1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 31号/2014年

■週刊少年ジャンプ感想 31号/2014年

■ONE PIECE
隕石の切れ具合からして、鳥カゴは案外ザルっぽい気もするんだが、地上に行くほど糸は綿密に張り巡らされているんだろうか。

サボ、エースの死で後悔してて今回は独断で動いたっぽいな。革命軍に戻ったらドラゴンに説教されて涙目になるコミカルな様子も見たい。

■NARUTO
空間を口寄せするってのは絵面としてカッコイイ。色付き動きアリで見たらもっと凄さが明瞭なんだろうなあ。見せ方如何によってはメラルブラックラスボス戦ばりにカッコ良くなる。

逆ハーレムの術は確かに効きそうだ。初見だとそれだけで戸惑うだろうし、忍の歴史だと息巻くのも分かる。

■磯部磯兵衛物語
二本目の母親VS北斎が良い。ていうかこの母から何故磯兵衛が生まれた。斎木と逆現象だ。

いずれ母VS武蔵も見れるんだろうなあ。刃牙VS武蔵よりも早い時期にそのカードは成立するだろう。

■食戟のソーマ
エロポスターはおっぱいマウスパッド化されそうである。ていうかこういう役目が肉魅一辺倒になっているんだが、秘書子とかもこっちにもやらせて欲しい。

美作がクズ化して悲しい。料理も写輪眼カンニングみたいだし、これ以上期待出来ない。が、それでも勝ちそうではある。準決勝でメッザルーナを取り戻す為に創真が食戟仕掛けて、料理トレース対策も伊達臣人のうろやけぬま的なコトで突破しそう。

■トリコ
ネットのせいで三獣士登場の流れがギャグにしか見えない。

「呼吸のできない山脈…通常の20万倍のスピードで歳をとる洞窟…魂しか入れない扉…思考が抜け落ちる谷…アカシアのフルコースはそれらをクリアするために欠かせない食材なんじゃないかーな」
何これ、どう攻略するのか凄いワクワクする。魂しか入れない扉だけ世界観突き抜けている感じがするが。

馬王の丘、ダルマホースもいるな。一番デカいのですら子供で、以前足跡だけで衝撃を受けていたあやつはまだここにはいないのかな。

■東京喰種
この鈴屋ってのは本編の主人公じゃないのか。捉えドコロが無くてそれなりに主人公っぽいキャラで描かれてはいるのに。

「かしこまり」ばかり印象に残っている辺り、もう自分は駄目かも知れない。

■HUNTER☓HUNTER
ゴン、オーラは出ているが念は失った模様。色々とすっきりして引退してもおかしくない雰囲気。主人公なのに。い、いやまだ前線復帰は出来る。長寿食ニトロの長寿手段は子孫への記憶の継承で、魔族大隔世みたいにある日突然ゴンはドンとして目覚めて新大陸紀行の執筆再開するから。

ジンがナンバー2に拘るのは念の制約がらみではなく、パリストン崩しの一貫なのかな。嫌がらせというか何というか、戦ってやるよと数号前に言って即座にそれがスタートされているような。指揮官として、パリストンが考えるようなシナリオを用意しつつギリギリの部分で異なっている、というのを繰り返せば、パリストンストレス溜まりそうだ。

カキンの王子、権力だけではなく個としても強かったりするんだろうか。油断しているとは言え女二人だ。うーむ、睡眠薬やら部屋に仕掛けを施しておけば女二人相手でもどうにかなるか。純粋に強くてクラピカが意外と苦戦するってなっても楽しみなんだがな。

次号休載。え? 描き溜めしていなくて、今リアルタイムで描いてるの?

■BLEACH
砕蜂が出てくるなら雑魚戦も楽しいのに、またハゲか…。この人、レスラーに瞬殺されていたよな。読者の実時間はそこそこ経過しているけど、作中ではそんな経ってないでしょ。

■それいけ!融合くん
ここまで代原っぽい代原は清々しいな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR