1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 22・23号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 22・23号/2014年

■ONE PIECE
複数のドフラミンゴが登場。首チョンパを食らったドフラミンゴは人形だった模様。これ、本体も同じ容姿しているのかな。まあ、影武者的な人形を使うのなら本体と同じ外見がベストだろう。ルフィなら、勘で倒してくれる。ドルドルの時みたいに。

鳥カゴが何なのか明かされる。糸を上空から張り、島ごと鳥篭のように包み込み、中の人間を全滅させる。幹部一人に完全依存していた計画を立てていたドフラ、バレた時の対処方法もえらい極端だ。この手の自爆ボタンを容易している悪役も今日日は珍しいかも。名前を挙げる連中の首を取ればゲーム終了とも言っているが、それだと悪行をもみ消せないし、混乱させる為の嘘かな。

ドフラは行動を支配出来るがその能力で心は支配出来ないので、仲間思いの謎とかも、切ない心情からのものなのかも知れない。

ロビンはサボと旧知。義兄弟ってのは知っていた上で、ルフィには革命軍のサボの存在を黙っていたんだろうか。

■暗殺教室
ニックネームで呼び合うエピソード。だいたい面白いが中でも鷹岡もどきが出色。殺せんせー、ライトニングさんみたいな名を自称したが、むしろ恥ずかしいだろそれは。

■食戟のソーマ
黒木場は審査員の愛犬を調理しそうな雰囲気があるのでワクワクしていたが、甲殻類の殻を砕く程度に留まる。少年誌の限界か(ジャンも少年誌です)。

■黒子のバスケ
虚空の謎が明らかに。小細工感甚だしいが、基本に慣れ親しんでいる人ほど微妙なタイミングのズレは罠になりそう。

■NARUTO
ラスボス戦でクライマックス中のクライマックスのハズなのに、イマイチやり取りが分からなくて読んでて盛り上がれない自分がいる。リンボとか、もっと凄い謎っぽい前フリがあればその謎が明かされた今回も高揚出来たかも知れない。ドラゴンボールっぽいただの殴り合いにさせない心意気は感じるんだがな。

カカシがあっさり目を奪われていたのにショック。もうちょい強調する絵でも良さそうなものなのに。

■トリコ
カエルは別モンだったのか。何故絶妙なタイミングでそのカエルを出せたんだ。黒幕はトリコの記憶を読んでいるというコトなのか。いや、カエルそのものが黒幕とかかな。

この島の親玉とか言ってるし、ひょっとしてこれ倒したら今回の食材さっくりゲットなの?

■ニセコイ
約束の相手は今でも小野寺だと思っているが、初期の二択と異なり鍵乱舞な今、過去やら約束やらが何だか読んでる自分もどうでもよく思えてきた。

■春のギャグカーニバル
どれもアベレージ高めな内容であったが、この中ではくまモンじゃないヤツ物語が一番面白かった。何から何まで「いいのこれ?」レベル。

未来への跳躍は本編の試み以上に最後のハシラがぶっちぎりで、編集は良い仕事をした。

■i・ショウジョ
1話から出ていた例のアイドル登場でデカいエピソードっぽい印象。眼鏡と髪型だけで区別が付いていないのはアユラー失格だろうと思いつつも、漫画では省略されている化粧の差もあるのかも知れぬ。

■イリーガルレア
カレーの例えの微妙さが良いな。吸血鬼対策に徹底しており、素敵な敵であった。

■BLEACH
宇宙空間を出したのは良かったのに、その後ワケの分からないノリだけで逆転負けするVの人が切ない。宇宙空間についてメッチャ説明しているのは、クッキーを知らなかった剣八への補強対策だと思います。説明前から沸騰していたので知識の有無は関係無いか。

宇宙空間への対応を基準に考えると、ジャンプキャラでは悟空やカーズよりも剣八、更に上に江田島平八という順列になるのか。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR