1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 23号/2014年

■週刊少年チャンピオン感想 23号/2014年

■刃牙道
チャンピオン表紙に花山薫VS範馬勇次郎激突近し!!なんてあるんだけど、その対戦はちゃんと実現するのか。親子喧嘩の決着で、長い連載で常に明示してきた「最強観/強さの軸」が二つにブレてしまった今なら、勇次郎を別の意味で上回る軸がまた生まれるかも知れない…と思ってみても、花山が勇次郎に勝てる姿は浮かばない。

霊媒師・徳川寒子は生きた人間の霊をも降ろす。信長が現代語を話しているので、武蔵の言語問題はクリアされた模様。武蔵本人が目覚める前に、仮の肉体で前哨とか、凄い引っ張るんだな。武蔵降臨寒子がえらい勢いで施設内を破壊して、『小柄な老人の肉体でこれ程の力』、みたいな驚き描写で10ページぐらい消費しそうだ。

■錻力のアーチスト
本番じゃねえんだという台詞から察するに、負けてもいい試合なのか。ならこれは負けておくのが良いよ。サウザーとかいいキャラだし。更にパワーアップしたサウザーと再戦願いたい。桃ちゃん関連でパワーダウンしちゃうかも知れないが。

■オーマガ町の怪
絵柄がほのぼのなのに、先割れスプーンで首を掻っ切る絵が生々しくて笑った。

■囚人リク
最近のバレているバレていない問題から打って変わって、マフィアの二代目がタイマンバトルする話に。こういうシンプルな話はラクに読めるので有り難い。以前のバレているか否かで読者の自分も胃がキリキリしていた展開も好きだがな。

■青果人
『コンタ、あと2週で世界を救う!?』
このアオリがとても気になる。元々短期連載予定だったんだろうか。

■真・餓狼伝
嘉納に見たのは父性、だろうか。話は飛ぶが、ファイヤーエムブレムで特定のユニットで特定のキャラに挑むと全く反撃をしてこない組み合わせがあったが、それを漫画で表現するとこんな感じになるんだろうか。

■ウチコミ!!
先生が本気になる。コンプ厨がスターオーシャン4に手を出す話かな?

■思春鬼のふたり
ライオン、侘救の殺気に暴れだしたのかと思いきや、母親の肉であったという真相。園長えぐいな。サラッと済ませているが、あれこれ行間を想像すると前回までの解剖女よりもえげつない気になってくる。

そんな園長もただの前フリで、星野銀華なる元お掃除人が登場。12話でこんな対称性の強いキャラが出てくるのか。

■いきいきごんぼZ
パロディ漫画であると、今回ようやく確信。桃ちゃんフルスイングで上半身裸化でようやく確信。後半の桃ちゃん連続登場は素晴らしい狂気であった。能見と梨果がいい感じになるオチを予感していたのに、全くそんなコトは無かった。

■名探偵マーニー
大ゴマを使っててこの漫画にしては珍しい回だったかも。それだけメカニック絡みの話は重要というコトだろうか。ていうか一話完結の短編連続ながらも、細い線でメインストーリーは進展しているタイプなのね。

最初マーニーが町中で会ったアリア、これメカニックの変装だと疑ったよ。

■ブルサイト
小奇麗に纏まっている読み切り。お婆ちゃんの突然の解説が面白かった。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR