1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 52号/2013年

■週刊少年ジャンプ感想 52号/2013年

■トリコ
人間界崩壊、第三勢力NEOにこれまでの面子を組み込んで仕切り直し。美食会から大量に裏切りが出ていた模様。美食会ヤバい。三竦みどころか最弱になりそう。スターだけで引っ張れるのかコレ。

そしてココが久々に登場。皮膚も髪も脱色している。グリンが立ち眩みを起こしていたし、全ての毒をぶち込んだとかそういう感じだろうか。ココはこれから食没的に改めて毒を蓄積するのやも知れぬ。改めてどんどん黒くなるよ。ハドラー以上に真っ黒になるよ。

■食戟のソーマ
カレーの女王の片割れが早くも登場。地味っ子な予想と違い、姉同様セクシー路線だった。姉妹を脱がせるカレーはいくつ登場するんだろう。3食×2人で6ページ連続クロスアウトぐらいを期待したい。

今回も前回と同じく参加者の調理をテキパキと紹介。もこっちも紹介されており、省略勝利が薄くなってきた。むしろ省略勝利するのはメガネ辺りだろうか。

■ONE PIECE
ベラミー殺る気満々だったんじゃん…。デリンジャーが来なきゃ普通に暗殺する気だったんじゃん。ていうかデリンジャーの性別が分からない。オカマも登場する世界だからなあ、スネ毛剃ってハイヒール履いてる男がいるやも知れぬ。

決勝もバトルロワイヤル形式なんだろうか。A~Dの代表四人VSディアマンテ一人、というのは考え難いし。最終的にルフィとディアマンテになるのが妥当な気がするが、黒ひげ海賊団の人が現段階で負ける絵も浮かばない。

『コラさん…!!』と新キャラの名を思うロー。回想フラグが立った。最近の回想は割りとサクサク進むんだけど、ローは何となく長くなりそうだなあ。

よりによって銃を使用してトドメを刺すドフラの謎行動。銃はブラフで周囲にローの死を見せつけつつ回収再教育を考えているんだろうか。身内にはとことん甘いドフラだしそれぐらい温情を持っていそう。でもベラミーには厳しいです。

■暗殺教室
黒幕は鷹岡。これで、油断していない鷹岡を暗殺者仕込みの必殺技で葬る渚の図が出来上がった。再登場の鷹岡はいい表情している。ネウロ世界でもやってけそうな顔。次回は一旦鷹岡を持ち上げる回かなあ。烏間をダシにしてでも持ち上げて危険度アップ、それをさっくり屠る渚となればカッコ良い。

■黒子のバスケ
赤司に降旗。バスケ経験値が低いが故に赤司の転ばせサインに気付かないのかな。

■BLEACH
弾けるより早くあたしの中にねじ込まれてく…とエロ解釈可能なモノローグで読者を悦ばせつつ爆裂するバンビ。爆裂後がもこっちに見えて仕方ないんだが、最近何でももこっちに見える病に自分がかかっているので理解は求めない。助けてあげるという言葉を拒絶しているが、発言者の能力はマッチョゾンビ化とかだろうか。

イヌの爺さんが邪悪なのかそうでないのかよく分からん。爺さん的価値観の中では真剣に感謝しているのかコレは。

■斉木楠雄
ラストの照橋さんが画風変わっててこれは受けそう。

■半見開き昔話
女キャラがほとんど可愛い。少年漫画的可愛さ。

■ひめドル!!
終了。ほとんど機能していなかったダブルヒロイン制など問題を感じるコトが多かった。一話完結のドタバタでも良かったんじゃないのかなーと思う。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR