1. Top » 
  2. 侍戦隊シンケンジャー » 
  3. ■侍戦隊シンケンジャー感想 第04話「夜話情涙川」/特撮

■侍戦隊シンケンジャー感想 第04話「夜話情涙川」/特撮

今回の殿様語録
「外道衆、子供相手に何の真似だ」
この台詞は外道衆にチャンバラで渡り合った後に、一息つくかのようなタイミングで言ってる。殿様、最初は突然出てきて何も言わずに斬りかかってるからね。先制で不意打ち。ヒーローがやっちゃいけないコトやってるからね。あわよくばそのまま倒していたかも知れない、凄いリアルな攻め方。これが戦国君主論だ。

「おい! 何だこの煙」
屋敷内、濛々と煙が立ち込めているという、これは殿様で無くても突っ込むシチュエーション。ピンクの無茶な料理の様子を見て、「食べたら死ぬんじゃないのか」なんて場に合わせたおちゃらけた表情の反応をしたりでそこはちょっと殿様っぽくない。僕の殿様イメージとしては、眉間に皺を寄せて無言、そして頭の中では早くも死んだ後のブルーの欠員補充を考えるようなタイプなんだけど。まだ4幕なのに、もうそんな冷酷イメージ。それが戦国君主論だ。

全体的な感想。

ブルーとピンクがメインの回。グリーンは単体での掘り下げだったのに、この二人はセットで扱うのか。しかもいきなりラブラブモードに突入して、こんな初期からカップリング成立するのかと驚いた。そしたらラストで即座に別れるムゴいオチ。

ブルーは相変わらず感情丸出しでやかましい。いや、やかましいなんて書いたけど、こういう人は可愛いと思うよ。素直で、犬みたいで。ブルーに関しては、もう十分キャラが立っているので掘り下げとして目新しい情報は左程無かった。その分、ピンクの掘り下げ情報が新しい。母性本能全開系の駄目男に惹かれるタイプというのが判明。そっちか。とことんドSな雰囲気もあったけどそっちか。いつか拾うけど今は捨てた夢というのも今後描かれるのかな。

敵幹部のデザインが未だによく分からない自分。拠点のシーン、赤みのかかった映像になってるので観辛いんだよなー。今のトコロ、そんな極悪組織という感じがしない。ボスも歌舞いてる雰囲気で前田慶次辺りを思い起こしちゃうからかなー。女幹部がセクシー系じゃないのがちょっと残念。顔まで着ぐるみなのか。脱皮してくれないかな。

  • Genre:

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR