1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 27号/2014年

■週刊少年チャンピオン感想 27号/2014年

■弱虫ペダル
読み始めて二ヶ月ちょい、初めて面白いと思ったかも。鏑木のかっこつけキャラが作中キャラ目線からもそう分析されてたり、過去エピソードも鏑木の性格をくっきりさせて面白い。

■ハリガネサービス
主人公の過去、とてつもなく惜しい負け方をしているんだが、その後チームメイトは主人公にどう対応したのか気になる。主人公のやったコト、バレーを個人競技にするぐらいトンデモだ。気弱な性格じゃなければ違うストーリーになっていたんだろうなあ。

■刃牙道
お、扉がカラーじゃない。エンドレス刃牙祭終わったのかな。と思ったら次号巻頭カラー&おまけ冊子付き。

老婆のキスシーンがページの大半を占める今話。光っちゃんが何度も見てるからと目を背けているが、まあ姉のキスシーンは見たがらないだろうな。それよりも何度も見ているという台詞から察するに、これまでも何名も降霊させていると知っているっぽい。過去の武人、他にも降霊させたコトあるの? それとは別で、事故で意識不明な人を助けたりしたコトがあったのかも知れない。地下闘技場で失神した選手は、寒子のくちづけを受けているやも知れぬ。

キスを受ける武蔵、傷が走り眉が落ち、眼球もボコボコして、そして覚醒。何この変化。キスで32年分の記録をインストールされたんだろうか。狂人っぽい面構えになり、これはこれでヤバそうだ。

あと、眉がポロポロ落ちる絵、数週後にいきいきごんぼでパロられそうな気がした。

■ブラックジャック創作秘話
手塚治虫他黎明期漫画家にまつわるエピソードを細切れで紹介する作品で、楽しい。絵柄の都合からか、誰も美化/神格化されておらず、生々しい面白さがある。

■思春鬼のふたり
幼女の背にナイフを突き立てる描写が余裕で出てくるのがチャンピオン。不殺の人、えらい愕然とした表情しているんだけど、これで簡単に心が折れたりするんだろうか。もうちょい粘ってくれ。自分の主義を貫いて欲しい。

■いきいきごんぼZ
脱糞を我慢し続けるスリリングな話かと思って読み始めたら、2ページ目で漏らしやがった。

学校からの帰り道に大便を漏らすという話は世間ではたまに聞いたりするが、実際に体験したコトある人ってどれぐらいいるんだろうか。シチュエーションとして面白いけど、考えにくい話ですよ、漏らすなんて。体験したコトある人ってそんな多くないんじゃないの? 僕はあるけど。

■宇宙怪人みずきちゃん
意図とか狙いとか全くわからない漫画で、自分の中でどうにか解釈しようとしている内に、解釈しようとしている自分に笑ってしまう、それぐらい意味の分からない漫画。これでこそチャンピオン。

■名探偵マーニー
情報の断片から勝手なストーリーを作られる危うさと、情報の断片から真実に辿り着ける勇ましさ。集団の力を、集合痴と集合知、両方描いているのが凄い。

■ウチコミ!!
新たな敵登場、その顔見せも終わって修行続行と、実にオーソドックスな展開を着々とこなしているんだが、如何せんとことんオーソドックスなので読んでてやや退屈なのが厳しい。王道スポーツ漫画は話を転がす上で土台構築/段取りをすっとばせないのがキツい。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR