だったけど、その辺の実績の設置方法は分かってる人の仕業なのかな。まあ、古いのは簡単と言いつつ、「パックマン」「ミズパックマン」をコンプ出来なかった自分だったりする。

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(09)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■Galaga Legions
チャンピオンシップモード、いわゆる面セレクトで一通りクリアした。超覚えゲーなワケで、オプションであるサテラテをギャラガ編隊毎にどう設置するかをパターン化する必要がある。

このゲームの楽しい点は、編隊が矢継早に登場するので中弛み無しで密度の高いプレイ時間を味わえるコト。矢継早というのは何気に大きい。「サイヴァリア2」や「式神の城3」は道中で敵が出現しないシーンが多々あり、それが積み重なってどうにも締まりの悪いステージ構成に感じてしまっていた。それが無い作りになっているのは、自分の好み。

ツラい点は、敵デザインのレパートリー/背景のメリハリが乏しいので、覚えにくいというのがある。「この背景に切り替わったらアレが出てくるな」何て感じで記憶していくのが、しにくい。まあ、正直瑣末かも知れないが。

アドベンチャーモード、1面からのノーコンティニューは2面クリアがやっと。チャンピオンシップをオールクリアしたしここで一旦切り上げようかなーあーでも今切り上げたら今度再開する時はパターン全部忘れているのでまた最初から覚え直しになっちゃうよーどうしよーと悩んだんだけど、切り上げる。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(08)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■Mr.DRILLER Online
このゲーム中毒性がひどい。気付いたら数時間経過している有様。今はロボを使っている。ブロックを一回食らっても平気というのは大きい。その点では残機2倍なんだけど、窒息死もあるからなー。

目下、ロシアコース(3000メートル)で、半分ぐらいまで到着出来る時が有るか無いかぐらい。だいぶ内容/コツ的なものが理解出来てきた。
クエスト10回連続達成なんてのも、以前はギリギリだったのに、達成可能になってきた。

エアカプセルを如何に回収するかが問題で、見た瞬間捌き方が分かるようにならないと恐らく通じない。以前は「あーこのエア無理。次が取りやすい配置になってるのに期待」とスルーするカプセルが多かったのが、結構取り方が分かるようになってきた。むしろ、これこそスルーすべきだろ的なカプセルに執着して時間をロスする(差し引きマイナス)コトが多くなってきてしまった。

ぷよぷよ等で、脳を通さずに配置させれるようになるかの如く、瞬間的に対処が脳裏に浮かぶ状態にならないと駄目なんだろう。脳味噌にドリラー専用回路を築く必要がある。

■Galaga Legions
エリア3が越えられない。集中的にプレイしないと忘れちゃうゲームだ。全体的に、逆転不可能な追い詰められ方をするゲームなので(アドリブが通じない)、やはり編隊の配置とその対処法をとことん覚える必要があるなー。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(07)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■Mr.Driller Online
このゲームを触ったコトで、この「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」、日本版本体でプレイ可能な収録作は一通り触った。

オンラインとタイトルに入ってるけど勿論オフ分でも遊べる。これまでのギャラガやパックマンと異なり、自分としては勝手が全く分からないゲームだったので、暫くは攻略の糸口/指標めいたものが見えなかった。今は辛うじて分かってきたかも、程度のレベル。エアカプセル目指してモリモリ掘って、エア回収直前だけはちょっと連鎖待ち、という感じでやってる。まあ、まだ正直指標は固まってない状態なんだが現段階では仮としてそんな方向に。

今は中級難易度ステージ(1000mがゴール)で、半分の500mまで潜れたら喜んでいるレベル。先は長い。

数キャラ選択可能な中で、スタンダードのホリススムをメインにやっている。ちょっと触ったロボや兄が使いやすそうな気もするな。でも暫くはススムメインでプレイしよう。

「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」はもうこのミスタードリラーとギャラガレギオンズを中心にプレイする。簡単簡単と称されているパックマン二種がコンプ出来てないのが心残りだが、そこは割り切ってしまおう。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(06)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■PAC-MAN
十字キーではなくスティックなら「パーフェクト」用の完璧トレースも出来るんじゃないかと挑戦したけど駄目だった。ヘコむわー。

■NEW RALLY-X
まさに昔のゲーム。開始して4秒で死ねるゲーム。実績が無ければ1分で終了していたであろうゲーム。広々としたパックマンぐらいの感覚で最初はやってたので、煙幕出せるのに暫く気付かなかった。そら難しいわ。

ミニマップとメイン画面との間をチラチラ視線を動かす必要があり、それが難しさにも繋がっている。迷路の見えている範囲が意外と少なくて、画面外から出てきた敵車に突っ込まれて突然死する。如何に後ろにまくように誘導するかがコツなんだろうけど、17面からは誘導されずに先回りして前方から突っ込んでくる車も出てきて、色々むごい。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(05)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■Pac-Man C.E.
パックマンをこよなく愛する人達が同人ノリで作ったようなゲーム。この場合の同人ノリというのは、営利だけど非営利感を前面に感じるという、いい意味で。究極進化形というのは、まあ誇張ではない。

想像していたよりも遥かに難しくて困った。メチャクチャ速くなる。敵だけじゃなくて自機も速くなる。ゲームスピード全体をアップするコトでプレイヤーの制御を翻弄するってのは、クラシックな手法で懐かしい。それにしてもこうも苦戦するなんて、パックマン自体のコツを分かってないのかなー自分は。簡単と称されるゲームに苦戦すると妙な敗北感に包まれる。無印パックマンもミズパックマンも全解除出来てないし。

途中で、「パックマンに関しては十字キーよりも方向スティックのほうがいいんじゃないのか」という考えに至り、ホリコンから通常コントローラに変えた。実際そのほうがラクだった。

40万点実績にえらい苦戦したよ。エクストラモード2でどうにか解除。チャレンジモード1がパワー餌集中の際にバリバリ稼げるみたいなんだけど、その時以外のステージが難しく感じた。エクストラ2にもパワー餌が集中的に出る場面が何度かあるし、それ以外の局面も地形がシンプルで逃げやすかった。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(04)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■DIG DUG
「掘り尽くし」にやや苦戦したもののどうにか実績は全解除。攻略サイトによると、『横を掘ってから縦を掘る』とシンプルに説明されているんだけど、敵の誘導に影響しているのね。実際にプレイして多少のアルゴリズムを掴んでようやく意図が分かった。プレイヤーキャラと軸を合わせようとしてくるので、ずらして別の通路に入れ込んで時間稼ぎするような狙いがある。まあ、こんな風に文章で書いても、実際にプレイした人には「ああ、あれね」と分かるだろうけど、分からない人にはきっと何がなんやらな説明。

パイナップルが出現するのが19面なので、そこまで行けば実績はコンプできる。後半は残機と引き換えに一人二殺ぐらいの勢いで銛を打ち込んで強引に進めていた。

パックマンがパックマンチャンピオンシップエディッションに、ギャラガがギャラガレギオンズに、ゼビウスがゼビウスリザレクションという具合に、古典ゲームがブラッシュアップアレンジ作に繋がっているので、このディグダグも何か出ないかなー。なんて思ったけど、それがミスタードリラーなのかな。

■Galaga Legions
ヤバい。超クセになる。ついついリトライを繰り返してしまう中毒性。今日日にしては珍しいぐらいプレイヤー突き放しの覚えゲーでえらい難しいし。矢継早に編隊が飛んで来るので中弛みが全くない。常に緊張感が持続する。これは暫く遊べそう。

  • Genre:

■「NAMCO MUSEUM VIRTUAL ARCADE」(03)/XBOX360/NAMCOBANDAI

■PAC-MAN
どうにか21面クリアはしたものの、「パーフェクト」が難しいんですけど。1つのパワー餌で4匹ゴーストを食うのをその面で4回繰り返すというもの。実績解除Wikiから貼られていたリンクの動画を見てトレースしようとしても何かズレる。どこかで先行入力が遅れているんだろうなあ。写輪眼が欲しい。

■MS.PAC-MAN
パックマンとどう違うのかと言うと、面の地形が数パターンあるのと、フルーツが迷路内を泳いで出現するという辺り。リボン付けてるだけで他は全部同じなんじゃないかとプレイ前は思っていた。そこまでNAMCOもえぐいコトはしないか。ていうか女に見えない。女装してるように見える。

こちらも「パーフェクト」が難しい。パワー餌食った時にモンスターが青くなっている時間が長めなので、無印パックマンよりはまだ出来そうな気もしているんだが。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR