1. Top » 
  2. 映画・ドラマ » 
  3. ■「仮面ライダーカブト」(37~49話/全49話)/特撮

■「仮面ライダーカブト」(37~49話/全49話)/特撮

37話から最終話まで視聴。人間と非人間、異種間関係の結末が、この終盤で様々なパターンとして描かれる。

異なる種族/異なる価値観を有する者同士の相互理解ってのはフィクションではよくあるテーマで観る分には「うんうんそうだよね分かり合うのは大切だよね」と想いつつも、リアルでは中々反映させれないんだよなあ。ワームという言葉を在日韓国人に置き換えてみればいい。自分はその困難さを痛感する。

●風間大介(人間)-間宮麗奈(ワーム)
・ワーム軍中ボスの麗奈がいきなり記憶を失い、人間の記憶を取り戻して再び人間生活をし始める。
・理解し合えそうもない二種族の組み合わせを描くネタとして、手始めに片方が「一方的に自ら退く」パターンが描かれる。あれだ、雷禅だ。相互理解を片方が遮断してしまっているのでバッドエンドに過ぎないが、恋愛風味のエッセンスも加えてベタなノリで、物語としては好まれるパターンの一つ。

●加賀美新(人間)-田所修一(ネイティブ)
・加賀美がやけに反抗しているのが不自然な気もしたが、自分が真実を明かされずに知らず知らずの内にシナリオに組み込まれていたのに納得が行かなかったというコトだろうか。
・田所さんがネイティブってのは唐突感もあるんだけど、人間じゃなくても理解し合える的な基本的な纏め方。
・というよりも、異種族間の相互理解というよりも、個々を尊重するみたいな方向の組み合わせであった。
・カッコ悪いが泥臭く頑張るというキャラで、本来なら主人公になるであろう存在であった。ずっとレギュラーだったし最後までキャラも一貫してて、これは役者冥利につきそうだ。ライバル候補みたいな登場した矢車や神代の扱いを見ると特にそう思う。いや矢車は出色の面白キャラだったけど。

●天道総司(人間)-日下部ひより(ネイティブ)
・これもまた加賀美-田所と同様に、ネイティブだろうが何だろうがひより個人は関係ない的な主張によって解決。
・ていうかひより出なさ過ぎだった。序盤はあんま出演してないけど、後半に向けて溜めているのかと思っていたのに、終盤でもそんなスポット当てられてなかったよなあ。
・あまりにも出なさ過ぎなので、久々に見たら顔変わってるようにも思えたぐらい。電王のヒロインみたいに途中で幼女化しなかっただけいいのかな。
・むしろ後半は蓮華がヒロイン分を補完しようと出張ってた印象もあるんだけど、ひより役の里中唯自体の問題だったりしたのかなあ。
・そういやひよりが触ったからベルトが治ったかと思ってたシーンが過去あったけど、あれは結局何だったんだろうか。過去遡行で天道自身が何とかしてたってコトなのかな。

●神代剣(ワーム)-岬祐月(人間)
・風間-麗奈の変奏。岬さんは途中で剣の真意に気付くも、天道によって決着が着けられてしまう。
・サソリワーム状態の剣は、ワーム軍の大ボスをも配下にして、ワームを束ねてそして天道に屠られるのを選ぶ。事実上ワームのボスになったんだし、元からこういうキャラになる予定だったんだろうか。だとしたら、小学生コスプレとかでギャップを仕込んでいたというのも分かる。
・分かるがやっぱ扱い酷いわ。海に入るシーンとか、撮影した時期冬でしょ。役者の人、虐められてたんじゃないのか心配になる。
・大ボスワーム、これは元々四体いたのかな。それとも復活する度に形態が変わっていたんだろうか。最初の時間を止める能力ってのが一番強力だったのに、どんどんしょぼくなっていったのが残念。最後のほうではホッパー如きに倒されたりしてるし。

●矢車想(人間)-影山瞬(ネイティブ)
・ネイティブ化した影山をいきなり矢車が背後からライダーキックで始末するケースで、異種族間問題ではベストの解決。
・影山の「あの犬いいなあ、褒められてて」ってのは笑った。幾ら何でも志が低いよ。
・「オレの相棒を笑ったのはお前か……オレも笑ってくれよ」はだいぶヤバかった。決めてる風で全然いい台詞じゃないからねコレ。
・麗奈に蹴られる矢車の図は流石に狙い過ぎてて引いた。案の定井上敏樹か。
・本来の創作物だったら感動するであろうお約束なシーンがとことん笑える絵になっているのがこのホッパー兄弟の凄さだった。

●天道総司(人間)-三島正人(人間)
・三島は私服ホリエモンの協力を得てネイティブ化するが、このカードは人間同士という意味合いが強い。善性も悪性も種族ではなく、個々人に起因する的な感じで。
・真正面から攻めてきてたワームに対して、私服ホリエモン率いるネイティブは水面下でジリジリ地球侵略を狙っていたっていうのは、ウルトラセブンの敵みたいな卑怯さがあって面白い。
・「自分が変われば世界は変わる」という天道の台詞は聞くタイミング次第で響くものがあるだろう。
・擬態天道は別に未来の天道ではなかったのね。赤い靴による暴走の結果、あんな野生児みたいになっているのかなーとも予想していたんだが。最後は私服ホリエモン共々散って話を纏めてくれた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR