1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 18号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 18号/2014年

■ONE PIECE
キュロスの過去がテキパキと描かれる。うん、ホントテキパキしてて良いな。この過去を読んでて改めて気付いたのが、そういやリッキーってリクのもじりだったのかってのと、ヴィオラの透視ポーズを真似しようとしたけど関節の都合上無理だよコレという点。

スカーレットの死を偽装するシーンでヴィオラがガチ泣きしているんだけど、この時点ではヴィオラには伝えていなかったんだろうか。それとも超演技派なの?

意識すらないウソップ、タタババスコを食わされて変顔、その変貌にシュガー気を失う。重要イベントをギャグで済ませるのは非常に面白い。ウソップは今後どういうリアクションを取るんだろうか。「全部狙っていました」とか後付で言うのがウソップだが、「今回はマグレでした」とも、そろそろ正直に言いそう。結果オーライで麦わら海賊団に貢献しているなあ。

■トリコ
アカシアのフルコースの匂いだけで理性を失い、内なる怪物が飛び出てくる四天王。小松も変貌しかけたが、今回初の情報だっけコレって。しかもハゲに『コイツ…』と判じられており、未訓練ながらも小松は理性を失わなかった模様。

以前のエロ本の時もそうだが、ハゲニトロが人間女性に性的興味を抱くのが何か謎だ。こやつら、違う種族だよなあ。いや待て…フローゼとニトロの子がジョアだと思っているのが自分だった。種の定義に照らすなら、交配可能なら同じ種族ってコトなのかな。もしそうなら、ニトロが人間に欲情するのかと突っ込んでいる自分は、「人間とインディアンの切ない恋を描いた作品です」並におかしなコトを言っているのかも知れない。

■NARUTO
六道仙人がナルトの精神世界に侵入し、情報を語る。六道の二人の息子の弟・アシュラの転生した今がナルトと語る。ここに来てまた因縁を深めるのか。メディアミックス向けのサービスぐらいにしか思えないんだが。メディアミックス向けってのは具体的には、ゲームで出すキャラ用。

■永久不滅デビルポイント
序盤のギャグも伏線でシリアスに裏返る、纏まりの良い、極めて完成度の高い内容で、日常ミステリチックなスケットダンスを週刊連載していた作者だけあるなあと思った。

■斉木楠雄
祖母が何か気付いたようなシーンがスルーされているんだが、里帰り話は次号も続くのかな。祖母も超能力者でしたぐらいの展開は覚悟しておこう。

■食戟のソーマ
最近どうも食が細くなってきた自分には、この手毬寿司弁当がボリューム過多に見えて余り魅力を感じなかったんだが、今改めて読み返したら、一つ一つが寿司サイズなのか。ああ、ならアリかも。

総帥の「おはだけ」が基準に。嬉しくないな。某料理漫画のかしわでみたいにこの脱衣もどんどん安売りされそうだ。創真の料理には、早くも褌姿になりそう。

■磯部磯兵衛物語
熊本さんはレギュラー化されるんじゃないかな。絵は記号化されているけど、近くで見るとリアルという作中人物のリアクションにより、見てくれはガチ熊な模様。町に出没して撃たれる未来が見えた。

■BLEACH
更木無双で暫くは頭を使わないネームが続くんだろうが、この息抜き期間で作者、次の話/能力を練ってくれていればよいのだが。

■i・ショウジョ
蹴り飛ばしていたのは火の粉だったという逆転が良いな。最初は普通に怒っているのかと思って、その行動にびっくりしたよ。

この漫画は、恋愛ベースの可もなく不可もない連作短編集だが、こういう作品が一つ二つあってもいいかなー。

■こち亀
誇り高き関西人は関西弁の言い回しがどうのでキレる印象があるが、それは関東圏の偏見で実際関西人は地域で方言が多様化しているのでその辺別に煩くないというカウンターもあったりもする。しかし、こち亀関西弁に怒っている関西人感想を大昔に見かけた記憶もあるんだよなあ。単にこち亀を叩けば閲覧者の支持を得られるだろうという判断でのポーズだったのかも知れない。

■アイアンナイト
最終回。ラスボスとの決着ではなく、ラスボスの思惑を打開させるのに尺を取ってる辺りが良い。こんな俺達の戦いはこれからだ!での締め括りではなく、その気になればラスボス倒してそれっぽく終わらせるだけのページはあったのに、力の入れる部分がソコってのに作者の作風が滲み出てて良いな。

俺達も一緒に戦うよ!的な、その場の勢いで盛り上がっている庶民の浅さ甘さを理解しているってのは、少年にしては達観している。連載序盤で結構酷い扱いも受けたからね、主人公。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR