1. Top » 
  2. 2014年09月

■週刊少年ジャンプ感想 44号/2014年

■NARUTO
オビトやマダラの末路を知って尚革命を起こすと言ってるサスケは彼ら以上のアイデアを持っているんだろうか。

不安もあるラストバトルだけど、初期からのライバルが最後までライバルで居続けたってのは、良いと思う。

■Sporting Salt
メジャーなテニスなのに部員が四名しかいないスポーツ名門校ってどういうコトなの。これでカバディ部とかに150人ぐらい部員いたら面白いんですけど。

医療を拡大解釈してハッタリかましているであろう話作り、これ板垣漫画だったらもっと面白いんだろうなあ。

■暗殺教室
死神は自分の親を暗殺者が瞬殺したのを目撃して自分も殺し屋になったと語る。その殺し屋は子供に目撃されているの気付いていたんだろうか。目撃者残してるってコトじゃん。

死神の切り札を事前に予測しててのフェイク血液は面白かった。そこからの死神の凋落っぷりは痛ましい。金的でダメージ食らうなよ。顔の皮剥ぐぐらいの人間なんだし、急所の睾丸ぐらい摘出しておけよ。

■火ノ丸相撲
この作品に時事パロは無いだろうが、どうしても任天堂の倒し方を思い出しちゃう台詞。

■食戟のソーマ
ゆきひーランドとランブルローズじゃあ、僕の満足度は後者だったな。

美作が筑前煮をトレース出来なかったのは納得行かないぞ。調理が始まってからも組み立て続けてたとか言われても、オリーブオイルも同様に調理中に辿り着いた発想だったろ。

■ジュウドウズ
10メートルの崖から落下してきてノーダメージの解体者・工藤権左を前座に、ギザギザ歯の男・暴狗・岩田我治が登場。どいつもこいつも村の祖である田中柔蔵の系譜にあるのがちょっと掘り下げ/盛り上がりに欠けるような気もするが、今後もこんな感じなんだろうか。

田中さんが凄すぎてオンリーワンな存在だったから、田中さんのライバルだったキャラの系譜が出てきても微妙だしなあ。

■トリコ
茂松が無限釘パンチの衝撃で延々と飛んでいく姿は面白い。取ってつけたような改心をして食われて消滅。

裏の世界(チャンネル)などという謎ワードが登場。どんどん世界がエスカレートしていくな。アカシアの食材、4つ目ぐらいの頃にはヘラクレスが雑魚になってそう。

■BLEACH
岩鷲は戦力として何かの足しになるの? というかそれを言うなら初期から出ているけど中途半端なチャドも井上も該当するか。

「言葉足らずでゴメンらろ」
ワインダーの人、説明不足を謝罪しているが、そもそも説明しちゃダメだろ。ていうか影から出てこなければ倒されるコトもなかっただろ。ってブリーチの様式美に突っ込む自分が無粋か。

■テラフォーマーズ
この作品がいつから始まったのか知らないんだが、冒頭のバキっぷりを見ると、シャドーカマキリを具体的にしてみよう的な着想でスタートした作品なんじゃないかと疑ってしまう。

二回に分けて大量に人間サイドのキャラが出てきたが、この連中は皆本編で活躍しているんだろうか。本命くさい二陣が登場した時は、それまで出てきた連中はこの出張読み切り用に用意した前座の雑魚かと思った。

■9月29日(月)/雑文

20140929

・先日注文した超面白そうなゲームが届いた。

・皆さんは、コンビニの弁当コーナーのおにぎりに小便をかける際、自力で頑張る派でしょうか? それとも竹馬使う派ですかね?

おにぎりが配置されている位置は高い場所にあるので、自力派はのけぞって射出角度を調整するバランス感覚が必要となります。限りなく垂直に近い状態になるので自分の身に飛沫を浴びるリスクもあるし、問題は何よりも距離ですね。重力に抗った上に飛距離を出す必要があるので、必然、膀胱と尿道に一気に圧力をかける技量が要求されます。技量と書きましたが、経年による肉体の劣化はされられないのも事実で、年齢によってはテクニックでカバー出来なくもなります。

一方の竹馬を使う方法、これはおにぎりの位置よりも上から尿を放出するコトになるので、肉体の劣化に影響されません。コンビニ内の弁当コーナーで竹馬に乗りながらファスナーを下ろすのは技術が必要とされますが、尿のキレが要求されない分、前者の方法よりも普遍性のある手段です。

ちなみに自分は自力で頑張る派。竹馬法との違いは…達成感ですかね。おにぎりにかけられるかどうかは正直どうでもいいんですよ。上体をそらして、指を沿え、そして放つ。成功率は低くて、真上に噴水のように飛ばして結局自分の腹にジャバジャバかけてしまうケースも多い。しかし、ロマンなんですよね。重力を突破して宇宙を目指した歴史の感動を個人で追体験出来る。強制はしませんが、竹馬派の人も今一度自力でおにぎりに尿を浴びせる行為に挑戦してみては如何でしょうか。

■9月27日(土)/雑文

・「1001 Spikes」が買えない。色々試して分かった。僕の海外タグはカナダタグなんだけど、カナダでこのゲームは配信されていない。この実情。

こういう事案が発生すると、何とかして国内タグにクレカを紐付けたい気分になるが、クレカも自分がゲット出来るのは恐らく楽天の年会費3000円必要なアレぐらい、で、年会費3000円を回収できる程利用するのお前?という脳内答弁によって毎度却下される。

ていうか…海外用Xboxのギフトカードを取り扱ってる通販店がまだ出現しておらず、手元の1400MSPが切れたらどうしようかという不安が募りまくっているんですけど。

・ステアさんがらいなさんに「SBK X」コンプを提案していたが、これ最終的にステアさんも「SBK X」買う結末になりそう。そんなゲーム名を出したばっかりに。らいなさんもバイクゲーというコトで興味津々&買う気満々だし、僕も既に注文しちゃったからね。事前に言っておきますが、ステアさん、これは1本でいいですよ。

xblafes09

■夏のXBLA祭り
今月全くXBLAコンプしていないじゃん!と思っていたが、「アンダーガーデン」は今月だったか。ネイルドやったりワンが発売されたり、色々興味が分散してしまったんだよ、とか言い訳したいトコロだが、ワンとかも別に本格的にプレイしていないしナ。あと「インアン」も開始していないしナ。堕落モード突入気味なだけだよ。

・「Foul Play」(コンプ狙い度:40)
結構好きなんだけど細切れプレイになってしまっている現状。細切れプレイなので、新しく覚えた技とか全然覚えてないってのが問題。

・「クラウドベリーキングダム」(コンプ狙い度:0)
操作キャラの頭部が真ん丸ってのが「フォールプレイ」との共通点で、つまり、フォールプレイコンプしている人はこのゲームもコンプ出来るんじゃないかな? どうですかね、そこの平成生まれのお嬢さん。

・「モンキーアイランド」(コンプ狙い度:100)
英語でADVをやると毎回後悔している。「シャーロック・ホームズ」とか「CSI」とか、簡単と言われていても何気に面倒臭い。で、このゲームもスキルを要求されるシーンが無くて簡単っちゃあ簡単なんだけど、攻略のトレース作業になってしまうのがツラい。2作目はローカライズされているのでこれよりはスムーズに遊べるかなあ。

尚、このゲームにはヒント未使用実績があり、既にヒントを使っているので二周確定だったりする。まあ、内容把握しちゃえば二周目はきっと速攻で終えられると思っている。

・コンプゲー(15/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)
12:Child of Light(0824)
13:Minecraft(0824)
14:ファントムブレイカー バトルグラウンド(0829)
15:The UnderGarden(0903)

■週刊少年チャンピオン感想 43号/2014年

■毎度!浦安鉄筋家族
花園母子以外のバキパロキャラが出てくるのをリアルタイムで読んだのは初かも。ていうかこの漫画に出てくる柳は何種類もいる別人なのか? 漫画家のアシスタントやってる柳もいたけど別人?

で、モブキャラも小ネタ満載で面白い。分かりやすく1ページ目に居た達人以外にも、寂や居合の人、オリバにジャガられた海王とか確認。

■刃牙道
武蔵、気配を察していただの遊びだの、刃牙を挑発しまくる。狙って挑発しているワケではないんだろうが、これ刃牙本気で怒っているよ。今までむしろ挑発する側だったからね。オリバに不自由だねアンタ言ったり父親に味噌汁しょっぱいね言ったり。お株を奪われているではないか。武蔵の台詞も何か胡散臭くて、烈に対する寂海王みたいなレスバトルレベルに見えてくるんだが、天然で本音だろうからね。

武蔵、両手を広げる構えを見せる。光ちゃんは二天一流と語り、刃牙はその姿に勇次郎を見る。で、衝突するも刃牙の拳は止められて肩にダメージ描写。今回はイメージ斬りではなく、チョップ的な攻撃を物理で放ってて欲しい。刃牙の鎖骨ざっくり行ってて欲しい。

■囚人リク
丹念に積み重ねていた計画が一気に崩壊。内海が更なる手柄を狙って暴走するパターンなのかなコレ。既存の計画をこのまま放棄するのではなく、微妙なアレンジを加えて突破する展開を希望。

■実は私は
前回の委員長の告白を早速セルフパロディにしてしまうこの危なっかしい作風。と思ったらキス二回目、しかも白神の前で、という本格パートも流し込んでくる辺り中々に上手い。

■チカカラチカ
頭の花を隠すポーズがエロいと思えるようになってきた。

■錻力のアーチスト
歯列矯正キャラが割りと穏便な性格と判明。北海道弁を使い続けるのははんかくさいのでどうにかして欲しい。

■ネイジィ・レター
導入部の『日常こそが至極 平穏こそが全て』に吉良吉影臭いものを感じたが、その後はもうあからさまに荒木飛呂彦だった。体がねじれる→生き物を殺すと戻る。ねじれているのがバレないように生き物を殺すというワンアイデアでひたすらこねくり回して引っ張り回すサスペンスな展開、あちこち未熟さもあるが充分に面白かった。

オチだけちょっと戸惑った。極々単純に望みで彼女を復活させたってコトでいいの?

■喧嘩村
浦安とリアルシャドーネタが被る奇跡。ていうか刃牙の影響は凄い。

■いきいきごんぼZ
読み返してて、「三色ぐらいならこっちで出すから合作するか?」の台詞で笑った。三色も結構難易度高いでしょ。

■9月24日(水)/雑文

20140924

被害者が出てて笑った。これは…報復でしょうね。ゴーゴーブログを参考に始めたセインツ4が案外面倒だったので、ステアさんが報復に出たんです。

で、提督がフェイタルイナーシャやってた頃の記事見たら、らいなさんが「苦行日記読んで買うのやめました」みたいなコメントしてて笑った。何でその後買ってたんですか。

・今週のワン安売り、「コントラスト」は買いたい。「1001 Spikes」は画面見たらレトロなサイドビューアクションっぽくてそのまま買いそうにもなるけど、難易度的にはどうなんだろ。海外掲示板見たら「Nutjitsu」より難しいと書かれていたが、Nutjitsuは難しさの比較対象に出来んだろ。「Flockers」も気になるっちゃあ気になるが、高いな。

・室内に数ヶ月ちっこい蜘蛛がいるんだが、微妙に成長している気がする。食うものあるのか? 蚊とか地道に処理してくれているんだろうか。

■週刊少年ジャンプ感想 43号/2014年

■ナルプロ
映画ナルト「ザ・ラスト」情報。大人になったナルト、サスケ、そしてカカシ。本編ではサスケが最後の最後でナルトの前にボスキャラとして立ちはだかっている状況下であるが、これはつまりサスケは死にはしないというネタバレ。ネタバレも何も大半の読者は死ぬなんて思っていないだろうが。

■Sporting Salt
作画能力はとても高いのに全体的に絵が小さいので白い印象。話は何故か番外編みたいなエピソードから入ったようで、次回以降が本番か。読み切りの時みたいに、医療を名目に女学生の透視図をじゃんじゃん描いて欲しい。

■ONE PIECE
ドフラの主張は実に良いな。オビトの時も思ったが、えらい個人的でみみっちい事情からスタートして、実際世界を転覆する直前まで辿り着いている。

オペオペの実は才気ある者が使えば「不老手術」が可能、ただし能力者当人は死ぬ。永遠の命を与える、とも述べられているので不老不死を意味するんだろう。既にその手術を受けている人はこの世界にいるのか? ぶどう食ってる幼女の若さが謎でそれっぽいけど、そんな脇役に手術しているとも思えないしな。

ローの回想突入。コラソンことコラさんとの邂逅が描かれる。ドジで発話障害。いきなりローを鉄屑の山に投げ込む粗暴な行動に出る。これがその内ローに慕われるようになって最後は発声して泣かせるんだろう。それ以外にも何かコラソン絡みでサプライズ欲しいなあ。「人格の移植」って言ってるし、今のドフラ、肉体はコラソンだったりしないのかな。

■ハイファイクラスタ
ソクラテスになっていた。見通す能力として、物理的に透視する。頭の悪い少年に賢人の能力を移植するというのは良いかも。無敵にならずに済む。見えててもそれの意味を理解出来ない、なんて形に落とせる。そして、ソクラテスと佐々木小次郎の組み合わせというのも違和感ありまくりで面白いが、宮本武蔵が絡んできたら少年はストーリー的にあんま絡めなくなりそうでもある。

■暗殺教室
烏間の発言により、死神に偽死神疑惑発生。ネウロ時代と違って今作は徹頭徹尾マイルドな出来になっているから、世界一の殺し屋・死神もこんなもんかなーと思っていたんだがな。そんな読者心理まで逆手に取っていたのなら凄い。が、このまま本物の死神かも知れない。殺せんせーとの日常を送っていたので烏間も底上げされていました、みたいなオチで。

■トリコ
フーセンガムの人や茂松が何かそれっぽいコトをしようとしてその説明がされる前に瞬殺されるのは良いな。

臓器の実なんてものが出てきたのでもう小松も安心。心臓えぐり潰されても安心出来る漫画になってしまったので、ホント作者自分を追い詰めているよ。

■ジュウドウズ
村の外部からの参加者もいた模様。しかしその連中は試し割り扱いで1話の金メダリストと同じポジション。強敵はあくまでも村内の人間みたい。

主人公の父親が平凡なのは血筋云々言われる昨今のバトル漫画へのカウンターだろうか。実は義父でした、ホントの父親は回想に出てきたヒゲ煙草です、という展開もあり得るが。

華が次に対戦する相手、口元アップしか見せてないけどその進撃的な雰囲気といい、化け物言わている件といい、5メートルぐらいあるキャラなのかな。華の母さんが2メートル40だし、それぐらいの人間がいても平気平気。

■食戟のソーマ
堂島銀の乱入に怒りを覚えます。

アドリブでは大したモン作れないでしょ、で割り切ってる美作。いや…確かにそれは真実なんだが、お前が相手にしているのは少年漫画の主人公なんだよ。ワケの分からない奇跡を起こすポジションなんだよ。次回は美作グラビアショーだろうし、色んな意味で残念です。

■火ノ丸相撲
堅実な話の進行でスローにも思えて読者に飽きられないかビクビクするが、王道として地位を確立しているのかな。

三ツ橋蛍もそれなりに横幅のある体型。これは…腐女子票を特に狙っていない意思を感じる。見開きで潮のぶちかましを食らっている絵は軽く全裸にも見えるので、ホモ票は得られる。

■BLEACH
大食いの子、ラブが仕掛けて当然みたいな発言していたのに割りと普通にキレているのか。

雑魚みたいなのを霊王宮に連れて行ってる陛下はどうなの。この雑魚、確かに有利な能力持ってるけどさ。零番隊の面々も陛下に苦戦するならともかく、こんな雑魚に翻弄されるなんて、悲しい。

■本当にはなかったし別に怖くもない話
巻末コメントは多分おちゃらけて書いているんだろうが、ジャブ子が振り返る絵って、小さい子供なら充分にトイレに行けなくなると思う。

■三ツ首コンドル
横になっているだけのスーがやたらエロかったので満足。マシマロとそれなりに旅を続けてきたスー、ブルーシールとのフラグを立てているワケなんだが、こういうのもNTRに入るんだろうか。僕はいちご100%を読者目線ではNTRと見ているからね。

■「nail'd」(02)/XBOX360/レース/サイバーフロント

ざっと見た感じ、ランク上位下位に影響される実績は以下の模様。

■相手よりランク下位じゃないと取れない実績
・「ハート・オブ・チャンピオン」:Xbox LIVEのレースで、自分よりクラスの高いプレイヤー5人に勝つ
要6人。解除する人が他5人よりも下位ランクの必要あり。

■相手よりランク上位じゃないと取れない実績
・「クラッシュマスター」:マルチプレイヤーで100人以上の競争相手を押しつぶす
崖を背にした場所で、解除希望者AがBにバックで接触、Bがそのままバックで崖から落ちる、するとAに「オフロードレイジ」「スイートリベンジ」等のトリック達成メッセージが表示される。表示されたら1カウント、それを100回。この場合、解除希望者AがBよりもランクが上である必要あり。ランクが下だと、「オフロードレイジ」ではなく「背中に気をつけろ!」が表示されて、それだとノーカウントの模様。

・「最大の戦い」:Xbox LIVEのレースで、敵を2回押しつぶし、自分も2回押しつぶされた後に勝利
上のクラッシュマスターと同じ要領で、崖っぷちでゴチャゴチャ奨励。2回落として2回落とされてをやってからゴールすれば解除。「クラッシュマスター」同様、「背中に気をつけろ!」は押しつぶした扱いにならないみたいなので(?)、もしそうなら解除者がランク上である必要あり。

・「審判の日」:ブーストトリック「オフロードレイジ」を50回達成
「オフロードレイジ」に関しては上記の通りなので、この実績も要上位ランクになる、と思う。多分。

■両方にまたがる実績
・「ブーストマスター」:全種類のブーストトリックを制覇
「タッチダウン」「スピードマスター」等、全16種類のブーストトリックを出せば解除。16種類の中に、「背中に気をつけろ!」というものがあり、前述の通りこれは自分よりもランクが上の相手を接触でコースアウトさせるもの。それ以外は、ランク不問or自分が上位ランク、で出せる…ハズ。

■週刊少年チャンピオン感想 42号/2014年

■チカカラチカ
新連載で一挙二話掲載。1話目でヒロインが脱皮して見た目も性格も変わるというのは新しい。脱皮前のキャラが気に入っていた読者がいたらどうすりゃいいんだよ。頭の花を見られると恥ずかしがるという割には簡単に見える文化を納得するのは中々難しい。

■囚人リク
脱獄計画、即効でバレる事案発生。副司令室長の顔が素敵。まだ9人は脱獄が気付かれたと知っていない状況なのか。どうなるのか楽しみ。

■刃牙道休載のお知らせ
ジャブで武蔵ダウンで休載。食らってしまった武蔵、3回は殺せていたとまで言われたワケであるが、どうやって株を回復するんだろう。「この時代、命を取らない攻撃しかないのだろう? どんなものか味わってみたがなかなかだなボン」等と言い出して余裕を見せるのか、それとも泣きじゃくりながら刃牙に土下座しまくって宮本武蔵編完となるのか。

■毎度!浦安鉄筋家族
子供の目線、子供の狭い世界が何か良いな。「裕たんって道知ってるねー」とか、このみみっちさが懐かしい。

■実は私は
委員長のヒロインっぷり。白神には敗北するという読者目線と同じ思考を持っている上で身を引いたトコロから話を更にひっくり返してきた。逃走する様、超可愛い。

■侵略!イカ娘
ゴリラのモノマネは一生言われそう。例えるなら、ネットにクラナドTシャツを着た画像を何の気なしにアップしたばかりにそれを何年もネタにされているようなもん。

■ぽかぽかおふろちゃん
終始全裸に徹する姿勢。しかし老人の垢で構成されているという設定故に汚いイメージが拭えないまま終わった。

■喧嘩村
必殺タマおろしが如何なる技だったのかは不明であるが、技の名前、そしてゴリゴリゴリという擬音から相当の恐怖を感じさせる。

■いきいきごんぼZ
最初に出てきたブスがブスとかいう騒ぎでないレベルの造形だ。人間なのかコレ?

■木曜日のフルット
無職の商才に笑った。

■9月19日(金)/雑文

20140919

・上の画像を作っていて思い出したが、本日19日夜にニコニコで「gdgd妖精s」1期2期の一挙放送がある。ニコニコアカウントを持っている人はタイムシフト予約をして是非観て欲しい。登場キャラクターの一人・ピクちゃんがやはりどう足掻いてもステアさんに他ならない。観れば、ピクちゃんが何故ステアさんなのかよくわかると思う。ホントわかりますから。「ああ、このピクちゃんって子は鉱山送りにされるタイプだなー」って、わかりますから。

・ワンの「ピンボールFX2」、海外で配信されていたのでDLした。360で購入済の台も無料でDL出来るという話だったので落とそうとしたが、クレカ登録云々のメッセージが出て落とせず。どゆこと? 無料コンテンツならその辺の登録とかしなくてもいいんじゃないの? このゲームが改めて日本配信になったらどうにか対応されているのに期待して、今は放置しておくか。

try20130219

画像の背景に書かれている実績を解除しまくる「ちょいムズ実績解除祭り」はいつ開催されるんですか?


try20130211

・二週間ぐらい前、招待テロ候補として「ダークセクター」を考えていたんですよ。らいなさんもステアさんも持ってるし、後一人いれば四人実績もどうにかなるんじゃないの?みたいな感じで。そう考えつつも、こういうワケ分からんゲームに巻き込むのは良くないよ、しかも残り一人集まらなかったらどうせステアさんに無理強いしてもう一本買わせる酷い展開になって超可哀想だよ、という気持ちが上回って、その場は招待欲を抑えました。

で、今さっき見つけたのがこのページの上の画像。

■9月18日(木)/雑文

20140918

・「ピュア」のAランクエンジン入手がかったるい、等と書いていたら、らいなさんが購入してまで参戦して下さるコトが決定。記念としてジェネレーターで上の画像を作成した。Aランクエンジンゲットしてやるぜと申し出て下さっております。また光もらっちゃったね。

で、京都のあんちゃんも何故か「ピュア」を探し始めた模様。何この「ネイルド」との食いつきの差。

・「モンキーアイランド」、二作品とも海外タグで購入してから「2」は日本で出ているというのに気付く。貴重な海外MSPが。「ヴァリアントハート」、360もワンも安くなっているのね。ワン版も買っておくか。

ちなみにモンキーアイランドは提督がいつもアバターに被せているあの帽子の関連ゲームなので、そこにも注目している。

・めみさんがナイツをXBLA祭りに入れたのを後悔しているみたいで、えらい速度で進めていた祭りも終盤でやっとペースダウンしてくれるんじゃないかと期待している。当初の予定通り11月終了でいいんじゃないのかな? XBLA祭り、残り4本ですよね?

28.NiGHTS into dreams...
29.Brothers
30.Giana Sisters: TD
31.Cloudberry kingdom

この4本ですよね? うん、11月ギリギリまで粘る感じで行きましょう。

・そんな中ちあふるさんが夏のXBLA祭りを完了。何て数だ。お疲れ様です。後夜祭としての「Cloudberry kingdom」、楽しみにしています。

■9月16日(火)/雑文

笑った。

艦これグッズを買ったのかと思いながらスクロールさせたら何か出てきたよ。マイクラ炭鉱夫として地下送りにされるのが約束されている流れで購入する豪胆さに感服せざるを得ない。

one、インディーのワケ分からんゲーム全般がオススメです。「Sixty Second Shooter Prime」は2・3時間で1000稼げます。

・甥と姪が遊びに来てて一緒に暴れて疲弊、帰ってからも余波で体調崩してしまい、ここ数日はウィンストを繋ぐだけで手一杯であった。甥に色々漫画を読ませた結果、つの丸の評価が高かった。手元にあったつの丸全部持って帰らせた。

■「Pure」(01)/XBOX360/レース/disney interactive studios

20140915pure

軽くチュートリアルをプレイした後、フレ二人とオン実績解除に挑む。「PURE面白い」という意見によって、「ネイルド」の立場がどんどん悪くなっている。

いざオンでレースを開始してみたら、16名になるまでCPUが埋まるタイプだったのでビビる。これは1位5連続無理なんじゃね?と焦る。が、フレが「no AIに出来る」と気付いて下さり、事なきを得る。CPUが参加人数を埋めるレースゲーと言えば自分の中では「Jimmie Johnson's Anything with an Engine」が記憶に新しいが、もしかしたらあのゲームもどこかでAI無しに出来たのではないかと考え始めている。

オンライン専用実績は一つを除いて解除。「DランクエンジンでAランクエンジンよりも上位ゴール」というのが残っている。Aランクエンジンが選べず、どうやらオフを進めないと入手出来ない説が高まり、今回はここで終了。

■週刊少年ジャンプ感想 42号/2014年

■ハイファイクラスタ
表紙、こっちが主人公なの?

これは読み切りを覚えている。同じ内容の一話であった。長編を前提に抑え気味なスタート。イマイチ乗れない作品だなー。

ぺーたは読み切りの時同様のマイナー目の偉人なんだろうか。略称表記を利用して意外な偉人になってくれないだろうか。

■暗殺教室
人気投票カラーポスターのスカスカ具合。巻末コメントを見るに、作者のモチベーションも下がっちゃったんじゃないかと怪しんでしまうよ。

映像のみ差し替えオチに思えるが、そんなものに死神が引っかかっていいんだろうか。死神、汗かいちゃってるし。別の漫画だけど美作もこんな風に物語の都合で弱体化しそうな予感。

ジグソーのピースが欠けて子供ビッチが顔を覗かせる絵が素敵。

■ONE PIECE
ドフラの弟のコラさんは父の生き方を肯定したんだろうか。兵隊さんとビキニーアーマーとの対比「父と子」もこのエピソードの主題に加わりつつある。

■ジュウドウズ
連載2話目からトーナメントをやる暴挙に期待していたが、そこまでは無理だったか。

札を奪い合うバトルロイヤル形式。半年間満月の夜8時から12時まで限定での前田光世方式。いい戦いでも水入りの余地がある設定なのがちょっと不安でもあるが、乱戦連戦に出来るのがトーナメントとの違いでそこへの期待もある。まだまだルールが不明瞭な部分もあるけど、ルールの隙を付くような戦いにもならなそう。ガチで強さを競い合ってくれそうな雰囲気が漂っている。この村の面々には。

■食戟のソーマ
記者は結果的に美作に情報を流してしまっただけのシロ。うむ、この為だけの存在だったんだろうか。

ジェットコースターの風圧でタキ先輩の服が破けるのに期待しています。

■火ノ丸相撲
チヒロに続いて小柄な相撲未体験少年が入部。潮の初心者バージョンという感じで上手いキャラだ。五人のキャラ配分も、勝利確約が2名、勝利不透明が3名と、不勝ち越すには不透明側から一人勝たせなきゃならないというバランスで、ここもまた上手い。

レイナも本音吐露。ブラコンであったか。で、何だかんだでマネ入りするんだよな? ていうか読み切りの設定がアレンジ込みで出揃うまでに随分と話数を使っている。それなのに毎回熱く面白いってのが良い。

■NARUTO
そうだった。サスケとの決着を忘れていた。因縁深い相手だし、何となく仲良くなってあれで解決していた、なんてコトはなかったか。ホントサスケ失念していた。自分、直前までまだ六道仙人疑ってたからな。無限月詠の解除とかこれ嘘ついてんじゃないのって疑ってたからな。

■トリコ
妖怪連中の妖怪造形がグルメ細胞の無理矢理注入と判明。四本腕や三つ目とかもその影響なんだろうか。各大陸に栄えた文明の先駆者ってのが該当しそうで、他の大陸のアカシア食材攻略時には出てくるのかな。

エア捕獲時にブルーニトロが来襲しなかった疑問に触れられる。鉄平登場で小松の心臓をえぐり出して握り潰す。ここまでやられると絶望を感じて然りなのに、数話前でトリコが半身吹っ飛んでも蘇生したから、もう危機感を抱けない領域に来ている。これは…作者としては由々しき問題なのでは。

■BLEACH
回想で刺殺されてたジジ、ゾンビ娘だなんて、娘扱いされて散ったのなら救いはあったのかも知れない。ていうか結局性別は不明じゃないか。マユリが言うのなら女だったという気になる。マツゲは煽り。ジジもマユリゾンビにされてたりしないの? で、同じくマユリゾンビになったバンビに責め返されたりしてくれないの?

操り合戦では愛の人も一気に劣勢。近くに大食い女が立っているが、この女も操り系だろうか。いや…食うんだろう。食って能力を奪うんだろう。で、結局操るんだろう。

■三ツ首コンドル
スーが南半球を自重しないのが良い。この調子で海終わってもビキニで居続けよう。

■拝啓 運命の人
惚れなかった人の顔を最後まで拝めなかったのは良かった。次点で、山ノ内の勤続45年という情報も良かった。

■9月13日(土)/雑文

20140913


ステアさんはネイルドが風化するのを待ってそうですからね。適時、あらゆる手段で煽っていきましょう。

■週刊少年チャンピオン感想 41号/2014年

■刃牙道
勇次郎が刃牙にジャブを語る過去。勇次郎が丸くなる現象は過去にも及んでおり、軽く冗談っぽいコトまで言っている。それよりも、ボクシングのジャブこそ最速という常識の枠内の話を勇次郎が語っているのが面白い。ジャブだの近代格闘だのそういうの愚弄しそうじゃん。

武蔵、刃牙のジャブを食らう。しかも10秒程朦朧としていた模様。軽く弱体化の兆しを見せている武蔵、ここをどう乗り切るのか。『お』『ほう』だのジャブを食らった体感を味わっているっぽいので余裕はありそうだ。

少なくとももうジャブは通用しなくなったんじゃないかなー。勇次郎をもってして分かってても食らうと言わせたジャブすら、分かっていたら食らわないぐらいにはなりそう。

『作者負傷のため次号休載いたします』
負傷て。巻末コメントによると骨折。どんな生活しているのさ。

■毎度!浦安鉄筋家族
ジブジブという効果音に笑った。ていうかパン屋で黄昏れているページでアウト感甚だしくて笑った。

■魔法少女・オブ・ジ・エンド
性欲の塊ポリスを本誌出張外伝の主人公に据える作者の根性。

■極悪バンビーナ!
秋元さんは美少女モードが切れると縮む模様。縮むってのが漫画内でのデフォルメ描写ではなく、物理的だった。どっちにしろ可愛いので分かり難い。

■いきいきごんぼZ
導入のバカバカしさが素晴らしい。作品として行き詰まるという表現も良い(何かのパロかも知れんが)。

■最強少女さゆり
新キャラの小堺良い。手だけで一話持たせるとは。

■喧嘩村
ゆるきゃらこぶっしーの猛攻を凌ぎきる主人公。こぶっしー、増長天公認だけあってババアや女将を遥かに超える強さであった。増長天の名を出さなければ主人公が謎パワーで復活するコトもなかった。

主人公が手にしてる写真、何気に家族関係分からないな。主人公を抱きかかえているのは姉? そしてガタイのいいのが母親? 増長天はどれなんだろう。「いよいよだぜ みんな」なんて言ってるから、家族の仇なのかな。

■思春鬼のふたり
この漫画サイコパスよく出てくるけど、どうにもベタでそれっぽいだけの狂人止まりなんだよなあ。権威を盾にした未成年みたいな心底嫌らしい犯罪者、あの手の悪役がまた見たいな。

■木曜日のフルット
何かエロかった。最後の2コマえらいエロかった。

■「Sixty Second Shooter Prime」(1000/1000G)/シューティング

20140910prime

Xbox One初起動ゲームかつ初コンプがこの作品。oneならではのマシンパワーを活かした作品、でも何でもない作品から入るのか自分。

右スティックで全方向にショットを撃つタイプのシューティング。ジオメトリとかあんな感じ。60秒の間にハイスコアを目指せ的な、短期決戦リトライ系のゲームになるのかな。そんなタイトル通りの60秒モード以外に、無限モードもある。無限モードは端からタイム無しというワケではなく、タイム増加アイテムが存在するモード。

実績的には、60秒モードで100万点、無限モードで200万点のスコア実績を狙っていれば大体終わる。

その二つよりも面倒だったのはレベル20到達実績かな。これ、60秒モードでしか解除出来ないので、結構ギリギリだった。アイテム運にも左右されると思うので、何度もプレイしていればレベル20のチャンスはある。僕はスローアイテムが出まくった時に到達出来たよ。

TAスコアも2014年9月上旬現在1199/1000とヌルめなので、実績ブーストゲーです。

■9月10日(水)/雑文

20140910

元祖人妻から例のヤツの着弾報告が入る。上の画像の通りなんですが、ステアさんまだですか? ステアさん、我々へのサプライズとして一体「ネイルド」何本用意しているのか分からないなあ。らいなさんが4本とか無茶ぶりしてますけど、真に受けないで下さいね。手始めに2本でいいですから。無理しないで。まずは2アカでいいので。

木曜は「ネイルド」を小一時間、余裕があれば「ピュア」もやりましょう。飛び入り参加もお待ちしております。

xblafes09

■夏のXBLA祭り
ワンの配信ゲーもXBLA祭りにカウントしようと考えていたが、ちあふるさんも仰ってる通り、TAでRetail Game扱いされているので抵抗がある。ノーカウントにする。

・「The UnderGarden」(コンプ)
やたら目が疲れたとは何度か書いたが、ホント大変だった。集中的にプレイしてコンプした翌日、ずっと左目が痛かった。涙が止まらない状態。洗剤やシャンプーが目に入ったような、目を開けていられないあの感じがずっと続いてた。もしプレイしていない人がいたら、超オススメ。

・「Foul Play」(コンプ狙い度:80)
目下2章を終えたぐらいだったかな。コンボゲーの様相を見せてきた。何気に面白いんだけど、各章がそれなりに長い印象。全章評価5がやはり自分には厳しそうだ。二代目人妻が「ScaryGirl」よりも難易度的に簡単にしているのを励みに頑張ろうかね。

・「クラウドベリーキングダム」(コンプ狙い度:0)
以前よりもTAレシオ落ちてない? 実績としては、極端に難しいのが一つ、それに次いで難しい(レシオ5前後)のが二つ。これめみさんならいけると思うんだけどなあ。騙されたと思って購入&起動&何か一つ実績解除してみませんか?

・コンプゲー(15/25)
01:電脳戦機バーチャロン(0601)
02:Virtua Striker(0601)
03:Scarygirl(0618)
04:SkyDrift(0620)
05:PUZZLE BOBBLE Live!(0625)
06:Fez(0706)
07:Narco Terror(0713)
08:ゲットバス(0715)
09:World Gone Sour(0718)
10:Marvel vs. Capcom Origins(0722)
11:Motocross Madness(0815)
12:Child of Light(0824)
13:Minecraft(0824)
14:ファントムブレイカー バトルグラウンド(0829)
15:The UnderGarden(0903)

■週刊少年ジャンプ感想 41号/2014年

■ジュウドウズ
これは良さそう。刃牙っぽい(僕は何にでも刃牙っぽさを見る病気です)。この1話、刃牙VS末堂っぽい。まずは表舞台の強者をサクッと倒して、次回から閉ざされた場所で独自発展してきた裏舞台の強豪と戦う。八破羅村に漂う地下闘技場感覚。柔道オンリーっぽいのが不安材料でもあるが、柔道に絞ったほうが専門的な面白さにも繋がるかも。

ていうかこれ伊達先輩の作者だったのか。ああ、思い出したよ、この絵。えらい路線変えてきたな。ていうか伊達先輩でも刃牙ネタあったし、こういうの好きなのか。

■暗殺教室
烏間、元から強さの上限は見えていなかったが、死神相手にここまで渡り合えるとは意外。この強さが意外と感じた理由は…殺せんせーを今尚狩れていないからかなあ。殺せんせーともっとやり合えるんじゃないの?

死神編はどういうポジションなんだろ。世界最強の殺し屋という肩書の持ち主との決戦ではあるものの、ストーリー的には鷹岡編と同じぐらいの中ボス戦でアクセントつける長編、な感じなのかなあ。

■ONE PIECE
シャンブルズは便利過ぎるんだが、これを何度も使えないんだろうか。これ、やられると分かって警戒しててもキツいでしょ。ローによってナメクジは斬られ、これで無力化だろうか。ドフラ相手に二人がかりになっても良いな。ボス戦がタイマンじゃないエピソードがあっても良いと思える。

「弱ェ奴は 死に方も選べねェ」。この台詞好きだな。カッコが付いている台詞なので誰かの発言の引用なんだろうか。それとも過去ローに言った台詞を繰り返したってのを強調したのか。

■火ノ丸相撲
相撲観レスリング観どちらも立てつつ、チヒロが潮を認めて決着。ゲスいヒロイン、横槍入れる隙も無かった。というかもう既に感化されていそう。

チヒロにも姉がいると判明。こっちも気が強そう。

■トリコ
エア、トリコのフルコース入り。フルコースって、何百年に一度しかゲット出来ない食材とかどうするの? 保存出来るの? 小松が一晩でやってくれるの?

八王残り7体がシルエットで登場。ヘラクレス、バトルウルフ、エンペラークロウ、マザースネーク、デウロス以外の3体は…うむ、どんなアニマルなのか分からんな。オランウータンっぽいのがいる。猫目っぽいのもいる。

■食戟のソーマ
審査員5人中4人が女。これは期待出来る。ここは巨乳よりも角崎タキに頑張って頂きたい。もちろん水原冬美も。進歩的な女性団体に目を付けられるレベルをお願いします。そうやって楽しみにしていると堂島銀だけ脱ぐんだろうなあ。

美作、ちゃんとテール肉を使う。良い。今のところ良い。今のところ範馬勇次郎的な強さ。苦戦の果てに倒した敵をあっさり倒すコトで強さを高めていた範馬勇次郎、あのキャラ作りに近い。

■ニセコイ
読んでて毎度のパターンながらもこのお姫様が許せるのは悲恋確定短編エピソードが約束されているから。これで転校してきたりしたら手のひら返させて頂きます。

■斉木楠雄
才虎ホモになるオチでしょコレ。

■こち亀
作中では描かれていないが、れもんに渡そうとしたケータイにはもっと隠された機能があるはず。この少年、ストーカーだからな。トイレに入ると自動的に録音して転送する機能ぐらいはある。

■BLEACH
同じオフザケキャラでも覆面レスラーより早く作者に飽きられていそうなペペ。

愛もゾンビも自軍にも被害を及ぼしているので、陛下は頭を悩ませてそう。陛下は騎士団連中が死んでも自分の糧になるのでこれでもいいと思っているんだろうか。

タイマンバトルの連続ではない、集団戦にはなっているんだが、何かこういう集団戦はどうなんだろ。それぞれが特性を活かして搦め手で挑むというワケではない、ユニットを一色に塗り替えて壁にする感じだからなあ。

最後の二人は、顔がまた変わってるし、マユリに何かされたの? ゾンビ化してマユられて、更に愛を食らうとどうなるだろう。

■HUNTER☓HUNTER休載のお知らせ
長期休載を決めずに、毎回こんなスペース取ってまでちびちびと粘る程、雑誌の売上に影響があるんだろうか。もう長期休載でいいよ。この二ヶ月程だけでも、「刃牙道」100話分の情報量ある作品だったよ。

■少年ナンデヤネン
これは面白かった。この時期に掲載されてよかった。KETTAが漫画家目指している頃にこの作品が出てきてたら、KETTAは敗北感から自殺していたのは間違いない。

■9月8日(月)/雑文



・昨日は生ままあに様の生主婦Twitch配信を拝見出来たらしいのに、見逃してしまった。残念。


20140908

・上の画像を見ていただければわかると思いますが、エロいです。ダッシュボード状態でいるってのは、「早くネイルドに招待してよ」という誘い受けに他ならない。NTRだけでなく、このように別の属性も判明しつつある提督。エロいです。

「ピュア」も本命までの繋ぎとして是非やりましょう! 「フラットアウト」や「Fuel」という選択肢もあるので、「ネイルド」の入手が遅れそうならこの辺を先に入手するのも良いかも知れませんね。

ん? 違うよ? 『ネイルド早く入手しないとネイルド以上にワケ分からんレースゲーやらされるコトになる』的圧力をかけているワケじゃないよ?

■9月6日(土)/雑文

・到着したXbox Oneを布的なサムシングの上で撮影している儀式を敢行した人は、見た感じでは以下になります。

ちあふるさん
らいなさん
るふとさん
めみさん

提督がワンを買ったのかどうか分からないレベルで「剣街」をプレイし続けている。えびせんだけに。ホントは既にワン到着済みで、儀式撮影用の布、凄いのを探している最中なんだろうなあ。羊毛、というかリアル羊の上に乗せたりして撮影するんだろうね。えびせんだけに。ステアさんはこうやってハードル上げていくタイプだから。

・ワンは暫くは主戦力にせずに、360メインで進めようかなーと思案している昨日今日。ワン用の安売りとかはチェックして、気になるゲームは購入しておくけどナ。

アバウトゲー好きな自分としては、インディーズが日本ストアに来てないのがちょっと残念。国籍変更すれば本タグでも海外ストアに繋げられるんですが、ドル表記で要クレカっぽいからなあ。今まで通り海外タグ使えば買えるんだろうけど、貴重な海外MSPなので温存しなきゃ。早く日本でナッツジツの配信来ないかな。

・ワンにかまけている今日このごろだけど、海外DotWの「Bellator: MMA Onslaught」という謎ゲー、誰か買わないのかね。ランクマ実績あるよ。過疎ってるよ。

■9月4日(木)/雑文

20140904

到着。周囲を見渡すと到着したoneを布の上で撮影するのが儀式っぽいので、僕もお布団の上で撮影しました。

キネクトは無視して最低限の接続をしてみる。というより、キネクト使う日はいつになるやら。

小一時間ほど触ってみたが、画面、360と勝手が違うのでそれだけで慣れない。これは使っていく内に慣れるのかなあ。

また、評判の良いoneコントローラであるが、これ個人的には意外と厳しいかも知れぬ。というのも今までの360コントローラでの自分のグリップの癖で、やたらRTを押しちゃう。慣れる。きっと慣れるさ。あとコントローラは有線派なのでMicro USBケーブルを買わなきゃ。

ゲーム、事前にゴールド無料乞食していたタイトルはDL出来そうで一安心。ストアはちょっと見辛かったかな。五十音順等での索引はどこにあるんだろ。まあ、きっと慣れる。その内慣れるさ。

Day One実績、どこからコード入れるのか迷ったが、デイワンコード記載の紙に載っていたよ。「ゲームストア」→「コードを使う」だったよ。でも解除しなかったけどナ。

総じてネガティブな第一印象になったが、その内慣れる。慣れるハズさ。

■週刊少年チャンピオン感想 40号/2014年

■実は私は
折れた角が復活しつつある。バッファローマンを意識しているんだろうか。

■刃牙道
「少年(ぼん)」「振ってみるか少年(ぼん)」「どうした少年(ぼん)」「しかもだ少年(ぼん)」
ぼん言いまくりじゃないですか。二人称でキャラ作りする人珍しいよ。

刃牙の蹴りを「疾いが武ではない」と判じる武蔵。武蔵は果たしてどんな「武」観を持っているのか。真新しい価値観の所持者を作者が引き出せるかどうか怪しい。「戈を止めると書いて武」みたいな話を繰り返しそうでもある。

速いが武ではないと言われた刃牙、意地になってかジャブという最速技術で勝負を仕掛ける。何となく、これ食らいそう。鼻血ダラダラ流しつつ、致命傷じゃないとか言いそう。一撃必殺以外は武じゃないって人かも。

■ハリガネサービス
一年連中、中学の時は全然試合に出ていなかったとバラされる。これにはビックリ。上には上がいる演出ってよりも、途端に小物化した印象のほうが強い。褐色エルフとか凄い調子に乗ってたじゃん。

■侵略!イカ娘
壁からケツが生えてるシチュエーション、他にも汗・脇とフェチっぽいエロさを漂わせつつもこの漫画はやっぱり健全なのであった。

■極悪バンビーナ!
最後は単にだらけているってオチ? 体型が幼児化してるのはデフォルメってだけ? 「実は私は」に毒されていたのか年齢を操れる異生物オチかと思ったよ。

■UNI
女性型アンドロイドがレオタードの張り付いたケツを強調する、レトロ感溢れるSFアクション。この懐かしさから察するに、作者は多分50歳。

■喧嘩村
実質石を頭に何度も叩きつける描写がやり過ぎで良かった。前回のババアもそうだったが、この村死刑囚ばりに武器使う連中多い。

■いきいきごんぼZ
ステアさんの復帰を祝福するかのようなラストで、ほのぼのした気持ちになった。

■9月3日(水)/雑文

・日付変わって今日は3日、明日遂にone発売。当日に届くんだろうか。ワクワクしている。

で、今週はタイミング良くone版「チャイルドオブライト」が安売りのようで、これは本体届いたら即効で購入するしかない。

悲しすぎる事実が判明。これは僕も即座に起動させるしかありません。ていうかめみさん宅には悲しい経歴を持つ子が何名かいます。ダック叔父さん買おうにもポイントが足らず、代わりに引き取られたあの子とか。

定価で買わせてしまうという申し訳ないコトをしてしまった件、また、結婚祝いで牛乳さんにポイントをもらっていたという話を案として、僕からも海外タグ用として1400MSPを送ります。「クラウドベリーキングダム」を買ったら、残りは自由にお使い下さい。「クラウドベリーキングダム」を買ったら、残りは自由にお使い下さい。二回書きました。祭りファイナルの「ギアナシスターズ」、難しいゲームみたいなので、ウィンストリークス用に「クラウドベリーキングダム」も平行してプレイしてみては如何でしょうか。

・9月10月期のRPG崩しは「インアン」を予定。目下全然やる気が起きないんだが、その内無理矢理開始するさ。「ToV」同様、最低ラインは一周クリアにしよう。

つーかいま本当に優先すべきゲームは「Ascend」だよなあ。本当どうしよう。なまじ起動出来たのが憎らしいよ。

■「The UnderGarden」/XBLA/アクション

20140903tug

サル的なサムシングを操作し、洞窟内を移動して花を咲かせていくゲーム。花を咲かせるには緑色のpollen sackなるものに体当りして、そこから出てくる花粉を纏う必要がある。花の中には特殊な果実を実らせるものもあり、その果実を使って洞窟内のギミックを開拓していく。爆弾フルーツや重石フルーツ等がある。

やたら目が疲れるゲームだった。暗い背景の中ネオンライトのような花が細かく咲いていく上にズームイン/アウトが頻繁に入るからだと思う。実績解除wikiでは6~8時間でコンプとなっていたが、自分はその2倍…いや3倍ぐらいかかった。

一通りクリアしてスタッフロール見たら花粉集めなくても花を咲かせられるようになるという情報だったが、ならず。自分が何か間違っているだけかも知れないが、そのまま花粉集めアリな状況下で、残っていた実績は問題無く解除出来た。花粉集め不要ってのはそんなに大きなメリットでもないな。

実績面では、15レベル全ての花を100%咲かせる、15レベル全てのボーナスフラワーを取得する、15レベル全てのミュージシャンを一回は引っ張り上げる、追加含めた17レベル全てのクリスタルを獲得する、等、虱潰し系に時間がかかった。収集物、クリアしたレベルは取得状況が大体分かるのでそんなに真剣に頭を悩ますコトはないんだがナ。

以下、手こずりそうな部分。

20140903tug02

・A very good year
Collect 17 crystals in the game
追加コンテンツの実績。本編15+追加2レベル、各レベル1つ存在するクリスタル(宝石)を全17個獲得するもの。本編で唯一収集物でありながら実績対象になっていなかったものが、追加実績で集めなきゃならなくなった模様。
自分はレベル2の宝石の位置に中々気付けなかった。上の画像の場所、左の岩が爆弾フルーツで破壊可能で、破壊跡に出現する。爆弾フルーツをここまで持ってくるのが地味に面倒。

20140903tug03 

・Happy Birthday to Me
Complete "Grab Hold", "Watch Out, They Spit", and "Hold on Tight" in under 20 minutes
レベル13・14・15を計20分以内にクリアするという内容。レベル13の上の画像の場所、爆弾フルーツを左下に落とせばかなりの近道が可能。

他、レベル15のゴールが普通に分からなかった。ゴールは大抵花に囲まれた場所、という初心に帰って、大部屋左上辺りに近づいたら出口が出現したよ。

全てのミュージシャンを一回引き上げる「I wanna be a rock star」も、残っていたレベルで全ミュージシャンを持ったのに解除されずに焦った。「パッチ当ててるのにバグかよー」と頭を抱えたが、何の気なしに拠点のミュージシャンを吊ったらポコンが来た。拠点内にいる音楽家連中も対象だったの?

あと、追加コンテンツに関しては、宝石を取得する以外はただクリアするだけでいい。100%とか不要。

■「nail'd」(01)/XBOX360/レース/サイバーフロント

20140902naild

コンプ不可なレースゲーを不意に開始。

日本版海外版それぞれ別の理由でコンプ不可になっている。日本版に関しては以下。

・パッケージ分1000は解除可能。
・追加コンテンツ200の内、「人だろうとAIだろうと(75G)」「アンデスの逆襲(10G)」が解除不可の模様。よって追加分は115/200が限界で、トータルでは1115/1200がマックスとなる。

更に、追加コンテンツはサイバーフロント解散につきもう購入出来ない状態で、多分に問題アリなゲームになっている。このDLCに関しても、TAの登録者で検索したトコロ10人しか購入していない有り様。内一人はチーターっぽいしな。そらサイバーフロントも解散しますわ。

追加コンテンツを購入している場合有利になる点としては、本編で本来なら全解除実績だったであろう「すべて俺のもの!:48の実績すべてをアンロック」、この48項目が追加分でもカウントされるって辺りかなあ。他、「俺のほうが速いぜ:すべてのコースで開発者のベスト記録を抜く」ってのも、全てのコース(14コース)が追加分で余裕が出来る点。

いきなりオンからスタートして、右も左も分からない状況下でプレイしていた。簡単にクラッシュするのでノークラッシュ5連勝って実績すら面倒だと知る。オン、3人でこの実績に挑戦しようとしたけど、みんな死にました。みんな途中でどうでも良くなってました。

オン絡みでは、ランク管理が面倒かなー。ランク(クラス?)が上じゃないと出来ないコトがあったり、その逆でランクが下じゃないと出来ないコトもある。例えば、「ハート・オブ・チャンピオン:Xbox LIVEのレースで、自分よりクラスの高いプレイヤー5人に勝つ」なんて実績、これ既にキツい。クラスもそうだし、6人集まるなんて考えられない。その辺の実績は諦めるにしても、少ない人数でオンを回していると、ランクの調整が面倒になりそうですよ。このランクってのはオフでも変動するみたいなので、なまじオフ進められないじゃないですか。

そう思いつつオフもちょこっと始めてみたワケだが、今のところ序盤だからかえらい簡単。10秒20秒リードして一位になれているので、全ゴールドはそんなに大変じゃないかも。あまり簡単過ぎると作業になりがちなので、もしかしたらその辺が問題なのかも知れない、このゲーム。

総じていい加減な内容だが、アバウトなオフロードゲームは何気に好みなので、このゲームも世間一般の評価より全然楽しめている自分がいる。ただ、他人には薦めにくい。悪食野郎御用達ゲームですわ。

■週刊少年ジャンプ感想 40号/2014年

■食戟のソーマ
牛若と弁慶に例えるなんて、仲間フラグじゃないですか。肉魅やタクミなんかも最初は酷い奴だったので仲間化しても問題無さそうではある。あのナリで和気藹々としている絵はそれだけでギャップが生まれる。

副題が「隠された課題」。うむ、分からん。以前メガネが1回戦の4試合で共通項目を何か察していた描写があったが、あの辺も絡んでくるんだろうか。新聞記者も役に立っただの言ってるんだが、付きまとわれてうざったかったのがヒントになったとか? 一人で食べる料理/複数で食べる料理とかかのう。

■NARUTO
カグヤ封印。底が見えないキャラでまだ出し切ってないだろーと思っていたのに、いつ劣勢になったのかよく分からないまま敗北していた。ラスボス交代劇が続いたので、最後の六道仙人の笑顔すら怪しく見えてくる。

■火ノ丸相撲
レスリングと相撲、敗北の重さをどちらも落とさないように書いているのが丁寧。一見先に語ったレスリングのほうが軽そうではあるが、別に落ちていないハズ。この異種ルール、チヒロがいつまでも負けられずになぶり続けられる酷い側面もあるなあ。ゲスな判定を下そうにも下せないようにするにも、ずっとなぶり続けなきゃ。

ゲスなヒロインはこの試合で感化されてマネージャー入りするんだろうか。もう暫くはゲスでいてもらっても良い。5人揃うまでは妨害していいよ。デレてマネージャーになったらそのままレイナ目当てに部員殺到しそうじゃん。

■ONE PIECE
ウソップのゴルゴ的描写が熱い。ヴィオラならずとも感動した。またこの顔で気絶しちゃうのか。鼻が長い人を見ただけでビビる等仕込みはあったのでトラウマ誘発オッケー。ウソップ、自分がどんな顔してシュガーを気絶させたのか後々知ったのかな。覚醒したのは見聞色の覇気か。

トレーボル、そういやまだ残っていたな。組み合わせ的にローが対戦するコトになりそうだが、ここらで回想入れてトレボールがコラさんの死に重く関わっていた話にしなきゃ、ローが可哀想。余り者消化試合になって可哀想。

ドフラの足元に倒れているのはベラミーか。色々と悲惨だ。

■暗殺教室
小足見てから余裕なら落とし穴も使える模様。実写版に死神が出る暁にはウメハラでひとつ。死神は生徒達に色々なものを教え込む結果になっていそうだ。

■斉木楠雄
客のガチクレームに笑った。客のデザイン一つとってもこの作者は上手くなったなあと思う。昔だったら露骨に気味悪く「大きなお友達」描いていただろうに。

■黒子のバスケ
最終回。赤司のみならず誠凛も泣く。エピローグもあっさり目だがこれはこれで良い。ジャンプにしては珍しく引き伸ばさなかったんだな。事件で作者のメンタルを気遣ったんだろうか。

■ニセコイ
多分短編であろうエピソードのキャラまで惚れ込むって、主人公恐るべし。ハシラの『あ…れ? これって……』に何故かニヤついたよ。この王女、他人の空似ではなく父親違いの千棘の姉妹とか生々しい展開にならないだろうか。

■BLEACH
ゾンビ化されていた死神は他にも三名。この三名は当シリーズ内では何もいいコトないな。特に乱菊は善戦のそぶりすら無かったではないか。何故日番谷への実験を続ける。何故乱菊に変更しない。ゼロコマ敗北してても、せめて読者の記憶には残してあげなきゃ。

騎士団サイドも省略負けしているものが数名出ている中、ペペなるジジイが竹内まりやの思い上がった歌のように活躍開始。すでにお兄さんもペペの術中なんだろうか。

■荒木先生らしき見開き
贅沢な誌面の使い方は印象に残るなあ。見た瞬間は、磯兵衛が2ページ足りなくて、無理矢理埋めたのかと思った。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR