1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 11号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 11号/2014年

■バレンタインポスター
マリーは後ろに隠しつつもデカくて見えている、というシチュエーションなのか。胸に塗りたくってますので脱がして下さい的演出かと思った。

■イリーガル・レア
ぬらりひょんの人の新連載。今回も妖怪、しかし西洋メインっぽい。1ページ目で「遊戯王の人の読み切り、連載化したのか」と勘違いした。

エロ人魚はレギュラー化した様子なので、今後もサービス要員として活躍が期待される。水着を替えろと言ってひん剥き、次のコマではホントに水着を替えていたのにはがっかりだよ。露出も減ってるし、紳士じゃないか。

トーン殆ど使ってないなーと思いながら読んでいたが、もしかして全く使ってない?

■ONE PIECE
竜の鉤爪。この技名からして、サボがドラゴンの継承者になってもおかしくはなさそう。実子のルフィではない人がドラゴンの思想を継ぐなんて設定は面白い。いや…革命軍の面々は皆使えるのかも知れない。戦闘スタイルが違うと見抜かれているが、後の先/待ちって感じなのかな。あとサボはどうやら団子ッ鼻っぽい。

タタババスコでシュガーが驚いてくれるんだろうか。驚きそうだ。シリアスとギャグの間を揺れる漫画だけど、こういう作戦は何となく成功しそう。オモチャ化が解除されて兵隊やキャベツが一気にパワーアップするシーンが楽しみ。

■トリコ
小松の大道芸人スキルに笑った。『皿…』にも笑った。小松がこんな成長をしていいのかとも思ったが、料理のスピード技術を向上させたと考えればセーフかなあ。何かここまでスマートな佇まい見せられたら初期の食材(ガララワニ程度)なら単騎で狩れそうに思えちゃう。

大根欲しさに指を失うのすら厭わない警備員が存在する人間界。味気ないだけでフードタブレットで飢餓は回避しているんでしょ。なのに指失ってまで生食材食いたいのか。

マンサムが呼びかけた三人は四天王なのかな。一年半後四天王を小出しにしないのが島袋先生の良い点。

■暗殺教室
授業についていけないのかと思いきや、「やたら非効率的」と愕然としている竹林。世の中には効率化を非と考える人もいるだろうが、そういう人はこんな感じのA組授業を見れば無駄に気付けるかも知れない。有限の時間の中、優先させるものを選別出来る目が鍛えられそう。

竹林の渡された原稿は一体。ヘイポーの謝罪文みたいに暗にE組をディスる内容だろうか。

■食戟のソーマ
審査員のリアクションから点数が予測出来ないな。田所が4位に切り込んで予選通過。北条の雑な敗北を見るに、もこっちは優遇された敗者だったと言える。田所の過去は何かじんわりきた。創真よりも主人公っぽいが、田所が主人公だったら連載継続怪しかっただろうな。

■黒子のバスケ
黒子、黛を徹底マークして、消失技も何故か取り戻す。まるで謎。目立つヤツの傍にいるコトで目立たなくなった、とかそんな感じ? 今回は黛を影から光に引っ張り出した具合で。

■ニセコイ
難聴にも負けず、誤魔化しにも負けず真相にたどり着いた小野寺妹の察しの良さに驚く。敗退を自分で決めるトコロまでのスピードも素晴らしいが、これラストで有耶無耶になったのかな。

■斉木楠雄
ラストの辺りがよく分からず。顔だけで面接落ちるから見た目を変えてやったってコト?

■BLEACH
エスノトは喋らないで欲しい。カタカナ混じりで読みにくい。恐怖の解説は納得しそうで出来ないトコロ。肌に触れれば染み込むって、結局物理なのかそれは。

ルキアのパワーアップ袖白雪が公開。自身の霊子を停止させ触れるもの全て氷結させる。ジジイの何でも焼き尽くすの氷バージョン。絶対零度にまで出来るがその状態は4秒のみ。そんな具合で、氷雪系最強の日番谷の出る幕がなくなるではないか。

■アイアンナイト
絶望的な世界観の中、そろそろそんな舞台設定に泰然としているキャラ(進撃におけるリヴァイみたいな奴)が出てきて人気掻っ攫わないかなーと思っている中で、今回の狙撃手さんは性格こそ違えど良き候補生であったが、まさかの展開。

■焼野原塵
世界破壊エンドで長谷川先生伝説作ってくれないかな。仮に作者が望んでも編集が許さないか。

■磯部磯兵衛物語
ハシラで尻尾が気になったが、眉書かれて回収回避されたのをお犬様は何気に喜んでいたりするんだろうか。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR