1. Top » 
  2. 2015年03月

■「Forza Horizon 2 presents Fast & Furious」(1000/1000G)/レース

20150331fhpff

360版に引き続き、one版もクリア。車を10台集めるというストーリーの大枠、そして導入とラストは同じでも、途中のイベントが異なっているので、360を終えていても緊張感を味わいつつプレイ出来た。

んでまあ最後までプレイしてみても、one版のほうがラクな印象。ストーリー進行必須イベントでドリフトチャレンジが無かったってのがデカい。多くのレースでニトロが使えるのも有利な点。正直ニトロはそんなに使わずともどうにかなるが、最後の貨物輸送機戦でのラストの直線ではその恩恵に預からせて頂いた。

oneのほうが難しく設定されている実績はただ一つ、「連鎖反応」かな。360が1万5千以上に対して、5万以上のスキルチェーンになっている点。これもまた、空港の滑走路でNissan GT-Rを使ってドリフトしまっくっていれば達成できる。ドリフトしまくるというか、Xのサイドブレーキとか考えずにNissan GT-Rで普通にジグザグに走ろうとするとドリフトしまくるのでそれを維持していれば達成出来る。まあこの5万ってのも360で同じく空港で挑んで達成済みだったので、何ら脅威に感じず気楽に挑めた。

というワケで360版に続いてこちらone版もコンプ。双方無料期間にDLしたので、タダで2000G頂けてホント美味しい作品でありました。このまま気分良くフォルツァ2本編購入に突入する人も多いんじゃないかなーと思わせる程、誘導に長けた作品でした。僕自身、oneの2は持ってて割りと難航しているんだけど、360版も買っちゃおうかなーと思っちゃう程に気持ち良くなりました。

■3月31日(火)/雑文

20150331

あんぱんまんってイニシャルがAになりますよね…。今後展開されるであろうネタを思うに、随分と危険な橋を渡ろうとしていると思います。減りますよ? いいんですか? フレ減りますよ?

・今週はLEGOゲーが安売り。派手に安売り。あんま興味無いんだけど、5ドルとかになってると流石になあ。買っちゃっていい感じだよなあ。パッケで自分がどのレゴゲー積んでいるのか把握していないんだが、何作品か勘で行っちゃおうかのう。

・「インジャスティス」の放置が終わった。が、「DOA4(100時間)」「プロジェクトスパーク(コミュニティゲーム100時間で10段マイルストーン)」などがあるので放置には事欠かない。

まーそれらは完全放置出来るからいいとして、中途半端に放置が必要となる鼻ながクイズの最後の実績をどうしようか。一ヶ月ぐらい前から悩んでいる。結局アニメや映画の消化と平行がベストになるかね。

■週刊少年ジャンプ感想 18号/2015年

■食戟のソーマ
アニメ記念巻頭カラー。着替えイラスト。あっけらかんとしている田所に対してのえりな、体をねじってでも尻と乳をこちらに向けているので根はエロテロリストであると思われる。

プレオープンで成長した創真頼りでギリギリ間に合う忙しさってのは、実際にオープンしたらどうなっちゃうの。四宮が本気を出してカバーする、という件にはしにくい。今まで手を抜いていたのかという話になっちゃうので。創真に刺激を受けて皆がパワーアップする、という感じなのかなあ。

■ONE PIECE
ローが生きていたというよりも、身代わりは死んでいるのかどうかが凄く気になる。何となくワンピースなので人は死なないつもりでいたが、これだけ国が揺れている(物理含む)中で死者0名というのも不自然。どっかの死体と入れ替わったんだろうか。

ドフラミンゴが起き上がったシーン、最初今までのはまた糸人形で本体が登場したのかと思った。応急処置はしたけどちゃんとダメージ残っているので一安心。またリセットかとハラハラした。

おちゃらけ実況しているけど、ここまでしつこく残っていると、トレボールが黒幕でも良いです。

■ブラッククローバー
魔力の膨大さを見せつけるだけで相手をひるませるノエルが凄い。コントロール無しの欠点は直さずにこのまま魔力見せつけハッタリ路線(実際魔力持ってるけど)で活躍してくれるのも良いかも。

「魔法騎士団の者が来るとは聞いてませんね…」
王貴界、平界、恵外界などの設定公開も含めて、アスタのライバルが所属している騎士団が黒幕と思わせるに十分な台詞。ライバルはサスケ化しちゃうの?

■暗殺教室
「一人で死ぬか地球ごと死ぬか 暗殺によって変わる未来はそれだけです」
てコトは誰も死なない三番目の未来になるんだろう。渚がそれを導いて殺せんせーを超える結末がまとまりがよい。そんなまとまりの良いハッピーエンドは見たくないけど、多くの読者を安心させるものを提供するのが今の松井先生と暗殺教室だからね。

二代目と呼ばれた黒尽くめは以前出ていた死神で、死神二代目か。二代目を継ぐのは渚でした、となりそうでもあるが、二代目という呼称をネガティブな意味と捉えて新たな通り名になりそうでもある。

シロは柳沢という作中新キャラ。きっと研究所関係の人なんでしょう。過去編にも出てくるんだろうけど、ここで正体明かさなくても良かったのに。過去編に色々出てくる登場人物から誰がシロになるのか予想させる作劇も出来ただろうに。

茅野、もう演技をしなくていいだの言ってるけど、今後どういうキャラになるんだろう。これまでの明るい性格は演技だよなあ。まるで大人びてて新キャラみたいな存在になるんだろうか。そうなったとしても、松井先生ならそれすらギャグにして流しそう。

■トリコ
サンドリコで脱水していたけどペアに守られていたというフォローは良い。そのサンドリコが食材で致死花粉症を止められるってのも抗体っぽくて良い。復活小松がそれを即座に見出すのも良い。この辺は無説明なまま流すのかと思っていたので逐一フォローが入ったのが意外だった。

猿舞の最後のピースは規定。メスバンビーナの棺ってコトはメスは死んでいるようで、裏世界=死者の世界なんだろうか。死後の世界がナチュラルに存在している世界観なんだろうか。作者、ドラゴンボール世代だし十分有り得る。

■UBS
3億も借金あるのでいきなり1500万が出てきても雑魚に見えてしまうのが問題。そんな僕みたいな読者の考えを逆手に取って今回は負けちゃったりするんだろうか。そう考えるとシュートレン神辺の雑魚臭いデザインとかもフェイクに見えてきたぞ。

ももっちの声がどうしても「中二病でも~」の凸森口調で再生されてしまう自分がいる。

■火ノ丸相撲
瞬殺されるももう一丁とすかさず良い笑顔で言い放つ潮。凹んでいる瞬間すら無い。何か偶然にも今週のソーマと印象が被る。親方の一人称が僕ってのが地味に好き。

火ノ丸相撲は相変わらず面白いなあ。ベッタベタの王道ストーリーでこの手の話には免疫付いて何も響かないハズなのに。お約束、ご都合主義な熱血漫画の「甘さ」を細かく潰しているのが良い。

■BLEACH
藍染はこれ椅子ごと移動しているの? 女神転生のスティーブンみたいな底知れ無さよりも、シュールな笑いに繋がるので、早く自分の足で歩いて欲しい。

■学糾法廷
名のあるモブ程度だった松岡が犯人だの、何気に読者を煙に巻く構成なんだけど、どうにもこの漫画には乗れないなあ。ギチギチのネームは読みづらいし、よっぽど自分の中で実績と信頼を感じさせる作者(例:冨樫先生)じゃないと真っ向から付き合おうという気になれない。

■卓上のアゲハ
動きやすいからという理由でスカート履いてたりするから効率のみでの女装かと思いきやアゲハには頬を赤らめながら抱きついたり、もうこの人はホモなのか何なのか分からないな。アゲハが好き=尊敬の意味にすればどうにか収まる。アゲハチームが負けて、アゲハが開き直って付き合おうとしたら「や、その、俺ホモじゃないんで」と引かれる展開。

■磯部磯兵衛物語
不浄負けを狙う等、前回のネタを即座に応用する辺りメガネは頭脳派。ていうか旋回から火ノ丸に便乗する題材とかふざけて書いていたけど、不浄負けぐらいしか火ノ丸から輸入していないではないか。

■3月30日(月)/雑文

・近所の定食屋、いつも準備中になっていていつやってるんだよと思っていたが、ついに開店しているのを目撃。引っ越して一年半、ようやく開いてるのを見たよ。で、入ってみたが、昼2時間半・夜2時間半の営業だった。一日5時間しか営業しないってのは随分と割り切った設定。だが、かき入れ時以外は捨てるというのもアリっちゃあアリなのかも知れぬ。

また、それを機に近所の定食屋の営業時間を調べてみたが、何か結構昼と夜数時間開店と似たり寄ったりで、こういうのがスタンダードなのかもとも思った。

・価格改定なのか安売りなのか、「El Chavo Kart」というゲームが40ドルから30ドルになってて気になっている。30ドルでも充分高いので迷う。約一年前に発売されていたのか。通販じゃ見かけない謎カートゲーだし買ってしまおうかのう。地域制限が無ければいいんだが。

・先月、手元にある金が案外少ないと知って、意識して一ヶ月通販を利用しなかった。買わなきゃ買わないで積みゲー積み漫画積み小説が大量にあるのでどうにでもなるのに、反動で何か買いまくりそうなのが怖い。

■「Forza Horizon 2 presents Fast & Furious」/XBOX360/レース/マイクロソフト

20150329fhff

映画「Fast & Furious(日本名:ワイルド・スピード)」新作とのタイアップ作品。期間限定で無料な時期にDLしてプレイ。

同じく期間限定無料のone版もあって、序盤を平行して進めていた。車を10台集めるというストーリーの大枠自体は同じでありつつも、レースのコースやイベント自体が異なっていた(実績も一部異なる)。進捗度25%ぐらいの時点で個人的には360版のほうが難しいと思ったので、まずはその360版から始末にかかった。で、どうにかコンプ。

一番キツかったのはドリフト7回のアレかなあ。そこだけで1時間ぐらいはリトライしていた。場合によってはここだけはオートブレーキとかOFFにしたほうがやりやすいかも知れない。僕は何だかんだでオンに戻して達成したが。

クリアまでの所要時間も短く、コラボ作品らしいタイニーな出来であるが、これで実績1000G貰えるのは美味しいし、フォルツァホライゾンに興味を持っていただくにも十分な内容。

■「Injustice: Gods Among Us」(01)/XBOX360/対戦格闘/Warner Bros Interactive Entertainment

20150329injustice

アメコミヒーロー達がぶつかり合う格ゲー。超必殺技が色々と仰々しくて面白い。バットマンだと呼び出した車で相手を轢く。悪役の所業だよそれ。

■ストーリーモード
このモードに限らず実績は最低難易度で可。ストーリーモード内にたまに入ってくるミニゲーム全てをクリアする実績がある。ミスったら抜けてやり直せばいい。ミスってのも正直どこまでがミスなのか分からない。敵が物をぶん投げてくるヤツとか多少撃ち漏らしてもオッケーだった。

■レベル100
レベル100までに必要な総経験値の折り返し地点はレベル90。「マスエフェクト」の恐怖再びといったトコロだが、放置で経験値は稼げる。経験値n倍アイテムを購入して放置すれば一層ラクになるが、注意点が幾つか。

・アーカイブで買える物を全て買う実績があるので、それを解除する前に経験値n倍アイテムにポイントを使い過ぎる恐れアリ。経験値n倍アイテムはいくらでも買えるのでポイントを無駄遣いする可能性に注意。不安なら該当実績の「Hoarder」を解除するまではn倍アイテムに手を出さないのが無難。
・経験値n倍アイテムは、ゲームから抜けると(ダッシュボードに戻ると)効果が無くなる。マッチ50試合分n倍ですよーというアイテムも、下手したら1戦のみしか効果の恩恵に預かれないコトにも成り得る。なので、使う時は集中的に放置するのが良い。

■3月29日(日)/雑文

■Period 10/GTASC 2015
ピリオド10終了。チームけった、生存。チーム順位は510中168位。

20150318

--節目とも言えるピリオド10突破記念の緊急インタビューとして、本日はらいなさんをお招きしました。らいなさん、よろしくお願いします。

らいな:よろしくお願いします。

--らいなさんと言えば郵便局の研修子ちゃんへの恋心を綴っていた日記が有名です。2011年12月26日にはこう記述されています。読んでみましょう。『顔を赤くしてどうなんですかねぇ?どうなることやら・・・と照れていた。わかった。無愛想じゃなかったんだ。シャイってヤツだコレ!そう思ったらやっぱり可愛いなんて思ったりして…』

らいな:ちょっと! 音読しないで! どうして人の黒歴史をほじくり返すんですか。帰っていいですか。

--話題を変えます。チームけった、ピリオド10突破と相成りましたね。これまでの約二ヶ月半、大変でしたか?

らいな:気付けばここまで来ていたという感じですね。チカカラチカ終了に私を食卓に連れてって終了と、精神的にダメージが大きく、実績解除が伸び悩んでいるというのが現状ですね。チャットにチームメンバーが入ってくると後ろめたさを感じてしまい、ついつい「来週からTA頑張る!」と心にも無い発言をしてしまいます。

--ここあ女史はどう思っているか分かりませんが、七瀬氏はむしろらいなさんが実績解除しないのを喜んでいる節もあります。このままモンハンにハマってて欲しい、総スコアの差を縮めるチャンスだと考えていそうですよ。

らいな:そうなんですかね。まあそろそろ本気出しますよ。4月のゴールド無料に「Pool Nation FX」が来ますからね。コンプまで行かずとも50球連続実績は解除出来ますのでTAスコアは稼げます。それと、ここあさんと「バトルブロックシアター」のタッグもクリアします。

--らいなさんは最近ついに顔出しをされました。何故ここにきて素顔を公開されたのでしょうか?

らいな:けったスピリットですね。けったさんがあれだけ体を張ってネットで活躍していた過去を知った以上、自分もそれぐらいやらないといけないかな、そんな気持ちで顔出ししました。あと、今回の顔出しに刺激を受けてけったさんが新しい素材を提供してくれるかも知れないという期待もあります。

--oneのアプリに「出前館」というものが追加されました。複数のフレに住所と本名を把握されているらいなさん、今現在どのような心境でしょうか。

らいな:受けて立ちます。ピザでも寿司でも何でも注文して下さい。

--今年はアイドルプロデュースにも力を入れると伺いました。七瀬ちゃん事務局というのがそれに該当するのでしょうか。

らいな:あれは前座に過ぎません。本番は「地鶏妻」ですね。「ご当地アイドルうぉーかー」に登録出来るぐらいに育てます。手始めに、地鶏を延々と食べながら「Slender:The Arrival」のプレイ配信をしてもらう予定です。

--ゲーム配信以外には何をする予定でしょうか。研修子ちゃんの台詞を朗読してもらう企画はないのでしょうか。

らいな:研修子ちゃんネタ、マジで勘弁して下さい。記事消したい。パックマンラリーのコメントを記事ごと抹消した御仁の気持ちが今なら分かる。

--こちらの人物をプロデュースする予定は無いのでしょうか?

20150329

らいな:無いです。帰ります。

--本日はありがとうございました。

■週刊少年チャンピオン感想 17号/2015年

■羽恋らいおん
3回ぐらい話をひっくり返している1話。これは凄い。ひっくり返していると書いたが、ここまではスタートの設定に過ぎず、その設定に乗せるまでに紆余曲折させて読者を飽きさせないってのが上手い。柔道やり始めた時はマジで騙されたよ。ヒロインっぽく登場したキャラがあの扱いってのも素晴らしい。

次回以降もこの勢い保って欲しいけど、幾らなんでも減速するだろうなあ。

■毎度!浦安鉄筋家族
階段転げ落ちからトラックにはねられる画太郎ネタ、ちゃんと画太郎画風にしているのが良いな。楳図かずお言うところのホラーとギャグは紙一重という思想を受け継いでいる作品。新聞の中から春巻の顔が出てくる絵は怖いと同時に笑える。

■実は私は
一緒くたにされているけど、くノ一と女忍者の違いは性技を仕込まれているかどうかだったハズ。なので、あくまでも忍者と称しているのはシュレディンガーの処女であり読者をひたすらに揺さぶる。とか書いてみたけど次回以降普通に「くノ一です」だの言い出すかも知れないからね。別に作者くノ一の定義に拘ってないかも知れないからね。

■刃牙道
歯や爪が混じった砂の固まりを顔面に叩きつけられても瞬き一つしない武蔵。弱みを見せない等と評されているが、涙すら流さないのは肉体的に何か欠陥あるんじゃないかと思ってしまう。それは強さなのか。

勇次郎が鞭打ダメージを筋肉硬化で分散させていたコトがある。カッコ悪い行動にも思えるが、ダメージに敏感じゃないと戦闘には不向きと考えれば得心は行く。しかし武蔵はこれどうなの。ダメージに鈍感っぽいじゃん。

これが他の漫画だったら痛覚がないとかそういう設定だろうと予想しちゃうが、刃牙だからな。そういう方向でのイレギュラーな特性は設けない。

武蔵、煽りを開始するが意外と烈は乗らない。当漫画内でも屈指の煽り耐性の無い男・烈海王が随分と冷静ではないか。この人いつも勝手にキレて勝手に暴走している印象だったんですけど、そういう病気は治ったのかな。

上着を投げつけてきた烈、それを一刀両断する武蔵、しかしその間隙を縫って烈の九節鞭が武蔵を打つ。その後の出血箇所を見るに、額を打ち据えた様子。武蔵と云えど脳震盪を起こすのはジャブを食らってグラついた件からも明白、これはチャンス。チャンスなのに「はいイイッッ!」と言いながらグルグル九節鞭する烈。駄目だろ。間髪入れず攻撃しなきゃ。

■囚人リク
二週連続牢獄全裸反省ショー。面々の絶望がよく伝わるが、とにかく絵面が汚い。

■ハリガネサービス
何かほのぼの。先輩が頭カシってしてるのも微笑ましいけど、久場と一悶着あるのかな。

■Gメン
伊達はシンプルで一切飾りなしの強さを持っていそうな雰囲気。見た目からしてシンプルでしょ。こういうシンプル造形のキャラを見るといつも鉄拳のブライアン・フューリーを思い出して、すんごいパンチ放ってくれるんじゃないかとワクワクする。

■辻浦さんとチュパカブラ
女キャラ、思えばツンデレっぽいのしかいないな…とか考えたが、女キャラ自体少ないし、今となってはみどりも妹もツンデレではないか。見た目がツンデレくさいだけで。

夏休みの予定、海以外も行って欲しいなあ。

■黒虎
祈、あずかり知らないトコロで更なるダメージを受けていた模様。晒で隠し切れない巨乳に何ら反応しない虎鉄はホモの鑑であり、腐女子は胸を撫で下ろしながら猿とのカップリング原稿の執筆を続ける。

そういや羊くんが男と明言されたのは初だろうか。

手抜きを演出と言い張れる墨画調の絵、これを最初にやり始めたのは誰なんだろう。自分はるろうにの作者が思い浮かぶが。

■私を食卓に連れてって

「チカカラチカ」死亡でらいなさんの心に空いた穴を埋めていた作品がまたもや終了。らいなさん=囚人リク。逐一希望が潰されていく。らいなさんの不運を見るに、夏休み編が終わったらそのまま辻浦さん終了も考えられる。モンハンの素材がどんどんたまるんだろうなあ。

■みやたけし「ストライカー列伝」全3巻/少年サンデーコミックス



「はしれ走」の続編。高校生になって、千葉のかつての仲間・強敵達は全国にバラバラに散る。編成をシャッフルしての全国大会。

全3巻と短めであるが、決勝戦までテンポ良く試合は進んでいく。作者、和気無のコトも忘れていなかったのね。ていうか読者は知ってるコト前提ぐらいで無説明で出てくる。他の連中もだいたいそんな感じで細かな説明は無い。だからここまでテンポがいいんだな。続編というより何か普通に続刊みたいな作品だよ。「はしれ走」の12・13・14巻。

決勝は高句との対決。決着を見せない終わり方。打ち切りっぽいが、作中でも神格化甚だしい高句に勝つ絵も浮かばないし、いやそろそろ勝ってもいいとも思えるので、どうとでも取れる結末はアリかなー。

■松浦だるま「累」4巻/イブニングKC



新キャラ野菊登場。何となく追加しました的なキャラではなく、ゴツゴツに重要な設定が詰め込まれている存在。淵透世の顔の持ち主オリジナルの娘で、母親似。つまり、これまで作中で出てきた累の母の生き写し。故に累すら母親の幻影とすら勘違いする。

見知らぬ姉を探してリベンジャーとして動く野菊、母の面影を持つが故に好意を持って接する累と、来る崩壊の日を思うとハラハラする。ホラー作品の何気ない日常パートが一番イヤに映るあの感覚をひしひしと味わわせていただいた。

野菊、美を徹底的に憎むというスタートも累と正反対になってて、対比構造も素晴らしい。どんどん面白くなる漫画だ。

■週刊少年ジャンプ感想 17号/2015年

■ONE PIECE
表情は見えないけどドフラミンゴは追い詰められているのだろうか。これまでもそういう局面は多々あったが、どうしてもサングラスでその本心が見えない。サングラス取らないのかなあ。一昔前の漫画ならサングラスもフードもマスクも取ってからが本番だったけど、ワンピースはそういうクラシックなお約束を捨ててもいるからなあ。

ローの死をやたら強調しているが、大半の読者は危機感を抱いてないよ。それぐらい作者自覚していそうなので、何か仕掛けありそう。

■暗殺教室
シビアな松井先生が帰ってきたと思った数週前だったのに、生温い着地で茅野も片付けられてしまった。あの時の巻末コメントですら商売道具の一つだったか。

正しい。商売としてはこれで正しい。偉大な処女作を出してしまったが故にそれを越えようと次作が出せないまま潰れる創作者とかいるけど、受け手は一作目から順番に手にするとは限らないからね。暗殺教室から入ってネウロに手を出す松井ファンがいたらきっと素敵な漫画体験を味わえるんじゃないかな。

■改造人間ロギイ
良くも悪くもブリーチ臭を感じ始めた。小洒落たコトを言いたいんだろうけど一読でスルっと入ってこない台詞回しだなーと1話で感じたんだけど、それもアレだ、ブリーチの説明過多なギャグ(自分は世間の評判ほどブリーチのギャグが合わない)に近いものだったと思えば納得できる。その辺りが悪くも。良くもは、結構複雑そうな背景を持ちつつシンプルな展開なのでシーンによってはストレス無く読める辺り。

■食戟のソーマ
アベルが空回りで切ない。5ページぐらいはネチネチ言ってやろうと思っていたんだろうに。

■火ノ丸相撲
謎女子高生は何なの。顔立ち的に草介の妹とか? で、潮に惚れたりするのかな。

■ブラッククローバー
ナルトの後釜臭漂う作品で、結構好きになってきている。ストレス溜めと解放カタルシスが短めで読みやすい。

■どんどはれ
面白かった。呪いで余命5年の主人公がやけに達観してたり、読者が予想し得るもの(仲良くなれば云々等)を潰してくるのも良い。

人間の味方ではない、ただ仕事だからやってるだけ、というのも良い。理由は問わず形骸化しているコトをやっているだけ、という設定なんだけど仕事人っぽくて好みだし、その気になれば設定をベタなベクトルで掘り下げる伸びしろがあるってのも上手い。

忘れかけている自然の恐怖を読者の心に呼び覚まそう、という意思/ワンテーマも感じさせて、最近の読み切りでは残るものがあった一作。このトリオのこれからを見たい。

■斉木楠雄
卒業生こいつら誰ネタがどれもツボだった。ラストはサザエ時空オチってコトでいいの?

■UBS
百地はオンリーワンなキャラ造形に思えてきた。何かと口元を隠すクセとかいいじゃん。そして、こう見えて作品的には範馬勇次郎の立ち位置になりそうってのもまた良い。

■トリコ
小松の復活は規定。これは死の定義が軽い世界観かつレギュラー故に生き返るのが当然と思っているからの規定なので、微妙なキャラが同じような扱いされたらもうちょい読者は生死にハラハラ出来るんじゃないのか。セツ婆とか。あの辺ならそのまま死んでもおかしくないでしょ。

カカの目的が何だったのかはその後描かれるのかな。そして、猿王が決して本気になっていなかったというコトで、今後出てくる八王に対しても、出産や求愛などのイベント達成に付き合う感じでクリアしていくんだろう。そのイベントをイチイチ考えるのが作者的に大変そうではある。

■こち亀
導入と全然違う方向に話が進むのはこち亀にはよくあるコトだが、自覚していたのか作者。わかった上でメタにそれを語るのか。

■学糾法廷
大人の威圧感、というものを題材にしてくるのは面白い。大人は無条件で怖かったからな。

度を越した巨乳の小学生もよろしい。どこが癒し系だ。犯罪臭甚だしいではないか。布面積がおかしい。急成長したけど去年の水着使っているんだろうな。

■卓上のアゲハ
マネージャーを希望する新キャラ椿屋薫、男の娘と判明。いいよーいいよこれーと思ったけど、よく見たら男モードになったら完全に男なのでツラい。薫は自分が周囲に女と思われていると考えて振舞っていたんだろうか。流れ的には女装しているけど男と思われている前提で動いていたっぽいが、それ許嫁云々よりもハンデ大きいよな。あれだけ調査しているんだから、アゲハがむっつりだってのも知ってるだろうし。

■3月22日(日)/雑文

世の中には超えてはならない一線がある。

20150322gogo

20150322

現時点で400通ぐらいか。佐世保在住の男はどいつもこいつも性欲の塊だと偏見を抱くに十分な数だ。

モンハンのコードも一杯送られてきている。らいなさん使っていいですよ。ていうかそれ狙ってプロフにモンハンがどうの書いたんですよね? ふと思ったんだけどこれ、プロフに口座番号記載したらガンガンお金入ってくるんじゃないのかな。

■Period 9/GTASC 2015
ピリオド9終了。チームけった、生存。チーム順位は523中121位。

ここ数週、毎週1000G以上は解除していたんだが、ピリオド9の期間は640に留まる。こういう時もあるさ。

プレイ中の「インジャスティス」、時間さえかければ700・800ぐらいは行けるんだろうが、本当に時間がかかる。今週も持続する予定であるが、あんま詰めに拘らずに今週終わったらHDDから一旦削除ぐらいの気持ちでいいかなあ。オン実績もあるけど捨ててもいい気分。いや、もし所持者がいて一緒にやりましょうという申し出がありましたらやりますけどね。

「プロジェクトスパーク」はうつろな嵐ノーデスのカールズノーを終えたので気が楽になっている。残りはスカーレットとホーコン、飛び道具持ちなのでいつでも「フォーカード」は解除出来るっしょ。このゲーム、現時点で僕のTAのレシオ込みスコアのベストゲーム2位に食い込んでいるんだよなあ。「Game Room」先生が3位になる日が来るなんて。めみさんはTAスコア9000超過の「ギアナシスターズディレクターズカット」をいつでもコンプ出来るので、先生を4位にまで落とせる模様。

先週に引き続き格ゲーのオンを続行予定。今は作業系を忘我状態でプレイするのも厭わない感じの精神状態なので全然アリですな。「KOF13」のオンも2/3の200戦まで来ている。早ければ今日明日には300戦終えられる。

■3月21日(土)/雑文

20150321

らいなさん、ツイッター始めていたんですね。偶然見つけてびっくりしました。最初は「なりすましかな?」とも思ったんですが、フォローしているのがxboxやチャンピオン関連多めだったので、これは本人だなと。

僕も先日ツイッターのアカウントは取得したんですが、所詮IDARBのとある実績を解除するためだけ。その実績は解除したので放置モード突入ですよ。

ツイッター始めるとブログが疎かになる事例を多く見てきたので、らいなさんも今後ブログの更新が滞っていくのかなーと考えると寂しさを禁じ得ないです。

■「Project Spark」(875/1575G)/クリエーション

20150319pspark

前回はどこまで書いたっけ。「チャンピオンクエストバンドル」買ったってトコロまでだっけ。その際に5000円分ぐらいトークンを買ったんだが、「チャンピオンクエストバンドル」の後にも「セフ」「暗黒騎士」「ネクロマンサー」を買い、5000円分トークンはほぼ尽きた。実績絡みはそれらでほぼ出揃ったのでオールオッケー。

そうそううつろな嵐は1-6で終わりだった。1-7じゃなかった。で、1-6がムービーのみなので実質1-5までの5面。これ、面セレとか出来ないのね。まあノーデス狙ってて死んだ場合、終了させればその面の最初から出来るし、それ以前にたいして長くもないので問題ない。1-1から1-5まで通しで1時間かそこらでしょ。

実績「フォーカード」の為に4キャラでうつろな嵐をクリア、それを現状最終目標にしてプレイしているが、4キャラの中で最もヤバいと感じていたのがゴブリンのカールズノー。攻撃が近接ばかりで回復手段にも乏しいというのがヤバさの原因。だいたいカールズノーはクロスロードで選んだ時も「ほんとに大丈夫か?」「どうなっても知らんぞ」だのナレーションに言われるほど酷い扱い。

で、どうにかノーデスで終えるコトが出来た。

X・X+A・Bで地道にヒット&アウェイを繰り返して、1-3ラストのゴブリンチーフをボロボロになりながら倒した。この時点でカールズノーのレベルは19。「こ、ここまで苦戦するなんて。ゴブリンチーフが二体出てくる1-5ラスト大丈夫なんだろうか」と頭を抱えていたが、レベル20にしてから挑んだら案外楽に倒せた。19と20では雲泥の差だと感じたよ。特にBの時にボワっと火を全方向に放つのが強い。

カールズノー以外のキャラは現時点ではレベルマックスにしていないが、どうしようかなあ。チャンピオンクエスト・エピソード2も出たら買うだろうし、レベルマックスはその時でもいいかなーと思い始めている。

■「DEAD OR ALIVE 5 Last Round」(870/1000G)/対戦格闘

20150319doa5

360版「DOA5U」と同じ870Gまで。残りは挑戦する気になれない。360で無理だったからね。新キャラ追加されたしその中に簡単なコンボチャレンジがあるかも、と思いつつも挑む気になれない。

パッチが当たったみたいだけど、それでも不具合は発生。待ち受けで乱入されて試合が終わった後、高頻度でタイトルに戻された。該当実績解除後は待ち受け切るのが無難。

今作は特典衣装がちゃんと特典衣装しているのが良かった。トップレスに花輪とかトップレスにサスペンダーとか。DOAシリーズはギリギリのトコロで小洒落た場所に踏みとどまっていたんだけど、今回ようやく「ランブルローズXX」に追いついたと思う。性欲の塊だった頃にこんなゲームがあったらガンガン衣装購入していたんだろうなあ。

■週刊少年チャンピオン感想 16号/2015年

■刃牙道
ただでさえ5分アニメの刃牙なのに、前回の反芻を別視点で描くこの執拗さ。手裏剣を投げつける行為を観客目線で追体験。フィクションでよく目にする光景なので何となく流しがちだけど、これ凄いコトよ?的に、読者の理解を求める。

手裏剣を使い果たした烈、次は服をヌンチャクのように振り回す。そして、歯や爪の混じった砂をショットガンのように武蔵に叩き込む。武蔵、普通に顔面に食らって歯とか刺さっているんだが、何かダメージ無さそう。ガイアが同じようなコトやった時、シコル君もっとダメージ受けていなかった? 武蔵もこれ実はやせ我慢しているのかも知れぬ。

烈は案外ちゃんと武器で攻めている。これは義足にも何か仕込んでてくれそうだ。高周波コイルとか希望。義足を握った武蔵が「あつッ!」とか言うの見たいじゃん。

■実は私は
地球で活躍する藍澤さんを題材にしたドキュメントをみんなで観る回。藍澤兄が地球でやっていけるのも分かる。ていうか帰還命令食らった連中はどれだけ抜けていたんだよ。そういう連中を見たい。

■マジカロマジカル
また狼一が頑張る回。狼一のほうが少年漫画の主人公している。雫はただのサービス要員だよ。せっかく日向朝が出てきたのにエロい格好させられるのは雫ばかり。

うなぎ、食うんだ。そんなに凝った作画でもないのに軽く飯テロだった。

■囚人リク
捕まってるじゃん…。いきなり地獄島じゃん…。新章開幕だのアオリあるじゃん…。20巻以上の連載でゴールが見えたトコロで敗北、振り出しに戻る、というのは衝撃っちゃあ衝撃であるが、付き合ってきた読者はげんなりしそうでもある。

周龍は一旦はこれで許されるのか。思えば鬼道院が周龍を誘導させたのは博打ではないのか。他人の気持ちなんてどんなに強固でも揺らぎそうなもんだ。周龍が父を思う気持ちはそれほどまでに確定安牌であったのか。

■兄妹
核心に迫りそうな話が始まったが、やけにフラットに話が進む。連載が怪しくなってきたら兄の話をしだすんだろうか。今回はサービスシーンっぽいものもあったので益々そう思ってしまう。

■行徳の漫画家とイトの日記
行徳に住んでれば楽しめる漫画なのかも知れないので、引っ越す。

■辻浦さんとチュパカブラ
何も起こらないまま有耶無耶、が、辻浦を意識し始めたのが進展。みどりもきっとこんな感じである日貴族を意識し始めるハズ。僕は余り者同士を応援します。

夏休みへ。仰々しく突入するので、しばらくは夏休み編になるんだろうか。何か分からないが楽しみ。ベッタベタな小ネタだらけになろうとも楽しみであるよ。

■クローバー
ホモはマイノリティ。出版社が出版社だったらクローバー打ち切りだった。

■はらまき
ジュゴンは侮辱でしょ。何でニコニコしてるの。

この漫画も今回で終わりか。何となく弛緩して読めていたので、そんな作品が消えるのは寂しい。

■黒虎
ガレは人外なのコレ。マスクとかじゃないの? 何かそういうのいてもおかしくないかなーとスルーしていたけど、居たらおかしい世界観かも。気配がまるでないとか言われているし、人形の類ではないのか。人形だとしても姿が消える理由は分からないが。

■木曜日のフルット
何をどうすれば直前の読み切りとネタが被るんだよ。石黒正数怖いわ。

■3月18日(水)/雑文

20150318

あけましておめでとうございます。らいなです。オフライン利用闘法で逆転させていただきましたw 今年もバリバリ実績解除しましょう!

コスプレ画像、秋に川越でイベントがあったので冷やかしで見に行ったんですよw 最初は遠くから眺めるだけの予定でしたが、衣装も貸し出していたので、せっかくなのでクラナドの制服借りてみました。けったさんに近付く! そんな気持ちで撮影して、ブログに公開する予定だったんですが、やっぱ顔出しは怖いと考えなおしましたw

3月中旬までに実績40万イかなかったらあっしのそのコスプレ画像、13月さんのブログにアップしてネタにしてもいいですよw 幾らなんでも3月15日までには40万イくでしょ。

というワケで、公開の運びとなりました。

■週刊少年ジャンプ感想 16号/2015年

■暗殺教室
演技演技言われてて、今の死んで死んでも演技で殺してが本心、みたいな感じになっているが、殺してこそが演技であって欲しい。心の奥底にたどり着くのを想定して、そこに殺してという演技を置いてて欲しい。演技派なんだろ、茅野。そこまでやってよ。

■トリコ
猿王VSカカ。あのバンビーナを相手に渡り合えるとは思えないが、世に言う賢者タイムに突入してて今の猿王弱いかも知れない。もしくはメスと踊ってるのを邪魔された状態で瞬殺だろうか。

幻影っぽい小松は裏世界の小松だった模様。いつそっちに行ったのか。死にかけたら行くんだろうか。そういやメスバンビーナも裏世界にいた様子だったが、オスメスで別世界にいるってのは切ない種族だ。

■僕のヒーローアカデミア
氷解には熱半身を使うのか。父の力、戦闘に使わなければいいのかな。まあ何となくそういう用途に用いるほうが父を侮辱出来るような感が無くもない。

■UBS
百地が想像以上に攻める。パンチラで攻める。ゲーム化されたら凄い予約特典衣装が付きそうなキャラ。あとサブタイトルも何となく攻めてる。

主人公が砂で目潰しを仕掛けるのが素晴らしい。主人公、刃牙じゃなかった。ガイアだった。今後も環境を利用して勝利を収めていくんだろうか。素の強さをどうやって底上げしていくのか、修行を漫画でどう消化するのか見せ方が楽しみ。

■ニセコイ
楽ぐらいの愚鈍さは実際あるんだろうか。小野寺命状態という思い込みが大前提としてあれば、自分の気持ちすら理解出来ないというのはあり得るのかも知れない。が、何か全体的にロボットが自己分析して解を導き出したかのような、正確に間違っている感が漂う。

■赤毛のアチョー!!
「ぜってー貰わねえからな」の一言で惚れるシーンが良かった。

連載化したら貂蝉がライバルヒロインとして登場するの? 中国キャラが出てきているけど、それだけではない中国っぷりを感じたんだが、作者中国人というワケでもないのかな。栃木県出身ってなってる。

■斉木楠雄
今後編集部で父親が崇められる話が来そうで楽しみ。

■火ノ丸相撲
一話でまとめてあるのでサックリ許したっぽく見えてしまうが、執拗に突き放しているな。ユーマ、昔はマジでクズだったなあ。そこもナアナアで流さないのは良い。

■こち亀
両さんは何故引き際を弁えないのか。150億あれば一生暮らせるという第三者の意見を受けて尚、意味不明な理由で続投して霧散させるラスト。止め時をアドバイスする人間がいようとも止まらない。

■磯部磯兵衛
北斎は何でここまで磯兵衛に協力的なんだろ。発端をもう覚えていない。性欲の塊なので、自分の絵の良し悪しを判定してくれるからだろうか。

■3月15日(日)/雑文

29万9000まで来ている! 2分後には30万になっているかも知れないぞ!

■Period 8/GTASC 2015
ピリオド8終了。チームけった、生存。チーム順位は536中84位。

「プロジェクトスパーク」、うつろな嵐4キャラノーデスクリアを目指す上で、カールズノーが大丈夫なのかと不安。近接攻撃ばかりだし現状回復する手段も少ない。今レベル13ぐらいだったかな。試しに1-4をカールズノーで挑んでみたが、死んだ。1-3と1-5のラストのデカゴブリンはさらに問題になる予定だというのに。MAXレベル20にすればラクに戦えるようになるんだろうか。

格ゲーのオンのお誘いを受けたので、「KOF13」をプレイ。300戦がゴールになるが、三時間プレイして50試合だった。また、ランクマッチにはまだ人がおり、10連勝実績もやや困難な状況。中々時間がかかりそうだが、「DOA4」「無印DOA5」等別の格ゲー対戦も織り交ぜて気分転換しながら続けていく予定。

今週は何やろうかなー。格ゲーつながりで「インジャスティス」を7割ぐらい、取れそうなトコロまでやろうかな。

■「Geometry Wars 3: Dimensions」/XBLA/シューティング

20150314geo3

one版と平行してプレイしていた全方向シューティング。one同様、910Gが僕の限界。残っているのはオフラインCOOP実績。COOPってどんなもんだろと一人2コンでやってみたが、最初のステージで星3どころか星0で終わったのでこれは手を出さないでおく。ステージ毎に、2コン側の右スティックの固定方向を決めて(ゴム等で固定)、かつスタート時にだけ特定の場所に移動させ放置、1コンのみの操作でCOOP全ステージ星3も取れるという情報もあるが、それを探すのが面倒。

このゲームをやってると、実績ボロボロ残している一作目も今なら出来るんじゃない?と思って、実際再DLしてやってみたが駄目だった。この実績今なら出来る!と挑んで達成したがポコンが来ない。確認したら数年前にその実績は解除していた。

というワケで終了。未コンプながら、当初は7割8割を目安にしていたので、910Gまで解除出来たのは嬉しい。

■「Plants vs. Zombies: Garden Warfare」(03)/XBOX360/アクション/EA

20150314pvz

暫く放置気味だった360版プラゾンも、先日一周年記念で強キャラ解放期間があったので起動。昔プレイしていた時は人が多くて取れなかった実績も今では過疎の余り余裕で解除出来るのは嬉しくも切ない。ていうか当時の感覚でいたので、ここまで過疎っていたのは予想外だったな。

強キャラ期間が終わってしまったので、とても寂しい。毒ピーが懐かしい。まあ、残っているのは累積やスロット等の運系実績ぐらいなので、時間さえかければどうにかなる。しかし何となく、二周年記念でまた強キャラ解放されるのを待ちそうな自分もいる。

oneも360も差を感じないゲームであるが(「マーダード」や「コスチュームクエスト2」など特定のゲームだと露骨にカクカクしたり差が明確だった)、360版だと累積実績の進捗が分からないのは今となっては不便にも感じる。

■3月13日(金)/雑文

数日前に「プロジェクトスパーク」でフレが新たにピカチュウをリミックスしているのを発見。で、プレイしてみると、ピカチュウの音声が追加されており、虚を衝かれて声に出して笑ってしまった。

そうか。キネクトで音声とか取り込んでワールドにそれを使えるのか。

また、そのフレことここあさんが先日カラオケDAMで御自身が歌っている様子をアップロードしていたのも確認している。つまり、ここあさんの歌声をキネクトで取り込めば、ピカチュウワールドのBGMに出来るのではないか。そういう結論に至った。

さあ、みんな、キネクト引っ張り出してここあさんの音声を収録しよう。ここあさんの歌声が聴けるのはカラオケDAMのみ! こういうコト書いてるのにここあさんが気付いたらアップした動画を消しちゃうかも知れないから急いで!




■週刊少年チャンピオン感想 15号/2015年

寝過ごして夜にコンビニに行ったらチャンピオンが売ってない。結局5店回ってようやく見つけた。駅の反対側のコンビニまで行ったよ。駅の反対側をここまで徘徊したのは引っ越して初。チャンピオンの入手困難っぷりはマジで困る。買うには、発売日で、尚且つ時間まで限定されている。この日にちどころか時間まで限定されている感じは、シクレだよシクレ。

■バイオハザード
もう一巻が出てるという事実に驚く。こないだ始まったばかりという印象なのに。1巻の着せ替えカバーがおまけでついていたりと力の入れようも甚だしい。流し読みしている自分なので、該当ゲームことリベレーションズ2の実績コンプは無理かな。

■刃牙道
烈が衣類の内に隠していたクナイをジャンジャンと武蔵に投げつけるが、どれもこれも凌がれる。ただそれだけの一話であった。

ドイルに対して烈がザクザクとヒョウをぶっ刺したあのシーンとの対比でもあろう。烈が武器を如何に有効に扱うかの描写。が、武蔵とドイルじゃあなあ。イチイチこんなシーン見せなくても武蔵の凄さは分かっている。むしろ刺さって欲しかったよ。ミギャアアだのゲハアアだの言って欲しかったよ。いや、そんな絶叫は無いにしても普通に食らって耐えて「ふむ、やはり一撃必殺ではないな」ぐらいのコト言いのけても良かったのよ。

こっそり観戦している本部、相変わらず偉そうで良い。「一投目ならやってやれぬことじゃない」。いいよ、実にいいよこの何様感。本部は解説してこそ本部だよ。

■鮫島、最後の十五日
顔面を切られたような描写があるけど、即物的に宝玉光が反則使ってるとかそういう描写ではないよなコレ。鮫島が何かタイミングを掴んだとかだよな。宝玉光はあくまでも才能を錆びつかせた存在でいて欲しい。

■辻浦さんとチュパカブラ
みどりが今回も策に溺れる。ていうかもうこれ早乙女とくっつくフラグでしょ。それぐらいベッタベタでも私は一向に構わん。この漫画はぬるくほのぼのハッピーな展開で全然問題ありません。

■囚人リク
まさかここから地獄島に舞台を移して仕切り直しになったりするの? 流石にそれは無いと思いたい。絶望に継ぐ絶望を重ねているここ数話であるが、いつの間にか消えたあの人が突破口になってくれると信じている。

■黒虎
この手の擬似幕末風味な漫画はどうしてもるろ剣を思い起こしてしまう自分がおり、雪丸は剣心orそのムキムキ師匠ポジションなんだろうなあと思ってしまう。その手のベタさ加減は別に悪くなくて、分かりやすい少年漫画してて十二分にアリ。

■休み時間の滑川さん
チャンピオンならではの作品の一つだと思う。思春期の虚勢という、ピンポイントな読者にしか届かないネタで読み切り一本。はい、チャンピオンならではの作品です。

■錻力のアーチスト
コントロールが乱れているだけで、読んでる自分としては、「四十肩か? 大人しく艦これやって過ごしたほうがいいんじゃないの?」と心配してしまう。しかし作中キャラは果敢にネイルドに挑む。

■はらまき
寝技には共感。

***

あー、チャンピオンカテゴリ設置してそろそろ一年経過するのかな。あっという間だよ。カテゴリ設置した元凶は「青果人」だったんだがな。あの作者もう連載しないのかな。また何か連載して、それがうっかりヒット作になったら過去作の「青果人」に再びスポットが当てられて単行本化までこぎつけるかも知れないのに。kettaみたいに再スポットを浴びる日を待っているよ。

■3月12日(木)/雑文

・GTASCライバルチームのお二人が「プロジェクトスパーク」で何やらゲームを作るみたいなので楽しみにしている。

・oneのアプリを2つ3つDLして眺めてみた。

実績が無いコトで有名な「UMUご当地アイドルうぉ~か~」。地域別になっているので、試しに北海道を選んでみたら1グループしか出てこなくてツラい。北海道に限らず、どこもかしこも過疎っており、Xboxなるマイナーハードの謎アプリにわざわざ参加する頓狂なアイドルグループはそうそういないと実感して切なくなった。関東エリアに一人だけやたらPVやらライブ映像やら力の入ったアイドルがいて、凄い浮いている。バイトの面接にスーツでビシッと決めてきた人みたいな場違い感。

「niconico動画」、アカウント無しで利用出来るのがoneのメリットらしいが、デメリットでもありそう。PCからのアクセス/インターフェイスに慣れているとoneのアプリだと色々と使いにくいが、慣れの差に過ぎないんだろう。

あと「カラオケ@DAM」も、自分がカラオケを利用せずとも「DAMとも」で他人がアップしたものを見れるってので使ってみた。ここあさんが歌っていたのを確認。

・ドラゴンエイジオリジンズのDLCが配信終了ってのはダメージデカい。僕はこのゲーム、「通常版本編」と「アウェイキング」を持っているんだが、それだと一つ実績あり(100G分)の追加コンテンツがカバー出来ていない。今からこのゲームを買う人がいたら、DLC全部込みの「プラチナコレクション」版を探すのが良さ気。さっき駿河屋見たら、中古でならプラチナ版あったけど、コード使われてるかどうか分からないので手を出せないよ。

■週刊少年ジャンプ感想 15号/2015年

■ONE PIECE
以前から既に岩やロウも鉄も斬れるようになっていたゾロだが、刃毀れしないという条件を修行元のミホークから課せられていた模様。クリアしたし、このエピソードを締め括る宴会ではガブ飲みするんだろう。

ベラミー、以前と同じくワンパンで沈むが掘り下げられまくったので受け方がだいぶ変わる。悪も自由もない交ぜな海賊、付く相手を間違えるというのはよくありそうなコト。シャンクスを慕ったルフィもどうなっていたか分からないと思わせるには充分なifであった。ルフィがここまで怒ったのはいつ以来だろう。

■暗殺教室
茅野、理事長室の賞状破壊でE組行きになっているが、何かこれ演技派の人にしては雑でしょ。この時点で理事長にも怪しまれているし。

シロ、茅野の兄さん発言。無難に姉の婚約者かのう。理事長だったりしないかのう。上の雑さもクリア出来るし、一度敗北していい感じで読者の嫌疑から外れているし。

■UBS
2話目でいきなり百地とバトル開始。早いな。暫くはナビ的なポジションで、参加者と明かして戦うにしても中盤以降だと思っていたのに。男女不問で参加者がいるってのは刃牙っぽさが薄れた。エアマスター感が増した。

■火ノ丸相撲
船の上で四股を踏むってのは効果がありそうな無さそうな、それもまた奇抜なやり方/付いて行けば強くなれる感はある。ジャンコクトーがどうだのって、ハッタリで煙に巻いてるのかと思ったら本当だった。ジャンコクトーが相撲を語るとかすっごく嘘くさいのにマジだった。

■食戟のソーマ
えりなと秘書子の関係と創真と父親の関係を被せて今回の話は終了。上手く纏まっている。面白さはそんなにないが、綺麗に商品作っている印象。

■僕のヒーローアカデミア
謎パワーで霧が晴れたのか。敵のこの能力条件を知ったら、10秒ごとに全身に衝撃が走るような仕掛けを準備しそうなものだが、そんな振る舞いは主人公っぽくないか。

■トリコ
舌に食いついたら金玉が落ち、ペアゲット。最後の条件はキスで、奇しくもそれを満たしたのかな。

小松とメスバンビーナ、これは両方とも幻覚なんだろうか。バンビーナがメスを幻視したように、小松も幻覚だとしたらトリコはますますホモい。このシチュエーションで小松が出てくるトリコはホモい。

■ブラッククローバー
そのまま食らってたら死んでいた状況、ちゃんと予防策も準備されていたのね。

■斉木楠雄
すかさず家を改造するのか。虚勢の為に何故ここまで金をかけたんだと自問し始めるトコロがギャグ漫画を根底から崩し始めていて素敵。

■BLEACH
藍染がメッチャ強そう。最近始めてブリーチ読んだ人が見たらこの人どうやって負けたんだろうと思いそう。脱皮して自ら弱体化して負けたんですよ。

■卓上のアゲハ
積み重ねられた基礎が最大の武器という主人公は良い。卓球、メガネ主人公、基礎、もう何から何まで地味でリアル。必殺技とか出てくるけどそれでもリアル。

■磯部磯兵衛物語
子供にアバウトなコト言って尊敬される磯兵衛、傍から見たら滑稽で切ないが、本人はきっと気持ちいいんだろうなあ。

■3月8日(日)/雑文

■Period 7/GTASC 2015
ピリオド7終了。チームけった、生存。チーム順位は549中26位。

個人戦では遂にフレから死者が出た。実績を一つも解除せずに乗り切れそうな雰囲気もあったが最後の最後で足切りラインに突入していた模様。

今回は「ジオメトリ3」の仕上げ(コンプはしていない)から始まり、「プラゾン」「プロジェクトスパーク」辺りをやっていた。ピリオド5開幕は「ぷよテト」仕上げ、6開幕は「ジオメトリ」、7開幕は「ジオメトリ」仕上げからスタートと、序盤で余裕を持って挑んでいたが、ピリオド8用には何も用意していない。どうしよ。「DOA5 LR」ザックリプレイしようかな。

「スパーク」はバンドル購入に伴い4/4まで報酬二倍になっているからこのまま今月は集中的にプレイしたい。一応のゴールはうつろな嵐4キャラノーデスクリア。そこに至るまでにまずは4キャラ各レベル20にする。その為にクロスロードを延々とプレイする。飽きそうな作業だ。

■週刊少年チャンピオン感想 14号/2015年

■鮫島、最後の十五日
決めっぽい見開きだけではなく、ナレーションでも勝敗フェイクを入れる漫画なのか。作者のロマンとファンタジーが詰まった取り組みであった。

■刃牙道
武蔵と烈が闘技場に登場、ルールの説明が改めてされて、勝負開始。たったこれだけだったが、今回は妙に長く感じた。増ページかと思ってページ数えちゃったぐらい。

武蔵は中空を眺める描写が多い。中国のアンチェインみたいに目を合わせないキャラ作りだろうか。漫画として難しそうなのに中々に上手く特徴付けになっている。

観客の反応を見るに、烈が負けると思われている様子。心配のあまりか、「帰ってくれえええ」とまで言われている。烈はピクルの時も覚悟に見合わない結果になっていた。全身食われていい覚悟だったのに足しか食われなかった。今回こそは派手に残虐に散って欲しいんだが、武蔵の甜めプに救われそうな予想のほうが強い。

ラスト、「さて…」と口を開く武蔵。またか。またトークで気勢を削ぐトコロから始めるのか。

■侵略!イカ娘
これは店が酷い。並んでんだし察しろよ。忍者じゃじゃまる君発売日に子供の発言を正確に受け止め旧忍者くんを出す店みたいなもん。

■辻浦さんとチュパカブラ
策を弄するも裏目に出るみどり、頭突きで全てをひっくり返す辻浦さん。ヒロイン力の違いをまざまざと見せつけてくれた。

■マジカロマジカル
雫にとって思い出の桜なのに何でこんなコトを?と思っていたら狼一を試していた/開花させたというオチか。最後の花びら文字見るまで真剣に考えてなかった。

■黒虎
柳生彦十郎が裏もなく淡々と状況を語って簡単に宝をゲット。雪丸の到着がもう少し早ければカマキリの人が倒されるコトもなかったのに。が、満身創痍の祈を見れたので結果オーライ。

■兄妹
泣くほどか楓。兄の霊がついている蛍はチート能力者なので仕方ない。推理過程をでっち上げたものの、楓は挑発されたと思ったくさい。楓これからどういうポジションになるんだろう。この作者、非レギュラーキャラはどうにでもするからなあ。

■ハリガネサービス
家守が卑怯な感じで良い。主人公サイドにこういうのがいるのは楽しい。みんな引いてる中、エルフだけ家守イズムをカッコイイと思ってるのも何か良い。

■僕のクロスロード
以前のふわふわした内容の短期連載よりこの三週分は格段に面白かった。当たり外れがあろうとちゃんとオチがあるのは良いな。僕何かとオチがオチが言ってる気がするけど関西人じゃないからね。

■3月5日(木)/雑文

■実績厨・渡邉美樹名言集

・ワタミグループとポコン集め競争をしよう。さあよーいドンッだ。

・24歳から30歳前後くらいまでは気が狂ってましたね。まともじゃなかったんですよ。まともであったらこの実績は絶対ないでしょうね。

・私はXboxのフレに「200GのXBLAをするくらいなら海外版別実績パッケをプレイする」と常に言い続けています。

・長期談合相手には、「きみたちは辞めるな。辞めるのだったら、俺にひと言相談しに来い。辞めても何一ついいことはない」といっています。

・実績厨として、ーー無体な追加実績を入れる会社は潰れてしまえーーとそう本気に考えています。

・「鷲の舞踏」未解除者がいたとき、「いますぐ、ここから飛び降りろ!」と平気で言います。

・今でも私はワタミの社員に問いかけることがあります。「もしお金がたくさんあって、 働かなくてもよい環境だったら、一緒にダイブキックランクマ2000戦プレイしてくれますか」と。

・もうこれ以上ヌルゲーブーストしたらだめになってしまう。そんな状況を経験することが、実績厨を大きく成長させる。

・『ブラック実績』という一人歩きの言葉でクラウドベリーキングダムを叩くのは、これは僕は"アチーブメンターの暴力"だと思います。

・人間はなにも食べなくても『実績』を食べれば生きていけるんです。

・別に強制しているわけではないが、7デイ・サバイバー14時間の内、ポーズをかけるゲーマーは2流だと思っています。

・異常であれ。普通であることから実績50万は生まれない。

・あなたのMSP、ギフトカードのコードをどうぞ遠慮なく私に委ねてください。

・私から見れば、EAはじめサーバー停止で解除不可は、殺人に匹敵するくらいの犯罪だと思います。

・ある地域には、本体8台を使って、実績を解除しようとするゲーマーが毎年多数いると聞く。残念ながら談合歴20年、ワタミにはそれはない。

・『Tempestコンプ無理』というのはね、『嘘つきの言葉』なんですよ。

・自分がしてほしくないことを相手にしたら、オン勝利数と同時に悪評が増えると思え。

・普段から私は「レッドリングが起きても怖くない」と言っているんですよ。 たとえ夜中に赤くなっても、そこには3,000台のXbox――予備機があります。

・TAレシオ10くらいで心まで逃げてしまうような普通の人間は、総実績厨としてふさわしくない。

・30歳までは、ガムシャラに実績解除をしなさい。それは、実績厨としての基礎体力を作るためです。働こうとか、周囲の目がとか思ってもがまんしなさい。

・それでブラック実績と言われたら、360には千や万のブラック実績がある。

・ダイブキックはブラウザゲーみたいで、嫌いか?

・この国は中途半端な社会主義なんです。だから中途半端な人間が生まれてくる。我々は自由主義を選んだんだから、自由主義社会にすべきで、それはイコール競争社会なんだから下流にいればGTASCで足切り食らって野垂れ死にするしかない。

・私も、セルフ談合は時には必要だと思っている。

・艦これの件、大変残念です。昨年秋のネイルド会、昨日のことのように覚えています。彼の精神的、肉体的負担を仲間皆で減らそうとしていました。談合管理できていなかったとの認識は、ありません。ただ、彼の四十肩に対しては、限りなく残念に思っています。談合の存在目的の第一は、実績厨の幸せだからです。

・もし、疑問を感じているのならば、その目的と意義を納得するまで話してあげよう。しかし、疑問を感じても、やらなければならないことはやらなければならないのがダイブキックランクマ2000戦だと思う。

・自分自身の「レシオ」を高める為なら「課金」も惜しくはない。

・みな死ぬのだから時間を大切にしよう。

■「Project Spark」(405/1575G)/クリエーション

20150305ps

「チャンピオンクエストプレイバンドル」を購入。これで「うつろな嵐」を最後(1-7)までプレイ出来るようになった。このうつろな嵐、一応お試し的体験版的に1-1だけはプレイ可能になってて、敵討伐等の累積はそれを繰り返していれば達成可能ではあるが、色々と苦行になるので僕はサックリ買いました。

また、チャンピオンのアヴァロンとホーコンも付随しており、この2キャラはクロスロードでも使用可能になった。クロスロードも多々累積があって、デフォルト2キャラでそれらを稼ぐには代わり映えがしなくてややキツい。なので結構精神的にラクになったかなあ。色んなキャラたらい回しプレイするほうが作業感は薄れる。ていうか「チャンピオンバンドル」じゃなくてこっちの「チャンピオンクエストバンドル」買って良かったよ。順番間違ったら多重購入に近いコトになっていた。

まあ何というか、僕が今回うつろな嵐を最後までプレイ出来るようにしたのは、「フォーカード:『チャンピオン クエスト: うつろな嵐』を敗北すること無く、カールズノー、スカーレット、ホーコン、アヴァロンでクリアする」という実績の存在が大きい。100GでTAレシオ20ぐらいある実績。おおよそ2000TAだよ。美味し過ぎるでしょコレ。その実績を目標にあれやこれや頑張ってればついでに色々解除されるだろうし。

チャンピオンの扱いがよく分かっていない。無料で使えるのがスカーレット(弓女)とカールズノー(ゴブリン)。ここまではいい。で、今回使えるようになったアヴァロン(ドルイド僧)とホーコン(騎士)は、購入して所持していないとこれを使って作られているコミュニティゲームすらプレイ出来ないという感じか。

で、追加チャンピオンにセフ(魔術師)ってのもいる。僕、このセフは購入していないんだけど該当実績が幾つか解除されているんだよなあ。これは購入していなくても他人がセフを使用して作ったコミュニティゲームはプレイ出来てるってコトになる。うむ、セフ絡みの実績は非課金でもどうにかなると思っておくか。

■3月4日(水)/雑文

・one版「Giana Sisters」が遂に安売りに来たので購入。XBLA版もロクに触っていないし高難易度実績で知られている作品だけど購入。僕も購入しましたよ!(当然買ってますよねプレッシャー)

最初、本タグをUSにして買おうとしたがクレカ登録を要求される事案発生。CERO:Aなのにどういうコト? 諦めかけたが、その後海外タグ(カナダ)で入ってみたら問題なく購入できた。

・「プロジェクトスパーク」、更新があったようで、ログインしたら「経験値2.5倍×数日」という、本来なら要課金のアイテム(?)を貰えた。多分いまログイン(更新)したらみんな貰えるハズ。このアイテムゲットで「クレジット消費者」という実績が(時間差で)解除された。課金アイテム無料バラマキでも解除された。

というワケで、このゲームやってる人はログインしておくのが良いと思います。やってる人ってめみさんぐらいですけど。

それとは別に僕はそろそろ課金する。「チャンピオンクエスト:うつろな嵐」だっけ。これ買う予定。課金と考えると凄く抵抗あるけど、追加DLCと割り切って買う。これで追加されるチャンピオン二種がうつろな嵐だけではなくクロスロードでも使えたら御の字なんだがなあ、どうなんだろう。3000円未満のトークン買えばこのコンテンツ買えるんだけど、余裕を持って5000円分トークン買うかな。余裕を持っての意味が自分でも分かんないけど。

・そうそうキモいアサクリこと「STYX」を先週小一時間ほどプレイしてみた。昔のPCアドベンチャーみたいな、「一つしかない解法をどうにかして見つけ出す死にゲー」という印象。それはそれで面白いんだが、即死しまくる割にロードが長いってのがちょっと面倒かなーとも感じた。ムービーを筆頭にグラフィックとか無駄に凝ってる。

・気付けば来月4月にはまた母親が遊びに来る。今度は二ヶ月予定。結構生活サイクルが狂うんだが、まあ誤差と思っておこう。前回来たのは去年の秋頃だったな。その頃プレイしていた「ネイルド」が保留状態になっているのが気になる。はよ復帰して!

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR