1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 24号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 24号/2014年

■暗殺教室
生せんせーはイカといい生といい設定といい、ひたすらに殺せんせーと対比/関連付けされてて上手い暗殺者だ。松井先生、ハガキの絵、かなり忠実に再現しているのね。

本編は浅野提案の棒倒しに突入。外人投入ぐらいではイマイチサプライズ度も低いので、ここは渚の疑惑通り、浅野の真の狙いに驚けるのを楽しみにする。

■ONE PIECE
極限状態下だと、ドフラミンゴの提案に皆乗ってしまうのか。ドフラ、情報を外に漏らす気はない=何だかんだで全員殺す、になるハズだが、そんな思惑を市民が知る由もないのか。直前までウソップを崇めていた連中もサクッとギャグに乗じて狩る側に。

■NARUTO
リンの死にもマダラが関与していた。これも随分とあっさりとネタバラシしているなあ。初出の情報なのか分からない技が出てきて、消化が追いつかない。整合性に関しては頑張っているけど、根っこの部分はキン肉マン並みにテキトーな漫画なんじゃないかとも思えてきた。

最後は減点回帰でスリーマンセル&先生付きの初期チーム編成。サクラも結構活躍しているし、後はカカシ先生にもそれなりの見せ場を。

■食戟のソーマ
田所と敵対する相手、以前の女もこんな過去を持っていたな。

黒木場リョウ、料理に必要なのは相手を屈服させる事と語る。カレーの時もその思想に相応しい裸化を誘発していたのでこれは期待出来る…と思ったが審査員が老人ばかりじゃないか。ほのぼのヒロインとして保護されている田所本体のクロウアウトも期待出来ない。

■カミドリ
大ゴマも多く、話も大体が予定調和。しかしそれが読み易さに繋がるのが事実。説明過多で詰め込みまくってる漫画よりも、読んでもらえる度が上がるのは漫画家のジレンマではないだろうか。

■磯部磯兵衛物語
何で謝ったんだろう。女幽霊一匹で済んでたはずが結果的に大量に集まってきちゃったから?

■トリコ
霧の入道連中、威嚇のみで撃破。捕獲レベル400・500ぐらいなら戦う必要無しかも、と語るトリコ。末期範馬勇次郎ばりにおかしなコトになりそうで心配ではあるが、この作者なら適度に苦戦させるだろうし大丈夫だろう。

そして、全く美味しく見えない料理を強引に美味しそうに盛り上げる無理矢理な描写に。豆乳道、絵的には単なるオッサンだからね。オッサンの涎や涙を原材料にしたというのは厳しいものがある。あとヒルとかもね。ヒルだからね。

最後は例のカエルが登場。二週後にはこのカエルを皆して食ってるんだろうか。

■イリーガルレア
銀手の修業の図に笑った。西洋でも毒手製作工程はこんな感じなのか。

■BLEACH
Vの人、脳しか存在していなかったというオチ。この脳の持ち主はどんな姿をしていたんだろう。ショタ姿をとりつつ、本体はオッサンだったんだろうか。四魔貴族にそんなのがいた。影を美形にしつつ本体ジジイだったのがいた。

ていうか作り物の肉体すら想像が及ばないが故に自壊というのはどういうコトなんだ。世界観に真剣な創造主だったんだろうか。剣八みたいのはこの話に出せないと、自作に厳しい人だったのならギリギリ納得出来る。

やちる行方不明と女騎士団連中は関係があるんだろうか。またバンビもどうなっているのか楽しみ。

■i・ショウジョ
全身レオタードの類いはエロいなと扉絵を見て思った。

ファンタジーRPGな世界に突入したので触手かスライムを予感、しかし触手ともスライムとも言い難いモンスターにプロレス技を組まれるという変化球&ラスボスが自分からサービスで意表を衝かれた。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR