1. Top » 
  2. 2014年08月

■「ファントムブレイカー バトルグラウンド」/XBLA/アクション

201408321pbbg

サイドビューのアクションゲーム。スクリーンショットからベルトスクロールと思われそうであるが、奥と手前の2ラインを移動する構成。

ライン移動ってのは、他のゲームで言えば「ガーディアンヒーローズ」とか「餓狼伝説」とかあんな感じ。このデザインにしたのは、単純に作るのがラク、という理由なのかなあ。だったら許せる。これで「ベルスクよりも苦労しましたー」とか言われたらちょっと感覚的にズレていると思っちゃうな。ベルスク面倒なので手を抜いてそれっぽく纏める為にライン移動方式にしました、というのなら、体裁それなりに整っているし全然アリですよ。

溜めた経験値がその後も反映されるタイプ。プレイヤーに負担を与えないようにする意思が存在する現代感覚。個人的にはこれぐらいユーザーを甘やかすぐらいでいいんじゃないかなーと思っている。

いきなり実績の話をすると、隠しキャラを出現させる為に「ノーマル一周」&「ハード以上一周」で合計2周はする必要あり。

他に、「紅莉栖パック」という追加実績込みの追加コンテンツが絡む実績もあって、紅莉栖でレベル25、また任意のキャラでレベル99まで上げる必要あり。

具体的には、2014年8月下旬の現段階で実績コンプを目指して開始するなら、クリス使用一択がオススメ。ストーリーモードで選択出来ないのでお話を楽しめないというデメリットもあるが、実績厨ならそんなコトは気にしないだろう。クリス、ストーリーモードは選べずともオフラインCOOPでのソロプレイは可能。クリスをレベル99要員にしてしまうのが無難。

一応、自分がコンプした流れは以下。

・クリスを使ってオンにいきなり参戦。オンライン対戦プレイをして「紅莉栖とスカベンジャー」を解除、その相手(外人)に誘われるままナイトメア難易度の後半ステージをプレイして経験値をやたらめったら稼がせてもらう。クリスのレベルが60代前半に。

・オフライン、ステージ4ラストのボーナスステージを完全クリアする「落下中のパーフェクト」実績を解除。難易度イージーで解除。

・強化クリスを使ってノーマルを通しプレイでクリアして隠しキャラを一部解除。ハードも引き続きプレイして、途中で残りの隠しキャラを解除。途中で解除ってのは、オンでのナイトメア後半をクリアしていたので終盤まではプレイしないで済んだという。

・「なんだこのわき上がる力は」なるレベル99実績の為に作業。自分はハード後半面を繰り返しプレイした。使っていたのは勿論レベルが一番上がっていたクリス。この段階で唯一レベル80台になっていたので、そらそのままクリスで仕上げるしかありませんよ。

■8月31日(日)/雑文

・「個人的には最近談合する機会も多いし美少女説であって欲しいんだけど、現実的にkettaさんなんだろうなぁと思っている
ちょっと待って下さい。『現実的にKETTA』という、その諦め感/投げやり感は何なんですか。『現実的にKETTA』という侮辱フレーズ、聞き捨てなりませんね。

僕がKETTAである可能性なんて、あかね恋と安芸ららと海老原柚葉と楓真琴と鯉沢登子と近藤弥生と笹川綺雪と早蕨まどかと島原蘭と涼織藍音と蒼月芽衣と外屋舞美と小鳥遊アキラと多々野仁美と塔月芽衣と中村繪里子と羽間百合恋と日々野蒔と幌札きりと槙沢りじゅと巻田彩乃と真白こえびと杜若桔梗がYOCCHANである確率よりも、15%は低いですよ。僕がKETTAである確率、どれだけ多く見積もっても僅か85%程度って話です。

・そう言えば、提督的なサムバディがらいなさんに対して、「次のアサクリ談合、お前ハブだけど構わないよな?」と言い放ったあの日から一週間が過ぎていたのか。今回がその一週間後で談合当日だったんですが、盟約通りらいなさんはハブでした。凄い切なかったです。アサクリが終わってかららいなさんのプレイ状況見たら、「ブレイブルーCS」の実績を解除してて、切なさが倍増しました。付き合いたかったです。

・その流れから、明日にでも仕掛けられる招待テロ候補のゲームをいま探している。

意外性を優先して「剣豪ZERO」にしようかと考えていたが、オン対戦はオート対戦という形なので談合めいたものは不可能というのを知って愕然としている。「剣豪ZERO セルフ談合」で検索してたどり着いたこちらの記事でそういう情報を知りました。

というワケで、明日というか本日31日夜、例のゲームの招待テロ行きますのでるふとさんらいなさんらいんさん覚悟の程よろしくお願いします。るふとさんは海外版オンリーかも知れないので談合出来るかどうかちょっと怪しいですが。ええそうです。例のゲームが何かのヒントとしては、「コダカラー清志」ですかね。

xblafes08

■夏のXBLA祭り
夏XBLA祭り開催からすでに3ヶ月過ぎてるという事実。中々コンプ数が増えなくて困っている。あれですな。oneの配信専用ゲームもXBLAとしてカウントしますわ。具体的には「チャイルドオブライト」、これoneでもプレイするだろうし、その際には即カウントします。

・「ファントムブレイカーバトルグラウンド」(コンプ)
終わったー! コンプ数1カウント追加、祭り期間中に追加実績が来なければ逃げ切れる。コナちゃんパックが来なければ逃げ切れる。尚、購入者がいましたらオンでレベル上げ手伝えますのでお気軽にご連絡を。

・「Ascend」(コンプ狙い度:50)
11月に終了という報を聞きつけ、念の為に起動させてみたゲームなんですが、普通に起動出来ました。人によってはすでに起動すら出来ない状況の様子。実は僕も内心「いや~やろうとしたけど駄目だったわ~残念だわ~」とミサワろうとしていたんだが、ガッデムなコトに普通に起動出来ました。
ちなみに僕の環境ではタイトルの末尾に「1.2」って付いているんだが、これがあれば今でもプレイ可能なのかな? それにしても、まさか「スパルタカスレジェンド」よりも先にこっちのゲームが閉鎖されるとは予想外だったのう。

・「The UnderGarden」(コンプ狙い度:100)
ぼんやりプレイしている最中。そんなに難しくはないんだが、何故かちょっとプレイしただけで目がやたらと疲れる。殆ど黒背景だからかなあ。虱潰しにマップを移動しているハズなのに宝石見つけられていないステージもあって、あれこれって意外と面倒かも、と思い始めている。

・「ドリトスクラッシュコース」(コンプ狙い度:100)
取り敢えず再DLしてみた段階。「DLCを導入したら全ゴールド実績が解除出来なくなる」という不具合が解消されたみたいなので改めて挑戦したい。また、ジャパンでのタイム実績も、追加のジャパンイージーでオッケーになったっぽいので、狙いたい。つーか以前プレイした時はゴールドとか完全に捨ててたからなあ。今からチャレンジするには最初から覚え直す必要あり。ちなみに、海老もホモもマルちゃん焼きそば弁当も指名されているからきっとプレイするんだろうなあ。

・コンプゲー(14/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)
12:Child of Light(0824)
13:Minecraft(0824)
14:ファントムブレイカー バトルグラウンド(0829)

■8月29日(金)/雑文

・母親が遊びに来て四日程経過している。色々と制限増えるかと思ってたけど、何ら今までと変哲の無い日々を送れている。もっと怒られると思ったんだがな。「ブレイブルーの談合するな、実績は実力で勝ち取れ」とか。まあ、問題はone到着日だな。「またファミコン増やしたのか」だの罵られる覚悟を決めておくか。

折角遊びに来ているのにどこにも連れて行ってないのが気になる。うちの母親はなまじ金使うと逆に怒るので、外食とか連れ出さないほうが安全っちゃあ安全なんだが、3・4回は強引に引っ張り出したい。

提督ボンと一緒に、「ブレイブルー」観戦20戦実績を解除。いつもはオンになったその瞬間に、相手の都合を考えずに招待テロを行っていたので、今回は反省してきっちりと事前に連絡を入れておきました。朝の4時ぐらいに、「今日の夜やりましょう」とメールを送って、15時間ぐらい考える猶予を設置しました。

このゲームのオン実績、プレイマッチ150戦、ランクマッチ200戦ってのがあって愕然とする。特に後者のランクマ200戦とか覚悟の範疇超えているよ。週に一時間ぐらいで長期的展望でいきましょうか。裏で何かやりつつその次いでで一つ。例えば僕は今回はニコニコでインサイド観ながらのプレイでありました。

また、メールを逐一確認するのが手間というのもあって、今後に備えてチャット部屋を設けました。次からの談合の際はこれを使っていくよ。プロフィール欄のトコロにリンクはありまぁす。

・「何故か宮本武蔵のモノマネをやることになっていたので「琉球かボン」を連呼したけど反応が無かったので寂しかった
これは全然聞こえていませんでした。らいなさんの声は僕の360環境ではどういうワケか一番良く聞こえるんですが、上記『琉球かボン』のフレーズは全く聞こえず。ホモ水没作戦に集中してて気付けなかっただけかも知れませんが、多分それ以前の段階で連呼していたんですよねコレ。

■週刊少年チャンピオン感想 39号/2014年

■毎度!浦安鉄筋家族
偶然が発生する描写が事細かで面白い。今回なら犬がサンダル履いていく偶然。

■実は私は
痴女が活躍。都合の良い湯気を筆頭に漫画的お約束の隠しアイテムをネタにした回。だがケツは隠さない。

■刃牙道
板垣漫画における扉絵の簡易化は上手いパターン築いたなーと思っているんだが、ここ二週ほどそれに拍車をかける絵になっている。輪郭すら描かなくなった。

刃牙、完全敗北を実感。こうなると勇次郎と武蔵の戦いを見たくなるのが読者であるが、ぶつけないだろうなあ。武蔵はもう一体の勇次郎みたいな感がある。不可侵なキャラ。いきなり刃牙にぶつけて圧倒させたのは今後どうなるのかまるで分からないので良かったと思います。主人公補正をまず潰して作者自身を追い込む。これをやっとかないと、マッハ拳が効かない相手に主人公の鞭打が効く展開になる。

武蔵が圧倒的に強い上に聞き分けの良い人過ぎて、もう一人の父親ポジションにも見えてくる。師でも良い。武蔵は仲間ポジションに見えてきた。別の強敵蘇らせよう。武蔵が認める強敵を。

武蔵の笑顔、作り笑いではないんだろうがどことなく不安になる笑顔が多いよ。寂海王との絡みが見たいな。

■黒虎
あんま真剣に読まなくなってきた。12神将という時点で、まだ一杯片付けていかなきゃならないんだろうなーと予約された未来にげんなりしてしまうからだろう。この手のn人衆の扱いは作劇が難しいですな。

■喧嘩村
短期集中連載。残り2話として、ババアとガチで殴り合うというインパクトを今後超えられるのかやや心配。毎回新種のババア出してもいいんじゃないかな。強いババアというのはそれだけでロマンがある。回避能力が高いババアだったので結果一回しか接触攻撃(?)は無かったが、途中途中ではババアへの攻撃が真剣だったというのも良い。

■マリリーン大魔法研究所
細かいトコロで気配り充分な漫画だった。読者が疑問を抱く→タイミング良く解決、というのが多かった。連載化して欲しい。

■木曜日のフルット
500円以下のワゴンゲーを買い漁る姿が己と重なり、とても心が痛くなる回。積みゲーの罪深さを痛感。取り敢えず鯨井はオン実績だけでもとっとと解除しておくべき。

■8月27日(水)/雑文

one発売まで一週間ちょいではないか。新ハードで新ゲームは当然として、それ以外に自分的に楽しみにしている部分は以下。

・ブルーレイ
やっと「gdgd妖精s」をオーディオコメンタリー込みで観れる。

・縦マルチ
360とoneで別実績ゲーをプレイ出来る。今でも海外版別実績とかあるが、それと同じノリ。取り敢えず「チャイルドオブライト」はやる予定。そして、るふとさんは「マイクラ」でまた凄いの準備してくれるんだろうなあ(他力本願)。もうXBライブアーケードの定義は無くなるんだろうか。配信専用ゲーはLIVEアーケードでいいの? XBLA祭り進行中なのでその辺の扱いどうしようかのう。

・360と同時起動
同一タグで一度に両方に入れるっぽいので、片方放置稼ぎ等が出来る。でもそれにはモニターと配線をもう1セット用意しなきゃならないので直ぐにはその環境にはならないだろうなあ。

・インディーゲーム
実績が付くので購入対象に。と言っても360時代ほど個人でカオスなゲーム出しまくれるような状況でも無さそうなんで、桁違いに酷いゲームは出てくれなさそう。楽しみにしているのに。

■週刊少年ジャンプ感想 39号/2014年

■黒子のバスケ
決着。クライマックスに相応しい見開き多めな盛り上げで良い。0秒、1点差で逆転、等々何もかもベタながら素敵。

■ONE PIECE
レベッカ逃げてて笑った。因縁の相手を前にどんなバトルになるのかと思ってたのに逃げてる。これはこれで得も言われぬエロさがあったのでオッケーです。その後父親登場でより因縁度高めの対決になったので良しとします。次回、ひまわり畑をキュロスが逃げまわってたらどうしよう。

バリアを変形出来るバルトロメオ、キャベツとの間に何となく共闘感覚が生まれる。結構価値観的にチグハグそうな二名がそんな仲になるのは見てて微笑ましい。あとロビンのアップがどことなく怖いし面白い。

■暗殺教室
犬に扮する殺せんせーは怖い。シルエットのコマ超怖い。僕もたまに深夜に屋外を四足歩行するコトあるんだが、周囲の住人は怖い思いをしていたんだろうか。反省。

これほど圧倒的な死神なのにどうにも脅威が足りない。烏間殺して衝撃を与えてくれると信じている。ビッチ先生が烏間に幻滅しているのも、ビッチ先生を庇って死ぬ前フリでひとつ。

■肋骨さん
主人公が能力を明かしつつ無双する読み切りが多い中、かなり苦戦した上に回想に入るのが新鮮で面白かった。ホント苦戦している。見るに耐えないダメージ受けているじゃないですか。

■火ノ丸相撲
以前の仕込みもあるし、レイナはユーマの姉or妹なんだろうけど、生徒会副会長なのか。不良の兄弟に関してはスルーしていたんだろうか。レイナ、今回一旦顔出して登場したのに次のページでは台詞被せたりして伏せているのは何なんだ。

レスリング部の人が部員候補として登場。マスク付けて土俵に上がって即効で退場になる試合が一回ぐらいあってもいい。

■食戟のソーマ
二回戦審査員に堂島銀参戦。審査員というだけでこの扱い。しかし審査員=脱ぎ役と考えれば女性が欲しい。「お忙しい方々ですから」とあるから他の連中も召喚されるのに期待。

■トリコ
そんなに面倒そうな調理とも思えなかったが、人数必要、それぞれが役割分担してエキスパート並のスキル持ち、期間限定、等の条件を満たさなきゃならない実績解除と考えたらやおら面倒に見えてくる。

■三つ首コンドル
世界観説明で過去の戦闘やデカい敵が出現。三つ首はちゃんと三人いるのか。個人的にはマシマロ多重人格説を押していたんだが。

ラストの遺跡を背負っているクジラとかワクワクするな。巨大生物はそれだけでロマンがある。付着しているフジツボも何十メートルもあるんだろう。スーが水着になった。遺跡に水着の組み合わせは果てしなくエロい。みうらじゅん辺りは同意してくれるハズ。

■ヨアケモノ
時代劇にレイピアが出ると、僕は一生虎眼先生のへつらいスマイルを思い出し続けるんだろうなあ。

■BLEACH
うむ、分からん。殺しても戻るので終わらないゴールド・エクスペリエンス・レクイエム的なものっぽいが、あくまでも錯覚なんだよなコレって。実際に殺してたら殺した事実はどこに行くんだって話だし。平行宇宙に葬られているのか?

何度も殺される役がマユリってのは某ゲームを意識しているんだろうか。こっちのマユリは眉毛じゃないくて態度が太い。

■8月25日(月)/雑文

・日付変わって今日から母親が約一ヶ月遊びに来る。というワケで、直前になって慌てて掃除をしていたんだが、ゴミを出しに行く際に鍵を持ち忘れてしまい、マンションに入れなくなって困った。どう対処したかというと、柵を乗り越えて無理矢理入った。『防犯ビデオ撮影中』なんてプレートがあったのが気になるトコロ。ホントに撮影されているんだろうか。

・RPG崩しの7・8月期候補「テイルズオブヴェスペリア」、最低ラインの一周クリアが終わってるのでギリギリセーフかなあ。出来れば内容覚えている内にタイムアタックや低レベルもやりたかったんだがな。

・そういや最近無駄に格ゲー起動させまくっている気が。ランクマやプレマがそれぞれ100戦とかそんな単位であるので、何かの次いでにプレイする感じで皆さんお付き合いください。そのー、例えば裏で艦これをプレイするとかそういう感じで。

xblafes08

■夏のXBLA祭り
コンプ数、13/25まで来た。ようやく折り返し地点を越えたのか。

・「チャイルドオブライト」(コンプ)
10時間かそこらで終えられる。コンパクトにRPGのエッセンスが凝縮されている良き作品であった。oneでもプレイする予定。

・「ファントムブレイカーBG」(コンプ狙い度:100)
「落下中のパーフェクト」を何とか解除。5回ぐらいは挑んだよ。どうも自分はポーズ連打法が性に合わないようで、あんま連打しないほうが良かった感じ。残ってるのは隠しキャラ解除の為にハード一周とレベル99か。時間かければどうにでもなるので気がラク。

・「マインクラフト」(コンプ)
るふとさんのお陰で恙無くコンプさせて頂きました。これ、地道に素材生成からやってたらえらい時間かかったんだろうなーと思うレベルでホント感謝です。
また、「実績解除会」としてスタートしたのに最後は「ホモとガチで殴り合う会」になっていましたネ。普通に殴っても殺せないので足元の薄氷を削ってホモを水没させてる人がいました。
らいなさんが「ぽこたん日記のコメント欄を開放しろ、荒らせないじゃないか」と力説しているのが無茶苦茶で良かったと思います。挙句の果てに、「9月から解放します」なんて言わせてたし。

・コンプゲー(13/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)
12:Child of Light(0824)
13:Minecraft(0824)

■「Minecraft」/XBLA/シミュレーション

20140825mine

様々な素材を採掘し、それらを元に道具や建物を作っていく。プレイヤーの発想如何によって幾らでも自由度が広がるレゴブロック的なゲーム。舞台は用意した、後は好き放題やってくれ的な。

Xbox360に限らずPC版の段階から世界的に人気を博しているゲームであるが、自分には全く合わず。手間のかかる手順で色々なものを作っていく、その段階で挫折してしまう自分がいる。ただ、ホント発想次第でナンボでも楽しめる自由度の高さがあるので、甥っ子や姪っ子にプレイさせたい気持ちになるようなゲーム。レゴより初期投資が少なくて済む情操教育系アイテム。

尚、実績はフレの協力によってすんなり解除させて頂いたが、レール500メートルとか下準備メッチャ大変だったろうなあと頭が上がらない思いで一杯であります。いまさっき実績wiki眺めてみたら、これマジ大変だったろうなあと。本当に有難う御座いました。

■「Child of Light」/XBLA/RPG

20140825col

サイドビューのRPG。戦闘は敵シンボルに接触してからのコマンド式。

児童文学をそのままRPGにした世界観で終始素敵。絵本の世界をそのまま闊歩出来る楽しさがあった。主役は自分で一人称視点ってのが洋ゲーへの印象だが、これはかなりの和風感覚のRPGで、昔ながらのファンタジーを堪能出来た。

RPGで一通り揃えてあるようなエリアで構成されていないってのも何か個人的に良かった。砂漠とか普通あるでしょ。投資がどうだの言いまくってるネズミがいる地域とか独特なノリで面白かった。

戦闘はシンボルエンカウント方式なので、面倒なら幾らでも回避出来る。ただ、あんまり戦わずに進めていると流石にレベルが低くてツラくなるかも。それは分かっていたのに自分は逃げまくっていたな。先のエリアに進んでからレベル上げしよう、なんて考えて。戦闘はオキュライなる宝石を装備するコトで、武器等に特定の属性を付加出来る。これを駆使してボスの弱点を付くようにすれば、そんなにレベル上げに勤しまなくても良いかも。

実績的にもラクな部類。和製RPGの実績は面倒なものが多いが、こういうのを見習って欲しい。一応、手記集めなる収集系がちょっとだけ面倒かも知れないかな。自分は手記を集めきってないままラスボス戦に突入してしまい、どうしようかと思って一応ラスボス戦で逃げるを選択したら逃げれてビビった(その後ラスボスには上の画像の位置から挑めるし、その際オキュライを変更出来る)。尚、ラスボスを倒してからも手記集めや未達成の依頼関連は出来るみたい。

とても面白かったです。このゲームはoneでもプレイする予定。

■「アサシンクリード リベレーション」(01)/XBOX360/アクション/UBI SOFT

20140824acr

何と言いますか、同じソフトを二本買うとか酷い話ですよ。以前も「スターオーシャン4」重複買いしてますけど、あれは数百円程度だったので大した被害でも無かったんですが、こちらは多分3000円前後は出してますから。

ナンバリングされていないけど、2-3とでもいうべき作品かな。2-1が「アサクリ2」、2-2が「アサクリブラザーフッド」、で、2-3がこの作品。エツィオが主役の三部作の三。一見外伝っぽいけど、「1」「2」「ブラザーフッド」「リベレーション」「3」とストーリーは繋がっているハズなので、キャンペーンは順番にプレイしていきたい。

マルチから開始。暫くはマルチに徹してオンから片付けたいと考えている。「ブラザーフッド」未プレイなので。オフの本編も軽くスタートしてみたんだが、すんごいネタバレ食らったかも知れないイントロだった。

また、上の画像の通り重複買いしてしまっていたワケですが、そういやオン中にDLCまだ買ってないって人がいたなーと思い出して、コード譲ろうかと考えてメッセをしてみた。

20140824stea

手遅れだった。

■「ブレイブルー コンティニュアムシフト」(01)/XBOX360/対戦格闘/アークシステムワークス

20140824bbcs

いきなりオンから開始。

プレイマッチで100戦という実績があるので、それを目指しつつ一先ず観戦10戦実績を解除。他、全キャラ使用や全キャラと対戦の実績も解除。何の前フリも無く招待したのにヌルっと参戦して下さったフレの皆さんありがとうございます。全キャラと一通り対戦する実績を解除していたのにも関わらず、まだ解除してないと言い張って済みませんでした。いつ解除されたのかマジで分かってない自分。

コンプはハナから諦めている系のゲーム。どこまで行けるかなあ。7割解除出来たら御の字かな。前バリ露出系キャラいるのって、この作品だっけ? それとも次回作の「EX」だっけ? そのキャラを鑑賞するのみをモチベにして頑張りたいんだが。

■「ファントムブレイカーエクストラ」総括/XBOX360/対戦格闘/5pb.



2D格闘ゲーム。女性キャラ多め。

コマンド入力の高難易度化、内容を多彩にする為にあってないようなシステムを導入して複雑化の一途を辿る対戦格闘ゲームに一石を投じる、ひたすらに簡易簡易なゲーム。必殺技、キーを90度滑らせる波動拳コマンドすら無い。キーを一方向に入れる+専用ボタン一発で必殺技は出せる。コマンド等一切入力させないという確固たる意思を感じさせる簡易性。この徹底ぶりは素晴らしい。

そんな感じで、自分のような初心者は実績も恙無くコンプ出来て至れり尽くせりな内容であったが、我儘な感想としては、簡易過ぎて何も残らないというのもある。仮に次回作が出たとしても、その頃にはまた最初から覚え直すコトになりそうだ。

今作で言えば、チュートリアルも兼ねている「シチュエーションバトルモード」、これがシステムを理解させる意味で意義深いものがあったので、このモードを発展させればその辺をフォロー出来そうかも、と思った。今作では新キャラ4名分だけのモードであったが、例えば全キャラに設けて総計1500項目分の星を設置、実績は内400項目ぐらいの配分にして、達成出来そうなものを探し求める具合で。あれこれ探している内にいつしかシステムを把握、でどうか。

■「ファントムブレイカーエクストラ」(02)/XBOX360/対戦格闘/5pb.

20140823fbe

30ヒット、40ヒット、50ヒットのアバター系実績は実績解除wikiの通りバースト無限クイックスタイルのインフィニティ使用で解除。方向キー前入れAボタンでの剣の塊な飛び道具で10ヒットするのでそれを連射すればいい。ただ、4回(40ヒット)で切れてしまうので、前入れAで剣放出→直後にクロックアップ(RT)→前入れA連射、そんな感じで解除した。

その後はオン実績を片付ける。僕がプレイした2014年8月中旬はこのゲームが安売りされた直後であったが、それでもオンは過疎っててちょっと切なくなった。購入したフレがいたので、オン対戦実績は問題無く終えられたが、野良だと厳しかったなコレ。

実績配分が極端なのが何か面白いかな。全40項目なのに、100Gが5項目もあるんだぜ。アバターリスペクトで一部に極振りしたのかな。

というワケでコンプ。一先ず終了とします。

■8月23日(土)/雑文

・明日、というか日付変わって今日、人妻杯「アサシンクリードリベレーション」マルチプレイが開催される。一応インストールしてマルチ分のチュートリアルをプレイしてみたんだが、さっぱり分からん。マジ分からん。こんな状況で参加して一体どうなるんだろうかと不安で一杯。しかし、同じく参加者っぽいらいなさんが当ゲームをインストールは愚か一切プレイしていない様子であり、これは心強い。

・明日、というか日付変わった今日に対するホントの明日たる日曜日、るふと杯「マインクラフト」実績解除会が開催される。一応ソロでサックリ解除出来る実績は終えているので、こちらは問題無く残りの実績に集中&モノマネ拝聴出来る予定。こちらのゲームもまた、らいなさんは起動すらしていない模様で、ホント心強い。参加予定にたんぞうさんもいるけど、こちらも未起動で、買っているのかすら不明で心底心強いです。コンプ済みのステアさんも刃牙系モノマネの為だけに参加するんじゃないかと楽しみにしている。

・先日、ステアさんがオンになった後ダッシュボード状態から動いていなかったので、何の前フリも無く「ブレイブルーCS」に招待、無理矢理プレマをやらせる蛮行に出た。るふとさんもオンになったので同じく前フリゼロで招待、強引に参加させる。るふとさんはCSをプレイしていたような記憶があって持っているのは当然と思っていたが、確認したら何も実績を解除していなかった模様。更にしばらくしてらいなさんがオンになったのでまたもや参加を促す。

近いうちに例によってノーモーションで無印「ブレイブルー」招待しますので、観戦実績未解除のステアさんらいなさん宜しくお願いします。

  • Genre:

■週刊少年チャンピオン感想 38号/2014年

■ハリガネサービス
巻頭カラー。気付けば12話もやってるし単行本も来月発売なのか。キャラを掘り下げていそうでまだ浅い感じで、読んでて自分の中で基準が生まれない。誰もかれもまだ全力を出している感が無いからなー。全力を出していない=出来ないコトが分からない=劣勢にハラハラしない。

■刃牙道
武蔵、片手で刃牙の足首を掴んで地面に叩きつける。オリバのタオル、勇次郎のヌンチャクばりの行動に出ているワケで、これは力だろうか。技術の化身として描かれると思っていた武蔵、力だけでも作中最強クラスと並ぶのか。『刃牙の力を利用しているだけであまり力は必要でない』、とは思えない持ち方だからなあ。

また、琉球(空手)を「自分から不安定な片足状態になるなんて、意味あるの?(意訳)」とディスっており、ゲバルや三合拳で描き切れなかった大地に根を張る的なネタの集大成存在になるやも知れぬ。

刃牙、もうこれで敗北かな。次回ここから跳ね起きてキャオラり出すとも思えない。渡米して烈と一緒にボクシングすれば烈も回収出来る。修行に突入するのか、それとも「あ、自分別に最強目指してないんで。勇次郎よりちょい上でいいんで。武蔵さん1位、俺2位、オヤジ3位ってことで」等言い出すのか。で、渡米するのは何故か武蔵。飛行機に乗って「もそっと低く」言いつつ失神。

■実は私は
敗北が約束されているサブヒロイン達の小競り合い。痴女の本格参戦を楽しみにしている。

■侵略!イカ娘
ニセイカ娘を作るおっさん登場で最後は爆発。まだまだ僕の知らないキャラもいるんだろうな。ニセイカ、普段は自分の娘に被せているのか。微妙に可愛くないデザインが上の世代感覚満載でシニカル。

■ANGEL VOICE
この前フリは流石に決まるか。PKだけで半年ぐらいやるとかチャレンジして貰ってもいいんだけどな。

■マリリーン大魔法研究所
ブスが最後まで美人にならなかったというのは徹底してて良い。今回は男の娘が脱がされなかったのが残念。導入からしてノーパンだったハズなのに。ウルトラスト4やってポイズンで癒やされてくる。

■ウチコミ!!
日下部はイメージによって何とか成し得たが、とどのつまり柔道ってホモに有利なスポーツなんだなという印象ばかり残った。

■思春鬼のふたり
今回の演劇エピソードは導入こそ犯人探し路線でワクワクしたが途中から読んでてだれてた。次のエピソード、前日まで生存が確認されていたターゲットが死後2年という状況で、また導入としては面白そうなんだけどなあ。

■噂の噂倶楽部
ラストのどんでん返しはあってもなくてもいいような感じであったが全体的にそつなく纏まっていた。

巻末コメントを読んでてふと某小説家のペンネームの由来は「黒い/悪い子」かと思って調べたら違ってた。

■木曜日のフルット
カッパという何でもアリっぽい非現実存在のやった行為が現実の範疇にある手品だったというのはフルットのみならず読者に対しても上手い。

■押切蓮介「暗い廊下とうしろの玄関」/幽コミックス



作者やその知人の体験談、または完全な創作でのホラーを描いた短編集。

各話の終わりに逐一作者による制作秘話的なものが収録されている。この手の作者自身による解説は基本的に好まない自分のハズなのに、何故かこの作品に関してはアリかなーとも感じた。何でだろ。この作者のエッセイ漫画なんかを面白く読んでいる自分なので、こういう後書き込みで一冊の本、として読めたからかなあ。

怪談に対して気持ちが冷めていく過程とか、本来なら興醒めレベルの解説をしているというのに何か面白かったよ。あと奥さんという単語が出てきて既婚者だったのかとビビった。奥って姓の女性じゃないよな?

短編の漫画そのものは、良くも悪くもネットで見かける怖い話系みたいなショートショート。スルッと読めてハイ終了、な感じ。

■だろめおん「ケンガンアシュラ」(原作:サンドロビッチ・ヤバ子)9巻/裏サンデーコミックス



不戦勝だったユリウスが改めて場外乱闘で沢田慶三郎とバトル。ユリウスの勝利は揺るがないにしても、一瞬でも沢田優勢と思わせようとナレーションすら利用してフェイクを入れてくるのは努力している。足首を握力で握り潰すというのはえげつないな。見た目のエグさではジャックが渋川のアキレス腱食い千切ったほうが上かも知れないが、受けてるダメージはこっちのほうが酷いんじゃないのか。本来なら絶叫すら出来ないでしょ。

ムテバ・ギゼンガVS目黒正樹。この対戦がこの巻の大半を占める。ムテバ勝利を多くが予想している中、目黒に善戦させて「ひょっとしたら」と思わせようと頑張っている展開。その分長引いて益々トーナメント終わるまでにどれぐらいかかるんだろうかという疑問も浮かんでくる。が、過程すら面白いのでこれでオッケー。牧師と違って流石にこれは生き返らないだろうなあ。

巻末にはストリートファイターとのコラボ前編が収録。こういうコラボは基本的に微妙。どうしてもカプコン側にも気を遣って、卆が無いけど面白味もない展開になってしまう。だろめろん絵のチュンリーはチュンリーのコンセプト「女子レスラーの脚」ってのをちゃんと踏襲しているのが良い。キャミィも描いて欲しかった。

■増田英二「透明人間の作り方」/少年チャンピオンコミックス



退屈な日常から自由になりたいと願った真二の元に届いた、返信するだけで透明人間になれるメール。当然のように真二は返信を試みる。だいたいそんなイントロ。

他人の記憶から存在が失われていくという透明人間設定で、ありがちながらも面白い導入。どう転ぶのを求めるのは読者次第だが、この作品に関しては恋愛ベースでその後は転がっていくので、個人的には余り乗れなかったかなあ。そんなに捻りのない着地。丁寧に絶望が描かれる様は良かったと思う。

先に透明人間になっていたミキの扱いは好み。良いヤンデレ。オチが分かってから振り返れば色々とえげつないコトしていますよこの人。というワケで、行間を補完してゾクゾクするタイプの漫画でもあるかな。ラスト2ページは描き下ろしだったそうで、短期連載から単行本になって、数年後しに救われたんだな。

「実は私は」でスマッシュヒットを飛ばしたのが理由か、数年後しでの単行本化。これはすなわち、渡辺大輝先生も今後ヒット作を出せば、10年後ぐらいに「青果人」がコミックス化されるやも知れないというコト。

■8月19日(火)/雑文

ロックスターゲームセールで海外版「ブリー」を購入。別実績とは知っていたが、北米本体で起動なゲームだったのか。買ってから知った。ちなみに日本版まだクリアしていないんだがな。後は…「卓球」もそろそろ買っちゃってもいいかのう(こういうのは買わないフラグ)。

xblafes08

■夏のXBLA祭り
祭り用画像、9月分までしか用意していないが、このペースじゃ9月で終わらないでしょ。KETTAはそろそろクラナドTシャツ三部作の完結編画像をアップするべき。クラナドTシャツシリーズ終えたら次に何するかが問題なので引っ張ってるんだろうけど、その後はマナティー顔を活かしてあれこれ頑張ればいいじゃない。

・「WOT」(コンプ狙い度:0)
そういやこのゲームは以前コンプ狙い度100にしていたような気がする。一撃三殺とか無理感甚だしい実績が追加された時点で霧散したよ。棚7戦車ゲットぐらいは狙いたいトコロだが、想像以上に経験値溜めが面倒だとここに来てようやく気付いた。のんびり続けたいが、モチベ維持になるものが足りない。このゲームに関しては、撃破累積とか出撃累積とか追加実績来てもいいのよ。

・「マインクラフト」(コンプ狙い度:100)
次の日曜に解除会が開催されるらしいので、個人で出来る分をやっておいた。チュートリアル&チュートリアル直後で解除出来る実績は終わったかな。

・「ファントムブレイカーバトルグラウンド」(コンプ狙い度:100)
外人このゲーム好き過ぎだろ。野良でオン対戦一回やったらその相手からメッセ来てレベル上げ手伝ってくれた。Lv60過ぎまでいけたので、ソロ攻略が格段にラクになった、ハズ。

・コンプゲー(11/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)

  • Genre:

■「ファントムブレイカーエクストラ」(01)/XBOX360/対戦格闘/5pb.

20148017pbe

手始めにシチュエーションバトルモードから。オプションで設定をイージー・1ラウンド制にしてのプレイ。このモードはストーリーも兼ねているのか新キャラ4名のみだが、これぐらいのボリュームで丁度いいよ。全キャラあったら死んでた。

「ダッシュ攻撃をn回当てる」「超必殺技を当てる」など、特定の条件を達成して勝利すると星が貰える。他のキャラと戦うにはある程度の星を集める必要がある。星は一キャラ相手につき3が最大評価だが、別に全て3にしていく必要はないので、不得手な条件はスルーしてもいい。

チュートリアル的な意味合いも兼ねて、このモードの存在は有り難い。基本的な技の出し方すら分からんからな、自分は。説明書とにらめっこしながら条件になってる技やシステムをぼんやりと覚えながらプレイしたので、ふんわりとゲームシステムが理解出来た。

一通りクリアして、全て星1以上にしたんだが、「完全クリア!:シチュエーションバトルモードの全シーンをクリアした」が実績解除されず。キャッシュクリアでパッチを消して改めてシチュエーションバトルモードに入るとそこでポコン。日付は入らないが致し方あるまい。

■「テイルズオブヴェスペリア」(07)/XBOX360/RPG/バンダイナムコ

20140817tov

古代塔市タルカロンが復活。帝都ザーフィアスもザウデ不落宮もラスダンオーラを出していたが、今回のタルカロンこそホントの最終ダンジョン。

その前に精霊化を進める。レレウィーゼ古仙洞の場所に軽く悩む。全体マップ右下の岩だらけの場所であった。入り口にもまた迷った。

シークレットミッションではフレン戦にも少々手こずる。全技出させるミッション。魔皇刃とホーリィランスを出してくれない。ユーリがなかなか終わらないな等とメタに愚痴を言い出す有り様。難易度をイージーからノーマルに変更して挑戦したら出してくれた。

デューク戦もシークレットミッションは苦戦。削り過ぎて秘奥義で決める前に倒してしまうコト数回。攻略サイトで目安になっている体力よりも多めの段階で秘奥義出してどうにか解除。

その後はムービーで星喰みを倒してエンディング。「星喰みを撃破:デュークと共に世界の脅威「星喰み」を撃破!魔導器に頼らない、新たな世界へ......」という実績はデュークとは戦わないと思わせる意味で良いミスリードだな、と思ったけどこれ秘密の実績か。公開実績でも良かったんじゃ…いや良くないか。

というワケで一周クリア。実績は635/1000(31/50)。感想としては、「トラスティベル」をプレイした時にも思ったコトだけど、SFC時代のちょこまかキャラが小芝居するRPGの、小芝居部分を明瞭にムービーにしたらこうなるんだなと。ストーリーとかもあの頃のベタさ加減で懐かしい気分に浸れた。

■「モトクロスマッドネス」/XBLA/レース

20140816mm

自分のアバターが反映されるバイクゲー。エジプトの砂漠、オーストラリアの森と海岸、アイスランドの氷海と都市、この三つが舞台で、オフロードで堪能できる自然環境はほぼカバー。高低差活かし系のレースゲームで、ジャンプ中にトリックを決めてブーストを溜めたり出来る。高低差は箱庭でのスカル収集にも反映されている。

収集系が個人的に好みじゃないというのものあり、気が重い中でのプレイであったが、終わってみれば楽しいゲームだったよ。

■DLC/トリックジャム
「トリックジャム」と「スタントレース」が追加。ボリューム面に乏しいが、このDLCはレベルアップで特殊なスキルが得られるので本編の実績解除が微妙に有利になる。微妙に。スカルマグネットはスカル収集に便利だし、トリックでのブースト上昇パーセンテージ向上もさり気なくレース等に貢献。

ただ、自分がプレイしたこの2014年8月中旬段階で、このDLCを導入すると「バイククラブ」にアクセス出来ないケースが発生(サブタグでは大丈夫だったので人による)。「バイククラブ」絡みの実績もあるので、それを解除する際にはDLCを削除して挑むのが良さ気。しかし、削除しても不具合が発生してしまうのでちょっと何ともしがたい。

■レース
各コース3周で順位を競う、至って普通のレース。特に問題ない。シュートカットを使えば更にラク。後半はショートカットがホント近道になっているので有効活用する。3位以内で次のコースがアンロックされるが、実績「ゴールデンボーイ(全てのレースで金メダル)」の為には1位になる必要がある。尚、「ゴールデンボーイ」はこの「レース」だけではなく、「ライバル」「フィールドツアー」「トリックセッション」も金にする必要あり。

■ライバル
開発者の設定したタイムをラップ内で抜けば良い。3周が基本だが、ゴールド設定のタイムをクリア出来たらその段階で終了。

■フィールドツアー
エリア内に散らばるスカルを収集するのが目標で、クソ面倒。動画はこちら。スカル以外の収集物は実績的には集める必要はない。下手を打ってもバックボタンを押せば直前から再開出来るコトも多いので、「崖からジャンプ→スカル取れなかった!→崖を登り直す」なんてコトをしないで済むコトもある。DLCでゲット出来るスキル「スカルマグネット」、正直あんま恩恵を感じなかったな。あとクソ面倒なんて書いたけど、動画見ながらやれば1エリア30分かそこら、9エリアで5時間程度で終わるよ(充分クソ面倒です)。

■トリックセッション
設定時間内にトリックでポイントを溜めて、規定スコアを目指す内容。あちこちにトリック倍率アイテムがあるが、執着する必要は無い。滞空中に2回以上トリックを決めれるジャンプポイントを往復していれば問題なく規定スコアに達する。二回以上というのは、一回目倍率維持、二回目倍率アップという理由から。倍率を上げていけば加速度的にポイントも上昇する。

■その他
前述のDLC部分で書いた不具合、具体的には「ナンバーワン」という実績に問題が出る。実績解除wikiには、

『BIKE CLUB→クラブチャレンジにフレンドの記録が表示されている場合はそれを選択し、記録を更新すれば解除。』

とあるが、DLCを入れているとまずバイククラブにアクセス出来ないし、DLCを削除してクラブチャレンジに挑もうとしてもバグ的なものが発生する。
自分が遭遇したのは、

・フィールドツアーのクラブチャレンジでフレの記録を抜こうとして、実際抜いても実績は解除されない。その後クラブチャレンジからそのチャレンジは消えている。
・ライバルを選択してもフレのゴーストがDL出来ず、何故か世界ランカーのゴーストと戦わされる。速すぎて当然勝てない。
・トリックセッションを選択してもゴーストがDL出来ず、改めて開発者に挑むかゲームを抜けるかしか出来ない。

で、仕方なく以下を試す。

『表示されてない場合は、レースでクラブウォールの一番上に表示されているフレンドの記録を更新すれば 解除される例が多い』

何とか頑張ってフレの記録を抜いてみたものの、「ナンバーワン」は解除されず。タイム(&ラップ)だけではなく、右下のアイコンにあるドリフト等の三つ全て上回っても駄目。

これどうしようと思っていたんだが、結局自分が解除出来たのは、「クラブチャレンジでトリックセッション選択→ゴーストDL出来ずに開発者記録を相手に→げんなりしながらプレイしてみたらクリア後にポコン」、というものだった。うむ、全く意味が分からないんだが、何はともあれ解除出来たので良しとする。

■8月16日(土)/雑文

freeclannad

・そうそう提督に伝え忘れていましたが、クラナドTシャツ男が新作画像をアップしたという事件もありました。上の画像がそうですので、どうぞご自由に(どうぞ言われても)。
また、この男を僕(13月)という設定にしようとする悪党が約二名いますが、僕なワケありませんからね。騙されないようにして下さい。もし僕がクラナドTシャツ男だったら、今年中に実績33万いきますよ。

宮本さん、「ファントムブレイカーエクストラ」は僕だけではなくriomihoさんも購入しているのでオンの相手には事足らないですよ。勿論、背中にこの写真の刺青を入れている北方の焼きそば弁当も例外ではありません。

xblafes08

■夏のXBLA祭り
モトクロスマッドネス終わった。8月初コンプなXBLAが出現。

・「ヴァンパイアリザレクション」(コンプ狙い度:0)
ウィンスト用に起動、トレーニングモードに入っただけなので感想もクソもない。ああ、キャラ選択で各キャラHD用に新規絵になっているのは違和感を覚えつつも最低限の仕事はしたんだなーと思った。

・「Outland」(コンプ狙い度:100)
このゲームも何気にHDD鎮座期間長いなあ。そろそろ成仏させてやりたい。

・「モトクロスマッドネス」(コンプ)
TAスコア高めだが、ゴールド無料でプレイヤー分母が増えたからなのかな。不具合に頭を悩ませるコト多々であったが無事コンプ。

・「ギルティギアXX AC+」(コンプ狙い度:0)
オン対戦やろうとしたが過疎りまくっていた。誰か。誰かランクマプレマやりませんか。いま安売り対象になってるよ。

・「WOT」(コンプ狙い度:0)
プレミアム戦車(倉庫枠+1込み)が貰えるという話を知って起動。相変わらずパッチ更新が長い。で、プレミアム戦車は即効で削除して倉庫枠ゲット。
改めて訓練をプレイしたトコロ、250ゴールド得た。ゴールド、課金でしか増やせないと思っていたのに。他にも訓練ビデオに観ただけでゴールドを得られるものがあったので視聴。溜まったゴールドで倉庫枠を購入、ドイツ戦車を購入して「ドイツ好き」所持実績解除。
久々にプレイするとマップなんかも地味に増えてて着実に内容向上しているなーと思ったよ。

・コンプゲー(11/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)

■8月14日(木)/雑文

20140814

こ、この訪問履歴は…。復活しているではないか。現代に蘇っているではないか。

ステアさんは浦島状態でしょうから、ここ最近のトレンドを伝えておきますと、「刃牙道」の宮本武蔵です。らいなさんがマインクラフト実績解除会で武蔵のモノマネを披露するコトが決まっています。そんな話になって二ヶ月ぐらいマイクラ解除会は延期を続けているんですが。

また、『どこかで艦これブログやってるんじゃないのか?』と怪しんで色々と検索している内に、「ステアの秘密図書館」が発掘された旨もご報告致します。

■「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚 追憶編」/アニメ



剣心と巴の邂逅逢瀬を描く過去編。OVAで、原作からアレンジが加わっている。総じて陰惨な雰囲気が漂い続け、技名もまたシャウトしたりしない内容。

アレンジ部分、特に十字傷完成シーンが非常に良い。原作では偶然ついたかのような傷であるが、巴が己の意思で完成させる。「ごめんなさい 貴方」の台詞もまた、誰に向けての言葉なのか不明瞭で視聴者に解釈を委ねるスタイルになっている。個人的には本来の婚約者に向けての台詞だと思いたい。そのほうが救いがない。アックスボンバーの人の言葉に絆され、土壇場で前夫に気持ちが傾いた、そう思いたい。十字傷の完成は、前夫に身を寄り添う意思、と思いたい。

もちろん、あなた=剣心という解釈も出来る。傷の上書きで呪いのリセットを試みた、等、あの振る舞いの解釈は自在。それでもどうしても巴の気持ちが婚約者に戻ったと思いたのは、バランス的なものも理由としてある。剣心は後に薫と結ばれる。巴も婚約者とあの世で結ばれて丁度いいだろ、そんなバランス。「殺さず」に走る原因として、心から下手を打った過去が欲しいのよ。

そして、多義解釈可能になっているのはOVAならではだな、とも思う。本編で、ここで巴の気持ちが剣心以外に向いたなんて解釈出来る余地を残すのは、少年漫画として難しかったハズ。当時として看板クラスの漫画であったし、主人公は迷いつつも徹頭徹尾クリーン、かつ分かりやすくせざるを得ない状況だったろう。

■8月13日(水)/雑文

5pbセールで「ファントムブレイカーバトルグラウンド」と実績付きDLC「クリスパック」を購入した。5pbセール、他にも「ファントムブレイカーエクストラ」がありますので、再ガン見しておこう。

また、アークシステムワークスセールで「ギルティギア2」を購入。前回の安売り時には買わなかったというのに(オン実績多いので凝視しておく)。

他、今週分のDotWもしくは価格改定で「クリスタルディフェンダーズ」「ょすみん」「ジャイロマンサー」購入。この三つは内容をロクに把握していないけど、安売り滅多に来ないってだけで、自分としては嬉しさの余り過呼吸気味で小便まき散らしながらダウンロード。

xblafes08

■夏のXBLA祭り
祭り本家がすでに18/30までクリアしている。当初は11月終了予定とか言ってたのに、これ9月ぐらいに終わるんじゃないだろうか。いや…きっと「ギアナシスターズ」で2ヶ月ぐらい時間かけてくれるハズ!

・「モトクロスマッドネス」(コンプ狙い度:100)
箱庭で収集物を集めるモードが面倒なんだよなあ。「ジョイライドターボ」でも似たような実績があって面倒だったが、こっちはバイクであり挙動含めて益々面倒。バックボタン一発で直前から再挑戦出来るのが救いか。DLCもさっき購入したので、レベル上げを優先しようかな。レベル上げればアイテムを多少吸い込めるようになるみたいだし、収集もちょっとは楽になるのかな。

・「The UnderGarden」(コンプ狙い度:100)
雰囲気優先ゲームで、何となく夏にプレイするのが相応しそうなオーラがある。マップ内の植物に接触して花を咲かせるゲームで、なんだろう、ダンジョンを塗り替える感覚としてはパックマン系列だろうか。全ステージ100%塗替えみたいな実績が大変そう。一旦エンディングを迎えれば、花粉を纏わずとも花を咲かせられるみたいなので、まずはとにかくクリアから目指すかな。

・「Dustforce」(コンプ狙い度:60)
ストライダー飛竜みたいな見た目&動きだが、壁に張り付いたりは出来ない(ジワジワと落ちていく)。マップ内の落ち葉部分に接触してお掃除、落ち葉を纏った動物にホウキ攻撃でお掃除、で、ステージを綺麗にしていくという内容。実際にやるコトはジャンプアクション。

・「Worms」(コンプ狙い度:100)
チマチマしたSLG。「2」が合わなくて放置中なのに起動させてしまった。ウィンスト用に起動させたんだけど、結局何一つ実績解除出来ず。「2」同様、こっちもまた合わないなーと実感中。まー、どうにかなるでしょ。オン実績どうしようかな。

・「バベルライジング」(コンプ狙い度:100)
ちあふるさんにゲーマーアイコンを変更させた程の大物ゲーム。僕もコンプしなきゃ。

・コンプゲー(10/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)

  • Genre:

■「フィニアスとファーブ」/アニメ



ディズニーアニメ。タイトルにもなっているフィニアスとファーブは兄弟(義兄弟)で、いつも何かしらの発明を実行。二人の姉キャンディスはその発明をタチの悪いいたずらと思って母親に告げ口しようとするが、毎回ラストで発明品が消失してしまう。
他、フィニアスとファーブの家にはペットとしてカモノハシのペリーが存在するが、そのカモノハシの正体は、悪の博士ドゥーフェンシュマーツに対抗するエージェントP。ペリーと博士の対決が前述の発明品消失にだいたい絡んでくる。

ニコニコで28時間放送があったのでタイムシフトで視聴。28時間とあるが、9時間で一周だったのでそこまで。エピソードも一話から順番にやっていたワケではなさそうで、最初の頃こそ戸惑ったが、3話分ぐらい観たら上のテンプレートがぼんやりながら把握できた。

感想としては、非常に面白いの一言。スラップスティックで矢継ぎ早にドタバタとピタゴラスイッチ的に展開して、最後は毎回上記のようなラストになるんだが、振り返ろうとすると全く骨子を覚えていない。楽しかったという感覚だけが残る。大枠はテンプレ展開だが、過程がひらすらデタラメ風味のマシンガンギャグが連発するのでワケも分からないままに持っていかれるジェットコースター感覚。濃度面が規格外過ぎて感服するしかない。

ギャグで処理してしまう部分等、自分の発想なら決して出てこないものも多く、だいたいの面で敗北を感じる。自分の発想、と書いたが、分母広めて日本人の発想と言い換えても良さそう。作る側の人間なら、ちょっと時間かけてでもこの作品を一話一話分析する行程を経たら、かなりのステージアップが出来そうだなーと思った。

■週刊少年ジャンプ感想 37+38号/2014年

■ONE PIECE
シュガー復活。簡単に驚くようになっているが、驚く止まりで気絶まではいかない。別のやり方で意識を失わせるんだろうか、なんて思いつつも、ウソップが前回以上に酷い状態で登場する天丼も充分考えられる。

レベッカVSディアマンテ。よく分からないが、凄いエロいシチュエーションに見える。キュロスが来るまでにどれだけディアマンテが頑張ってくれるかに期待。

■食戟のソーマ
キン肉マンだったら、このショタは美作の変装という分かりやすい展開になるのに。

創真は中学生の自分を仮想敵に。志を描いたトコロで美作の脅威は揺るがないので、どう美作が倒されるのかは楽しみ。

■火ノ丸相撲
夏のインターハイは5人制。おお、これは嬉しいぞ。柔道部とレスリング部から人引っ張ってくるんですね。いや、そこまで五所瓦丸出しな展開は求めていないが、他の部でギクシャクしていた存在が相撲で適材適所になってもいい。

草薙の剣なんつー、主人公にあてがわれてもおかしくないメジャーな剣を肩書に持つライバル。メッチャ強そうだが一回は闇堕ちしてそれが理由で主人公に負けそうな雰囲気も。

■NARUTO
オビトしつこくて笑った。しかもこんな約束しちゃあ、ナルトが火影になっての最終回になれないじゃないか。

■トリコ
エア、まだ熟していないと判明。トリコパートと小松パート、そろそろ同時進行じゃなくなっているのかな。じゃないとトリコの呼吸間に合わないよ。青鬼がサクッと退場sチアのは良いが、トリコは大一番の戦いに全く勝てなくなってきたなあ。

ココを見てると毒って何だろうという気持ちになる。ダルシムのヨガみたいな扱い。

■ある朝起きたら/返信希望!
どちらもスルスル読めて楽しかった。スルスル読ませる、というのは出来そうで出来ない技量。設定過多、濃度、とにかく要素を突っ込みまくらなきゃならない、なんて信奉を持ってないっぽいな、西尾維新は。漫画と小説の差こそあれ、ギチギチに詰め込むと窮屈になるというのを分かっていそうだ。最低でも読まれないとな。読み切りをちゃんと読んでもらえるのはありがたいだろう。

■斉木楠雄
律儀に予定を消化している作者。今回はいつもにまして面白かった。キノコの効用を知らなかった斉木、全能であっても全知ではないのか。

■BLEACH
昔のバトル漫画は味方化すると途端に弱体化するキャラが多かったが、日番谷はその逆を行く。ていうか雑魚相手に無双しているだけなのでそんな強いとも限らないのか。

マユリ、何だかんだ言いつつゾンビから正常に戻す治療を施すんだろうなあ。生きたままゾンビ化なら治せるみたいな理由になって。このままガチでザエルアポロにやったような実験してくれないかな。

■HUNTER☓HUNTER
額に飾られているのは前回の刺青だろうか。前回では蜘蛛っぽく見えたのでクラピカ対策かと思っていたのに。これはこれでえげつなくて良いな。行間に省略されたグロさが見え隠れする。

カキン国、子は性別不問で全て「王子」と呼ばれる。カキン王家をこのような設定にしたってコトは、ゾルディック家の性別問題はまた別のアンサーがあったりするんだろうか。ベジャミンとツェリードニヒの確執は母が同じという点にも起因しているんだろうか。ドゥアズルはどんだけ美人なんだろうかと思いつつ、息子の顔がバラバラ過ぎるのでイメージ出来ない。以前「可愛い兵に虫がつかないように」云々の説明があった王子がいたが、第8のサレサレ見て「こいつだったか、なるほど」と思ったが、確認したら第6王子タイソンだった。タイソンこれ腐女子のメンタル持ってるな。

■8月10日(日)/雑文

大丈夫です! 何とかゲットしました。多くの立ち読みに晒されボロボロになった一冊だったのでとてもツラかったです。

・遂にと言うかとうとうと言うかやっとと言うか、Xbox oneを予約した。デイワンにしたよ。キネクトをどこまで活用するかは不明なのにあえてのデイワン。「クリムゾンドラゴン」にキネ実績あるからね。キネクト一応持っておいてもいいかなと。

・先日、カードを作ろうとしている旨を書いたな。カプコンセールには間に合わないだろうみたいなエクスキューズ付きで。で、申し込んだその当日数時間後に、進展具合どれぐらいだろうかとチェックしたら、審査に落ちてた。いやいやいやいやマジかよ。落とされるに関して思い当たる節は4つ5つはあるな。職場の住所とか入力するの面倒なので無職にしたし。

・来週13日から5pbのサマーセールがある模様。きっとるふとさんは「ファントムブレイカーエクストラ」を購入してオン実績に協力してくれるんだろうなあ(ガン見)。このセール、折角なので僕も「ファントムブレイカーバトルグラウンド」辺りを買おうかな。るふとさんは最近「ブレイブルーCS」を開始してたりと神秘的な行動に出ているネ。

■週刊少年チャンピオン感想 36+37号/2014年

■刃牙道
カラーパート、『無理無理無理無理無理 ムリでしょこの風貌(かお) 相互理解(コミュニケーション)』とあるが、武蔵は普通に話せる人じゃないか。コミュニケーション無理な武蔵も見たかったが。覚醒直後のあの知的障害者感はワクワクしたものだ。

ピンポイントで宮本武蔵と当てた刃牙に対して光ちゃんやたら動揺。武蔵復活させたよと驚かそうとしたら逆に驚かされている様子。刃牙自身も何故武蔵とわかったかは説明がつかない。答えは確定していてもそこへの過程は直感のみ。

徳川邸の庭へ。もう戦うの? 武蔵は遂にあの忍者の印のような構えを見せる。こういう強さもあったのかと刃牙は驚いているが、こういう強さとは何を指しているんだ? 俺自身が斬魄刀になるって部分?

「バキ…」「やめい」『これは次元が……ッ』
光ちゃんの見立てでは武蔵が圧倒的に有利っぽい。これは刃牙負けてもいいな。勇次郎戦前後から慢心が過ぎるし、そろそろパワーアップ修行期間を設けるのも良い。アメリカ渡って烈と一緒にボクシングして自分を見つめ直そう。で、刃牙が武蔵に再戦するまでは本部とか宛てがおう。本部も山篭りしてパワーアップしているし、俺自身がジャングルジムになっててもおかしくない。

■実は私は
ギャグでスルー/何事も無く復活するかと思っていた校長の角、折れたままなのか。白神のクールビューティって、初期の頃はホントそうだったよな。

修学旅行編は長くなりそうだ。シリアスに締めくくるとして、今は前哨のギャグ。今回はそのギャグも矢継ぎ早スタイルでアベレージ高めであった。

■錻力のアーチスト
桃ちゃんが正体を露わにしたりで色々と出しきってる雰囲気があり、途中から主人公チームが負けるという決着を失念していた。桃ちゃんにしろサウザーにしろ面白キャラ満載の相手だから、本戦での再戦が期待される。『何言われても言葉がすり抜けていく』ってのが何か良いな。

にゃらーなほうの桃ちゃん派も多そう。多そうってキャッチャーだけだろうか。にゃらー化した桃ちゃんを見たがりあえてピンチになる危険は無いんだろうか。

■バチバチBURST
「火竜の続きを俺に見せてみろ」
良い台詞だ。続く、な終わり方だが打ち切り感もない最終回。

幕下編はここで終わりとなります」(作者ツイッター)
「幕下編は」て。本誌にも『次回作は、すでに鋭意製作中』ともあり、普通に続編かコレ。

■クローバー
これは全勝パターン。しかも大将戦でまた相手チームが100ポイントにしようぜとか言い出すパターン。

■黒虎
愛茜が女の子であるのはもう無理臭いかな。いや…ここまで満身創痍になったんだ、傷の手当イベントが待っているやも知れぬ。

■マリリーン大魔法研究所
男の娘が許容外な益田さんは初心者。

■名探偵マーニー
誕生日祝いで最終回。オールスター揃い踏みで大団円。今日日の漫画とは毛色の違う作品(主にコマ割りとかテンポとか昔チック)で、何か新鮮な漫画だった。単行本は最後まで集めるよ。

■思春鬼のふたり
観客がわんさかいる中では殺せない。事故死に見せかける殺人、を狙うんだろうか。それに気付く客も出そうだが。

■木曜日のフルット
オチとか知った上で途中の台詞読み返すと、小賢しい上手さだ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR