1. Top » 
  2. 映画・ドラマ » 
  3. ■「ステラ女学院高等科C3部」(全13話)/アニメ

■「ステラ女学院高等科C3部」(全13話)/アニメ



サバゲーを題材とした作品。女子高生の部活として扱って、ぱっと見日常系萌えアニメ風になっている。

一般的に馴染みの無いジャンルを女子高生を使って解説/説明しつつ熱度を増していく構成はアニメにしろ邦画にしろいまやテンプレートになっている。この作品はそれがサバイバルゲームで、ややデフォルメがされつつも未知に触れる楽しみは味わえた。

世間的には評判が悪い作品で、中盤から後半にかけて話のノリが変わって主人公の不安定なメンタル/暴走が掘り下げられる展開がある。この辺のエピソード自体はテーマとして自分は面白かった。「尊敬する対象に認められたいという承認欲求」を持つコトの危険性を描いており、序盤から描かれていた主人公のぼっちな志向/履歴を鑑みるに、このような流れになっても自然。しかし、初期のノリから多くの視聴者がこの作品に期待したであろう内容ではなかっただろうという感想も自分の中で前面に出てくる。意表を衝く展開ではあったが、枠内での意表が望まれた。ミステリだと思ったらホラー解決を見せるかのようなもの。

付随しての話題になるが、ツイッターで製作サイドが愚痴愚痴言っていたってのも、切ない。そういう愚痴って、周囲の反応/感想からの防御行為なんでしょ。作中で描かれた承認欲求の件を作り手がクリア出来ていないというコトで、アニメで「自分を認めなきゃ」だの綺麗毎言っても所詮「外の評価」に縛られているのが実情なのが、切ない。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR